映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅

『夜明けの祈り』

夜明けの祈り





 LES INNOCENTES


 第二次大戦直後のポーランド。赤十字で医療活動に従事するフランス人医師マチルド
(ルー・ドゥ・ラージュ)の元へ、一人の修道女が助けを求めてやってくる。

 ポーランドの修道女と言えば、数年前アカデミー賞外国語映画賞を受賞したイーダ
あれは特別に好きな映画。こちらは観るのが辛い部分もある、女性性について考えさせ
られてしまう映画だった。『イーダ』 で主人公の叔母を演じていたアガタ・クレシャが、
修道院長役で出演している。彼女、ポーランドでは重鎮なのだろうか。

 危険を冒して修道女たちを支えるマチルドの献身に、胸が熱くなる。医師=お金が儲
かる職業、なんて認識を恥じる。生まれて来る命って、原題の通り何の罪もない 「無垢」 
なもののはず。「まず、赤ん坊の命を救わなければ」 というマチルド。対して、修道院長
の取った行動は・・・。彼女を見ていると、信仰や神に対するスタンスは ウィッチ と
変わらないと私は思ったな。

 実話に基づく物語。出産しても、全てを投げ捨てて自由と人生を取り戻そうとする者を
登場させ、そしてそのことを否定しないことに好感した。マチルドの微笑みに、救われた
気分。

夜明けの祈り2

 ( 『夜明けの祈り』 監督・共同脚本:アンヌ・フォンテーヌ/2016・仏、ポーランド/
      主演:ルー・ドゥ・ラージュ、アガタ・ブゼク、アガタ・クレシャ、ヴァンサン・マケーニュ)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

2017-09-08 : 映画 : コメント : 2 : トラックバック : 2
Pagetop
トムホ萌え!~『スパイダーマン:ホームカミング』 «  ホーム  »  『ウィッチ』
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
夜明けの祈り★★★★
第42回セザール賞で、作品賞、監督賞などにノミネートされた、実話をベースにしたドラマ。第2次世界大戦終結後のポーランドで、ソ連兵からの陵辱が原因で妊娠してしまったシスターたちの苦悩と向き合ったフランス人女性医師の姿を追う。監督は『ボヴァリー夫人とパン屋』などのアンヌ・フォンテーヌ。『待つ女たち』などのルー・ドゥ・ラージュ、『ハミングバード』などのアガタ・ブゼク、『イーダ』などのアガタ・クレシ...
2017-10-30 19:00 : パピとママ映画のblog
映画評「夜明けの祈り」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年フランス=ポーランド合作映画 監督アンヌ・フォンテーヌ ネタバレあり
2018-06-25 08:31 : プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

真紅さま
私も9月にこの映画を見ました。マチルド、美しかったですね。
マチルドの微笑み、マチルドの献身と同様に美しい、真紅さんのブログを、今年も一年間楽しく読ませていただきました。私の日常の中の幸せです。ありがとうございました。
新しい年が、真紅さんにとりまして良き一年となりますように。
新しい年も良い映画、良い本とたくさん出会えますように。
心からお祈り申し上げます。
2017-12-31 15:20 : メグ URL : 編集
メグさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
旧年中はあまりブログ更新もできずでしたが、忘れず覗いていただき感謝です。
この映画、とても地味ですがよかったですよね^^
今年もこういったミニシアター系の映画も観て行きたいと思っています。
メグさんもよいお年を迎えられたことと思います。
今年もまったり更新かもですが、お付き合いいただけたらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!
2018-01-02 00:04 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 

Archives

Search this site

Thank You!