私の天使~『キャロル』
キャロル




 CAROL


 1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ
売り場
で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを
買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。

 我らがケイト・ブランシェットと、ルーニー・マーラが恋に落ちる。原作は
トリシア・ハイスミス
、監督は アイム・ノット・ゼア でケイト・ブランシェット
と組み、彼女から最高の演技を引き出したトッド・ヘインズ。ある意味、ケイ
ト様を一番 「わかっている」 監督かもしれない。これだけの役者が揃えば、
期待値はストップ高、鉄板の良作でないはずがない・・・。そして、その期待
が裏切られることはなかった。

 ちなみに、2月14日に鑑賞。バレンタインデー、女一人で観るのにこれほ
どふさわしい映画があるだろうか?

キャロル2

 50年代の風俗を再現した衣装や、プロダクション・デザインが素晴らしい! 
古い名画を観ているような感覚にさえ陥る、完璧な映像だったと思う。主演女
優ふたりはその演技を競うことなく、互いを見つめ合い、尊重し合って呼吸を
合わせる
。時にスロー過ぎるとさえ感じるほどに、ゆっくり、ゆっくり、ふたりの
距離は縮まってゆく・・・。

 ゴージャスなセレブリティであり、羨望の的であるキャロルが、可哀想で堪
らなかった。飾り物として振舞うことだけを求められ、「本当の自分」 を抑え
つける日々。若いテレーズには夢も時間もあるのに、キャロルは唯一の希望
であり、宝であるすら奪われてしまう。

キャロル3

 それでも、自らのセクシャリティと、テレーズへの愛を堂々と貫くキャロル
に感動する。テレーズは、様々な意味でキャロルによって道を開かれ(ca
nonのカメラ
!)、自立した大人の女へと変貌する。その上で、彼女がラス
トシーンに下した決断に、深い安堵と感銘を覚えた。これは、カバーこそ
性愛
だけれど、実は女の自立がテーマの物語なんじゃないだろうか。

 ( 『キャロル』 監督:トッド・ヘインズ/2015・UK、USA/
             主演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

【2016/03/08 00:00】 | 映画 | トラックバック(29) | コメント(6)
<<QT,No.8~『ヘイトフル・エイト』 | ホーム | 神が与えしもの~『サウルの息子』>>
コメント
>ある意味、ケイト様を一番 「わかっている」 監督かもしれない。

本当にその通り!
ケイト様の潜在能力を十二分に引き出す、トッド・ヘインズ監督、素晴らしいです。
賛否両論の『アイム・ノット・ゼア』も大好きでした。

この作品、上半期で一番好きでした。
バレンタインデーにこれをご覧になったのね。日にちのチョイスまでとても良い感じですね。
【2016/03/11 13:13】 URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
とらねこさん、こんにちは~。コメントありがとうございます。
『アイム・ノット・ゼア』賛否両論だったのですね!?
ケイト様はめちゃ評価されてましたが、まぁ実験的な映画でしたからね・・・。
私ももちろん大好きでしたよ♪

>この作品、上半期で一番好きでした。
下半期かな? 9月~翌年3月まで、ってことかな?
そう、バレンタイン。TOHOなんば。安かったし(笑)。
【2016/03/12 10:55】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
お久しぶりです。
ヘインズ監督らしく色使いがきれいな映画でした。
ケイトさんの背面姿が
けっこう筋肉質でしたね。(笑)
二人が見つめ合うあのラストは
逸品と思います。
【2016/03/19 17:49】 URL | vivajiji #kzLu3bv6[ 編集]
vivajijiさん、こんにちは~。コメントいただくの、ホントひさしぶりですね。
ありがとうございます。
ケイト様、宝塚の男役トップのような雰囲気でしたね!
ルーニーは娘役。ドゥフフ。。
色彩設計、美術、衣装。もちろん主演ふたりの演技。
まさしく「逸品」でございました。
【2016/03/21 20:53】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
わーまた間が開いちゃった(汗)

