夢追い人~『ラ・ラ・ランド』
ララランド





 LA LA LAND


 LAで女優を目指し、オーディションを受け続けるウェイトレスのミア(エマ・
ストーン)は、ピアノマンのセブ(ライアン・ゴズリング)と出逢う。彼は 「瀕死
の」 ジャズを愛し、好きな時に、好きな曲を、好きなように演奏できる自分の
店を開くという夢を持っていた。

 公開日翌日に1回目、観た直後に買ったサントラを聴き込んで、2週間後に
IMAXで2回目。そして5月の終わり、ムーブオーバーしたミニシアターで3回
目を鑑賞。ブログを始めてから、映画館で3回以上観た映画は必ず年間マイ
ベストワンになっている。だから今年も本作がベスト1はほぼ確定ですね(笑)。 
理由は、、、

 この映画最高じゃないですか? はっきり言って。

 冒頭、ハイウェイのミュージカルシーンで心掴まれ、ある意味古典的なストー
リーに 「夢を見ていた」。季節は流れ、ミアの 「オーディション」 から 「もし
も、あの時・・・」 な終盤、二人が視線を交わす無言のラストシーンまで、もう
滂沱の涙。「これは私の映画だな」 って。

 2回目を観た後、なかなか3回目が観られなかったのですが、一番発見があ
った、というかシミジミ映画を味わえたのはやはり3回目でした。予告終わりに
スクリーンがシネスコサイズにガガ~って変わったことにもう、既に感動してた
もんね。さすがシネマート心斎橋さん! シネコンでは、今はもうスクリーンカー
テンを動かさないからね。。

 初見時、エンドロールに”Japanese Folk song by Rentarou Taki”
の文字を見つけて 「えええええ~~、ど、どこに??」 と驚いたのですが、
3回目でようやくわかった!(遅) 耳の良い方は初見でおわかりになると思
います。ライトハウスでテーブルに着くとき、ミアが指輪をテーブルに落とし、
セブがキャッチしてそのまま演技を続けている、っていうのも確認できた。
あと、ミアの働くコーヒーショップのクレーマー(グルテンフリー?)が監督の
彼女だ、ってのも(笑)。

 この映画のストーリーをなぞるように昇りつめた感のあるエマ・ストーンです
が、彼女の成功はライアン・ゴズリングがいてこそ、なんだよね、ゴズりんって、
本当に共演した女優さんを輝かせる。3回目の鑑賞では、ゴズりんがスクリーン
から飛び出してきて 「君、何度も観てるけどそんなにこの映画が好きなの?」
って話しかけてくるかと。。気分は 『カイロの紫のバラ』 のヒロインよ(笑)。

 しかしこの映画、絶賛ばかりでなくかなり否定的意見もありますよね。うちの
母も 「物足りない」 ってLINEしてくるし・・・(汗)。特に、映画をたくさん観てい
る方に否定的意見が多い気がする。確かに青臭いミュージカルではあると思う。
しかし、あの若い監督デイミアン・チャゼルの 「こういう映画を作りたいんだ!」 
っていう俺様猪突猛進な情熱を、ストレートに受け止めたいと私は思う。

 万感胸に迫るラストは悲恋物語のようでいて、実は極上の 「ハッピー・エン
ディング」 なのかもしれない。人生のひと時、ともに生きた男女が歩む 「それ
ぞれの道」。それは確かに、二人で見た夢の続き・・・。

ララランド2

 ( 『ラ・ラ・ランド』 監督・脚本:デイミアン・チャゼル/
          主演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン/2016・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

[2017/05/28 22:05] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<父の娘 | ホーム | 真紅、考え過ぎてドツボにはまる(笑)。>>
コメント
真紅さま こんにちは。
この映画最高です!
真紅さんのこのブログも最高!
「ララランド」に胸躍り涙した人は、
この文章の最後の三行に、あらためて涙を流すことでしょう。
ほんとに、真紅さんは上手いなぁ。
[2017/06/03 21:28] URL | メグ #9NTBt13U [ 編集 ]
メグさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ご無沙汰です。
この映画最高でした? 最高でしたよね!!
ブログ読んでくださり、お褒めのお言葉恐縮です。
ちょっと過褒気味と思われますが(笑)。
今後ともよろしくお願いします^^
[2017/06/04 21:07] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さんへ。
おはようございます。お元気ですか?
待ってました「ラ・ラ・ランド」!(笑)
僕は初日と1日置いた3日目の2回鑑賞でした。
がっ!・・・・・・ダメなんです。甘っちょろくて。
新しいものが何もないでしょう?振り付けとかとってみても。
あのスカートの端を持ってヒラヒラさせるのなんて僕でも出来るし(笑)
なんて言うかなぁ……もっと悲劇を期待していたって言うのもあるんですが……。
夢に向かって邁進するミアと、自分の道をチョッと曲げてでも、
最後はキチンと夢をつかみ取るセブ……今、思い返すと、
そんなにガッカリすることもないかと思うんですが、
僕もお母さまと一緒だな(笑)そう、物足りないの。
真紅さん、僕がスクリーンから飛び出して差し上げますよ(笑)
やっぱり、ハリウッドの業界人は身につまされて点数が甘い?
そんな穿った見方をしてしまう意地悪な僕がいます。
エマ・ストーンの主演賞……20年早いな。
デイミアン・チャゼルの実力はもう少し見て行きたいです。

ブノワ。
[2017/06/09 08:25] URL | ブノワ。 #kZkdgmoI [ 編集 ]
ブノワ。さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
元気ですよ~。お気遣い感謝です。
さてさてお待ちかねの(笑)こちら。
え~、2回観られてダメだったのですね?
そうなんですよね。。映画をたくさんご覧になってる方々はこの映画否定されてますよね。
皆さん、それぞれの大好きなミュージカル映画があって、その焼き直し、と思われるのかな。
そうそう、あのスカートのシーンは、鈴木清順の映画に全く同じシーンがあるんだそうです。
こちらでは鈴木清順(追悼)特集があったのです。
私もデイミアン・チャゼルが「影響を受けた」と公言している『東京流れ者』は観たかったのですが。。。
一本も観られずでした。残念ながら。
『東京流れ者』は満席だったそうですよ。
監督の前作『セッション』は私はダメだったのですが(映画としては素晴らしいのでしょうけれど、イジメの話だと思えてダメでした)、
確かに若くて青臭い、確かに甘っちょろいに違いない、でもこの映画は好きです。私は。
エマちゃんの受賞は半分はゴズりんのおかげですよ!

>真紅さん、僕がスクリーンから飛び出して差し上げますよ(笑)
フフフ、私はたいてい最後列の真ん中あたりにいますから。
見つけてくださいね!
[2017/06/10 00:01] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こちらにも。
私もこれ大好き。真紅さんの感想拝見したかったのでうれしい。賛否両論みたいよね、でも好き(笑)
そう・・3回行かれたのね。私は今2回だけど
あと一回近場で上映ありで迷い中。
ってDVD発売決まったから余計迷うわ。
[2017/06/21 15:32] URL | みみこ #zQHIT1rU [ 編集 ]
みみこさん、こちらにもありがとう。
>私もこれ大好き。真紅さんの感想拝見したかったのでうれしい。
えー、ホントに? そう言ってもらえて私もうれしいな~^^
みみこさんも2回目はIMAXだよね? 気が合うよね(笑)。
DVDはね、私は買わないかな。
3回目観たら年間一位が決まってしまうよ~、どうする? フフフ。
[2017/06/22 11:49] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1772-000bf981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!