予め死を受け入れた二人のために~『きっと、星のせいじゃない。』
きっと、星のせいじゃない。





 THE FAULT IN OUR STARS


 17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は、甲状腺ガンが肺に
転移
し、酸素ボンベが手放せないながらも小康状態を保っていた。母(ローラ
・ダーン)
の薦めでガン患者が集う会に参加した彼女は、骨肉腫により右足を
切断
した、18歳のオーガスタス(アンセル・エルゴート)と出逢う。

 アメリカで大ヒットし、高評価を受けたという青春映画。いわゆる 「難病もの」 
であるから号泣必至、スルーするつもりだったが、グレイのボカシよりいいかな? 
と思わず鑑賞。

きっと、星のせいじゃない。2

 こういう作品は、どうしてもティーンエイジャーの母親目線で観てしまう。
ICUにいる我が子を見守る辛さに、「母親を辞めたい」 と思わず口走る母の
苦悩が、とてもリアル。そして、そのことをずっと忘れられずにいる子の思いも。

 一度座ってしまうと、何があろうと(自分が)死ぬまで降りられないのが 「母」 
という名の椅子だから。そして子も、親より先に逝く 「逆縁」 がこの世で一番
辛いことだと、本能的に知っている。自分が存在しなくなった世界で、母がどう
なってしまうのかを憂う
のだ。

 小説の 「その後」 を作者に問うことが、ほとんど意味のない行為だというの
も、大人になった今ならばわかる。しかし幼いグレースは、ほとんど死と引き換
えに、それを知りたいと願う。そしてそれが彼女の願いならば、どうしても叶え
たいと、恋人は思うだろう。

きっと、星のせいじゃない。3

 自分たちの病をネタにし、ブラックジョークを連発する彼らは強い。視力を失
ってもなお、自分を失わないオーガスタスの親友・アイザック(ナット・ウルフ)

運命という手垢のついた言葉を怨むこともなく、淡々と死を受け入れているか
に見える彼らの深い絶望に、する。しかし死にゆく者も、残される者も、決し
て後ろ向きではないことに、救われた。

 ショートカットのシャイリーン・ウッドリーは健康的な魅力で、ちょっと末期ガン
患者には見えない。欲を言えば、クランクイン前にもう少し、サイズダウンでき
なかったのかな。

 ( 『きっと、星のせいじゃない。』 監督:ジョシュ・ブーン/2014・USA/
      主演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

[2015/03/10 20:44] | 映画 | トラックバック(21) | コメント(4) |
<<拝啓 十五の君へ~『くちびるに歌を』 | ホーム | リア充でもないのに爆発した話、オスカーなど>>
コメント
こんにちは。