『アイム・ノット・ゼア』は私も大好きなんですよね。
なのでこのコンビなのでハズレはないかと。
作品も落ち着いていてよかったです。
【2016/04/02 11:41】 URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
roseさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございます。
こちらではご無沙汰ですが、Twitterで生存確認(?)してるから久しぶり感はないな~。
トッド・ヘインズはまたいつかケイト様と組んで欲しいですね。
このコンビならどんなジャンルでも観たいですわ。
【2016/04/03 15:21】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1716-fa24da3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
キャロル
キャロル@ユーロライブ あーうぃ だにぇっと【2016/03/07 21:31】
キャロル
惹かれ合う理由 * * * * * * * * * * 本作は1952年に、パトリシア・ハイスミスによって発表された小説。 けれど、当時は同性愛は法に触れることもあり、 別名で出版されたといいます。 今や同性婚も認められつつある時代。 だからわりと何気なく見... 映画と本の『たんぽぽ館』【2016/03/07 21:32】
キャロル
 『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭の時点は1952年。まず地下鉄の走る音に続いて駅で停車する音が聞こえた後、ジ... 映画的・絵画的・音楽的【2016/03/07 21:33】
「キャロル」
「Carol」 2015 UK/USA 1952年のニューヨーク。クリスマスを目前に高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしているテレーズも忙しくしている。彼女はフォトグラファーになることが夢。そしてボーイフレンドのリチャードからはプロポーズされヨーロッパに行こうと熱心に誘われているがなぜかその気にならない。そんなある日、おもちゃ売り場に現れたエレガントな女性に魅せられてしまう...... ヨーロッパ映画を観よう!【2016/03/07 21:35】
キャロル
評価:★★★☆【3.5点】(P) 同性愛をテーマにしたメロドラマに付いて行けるか^^; 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜【2016/03/07 21:39】
キャロル〜←クリスマス
公式サイト。イギリス=アメリカ。原題:Carol。パトリシア・ハイスミス原作、トッド・ヘインズ監督。ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・ ... 佐藤秀の徒然幻視録【2016/03/07 21:48】
「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど
映画『キャロル』は、1950年代を舞台にしたということではなく、映画らしい映像の 大江戸時夫の東京温度【2016/03/07 21:58】
『キャロル』 テレーズのまだ見ぬ世界は……
 『ベルベット・ゴールドマイン』『エデンより彼方に』などのトッド・ヘインズの最新作。  原作は『リプリー』『殺意の迷宮』(映画版は『ギリシャに消えた嘘』)などのパトリシア・ハイスミス。  舞台は50年代のニューヨーク。高級百貨店でアルバイトとして働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、お客として現れたキャロル(ケイト・ブランシェット)に目を奪われる。キャロルもその視線に気づき、ふ... 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実【2016/03/07 23:01】
キャロル
 1950年代のアメリカを舞台に、当時は市民権を得られていなかった女性の同性愛を描いた作品。美術、ファッション、撮影などは満点に近く、主演の2人も本当に美しかったのだけど、これ、男女の話だったら、普通のメロドラマだよな、と見ていて醒めた部分もありました… 映画好きパパの鑑賞日記【2016/03/07 23:02】
『キャロル』
「憧れ」や「代用」は恋へと昇華するのだろうか。 これは恋の物語でも愛の物語でもなく、本当の意味での恋が始まるまでの物語。キャロル・エアードとテレーズ・ベリベットの対等 ... こねたみっくす【2016/03/07 23:27】
『キャロル』
1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになるためにマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、デパートの玩具売り場でクリスマスシーズンの臨時アルバイトをしている。テレーズには、なかなか結婚には踏み切れないでいるリチャードという恋人がいた。そんな... beatitude【2016/03/08 00:04】
『キャロル(Carol)』トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、他
『キャロル』Carol原作 : パトリシア・ハイスミス監督 : トッド・ヘインズ出演 : ケイト・ブランシェットルーニー・マーラカイル・チャンドラージェイク・レイシーサラ・ポールソン、他 物語・195 映画雑記・COLOR of CINEMA【2016/03/08 00:17】
キャロル
  1952年のニューヨーク。 デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘のプレゼントを探すゴージャスな女性キャロル(ケイト・ブランシェット)を接客。 優雅で気品に満ちたキャロルに魅了されたテレーズは、彼女の忘れ物を送ったことからランチに誘われるが…。 「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが52年に別名義で発表... 心のままに映画の風景【2016/03/08 00:45】
映画:キャロル Carol ケイト・ブランシェットの主演女優賞他、納得の アカデミー賞ノミニー × 8 !
ケイト・ブランシェットの「ブルージャスミン」に続いての主演女優賞が噂される今作。 アカデミー賞候補が発表されたが、まだ内容は知らないタイミングで今作を鑑賞した。 そして鑑賞直後に感じたのはまず、 ケイト・ブランシェットは、2度めの主演女優賞を獲ったな... 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜【2016/03/08 00:54】
