思い描き、聞こえてくるもの~『イマジン』
イマジン




 IMAGINE


 港町リスボン。修道院に間借りして造られた寄宿制盲学校に、一人の英国
人教師
が赴任する。彼の名はイアン(エドワード・ホッグ)白杖を持たない視
覚障害者
だ。庭に面した彼の部屋の隣には、引きこもりがちのドイツ人女性エ
ヴァ(アレクサンドラ・マリア・ララ)
が住んでいた。

 近頃は、信頼する映画好きの方々のツイートから、観に行く作品を選ぶこと
が多い。この映画もその一つ。「素晴らしい! 是非大きなスクリーンで体感
して」
 というご意見に、迷わず地下道を抜けてスカイビルへ。

 冒頭から、ぼやけた画面ノイズのような息遣いが重なる。次第に焦点が
定まり、古い建物と扉が現れる。サングラスをかけた男のクローズアップ。彼
が、「音」 の響きでこの建物を 「視て」 いることがわかる。この映画、何か
が違う・・・。そう、「音」 の聞こえ方が独特なのだ。

イマジン2

 イアンは手を叩き、舌を鳴らし、踵を打って音を響かせる音を反響させる
ことで自分と物との距離を測り、白杖無しで移動しているのだ。盲学校の生徒
たちは、杖を持たない彼を訝しみ、「本当は見えているのでは?」 と疑い始め
る。しかしその疑惑は、ある衝撃のシーンで打ち消されるのだが。

 杖を持たないイアンに、校長たちは危険行為だと異議を唱え、辞職を迫る。
イアンが求めていたもの、生徒たちに伝えようとしたのは、視覚以外の感覚
を駆使し、如何に 「感じる」 ことができるか、ということ。そしてそれは、どれ
だけ 「自由」 を獲得できるか、とイコールなのだ。 

 正直、イアンの行動にはハラハラしたし、安全第一を考える校長たちの考え
方にも一理あると思う。しかしイアンに導かれたエヴァが最後に 「視た」 も
、それは理屈を超えて、私の胸に迫る。イアンの思いは、常に外海=大西
洋("The Atlantic.")
 に向かって、開かれていたのだと。

イマジン3

 ポーランド映画ではあるが、舞台となるポルトガルの首都・リスボンの風景
に心奪われる。陽光と海風、狭い坂道を行き交う路面電車耳を澄ませ、肌
で感じ、自由を得ること
。余韻あるラストシーンに浸りながら、この作品世界
ら去りがたい私がいた。

 ( 『イマジン』 監督・製作・脚本:アンジェイ・ヤキモフスキ
           主演:エドワード・ホッグ、アレクサンドラ・マリア・ララ
                    2012・ポーランド、ポルトガル、フランス、イギリス)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

【2015/06/05 00:00】 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(2)
<<月とカナリヤ~『あん』 | ホーム | 愛しのグゥ、銀のトレイ>>
コメント
こんにちは!
良く調べず見てみたので、冒頭辺りは「一体何なんだろう?劇映画なんだろうか、ドキュメンタリーなんだろうか?」と考えてしまったほど、真に迫ってました。
映画を見ていてこんな感覚に陥ったのって、今まであまりないかも…。
本当、文句なく素晴らしい作品でした!
【2015/06/15 13:00】 URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
とらねこさん、こんにちは~。
わーい、この映画にコメントありがとうございます。
これ観た方が本当に少なくて、、観た方は絶賛されてる方が多いですよね。
で、ちょっと謎なところもあり、誰かと話したい!と思っていたところでした。
後ほど「教えてちゃん」になりに行くかもしれませんが、お許し下さいねm(__)m
【2015/06/16 07:30】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1635-dfdb157c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『イマジン』
(原題:Imagine) ----『イマジン』? ジョン・レノンと関係あるの? で、世界平和を希求する映画だったりして…。 「普通、そう思うよね。 ところがこれが全く違う。 この映画は『イーダ』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞したことで 今また注目を集めているポーランド... ラムの大通り【2015/06/23 13:45】
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
  ★今年もよろしくお願いします★

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!