映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅

人生のリスタート~『Re:LIFE~リライフ~』

リライフ










 THE REWRITE


 キース・マイケルズ(ヒュー・グラント)アカデミー賞受賞経験のあるハリウッ
ドの脚本家
だが、今は完全に 「過去の人」 扱い。エージェントから田舎町の
大学講師の職
を打診され、仕事のないキースは渋々赴任するのだったが。。

 ヒュー・グラントが大好きです。きっかけは 『フォー・ウェディング』 かな?
本作で初めてヒューを知った人は 「何この(くたびれた)おっさん?」 と思う
かもしれないけど、そうね、、、20年前、彼は輝くばかりに美しかったのですよ
(遠い目)。ゴールデン・グローブを受賞して、オスカーノミニーになって、やら
かして・・・
。いろいろ、本当にいろいろあって、ヒューももう50代半ば(驚)。若
い頃の美しさは失っても、彼は決して 「過去の人」 にはならないオーラを纏
い続けていると思う。もちろん、この落ちぶれた元セレブ役も、とっても素敵
した♪ しかしヒュー・グラントは、マーク・ローレンスとよほど馬が合うんだなぁ。

リライフ2

 何と言うか、、、ヒュー・グラントには品と人の良さを感じる。と言ったら意外だ
ろうか? シニカルなジョークを飛ばす印象が強いけれど、決して嫌味じゃない。
彼から我の強さだとか、底意地の悪さを感じたことがない。頭の回転が、とても
速い人
なのだと思う。セルフパロディみたいな役を演じても、「ロマコメの帝王」 
を彼自身が楽しんでいるように見える。

 蔑んでいた教師と言う職業が、実は天職だったというある脚本家のお話。華や
かな陽光輝くロサンゼルスから、曇天の田舎町へ。絵に描いたような 「都落ち」 
でも、ヒューが演じると何故か悲壮感はない。しかし冷静に観ると、この主人公
は物凄く辛い状況だと思う。過去の栄光はあれども妻にも一人息子にも去られ、
若い教え子の才能はハリウッドに買われていく(かつての自分のように)。それで
も、誰を恨むでもなく、妬むこともなく、飄々と人生をリスタートさせるキースは、と
ても強い人だと思う。

リライフ3

 人は誰でも一冊の本が書ける、それは自分の人生。無名でも、平凡なようでも、
一つ一つがかけがえのない、唯一つの人生だから。書くことと映画が大好きな私
には、ドストライクな映画
でした。ラストの、キースとホリー(マリサ・トメイ)との下り
だけは、蛇足と思ったけど。