泣くだろうな~って思いながらもいったんですが、思っていた映画と違う感じで、死を受け入れているこの子たちになんか泣けました。
でもラストは希望がでてくるようなあったかくなる映画でしたね。
[2015/03/11 11:45] URL | Nakaji #- [ 編集 ]
おひさしぶりです。全くブログに手を付けられず。
これ、病気がテーマなんで観ようか迷ってたところです。
どうしても加点せざるを得ないところがどうなんだろうと思っちゃうんですよ。
真紅さんの感想読んで、やっぱり時間ないのでスルーしようかと思います。
[2015/03/12 09:45] URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk [ 編集 ]
Nakajiさん、こんばんは。コメント&TBありがとうございます。
そうなんです、この映画、皆が「死を受け入れている」ってところがちょっと新鮮でしたね。
ヒロインが最後まで死なないってところも。
でもシャイリーン・ウッドリー、ちょっと健康美すぎでした(笑)。
[2015/03/12 22:44] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
rose_chocolatさん、こんばんは。コメントありがとうございます。お疲れ様です。
わかります~、私も先月は半月くらいブログ放置でしたから(汗)。
今日、やっと仕事で一つ区切りがついたので、ホッとしてるところです。
そうですね、、この映画、特に時間作ってでも観るべき作品ではないように思います。
それでなくても今週末は、ベネさんとエディくんのオスカー候補作が公開ですから・・・!
そっち優先でいいと思いますよ。
土曜はTOHOの14日ですしね^^ 私も両方観られたらいいんですけど。
[2015/03/12 22:49] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1606-be7865a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画「きっと、星のせいじゃない。」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『きっと、星のせいじゃない』 (公式)を昨日の公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。 ざっくりストーリー 17歳のヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は末期のガン患者。今は奇跡的に薬が効きいているが、学校にも行けず友だちもおらず酸素ボンベが手放せない生活だ。...
[2015/03/10 21:06] ディレクターの目線blog@FC2
きっと、星のせいじゃない。
きっと、星のせいじゃない。@よみうりホール
[2015/03/10 21:41] あーうぃ だにぇっと
『きっと、星のせいじゃない。』 (2014)
さわやかに胸に沈殿する、純愛ストーリー! 瑞々しい若手俳優の好演、人生訓を提示する物語性と、硬軟が融合したまばゆい青春映画であった。 本作は、ジョン・グリーンが友人をモデルに書き上げたベストセラー小説の映画化。全米で公開されるやサプライズ・ヒットをか...
[2015/03/10 21:59] 相木悟の映画評
きっと、星のせいじゃない。
きっと、星のせいじゃない。 &#039;14:米 ◆原題:THE FAULT IN OUR STARS ◆監督:ジョシュ・ブーン ◆出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、サム・トラメル、ウィレム・デフォー、ロッテ・ファービーク、アナ・デラ・...
[2015/03/10 22:11] C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
きっと、星のせいじゃない。/シャイリーン・ウッドリー
劇場予告編の宣伝プッシュがかなり多めな印象で、ホントにそんな良作なの?とかえって引いてしまうんですけど、不治の病にかかった若い男女の恋を描いた全米ベストセラー小説「さ ...
[2015/03/10 22:13] カノンな日々
恋愛の基本。その2。『きっと、星のせいじゃない。』
ガン患者の集会で出会った若い男女の恋愛模様を描いた作品です。
[2015/03/10 23:04] 水曜日のシネマ日記
『きっと、星のせいじゃない。』0と1の間には無限の数字がある
きっと、星のせいじゃない。~ THE FAULT IN OUR STARS ~     監督: ジョシュ・ブーン    キャスト: シャイリーン・ウッドリーアンセル・エルゴートローラ・ダーンサム・トラメルナット・ウルフウィレム・デフォー 公開: 2015年2月20日 2015年2月23日。劇…
[2015/03/10 23:06] 映画@見取り八段
「きっと、星のせいじゃない」
「The Fault in Our Stars」2014 USA 末期がん患者であるヘイゼルは両親に勧められ、ガン患者の集会“サポートグループ”に嫌々ながら参加することになる。そこで彼女は、骨肉腫で片足を切断したオーガスタスと出会う… ヘイゼルに「ファミリー・ツリー/2011」のシェイリーン・ウッドリー。 オーガスタス(ガス)に「キャリー/2013」のアンセル・エルゴート。 ...
[2015/03/10 23:12] ヨーロッパ映画を観よう!
きっと、星のせいじゃない。
評価:★★★☆【3.5点】(試写会) 試写会が当たりました!去年も当ったけど観に行けなかったから
[2015/03/10 23:36] 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
きっと、星のせいじゃない。★★★★
ジョン・グリーンのベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」を基にした青春ロマンス。ガン患者の集会で出会った若い男女が恋に落ち、憧れの作家と対面しようとオランダへ旅する姿などを追う。『ダイバージェント』に出演したシャイリーン・ウッドリーとアンセル...
[2015/03/11 18:41] パピとママ映画のblog
『きっと、星のせいじゃない。』
□作品オフィシャルサイト 「きっと、星のせいじゃない。」□監督 ジョシュ・ブーン□脚本 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー□原作 ジョン・グリーン□キャスト シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーン、        ウ...
[2015/03/11 20:58] 京の昼寝〜♪
きっと、星のせいじゃない。
切なくも輝かしい、病気のオンナノコストーリーの王道 * * * * * * * * * * 病気のオンナノコのストーリーは見ないことにしている私ですが、 本作は全米大ヒット作ということで、気になって見てみました。 末期のガンで、酸素ボンベが離せない...
[2015/03/11 21:15] 映画と本の『たんぽぽ館』
映画・きっと、星のせいじゃない。
原題 THE FAULT IN OUR STARS2014年 アメリカ原作 ジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」 主人公のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は16歳13歳で甲状腺癌になり、腫瘍が肺に転移幸い抗がん剤が効いて、今は酸素ボンベは手離せないものの小康状...
[2015/03/12 08:09] 読書と映画とガーデニング
「きっと、星のせいじゃない」☆透き通った涙
清らかで濁りのない、透き通った美しい涙がほろほろと流れる映画。 自分の境遇を後回しにして、残される者に対して愛を注ぐ物語。 湿っぽいお涙頂戴にしないところが、さすがアメリカ☆でも大判ハンカチは最初から用意しておこう!
[2015/03/12 09:16] ノルウェー暮らし・イン・原宿
『きっと、星のせいじゃない。』
(原題:THE FAULT IN OUR STARS) ----『きっと、星のせいじゃない。』。 これって、タイトルからしてロマンチック。 「うん。 この映画もやはり新宿カリテ、新宿武蔵野館での予告で観ていたんだけど、 やはりヒットしそうな予感があるんだ」 ----ふうん。 青春ラブロマ...
[2015/03/12 19:59] ラムの大通り
きっと、星のせいじゃない。
 『きっと、星のせいじゃない。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)時間的な余裕があるときにはこうした純愛ラブストーリーも良いのでは、と思って映画館に行ってみたのですが、案の定、女子高生が大部分でした。  本作(注1)は、17歳で末期ガンを患っている少...
[2015/03/13 06:42] 映画的・絵画的・音楽的
0と1の間のちいさな無限。〜「きっと、星のせいじゃない」〜
どっちかが余命いくばくもなくてっていうラブストーリーはあれど、どっちもってのは ある意味相当悲しいはなしなんだけども どっちもそういう病だからこそ、誰よりもわかりあえることもあるわけで。ものは考えようで。 誰かに出会って人生が変わるとはよく言うけど、 ...
[2015/03/15 16:00] ペパーミントの魔術師
きっと、星のせいじゃない
試写会で観ました。 末期ガンに侵されたヘイゼルが、ガン患者の集会で出会ったガスと惹かれあい、残された時間を懸命に生きる望みを見出すみたいなお話でした。不治の病を抱えたカップルのお話ですが、悲しいお話ではないです。前半は2人の出会いから唐突に恋に落ち...
[2015/03/15 17:02] はるみのひとり言
きっと、星のせいじゃない。
0と1のあいだは無限の数がある 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/kitto-hoshi 原作: さよならを待つふたりのために (ジョン・グリーン著/岩波書店) 末期
[2015/03/16 10:58] 風に吹かれて
きっと、星のせいじゃない。
★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:126分 監督:ジョシュ・ブーン  どこかで見たようなポスターだと思ったら、2007年製作の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』のポスターとそっくりじゃないの。また主役の男優さんもどこかで見たことがあると思ったら、これも
[2015/03/18 17:03] ケントのたそがれ劇場
映画評「きっと、星のせいじゃない。」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ジョシュ・ブーン ネタバレあり
[2016/02/02 09:11] プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!