男が女を愛する時~『傷だらけのふたり』
傷だらけのふたり





 MAN IN LOVE


 韓国・群山高利貸しの取立てを生業とするテイル(ファン・ジョンミン)は、
昏睡状態の父親の借金の保証人となっている銀行員・ホジョン(ハン・ヘジ
ン)
の元へ取立てに行く。美人で勝ち気だけれど、親思いなホジョンに一目
惚れ
したテイルだったが、その感情が 「愛」 であることに気付けないまま、
彼はホジョンにある取引を持ちかける。

 一昔前から、韓国映画で演技派俳優といえばソル・ギョング、チェ・ミンシ
ク、ソン・ガンホにハン・ソッキュ、
というところだったと思う。しかし近年は
・ジョンウ
と、何と言ってもこのファン・ジョンミン! 彼の主演作は、観逃す
わけにはいかない。粗暴だが心優しく、愛に不器用なチンピラを演じたら、
この人の右に出る俳優はいない(断言)。正直、私は彼に惚れています
(倒産した)アルシネテラン最後の配給作品。

傷だらけのふたり3

 主人公の性格は真逆だが、『八月のクリスマス』 にどことなく似ていると思
った。ロケ地が同じ群山市らしく、瑞々しい木々の緑と木漏れ日が、やさしい
雰囲気を醸し出している。

 物語は2年の時を前後しながら、相手を思うあまりに器用に生きられず、堕
ちてゆくしかない男の姿
を描いている。クンサンに向かう高速道路を走るファ
ーストシーンは、2年後のテイルの目線だと、中盤過ぎて気づくのだ。

 「何が食べたい?」 「お前」。こんなベタ過ぎるセリフを日本語で聞こうもの
なら全身サブイボ状態だろう。しかし韓国語で聞くと、不思議と素直に涙腺が
刺激
される。「愛」 という言葉の意味を理解しないまま、無軌道な人生を歩
んでいたテイルは、ホジョンと出逢って初めて、その意味を実感する。愛とは、
相手を自分よりも大切に思うこと
なのだと。そしてそれが真実の愛ならば、
とえ相手が目の前から去ろうとも、決して記憶から消えることはない
のだと。
この辺りも、描き方は異なるが 『八クリ』 と通じるところがある

傷だらけのふたり2

 100%のラブストーリーではあるが、あまりにも主人公二人が可哀想で、不憫
、、、。明るい気持ちには到底なれない、辛過ぎる結末だった。ファン・ジョン
ミンの演技
は、変わらず 「最高」 だったのだけれど。

 ( 『傷だらけのふたり』 監督:ハン・ドンウク/2013・韓国/
                   主演:ファン・ジョンミン、ハン・ヘジン、チョン・マンシク
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

【2015/04/24 00:00】 | 映画 | トラックバック(3) | コメント(6)
<<ジャズは死なず~『セッション』 | ホーム | 出来の悪いコント~『マジック・イン・ムーンライト』>>
コメント
これもDVD待ちですが見ます~
彼が出ているのなら見なくっちゃ、今のところ彼のでているのは大体視聴済、ウチでは通称「ドンペク」さんで通ってます。
>正直、私は彼に惚れています。
げっ、そんなハッキリと・・・でも、その気持ち分かります、笑うとえくぼができるんですよねーー

「悪童日記」見ましたよ~
原作を少し調べたら、ちょっと手強い小説だった。
一部だから映画化が可能だったんでしょうね。
作者の自伝的小説も読みごたえありそうですね。
【2015/04/23 21:32】 URL | 白いねこ #nHXnN9n2[ 編集]
白いねこさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
この映画に反応があったことに少し驚いています。
うちのリンク先のブロガーさんなどは、誰もご覧になっていないので・・・。
多分、全国で数館しか上映されていない超マイナー映画ですが、ファン・ジョンミンお好きな方がチェックして下さってうれしいです。ありがとうございます!

>げっ、そんなハッキリと・・・
フフフ、観てる方少ないし好きに書いています。
一昔前はソル・ギョングが一番!だったのですが^^

『悪童日記』 も 『文盲』 も読み応えありますよ。
是非ぜひ♪
【2015/04/24 12:48】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
こんにちは!
実は、私もファン・ジョンミンがすごい!素晴らしい!と思ったもので、ここにもそういう方がいらっしゃって、嬉しくて思わずコメントを書かせていただきました。
とにかく、男の哀切や、愚直なまでのチンピラ道を演じさせたら右に出る者はいない!と思います。
そして、本作もメチャメチャぐっときました。
【2015/04/30 16:41】 URL | ここなつ #/qX1gsKM[ 編集]
ここなつさん、こんにちは! コメント&TBありがとうございます。
うわぁ~、うれしい。。ファン・ジョンミンのよさをわかって下さる方がここにも・・・!
なんでしょう、彼が演じると、とことん粗暴な男でもどこか少年のような純粋なものを感じてしまうのです。
惚れた弱みでしょうか?(笑)
『国際市場』もとっても楽しみです♪
【2015/05/01 11:25】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
真紅さん。いまごろコメントって、ちょっとおまぬけですね。お許しください。

