映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅

ふたつの夢~『幸せをつかむ歌』

幸せをつかむ歌




 RICKI AND THE FLASH


 小さなライブハウスで、“リッキー&ザ・フラッシュ”ギター兼ボーカル
して夜毎ステージに立つリッキー(メリル・ストリープ)は、音楽という夢のた
めに離婚し、三人の子どもを捨てた過去を持つ。そんなリッキーの元に、
のジュリー(メイミー・ガマー)
離婚し、実家に引き籠っている、と元夫のピ
ート(ケヴィン・クライン)
から連絡が入る。

 メリル・ストリープ主演作、と聞いて、劇場へ駆け付けるほど彼女が好きな
わけではない。だけど、何故かこの映画は観たいと思った。その第六感(?)
は見事的中! 自分の人生を生きる中で、「子育て」 をどう位置付ければい
いのか
。そのバランスに日々悩んでいる私には、どストライクな作品だった。
少しオールド・ファンションだけど、吹替えなしの音楽も素晴らしい!! リック
・スプリングフィールド
! 60をとうに過ぎた、彼の演技に泣かされるとは・・・。
監督はジョナサン・デミ。そして脚本はディアブロ・コディ! なるほどね~。

幸せをつかむ歌2

 ブッ飛んでいるように見えるリッキーが、共和党支持者(「ブッシュに2回も
投票した!」 「軍は大事よ」)でLGBTに非寛容、というのも妙にリアリティ
がある(そしてその理由もさり気なく描写される)。グレッグ(リック・スプリン
グフィールド)
の求愛をなかなか受け入れられなかったリッキーは、ずっと
家族に負い目を感じていたのだろうか? あんなにも、好き勝手に生きて
いるように見える彼女でさえ?

 ミック・ジャガーを引き合いに出し、女だけが子育てという呪縛に囚われ
ること
をリッキーは嘆く。しかし、それは彼女自身が 「リッキー」 としての
夢=音楽
だけでなく、「リンダ」 としての夢=母として家族を愛し、愛され
ること
、を捨て切れていないということなのだ。「子どもを愛するのは、親の
義務だ!」
 そう。自分の好きな生き方をして、結果子どもに愛想を尽かさ
れ、どんな扱いを受けようと、親は子どもを愛するものなのだ。それでいい
のだ。それだけで。

幸せをつかむ歌3

 ギブソンを売ったってバンド全員分の旅費は無理だろう、とか、突っ込みど
ころ
ももちろんある。邦題も相変わらず酷い。しかし、間違いなく観て元気に
なれる映画
だった。ああ私も、自分の仕事したな~って思える人生にしよう、
と改めて感じたのだった。

