Hello, stranger/Happy Together ~『ムーンライト』
ムーンライト





 MOONLIGHT


 "In moonlight, black boys look blue".


 マイアミの貧困地区に暮らすシャロン(トレヴァンテ・ローズ、アシュトン・サン
ダーズ、アレックス・ヒバート)は麻薬中毒の母(ナオミ・ハリス)に育児放棄され、
学校ではいじめられていた。学校帰りに逃げ込んだ廃屋で、シャロンはドラッグ
・ディーラーのフアン(マハーシャラ・アリ)に助けられる。

 第89回アカデミー賞作品賞受賞作。公開日翌日に鑑賞。美しく切ない映画で
ある。あまりにも純情な初恋を描いた映画である。地味ながら、タブーに切り込
んだ勇敢な映画でもある。しかし、私が観た直後の感想はこうだ。

 「こ、これは・・・。あまりにも、あまりにも 『ブエノスアイレス』 じゃないか!」

 バリー・ジェンキンズ監督自身がウォン・カーウァイの影響を公言しているらし
いが、正直 「これがオスカーなら、王家衛は3、4本オスカー像手にしてないと
おかしくない?」 と思った。エンドロールの曲も、いっそ「Happy Together」 
にすればよかったのに、とか。実際、観終わってしばらく私の頭の中では、あの
曲がグルグル回っていた。もちろん、フランク・ザッパで。

 Imagine me and you,
 I do,
 I think about you day and night
 It's only right,
 To think about the boy you love
 And hold him tight,
 So happy together…

 まぁウォン・カーウァイはカンヌに愛されていたから、アカデミーにはスルーさ
れていたのだろうけれど。単にマーケティングの問題なのだろうというのは重々、
わかっているけれども。

 短い出演時間ながら、マハーシャラ・アリの存在感はこの作品に最後まで深い
余韻を残す。授賞式での紳士的な佇まいにはときめいた。しかしそれでも、作品
賞は 『ラ・ラ・ランド』 に授けてほしかったなぁ。

ムーンライト2

 ( 『ムーンライト』 監督・脚本:バリー・ジェンキンズ/2016・USA/
      主演:トレヴァンテ・ローズ、アシュトン・サンダーズ、アレックス・ヒバート、
                 マハーシャラ・アリ、ジャネール・モネイ、ナオミ・ハリス)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

[2017/05/31 07:33] | 映画 | トラックバック(1) | コメント(4) |
<<『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 | ホーム | 父の娘>>
コメント
真紅さんへ。
「ムーンライト」……お気に入りです。
立て続けに2回観に行きました。
ヒンヤリとした空気感とかね……僕の好み。
「ブロークバックマウンテン」の記事を29記事書いている、
真紅さんがどのような感想を持つのか興味津々!(笑)
漸くアップですね。楽しみにしていたんですよ。
色彩設計が見事でしたね。台詞が最小限なのも好ましい。
ジェーン・フォンダの「帰郷」みたいに、
テーマを滔々と台詞で喋られるのは勘弁願いたいので……。
主人公の目ね、3人とも全く笑わない……深く悲しみに沈んだ目。
子供のシャロンがフアンのところに通うでしょう?
何だかね、切なくなっちゃうのね。
ケイシーもそうでしたが、圧巻の演技のマハーシャラ・アリ!
ナオミ・ハリスなんて暫くマネペニーだと気付きませんでした(苦笑)
細かいカットも抑制が利いていて素晴らしかったです。
夜のビーチのシーンで砂で手を拭うでしょう?ああいうところとかね。
「ブエノスアイレス」と言えば、渋谷の文化村で上映されていたんですよねぇ……。
観に行かれませんでした。僕のチャン・チェンが出ているのに(笑)
真紅さん。作品賞は「ムーンライト」ですよ!(爆)

ブノワ。
[2017/06/09 08:27] URL | ブノワ。 #kZkdgmoI [ 編集 ]
ブノワ。さん、こちらにもありがとうございます。
これも2回ご覧になったのですね。
私、これシネコンで観たのですが、ミニシアター案件だなぁと思いました。
私ももう一回観たかったです。。
好きな映画ではあるのです、でもあまりにもあの映画に似ているので。。。
正直驚きました。
『ブロークバック』に関してはですね、ちょっと入り込みすぎでしたから。。
セリフ、ホント少なかったですね。
リトルなんて、ずーーーっと口ききませんでしたから。
で、初めてしゃべるのが「マイ ネーム イズ シャローン」。
フアンがね、どっち?って握りこぶし差し出すでしょう?
あれ両方入ってるんですよね絶対! で、「運がいいな」ってもう(T_T)
やさし過ぎる。罪滅ぼしも入ってるんですけど、、、。
ちなみに、ウチの母の本作を観ての感想は
「やっぱり性善説ですね」と。泣いたそうです。
『ブエノスアイレス』は数年前リバイバルで観ました。
どうしても観たくて、仕事終わりタクシーで劇場まで駆けつけた思い出があります。
そこまでしても観る価値のある作品だと思います。
そう、アカデミー賞作品賞受賞作がオマージュを捧げている映画ですから!
チャン・チェンくんはブノワ。さんに譲りましょう、その代わりレスリーとトニー、セットで私がいただきます(笑)。
[2017/06/10 00:02] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さんの感想サイコーです😀
笑っちゃいました。
ほんと、これは「ブエノスアイレス」ですー!
「欲望の翼」や「恋する惑星」の色彩と映像もスパイス
いい映画でしたね。3人のシャロンのまなざしが一緒だったのに驚きました。

[2017/06/18 18:22] URL | ゆーこ #- [ 編集 ]
ゆーこさん、こちらにもありがとうございます。
>笑っちゃいました
笑っていただけてよかったです(笑)。
絶賛評じゃなくてごめんなさい、って感じなんですけど。。
いい映画でした。ラストシーン、海辺にいるリトルが振り返るでしょう?
外見は大きく変わった主人公ですが、内面は変わっていない、ということなのでしょうね。
王家衛の感想が知りたいな。。。
[2017/06/18 22:13] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1774-e961499e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ムーンライト★★★★
貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青年期、成人期の3パートに分け、革新的な映像美とともに描き出したヒューマン・ドラマ。第89回アカデミー賞ではみごと作品賞を含む3冠に輝いた。監督は長編2作目の新鋭バリー・ジェンキンズ。 <感想>今年のアカデミー賞作品賞に輝き、マ...
[2017/06/19 18:52] パピとママ映画のblog
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!