発掘~『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』
ヴィヴィアン・マイヤーを探して







 FINDING VIVIAN MAIER



 2007年。シカゴ在住の青年ジョン・マルーフは、オークションにかけられた
大量のネガが詰まった箱を、380ドルで競り落とす。そこに写し出された風景
に感動した彼は、写真の一部をブログで公開するや大反響を呼ぶ
。撮影者
の名はヴィヴィアン・マイヤー。彼女は一体、何者なのか?

 乳母を生業としながら膨大なストリート写真を撮り続けるも、生前はそれら
を一枚も発表しなかったある女性
を巡るドキュメンタリー。邦題は懐かしの 
『デブラ・ウィンガーを探して』:SEARCHING FOR DEBRA WINGER を
思い起こさせるが、こちらの原題は;FINDING VIVIAN MAIER。まさしく 
「発見」 なのだ。

 写真は、観るのも撮るのも好き。いや写真そのものよりも、写真を撮る人
に興味がある
、と言ったほうが正確かもしれない。だから写真家のドキュメ
ンタリー映画
はいくつか観てきたが、本作がベストだと思う。素晴らしい作品
でした。

ヴィヴィアン・マイヤーを探して2

 持論として、「才能というものは、絶対に埋もれない」 と思っている。どんな
環境に生まれても、生まれ持った才能、天賦の才は必ず、世に出ると。では
何故ヴィヴィアンは、自分の才能を隠したのか? 映画の中でも語られていた
通り、それはただ単に彼女が自分の写真を発表する方法を 「知らなかった」 
だけだと思う。天涯孤独で、専門の教育も受けていない彼女は、社会と上手く
折り合うことができなかった。そしてむしろ、他人や世間がどう評価するかより
も、自分自身が写真を撮ることが、最も大切なこと
だったのだ。彼女にとって、
写真を撮ることは息をすることと同じであり、「生きること」 と同義だったのだ
と思う。二眼レフのローライフレックスは、彼女の身体の一部だったのだ。

 そして誤解を恐れずに言えば、これはある種のアウトサイダー・アートなのか
な、と思う。これほどまでに人々の心を捉える写真を撮りながら、人目を避ける
ように生き、人知れずその生涯を閉じた女性
。エンドロールを観ながら涙が溢
れたけれど、泣くことはヴィヴィアンに対して失礼な気がして、必死で堪えてい
た。監督であり、「発見者」 たるジョン・マルーフに感謝したい。

ヴィヴィアン・マイヤーを探して3

ヴィヴィアン・マイヤーを探して4

ヴィヴィアン・マイヤーを探して5

ヴィヴィアン・マイヤーを探して6

 ( 『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』 
     監督・製作・脚本:ジョン・マルーフ&チャーリー・シスケル/2013・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

[2015/12/07 00:16] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<衝撃~『草原の実験』 | ホーム | シャマラン復活? ~『ヴィジット』>>
コメント
真紅さんへ。
こんばんは。待っていました!(笑)
しかも、ドドッと来ましたね……。
「Looking for Mr. Goodbar」って言うのもありましたね。
僕、これ大好きなのです。サントラもいいし……。
昨日、頼んであった写真集が届きました。
出来たらオリジナルプリントが欲しいなぁ……と思っています。
表紙になった白のドレスを着た女性の夜の後ろ姿……。
だけど、真紅さんが書くとレビューもアートになりますね。
僕はね、ヴィヴィアンが写真を発表しなかった=、
お金の問題と思っています。
当時のフィルム代、現像代、プリント代は、
とてつもなく高かったハズだから。
何だか夢がないですね……教えてくださってありがとう。
チョッと遅れますが僕も記事にします。

ブノワ。
[2015/12/06 20:50] URL | ブノワ。 #kZkdgmoI [ 編集 ]
ブノワ。さん、こんばんは~。コメントありがとうございます。
わはは、お待たせしました(笑)。
『ミスター・グッドバーを探して』観てないのですがタイトルは有名ですね~。
三作とも訳は「探して」だけど、単語はそれぞれ違う。。英語も結構、深いですね?!

写真集、買われたのですね。
わかります、、私も、もっと彼女の作品が観たいと思いました。

>真紅さんが書くとレビューもアートになりますね。
いやいやとんでもございません。。ブノワ。さんは私には過褒の人ですね。
でもありがとうございます^^

お金の問題、、そうか、本当にそうですね。。
ナニーをしていたヴィヴィアンにそうお金があるわけもなく。。
悲しいけれど、お金がないと何にもできないですよね。

こちらこそ、渋谷まで観に行って下さって、、、ありがとうございます。
ブノワ。さんに観ていただけてうれしいです。
ヴィヴィアンもきっと喜んでいますよ! 記事楽しみにしております。
[2015/12/07 19:45] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1679-292c244f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!