この夏突然ファンジョンミンに出会ってしまいました。
『新しき世界』です。あのスリッパにやられてしまったんですね。
そんなわけで『傷だらけのふたり』はおとといやっとDVDで見ました。ちょっと再起不能なくらいココロが離れなくて困っています。(別に困ることもないんですけど)

ジョンミンシの顔ってちょっと韓国人離れしてるなあ、と思います。
鼻筋にある傷とか、ちょっとでこぼこのある肌とか、くるくるしたクセ毛とか、ちょっと茶色っぽい目とか。
演技力はもう言うまでもないですが、とにかく、味のある顔なんですよね。

雰囲気が長年ごひいきにしてたジェフ・ブリッジスの40代のころに不思議に似ているときもあるんです。もちろん横において比べたら全然違うとは思うんですけどね。

真紅さんのブログ、以前からちょくちょく見せていただいていました。

『ユア・ マイ・ サンシャイン』(これもこの夏初見です)について『オアシス』との連想に触れておられますね。すばらしいご指摘で、深く共感しました。

これからも真紅さんならではの視点を楽しみに拝見します。





【2015/10/06 19:08】 URL | テヒ #-[ 編集]
テヒさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
テヒ、、、キム・テヒ?(笑)

この映画は全国で3館くらいかな、東名阪くらいでしか上映がなかったと思うので、
むしろDVDでご覧になる方のほうが大多数だと思いますよ。
ですから遅いとか、今頃、、、とか全くお気になさらず、大丈夫ですよ。
私はたまたま上映館が割と近く、よく行くところなので劇場で観ることができましたが。

スリッパ、、、、わかる!! わかります!!!
あの作品の彼はもう、最高、最強でしたね。
いや、いつも最高ですが^^
再起不能、、、ふふふ、それは恋患いですね。
私も、いつも彼の作品を観たあとは2、3日発熱します。恋の病ですね、、、フフフ♪

私は初めて彼を観た作品では、「綺麗な顔の俳優さん」という印象でした。
でも、ホント作品ごとに顔つきが変わるんですよね!
味がある、、まさしく。
とにかく、ファン・ジョンミンが出ている映画なら「観たい!」と思わせてくれる役者さんです。
年内、多分主演作が公開されると思うので、秘かに楽しみにしているところです。

ブログ、覗いてくださっていたのですか、、、ありがとうございます。
人生いろいろで、休んだりすることもあるのですが、こうしてコメントをいただくとホントやっててよかったなー、と思います。
最近も、かなり落ち込むことがあったのですが、、、テヒさんのコメントで元気をいただきました。
ありがとうございました。

こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いします!
【2015/10/07 13:01】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1623-acecb834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「傷だらけのふたり」
久々に、「恋愛映画」を鑑賞。そしてこの作品は「恋愛映画」の王道。すごくすごく良かった!期待以上!ファン・ジョンミン、痺れる!身分違いの恋、不治の病、などおよそ韓国恋愛ものに欠かせないと思われる(偏見です。韓国恋愛ものってあまり観た事がないので)題材がてんこ盛りだし、義兄弟の契りに代わって本物の親子・兄弟の愛まで盛り込んで…。お腹いっぱいになるはずが、決して食傷気味にはならず、むしろ清々しい涙... ここなつ映画レビュー【2015/04/30 12:46】
No.492 傷だらけのふたり
借金取りの男が、生きる世界の異なる女性との出会いを通し、人生を見つめ直していく姿を描いたドラマ。一見粗野で乱暴だが、人情に厚い一面も持つテイルは、闇金の借金取りをして ... 気ままな映画生活【2015/05/06 00:03】
傷だらけのふたり
『新しき世界』で素晴らしい演技を見せたファン・ジョンミンが主演のラブロマンス。 闇金融の取立屋、テイル(ファン・ジョンミン)は粗野な乱暴者だが人情に厚い一面もある。借金を背負い意識不明となった男の娘、ホジョン(ハン・へジン)に一目惚れしたテイルは、借... まてぃの徒然映画+雑記【2015/05/09 23:44】
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
  ★今年もよろしくお願いします★

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!