 ( 『Re:LIFE~リライフ~』 監督・脚本:マーク・ローレンス
          主演:ヒュー・グラント、マリサ・トメイ、J・K・シモンズ/2015・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2015-12-20 : 映画 : コメント : 2 : トラックバック : 16
Pagetop
デス・ゾーン~『エベレスト 3D』 【2D・字幕版】 «  ホーム  » 誰かの青空~『恋人たち』
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「RE:LIFE リライフ」:人物がみんな魅力的な娯楽映画
映画『RE:LIFE リライフ』は55歳になったヒュー・グラントが、やっぱりチャ
2015-12-20 18:26 : 大江戸時夫の東京温度
Re:LIFE リライフ / The Rewrite
昔ヒットを飛ばしたことのある今は落ちぶれた脚本家が、大学の講師になり脚本を教えることから、自らの事も見つめなおすという物語。 ヒュー・グラントの本領発揮ですね〜。何となく頼りにならない、ダメ男というか、イケメンを演じています。って言うか、そのダメ男を支...
2015-12-20 18:46 : 勝手に映画評
Re:LIFE〜リライフ〜
評価:★★★☆【3,5点】(F) 映画ネタがいっぱい出てきてそれだけでも満足(笑)
2015-12-20 19:23 : 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Re:LIFE〜リライフ〜
あらすじ かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キース(ヒュー・グラント)は、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受けるが、乗り気でなく不真面目に振る舞う。しかし、子育てしな...
2015-12-20 21:23 : ♪HAVE A NICE DAY♪
Re:LIFE 〜人生を書き直そう
Re:LIFE 観ました。 公式HP かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キース(ヒュー・グラント)は、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受けるが、乗り気でなく不真面目に振る舞う...
2015-12-21 06:51 : まぜごはん
Re:LIFE リライフ
楽しかった!結末の見えるストーリー展開であっても個性的なキャラクターたちと彼らの間で交わされる会話が楽しくてあっという間の2時間。監督&脚本は「ラブソングができるまで」のマーク・ローレンス監督。なるほど納得だ。周囲からわけもなくチヤホヤされなくなったり体力の衰えはあるものの若い頃の方が良かったわ~と思うことはあまりない。だが未知の可能性や無鉄砲でも大きな夢や希望を抱ける点ではやはり若い人たち...
2015-12-21 23:05 : 龍眼日記 Longan Diary
RE:Life リライフ/THE REWRITE
「トゥー・ウィークス・ノーティス」「噂のモーガン夫妻」「ラブソングができるまで」 「デンジャラス・ビューティー」などの監督で脚本家のマーク・ローレンスがヒュー・グラントと4度目タッグ 映画脚本家はかつてオスカーで脚本賞も受賞したがいまは落ちぶ...
2015-12-21 23:40 : 我想一個人映画美的女人blog
Re:LIFE リライフ
かつてアカデミー賞脚本賞を受賞した脚本家キース・マイケルズは、その後15年もの間、全くヒット作に恵まれないでいる。 生活に困窮した彼は、仕方なく田舎町ビンガムトン大学のシナリオコースの講師を引き受けることに。 教師なんて柄ではなかったが、ハリウッドの脚本家に憧れる生徒たちは真剣そのもの。 彼らの質問に答えるうちに、気が付けば立派に講義を終えていた…。 ラブ・コメディ。 ≪大丈夫、人生のシナリ...
2015-12-22 09:52 : 象のロケット
Re:LIFEリライフ
ワンパターンでも。マンネリでも。 * * * * * * * * * * かつてアカデミー脚本賞に輝き、 ハリウッドのトップの座を占めた脚本家キース(ヒュー・グラント)。 しかし、その後15年ヒットに恵まれず、妻とも離婚し、わびしい生活。 仕方なく田舎町...
2015-12-23 21:09 : 映画と本の『たんぽぽ館』
Re:LIFE〜リライフ〜
上映時間 107分 脚本:監督 マーク・ローレンス 出演 ヒュー・グラント/マリサ・トメイ/J・K・シモンズ/ベラ・ヒースコート/クリス・エリオット/アリソン・ジャネイ/アンドリュー・キーナン=ボルジャー/スティーヴン・カプラン 『ラブソングができるまで』のヒュー・...
2015-12-24 19:08 : to Heart
Re:LIFE~リライフ~
そして教師になった 公式サイト http://www.relife-movie.com 監督: マーク・ローレンス  「トゥー・ウィークス・ノーティス」 「ラブソングができるまで」 「噂のモーガン夫妻
2015-12-25 11:38 : 風に吹かれて
「Re:LIFE~リライフ~」
「The Rewrite」2014 USA 若い頃、アカデミー賞脚本賞を受賞したキース・マイケルズは、その後15年もの間ヒット作が書けていない。もはやハリウッドから声がかからなくなったキースを心配したエージェントのエレンは彼にある仕事を紹介する… キース・マイケルズに「ノッティングヒルの恋人/1999」「ラブソングができるまで/2007」「噂のモーガン夫妻/2009」「コードネー...
2015-12-28 14:52 : ヨーロッパ映画を観よう!
Re:LIFE~リライフ~
 栄光の頂点から没落したハリウッドの脚本家が田舎の大学で教えることで、もう一度自分を取り戻す物語。プロットはありきたりだけど、魅力的な脇役や映画愛で楽しめる佳作になりました。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:マーク・ローレンス 出演:ヒュー・グラ…
2016-01-04 06:56 : 映画好きパパの鑑賞日記
Re:LIFE~リライフ~ (The Rewrite)
監督 マーク・ローレンス 主演 ヒュー・グラント 2014年 アメリカ映画 107分 コメディ 採点★★★★ ちょこちょこ転職を経験している私ですけど、振り返ってみるとアルバイトを除けば二つの職種しか経験したことがないんですよねぇ。その二つも、ざっくりと括れば…
2016-05-12 15:18 : Subterranean サブタレイニアン
映画評「Re:LIFE~リライフ~」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督マーク・ローレンス ネタバレあり
2016-11-21 09:37 : プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
「Re:Life〜リライフ〜」
ここが劇場でなければ声を上げて泣いていたと思う。それ程の作品だった!もうすごくすごく!コメディではあるけれど、楽しくケラケラと笑いながら観られるんだけど、心に響いて堪らない。ヒュー・グラント好き必見!いや、ヒュー・グラント好きでなくても!15年前に「間違いの楽園」でアカデミー賞脚本賞を受賞したキース・マイケルズ(ヒュー・グラント)が、今やハリウッドからお声もかからない冴えない中年脚本家で、食...
2016-11-21 13:03 : ここなつ映画レビュー
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ベスト10入りです♪
真紅さん、こんばんは。
>ヒュー・グラントには品と人の良さを感じる
同感です!
それも年を重ねるごとに、ですね。
若い頃は美青年だけどそれほど魅力を感じませんでしたが年を重ねるごとに
魅力的になっていく気がします。

私としてはキースとホリーのエピソードもそれほど
気にはならなかったのですが、確かに恋愛感情抜きの同志的な関係だったら
更に良かったかも・・・
そんな気がしてきました。
2015-12-21 23:04 : sabunori URL : 編集
sabunoriさん。こんばんは~。コメント&TBありがとうございます。
おお、ベスト入りですか~。私もそろそろ絞り込まねば・・・。
ベスト1は決まっているんですけどね♪
sabunoriさんのベスト楽しみやな~^^

私、最近(昔から?)荒んでるせいか、恋愛要素いらんねん! と思ってしまうんですよね~トホホ。。
ホリーが中年男性、っていう設定なら大喜びしたかも(おいおい)。

ヒュー・グラント。あの事件の後も消えることなく活躍しているのも、彼の人柄ゆえのような気がします。
2015-12-22 19:49 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 

Archives

Search this site

Thank You!