『あゝ、荒野 前篇』
前篇

 東京オリンピックの翌年、震災から10年後の東京・新宿。少年院から出所したばかりの
新次(菅田将暉)は、自分を裏切った元仲間を襲い、返り討ちに遭う。そこに居合わせた
理髪師の建二(ヤン・イクチュン)とともに、新次は元ボクサーの堀口(ユースケ・サンタ
マリア)が営む歌舞伎町のボクシングジムでトレーニングを始める。

 寺山修二が遺した唯一の長編小説(未読です)を、今を時めく菅田将暉×息もできない
ヤン・イクチュンで映画化、しかも前・後篇で5時間超の長尺作品! 昔寺山修二の詩集
にドハマリした元・文学少女(笑)としては、観に行かずにいられよーか! それなのに、
全国で37館でしか上映していないとは何事? 大阪市内の上映は一館のみという。。目
を疑いましたよ、なんと勿体無い! もちろんムビチケを買って劇場鑑賞。

 でも、先行配信もしてるし円盤が来月1日には出るし、製作サイドは 「劇場で観て欲し
い」 などとは思ってないのですね・・・。しくしく(配信や映画の上映形態について、思う
ところは書き出すと長くなるのでまた改めて)。

 で、作品はと言うと・・・最高でした。エンドロール後に後篇の予告が流れるんだけど、
もう頭抱えましたよ、 「早く観せてくれ!(絶叫)」 って。私はこれ前後篇、5時間ぶっ
通しでも全然オッケーです。いやむしろ観たい。

 狂ったように饒舌で荒々しい新次と、吃音ゆえにか寡黙で引っ込み思案な建二。母
のないふたり。彼らの関係は対ではなく、友情とも呼べない。新次は建二を 「兄貴」 と
呼ぶけれど、兄弟のようでもない。同志でもない。敢えて定義はしないけれど、建二の
新次への強烈な思慕だけははっきりと感じ取れる。 『藍宇』 のオマージュ(?)かと見
まがうようなシーンもある! 多分新次は、建二にとって初めての 「ともだち」 だったの
かもしれない。

 鑑賞前は菅田将暉に目が釘付け、かと思っていたが、すっかり建二=ヤン・イクチュン
に魅了されてしまった。虐待されて父を 「捨て」 ながら、給料袋すべて父の枕元に置き、
手描きのノートにだけ本当の気持ちを吐露する、心優しい建二に。彼らとは真逆に母を
捨て、捨てた母と同じく春をひさぐ芳子(木下あかり)もまた、新次に惹かれ愛し合うよう
になる。

 今から数年後の近未来を描きながら、タブーに正面から斬り込んでいる脚本が潔く、作
り手の覚悟を感じる。奨学金返済という名目の経済的徴兵、原発事故と被災の問題、少子
高齢化による介護人材不足。登場人物は全て高潔とは言い難い、社会の底辺で蠢く人々
だが、彼らを決して悪者には描かない温かさも感じる。新次と建二を 「スカウト」 し、育て
ようとする堀口=ユースケ・サンタマリアの飄々とした存在感も得難い。彼が通うバー 「楕
円」 のシーンで、観ている私もほっと息がつけるようだった。あゝ、後篇が待ち遠しい!

 ( 『あゝ、荒野 前篇』 監督・共同脚本:岸善幸/2017・日本/
                  主演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、ユースケ・サンタマリア)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

[2017/10/10 15:49] | 映画 | トラックバック(4) | コメント(2) |
<<「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」SPECIAL SHOW@NHK大阪ホール | ホーム | フランケンシュタイン(の怪物)>>
コメント
熱い映画でしたね。
寺山修司の愛読者だったんですか。それなら小説もぜひ。寺山ワールド、楽しめます。
ヤン・イクチュンがよかったですね。
後編が楽しみです。
私も大阪に6年ほどいたので、映画環境のひどさはわかります。変わってないんですね。
[2017/10/13 15:18] URL | #MerVb5Ks [ 編集 ]
雄さん、こんにちは。コメント&TBありがとうございます。
寺山修司は死後に刊行された 『赤糸で縫いとじられた物語』 『ひとりぼっちのあなたに』 など、読みました。
高校生のときかな? 今でも書棚にあります^^
大阪は、必ずどこかで上映はありますからそれほど酷い状況ではないですね。
むしろ東京が恵まれ過ぎ、一極集中し過ぎと感じます。
後編、早く観た~い^^
[2017/10/14 23:20] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1795-4dfcfaed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『あゝ、荒野(前編)』 新宿の過去・未来
熱い日本映画を久しぶりに見た。 寺山修司の『あゝ、荒野』が刊行されたのは1966
[2017/10/13 13:50] Days of Books, Films
あゝ、荒野 前篇★★★・5
「二重生活」の岸善幸監督が寺山修司の同名小説を「溺れるナイフ」の菅田将暉と「息もできない」のヤン・イクチュンを主演に迎え映画化した大作青春ドラマ。劇場公開に際しては前後篇に分けて上映。本作はその前篇。2020年の東京オリンピック後を舞台に、運命的に出会い、それぞれの思いを胸にプロボクサーを目指して突き進む2人の若者の絆と宿命を、彼らを取り巻く人々との人間模様と共に綴る。 あらすじ:20...
[2017/10/22 19:37] パピとママ映画のblog
あゝ、荒野 1話~3話(前篇)
ちくわが元気なうちに闘え!
[2017/11/12 18:23] ネタバレ映画館
あゝ、荒野 前篇
あゝ、荒野 前篇@よみうりホール
[2017/11/15 17:38] あーうぃ だにぇっと
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!