 ( 『幸せをつかむ歌』 監督:ジョナサン・デミ/2015・USA/
       主演:メリル・ストリープ、メイミー・ガマー、リック・スプリングフィールド
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2016-04-08 : 映画 : コメント : 2 : トラックバック : 6
Pagetop
守護天使と炎上少女~『マジカル・ガール』 «  ホーム  » 暗い・・・。~『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
幸せをつかむ歌
 メリル・ストリープが家族を捨てたロックシンガーになり、家族の危機のときに戻ってくるというコメディですが、娘役に実娘のメイミー・ガマーを起用したり、なんか接待作品という感じ。「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミも年取ったなあ。  作品情報 2015年アメリカ…
2016-04-09 05:26 : 映画好きパパの鑑賞日記
幸せをつかむ歌
ロサンゼルスにあるバーのハウスバンド“リッキー&ザ・フラッシュ”のメンバーとして、元気よくステージに立つ女性リンダは、貧乏ながらも充実した毎日を送っていた。 ある日、既に再婚している元夫ピートから連絡が入る。 離婚した娘ジュリーの力になって欲しいと言うのだ。 かつて3人の子どもたちを残して家を出たリンダは、数十年ぶりにインディアナへ帰郷するが…。 ヒューマンドラマ。
2016-04-09 05:42 : 象のロケット
「幸せをつかむ歌」
メリル・ストリープさん、ロックバンド・シンガーになる!
2016-04-09 06:44 : 或る日の出来事
「幸せをつかむ歌」人生は、ロケンロ~ル♪♪!
[メリル・ストリープ] ブログ村キーワード  “名女優”メリル・ストリープ熱唱!&実の母娘共演。「幸せをつかむ歌」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。母親のわがままで別れた母娘が、数十年振りの再会。果たして2人は、幸せをつかむことが出来るのでしょうか?  ミュージシャンになる夢を叶えるため、家族を捨てたリンダ(メリル・ストリープ)。“リッキー・レンダーゾ”と名乗り、...
2016-04-09 21:20 : シネマ親父の“日々是妄言”
幸せをつかむ歌
ミュージシャンになる夢を追って夫と3人の子供を捨てたリッキー(メリル・ストリープ)。 今は売れないバンド“リッキー&ザ・フラッシュ”のギター兼ボーカルとして、小さなライブハウスのステージに立つ日々。 ある日、元夫ピート(ケヴィン・クライン)から娘ジュリー(メイミー・ガマー)が離婚して実家に戻ってきて以来、憔悴したままだと連絡を受ける。 ジュリーの元に駆けつけたリッキーは、疎遠になっ...
2016-04-14 22:28 : 心のままに映画の風景
音楽と家族のドラマ
9日のことですが、映画「幸せをつかむ歌」を鑑賞しました。 夢だったロックスターへの道へ進むべく家族を捨てたリッキー 54歳になった現在は小さなライブハウスで歌う日々 ある日 元夫から娘ジュリーが離婚して落ち込んでいることを知らされる 娘を励まそうと20年ぶり...
2016-04-22 22:20 : 笑う社会人の生活
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

偏愛ですよ(笑)
真紅さんへ。
メリル・ストリープ主演作と聞いて、
劇場へ駆け付けるほど彼女が好きな僕です(笑)
もう偏愛40年近くにもなりますか……。
今回、残念だったのは、メリルが綺麗じゃなかったこと。
いつも組んでいるヘアメイクが担当していませんでしたね。
ジョナサン・デミはこんなもんじゃないハズ……。
邦題……ウゥ〜む、コメント控えます(苦笑)
「ルーム」とか「レヴェナント」とかこの作品とか、
最近、親子のことを描いた作品が気になります。
子供を持たない僕の人生はどこか半端で完結することがないのか?
普通は子供に向く愛情がどこか変なところに向かっていないか?
あれこれ考えてしまうこの頃です……。

ブノワ。
2016-05-03 08:02 : ブノワ。 URL : 編集
ブノワ。さん、そしてこちらにもありがとうございます。
確かに、メリルは綺麗じゃなかったですね~、メイクが(汗)。
まぁ、それも演出なのだとは思うのですが。
>子供を持たない僕の人生はどこか半端で完結することがないのか?
>普通は子供に向く愛情がどこか変なところに向かっていないか?

少し前に、女優さんの発言が話題になりましたよね。
「子どもを持たなかった人生に一片の後悔もない」
私は子どもがいますけれども、子どもがいない友人も、もちろんいます。
皆、自分の充実した人生を謳歌しています。少なくとも、私にはそう見えます。
私の母は、「生まれ変わったら子どもは産まずに、仕事して生きる」と口癖のように言っていました。
それは、娘に対するメッセージだったのだと今にして思います。鈍感な私はキャッチできませんでしたが。

>あれこれ考えてしまうこの頃です……。
↑の女優さんも、きっと考えていると私は思います。
自分の人生を、如何に生きるか。
子どもがいる私も、考え続けています。
たとえ永遠に答えは出なくても、ブノワ。さん、一緒に考え続けましょう。
2016-05-04 11:53 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 

Archives

Search this site

Thank You!