『ザ・ギフト』
ザ・ギフト




 THE GIFT


 シカゴからカリフォルニア郊外に越してきたサイモン(ジェイソン・ベイトマン)
とロビン(レベッカ・ホール)夫婦は、買い物途中に見知らぬ男から声を掛けら
れる。男はサイモンの高校時代の同級生、ゴード(ジョエル・エドガートン)だと
名乗る。

 「お前が過去を忘れても、過去はお前を忘れない」

 昨年観逃した作品をWOWOWで鑑賞。映画は映画館で、とは思うのだけれど、
観たい作品全てを観ることはできない。だからなるべくWOWOWをチェックして
フォローしている。そうすると大抵 「あー、、これ無理してでも映画館で観れば
よかった」 と思うことになるのだけれど。この映画もまたそのひとつ。

 監督・製作・脚本・主演は近年スクリーンでよくお目にかかるネズミ顔(失礼)の
ジョエル・エドガートン。彼にこんな才能があったとは・・・。マッスル系だとばかり
思っていたのに、御見それしました。スリル&サスペンス。実に巧いと言わざるを
得ない。


◆◇ ラストに言及しております  ◆◇  ◆◇  ◆◇  ◆◇

 しかしちょっと後味が悪いというか、これロビンが気の毒過ぎやしませんか?
私の個人的な想像だけど、精神に不安を抱えるロビンは、シカゴでサイモンから
モラハラを受けていたんじゃないだろうか。サイモンの転職でカリフォルニアへ越
してきて、彼女なりにやり直そうと思っていたんだと思う。過去は水に流して。

 ゴードがサイモンを許せないのは当然だし、サイモンは罰を受けて当然の人間
だとは思う。でも、たとえ夫婦とはいえそこにロビンを巻き込むなと言いたい。しか
もあんな最悪な方法で。もちろん(ロビンが産んだ)子どもにも罪はない。なのに
生まれ落ちた瞬間から 「何か」 を背負わされた赤子が不憫でしょうがない。

 そのロビンを演じるレベッカ・ホール、髪をショートにしてなんとも魅力的。今まで、
「何でこのひと女優なん?」 とさえ思っていたのに(土下座)。髪型でここまで変わ
るんですね。ジョエル・エドガートンの才能と、レベッカ・ホールの美貌。この映画に
は二つの発見があった。

 ( 『ザ・ギフト』 監督・製作・脚本:ジョエル・エドガートン/
     主演:ジェイソン・ベイトマン、レベッカ・ホール/2015・米、豪、中)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

[2017/06/18 22:28] | DVD/WOWOW | トラックバック(2) | コメント(6) |
| ホーム | 人を壊すもの。~『ヒメアノ~ル』>>
コメント
お邪魔します~~
出遅れちゃったけれど、
ブログ再開でうれしいです。またよろしくです。
旧作もUPされていて、さらにうれしな~~。
私もこれ最近観ました。確かに奥さんにとっては
とんだ迷惑ですよね。関係ないのにね。
それほど、ゴード根に持っていたってことですかね。怖いわ~~
[2017/06/21 15:27] URL | みみこ #zQHIT1rU [ 編集 ]
みみこさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございます。
ご無沙汰してごめんなさいね。
私も再開できてよかったと思ってる。
今まで自宅鑑賞の映画って感想書いてなかったんだよね。
劇場で観た映画は絶対感想書く、って縛りにしてたから、余裕がなくて。
でも、旧作でスクリーンで観てなくても印象に残るものはあるし、これからはちょっと自由に書いていこうかな、と思ってます。
こちらこそ、またよろしくです^^
[2017/06/22 11:45] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは〜
ブログ記念日のコメントありがとうございました♪
嬉しかったですー

この作品、結構好きです。後味悪いしロビン確かに可哀想だけどなかなかよくできてたと。
ジョエルエドガートンの不気味ぽさ出てましたしね
監督も兼任で素晴らしい。
TB機能やめたけど今後はコメントランのみで宜しくお願いします。
[2017/06/24 09:55] URL | mig #JTxNwRAU [ 編集 ]
こんばんは
再開されたこと、嬉しいです。

ジョエル・エドガートン、たしかにマッスル系なのに
このような繊細な作品が撮れるとは驚きですね。
今後も注目したいですわ。
レベッカ・ホールさん、今回のショートヘア、とても似合いますね。
彼女は「暮れ逢い」というルコント監督の作品でも
とても美しい貴婦人役でした。
[2017/06/24 20:06] URL | なな #- [ 編集 ]
migさんこんにちは。コメントありがとうございます。
こちらこそ、いつも参考にさせてもらってばっかりで。。
感謝です。

私もこの映画、劇場鑑賞したかったーと思いました。
ジョエル・エドガートンって男前じゃないんですけどその分幅広く何でもこなせる感ありますよね!
才能あるな、、って。
私もTBは迷ったんですが、とりあえずこの形でいこうかなと、しばらくは。
でもTB機能自体なくなる傾向なのかもですね。
こちらこそ今後ともよろしくです^^
[2017/06/25 09:25] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
ななさんこんにちは。コメント&TBありがとうございます。
>再開されたこと、嬉しいです。
えーほんとですか? ありがとうございます^^

私、ジョエル・エドガートンの出演作結構観てるんですよね。
こんな才能あったなんて。。見直しましたよ。
そうそう、ルコントの『暮れ逢い』!
「(美女好きの)ルコントが、レベッカ・ホール?? 何で?」と思って観に行かなかったのでした。。(土下座)
[2017/06/25 09:31] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1783-e8b56b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ザ・ギフト ★★★★
『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどのヒットメーカー、ジェイソン・ブラム製作のもと、俳優のジョエル・エドガートンが監督を務めたサイコスリラー。幸せに暮らす夫婦が、ある男から執拗(しつよう)にプレゼントを贈り続けられる恐怖を描く。不気味なギフトに...
[2017/06/19 18:44] パピとママ映画のblog
ザ・ギフト
『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのジェイソン・ブラム製作,俳優のジョエル・エドガートンが監督を務めたサイコスリラー。DVDで鑑賞。なかなか良くできた作品でした。サスペンスお好きならお勧めです。 転居先で幸せな生活を送っている夫婦サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)の前に、サイモンの高校時代の同級生だというゴード(ジョエル・エドガートン)が現れる。再会を祝いゴ...
[2017/06/24 20:09] 虎猫の気まぐれシネマ日記
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!