『キャロル』 1950年代と今日性と
Carol(viewing film) 1950年代のニューヨークを舞台に二人の Days of Books, Films【2016/03/08 11:51】
キャロル
【CAROL】 2016/02/11公開 イギリス/アメリカ/フランス PG12 118分監督:トッド・ヘインズ出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、ジェイク・レイシー、カイル・チャンドラー このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。... ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★【2016/03/08 15:03】
【cinema】『キャロル』
2016.02.13 『キャロル』鑑賞@TOHOシネマズみゆき座 すごい見たくて試写会応募したけどハズレ。迎賓館赤坂離宮見学(記事はコチラ)まで時間潰す必要があったので、予定にはなったけど急遽見ることに。9:30AMの回だったけど、小さい劇場なこともあり満席。楽しみに見てき... ・*・ etoile ・*・【2016/03/09 02:03】
これは不倫か?純愛か?『キャロル』
離婚調停中の人妻と若い女性の恋愛を描いた作品です。 水曜日のシネマ日記【2016/03/09 19:31】
キャロル
恋に落ちた相手はキャロル 公式サイト http://carol-movie.com 原作: キャロル (パトリシア・ハイスミス著/河出文庫)監督: トッド・ヘインズ  「ベルベット・ゴールドマイン」  風に吹かれて【2016/03/11 21:48】
ショートレビュー「キャロル・・・・・評価額1700円」
その愛は、人生を永遠に変える。 舞台は1950年代のニューヨーク。 エレガントな大人の女性キャロルと、まだ初々しい蕾のテレーズ。 対象的な二人は共に人生の岐路に立っており、運命的に出会うと急速に惹かれ合う。 「太陽がいっぱい」で知られるパトリシア・ハイスミスが、1952年に発表した事実上の長編デビュー作「The price of solt」を「ベルベット・ゴールドマイン」のトッド... ノラネコの呑んで観るシネマ【2016/03/11 21:50】
『キャロル』('16初鑑賞15・劇場)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 14:30の回を鑑賞。 みはいる・BのB【2016/03/13 16:36】
「キャロル」みた。
1950年代のニューヨークを舞台に女同士の純粋な恋愛を描いた物語。芸術作品に近い映画に思った。主人公のケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラは、第88回アカデミー賞で主演女優賞、助演女優賞にそれぞれ たいむのひとりごと【2016/03/15 18:38】
運命の恋、それは
15日のことですが、映画「キャロル」を鑑賞しました。 試写会にて 52年、マンハッタン 冬。テレーズはデパートで玩具販売員のアルバイトをしていたある日 娘へのプレゼントを探しに来た ミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われる。それ以来、2人は会うようにな... 笑う社会人の生活【2016/03/23 22:39】
キャロル
1952年、ニューヨーク。 高級百貨店の女性アルバイト店員テレーズは、密かに写真家に憧れているが、恋人からは結婚を迫られていた。 ある日、売り場にキャロルというエレガントな女性が、6歳の娘へのクリスマスプレゼントを探しに訪れる。 ひょんなことから、テレーズはキャロルの屋敷に招待され、心を通わせていくが…。 ラブ・ストーリー。 ≪このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。 あな... 象のロケット【2016/03/31 00:27】
『キャロル』 静かに進む濃密な愛の行方
原題: Carol 監督: トッド・ヘインズ 出演: ケイト・ブランシェット 、ルーニー・マーラ 、サラ・ポールソン 、ジェイク・レイシー 、カイル・チャンドラー 試写会場: ユーロライブ 2015年 アメリカ 映画『キャロル』公式サイトはこちら。 52年、冬。ジャ... Nice One!! @goo【2016/04/02 11:37】
キャロル ★★★★
『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが52年に別名義で発表した小説を「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督が映画化。エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの切なくも美しい禁断の恋の行方を、50... パピとママ映画のblog【2016/04/15 19:00】
キャロル CAROL
1950年代のアメリカ、女性同士の同性愛をテーマにした作品。 デパートで販売員の仕事をしているテレーズ(ルーニー・マーラ)、クリスマスのおもちゃ売り場で出会った、娘へのクリスマスプレゼントを買うキャロル(ケイト・ブランシェット)に心を奪われる。キャロルは... まてぃの徒然映画+雑記【2016/04/19 23:06】
映画評「キャロル」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ=イギリス=オーストラリア合作映画 監督トッド・ヘインズ ネタバレあり プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]【2017/02/05 08:40】
『キャロル』
キャロル 優雅な人妻に魅せられた若い女性の禁断の恋の行方を 切なくも艶やかに描き出した感動の恋愛ドラマ。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:パトリシア・ハイスミスが初刊行時には別名義で発表したベストセラー小説 cinema-days 映画な日々【2017/03/06 01:37】
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
  ★今年もよろしくお願いします★

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!