FC2ブログ
映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅   ★劇場鑑賞した映画はインスタにアップしています@ruby_red66

Love My Way ~『君の名前で僕を呼んで』#3

君の名前で僕を呼んで7

 初見では全く思い至らなかったけれど、2度目の鑑賞時、ふと思った。 「これは、もしや女の子(マルシア)が可哀想な案件なのでは?」

 エリオがマルシアを誘ったのは、「裏切り者」 オリヴァーへの対抗心、「仕返し」 のため。「昨日の夜、あとちょっとでマルシアとできたのに」 わざと無関心を装って、気を引こうとする。愚かな若者がよく陥るパターン。

 でも、最初からマルシアはわかっている。「キアラに怒って私といるの?」 「あなたは私を苦しめるから」。エリオは、オリヴァーに恋焦がれている。そのことを、エリオが自覚するよりも早くマルシアは気付いていたのだと思う。好きな男の子の視線の先に誰がいるのか、気付かない女の子がいるだろうか? 
 マルシアは、見かけよりもずっとずっと聡明な女の子なのだろう。自分は(その聡明さを) 「隠す人間だ」 と彼女自身が語っている。傷つけられても、友情という名のもとにエリオに許しを与えた彼女を、私は 「都合のいい女」 と呼びたくはない。

 エリオのオリヴァーへの思慕は、それほどまでに 「わかりやすい恋」 だった。昼日中、夜通し彼の姿を追い求めるエリオ。「真夜中に会おう」 その瞬間から時間に囚われてしまうエリオ。腕時計を見て、溜息。また見て、見て、見て、見て・・・。そして視界の先にオリヴァーの姿を捕えた瞬間、時間(腕時計)を忘れる。

 この映画は 「初恋」 を描いていると言われる。けれどこの初恋は淡いレモンのようなものではなく、エリオが自らを慰めるために手に取る濃厚なピーチ/アプリコットそのもの。美しい映像、木々、光、音楽、雨や風、羽音。この映画を彩る全てが、それを祝福している。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2018-05-12 : CALL ME BY YOUR NAME : コメント : 6 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

しつこくこちらにも(笑)
真紅さんへ。
さらにこちらにも……。
僕ね、マルシアは幸せになれると思うんです。
自分の分を知っている。そして、人を許すことが出来るから。
反対にキアラってラストシーンが象徴するように、
タイミングが悪い女の子……これ、一生なんだと思う(笑)
劇場のロビーに2人の大きな写真のパネルがあって、
そこに皆さんが好きなメッセージを書いた付箋を貼れるのね。
「エリオくん幸せになって!」と言うメッセージを見た時は引きました。
僕は映画の登場人物にそこまで感情移入出来ないや。
今日「モリーズ・ゲーム」と「ボストン〜」を観ましたが、
無事に「君の〜」のパンフレットを買えました!(苦笑)

トラックバックは初めて出来ました(苦笑)
これからはバンバン送りますからね!

ブノワ。
2018-05-13 19:48 : ブノワ。 URL : 編集
真紅さーん、熱い思いがビシバシ感じられる感想、全部拝見しましたよ^-^
凄く真紅さんには響く作品だったのね。
なかなか、そんな数回見に行くような映画には出会えないし、感想を数本書こうという意欲を持たせてくれる作品も、そうそうないわけで、そんな自分にとって特別な作品に出会えてよかったね!!

そして、やっぱり、真紅さんの洞察力とか、すごいなーって、今回も改めて思ったよ!

>でも、最初からマルシアはわかっている。「キアラに怒って私といるの?」 「あなたは私を苦しめるから」。エリオは、オリヴァーに恋焦がれている。そのことを、エリオが自覚するよりも早くマルシアは気付いていたのだと思う。好きな男の子の視線の先に誰がいるのか、気付かない女の子がいるだろうか?

確かに!
ここらへん、言われてみれば、そうだよなーって、気がついたよ。
ちゃんとマルシアの気持ちとかも描かれていたんだね、
うっかりメインの2人ばかりに気を取られてしまっていたわ・・・。
 
2018-05-14 10:03 : latifa URL : 編集
ブノワ。さん、こんにちは。こちらにもコメントありがとうございます。
パンフ購入されたのですね。。ふふふ。写真いっぱいでしたね!
マルシアはフランス人なんですよね。。
なんか、大人だなーって思いました。
キアラは、、、うーんあんまり好感持てないタイプだなー。
私はエリオのマルシアに対する態度より、オリヴァーのキアラへの態度のほうが残酷に感じましたね。
まぁ、お互い遊びと割り切っているならそれでもいいのですが。
『ボストン~』ご覧になったのですね、ジェイク頑張っていましたね!
ジェシカ姐さんには私も今日会いにいく予定です。
終業ダッシュで(笑)。
TBともども、今後ともよろしくお願いいたします。
2018-05-14 13:09 : 真紅 URL : 編集
latifaさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございます。
たくさん読んでいただいてありがとう^^
そうそう、なかなかこういう思い入れのある映画って出会えないよね~。
よかったわ~。

まぁ、何回も観ているので気づくことも多いよね。
初見では、マルシアが可哀想とさえ思う余裕がなかったよ。
メインの二人に目が行くよね。。

で、子どものことなんだけど。
今頃ちょっとさびしさが湧いてきたかも。。。
先輩にも「今は平気でも、GW明けにくるよ!」と言われていたんだよね。
やっぱり、ずっと18年間一緒に暮らしたわけだから。。いなくなった穴はおおきいよね。
この週末は帰ってこないのかな~、とか思ってる自分にびっくりだわ。
離れても、一生母親だもんねー。
2018-05-14 13:10 : 真紅 URL : 編集
感想楽しみにしていました
感想、全部拝見しました。
やっぱり何回もみていくといろんな発見
でてきますよねえ。
傍の女の子たちは私も可哀想な案件ねと、すぐ思っちゃたけど。違った見方もできるのかもって
今なら思えてきたり。オリヴァーに対しても
私はキツかったから・・・・(笑)
再見したら、違ってくるかもね。
嵌る映画に出会った真紅さんが本当
うらやましい~~~わ
2018-05-16 20:03 : みみこ URL : 編集
みみこさん、こちらにもありがとうございます。
そうそう、やっぱり何度も観るとね。。一度きりではもったいない映画だと私は思ってしまったんですよ。
観る人の立ち位置によって、同じ映画でも違って見えるというのはありますよね。
初見のとき、私はエリオのお母様がすごく気になったのですが、それは自分の立場から観ていたのですよね。。
もう今はエリオに同化(感情移入)していますけれども。
ほんと、何かに夢中になれるっていいですよね! フフフ
またお伺いしますね~\(^o^)/
2018-05-17 11:36 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 
★劇場鑑賞した映画の感想はインスタにアップしています@ruby_red66

Archives

Search this site

Thank You!