キツネ狩り~『フォックスキャッチャー』
フォックスキャッチャー





 FOXCATCHER


 1987年。3年前のロス五輪で金メダルを獲得したマーク・シュルツ(チャニ
ング・テイタム)
は、レスリングというマイナー競技ゆえの辛酸をなめていた。
生活は苦しく、同じく金メダリストで練習パートナーの兄デイヴ(マーク・ラファ
ロ)
は家庭を持ち、妻子優先。そんな孤独と焦燥の日々を送るマークの元
に、アメリカ有数の財閥の御曹司、ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)
ら、彼が創設したレスリングチーム 「フォックスキャッチャー」 への参加オ
ファー
がもたらされる。

 カポーティ の戦慄再び。前作 マネーボール のハリウッドメジャー
作品らしさからは一転
、ベネット・ミラーの不穏で不気味な画作りが炸裂して
いる。思えば、前作はプロデューサーであり、主人公を演じたブラッド・ピット
の意向が前面に出された映画
だったのだろう。こちらのほうが、監督本来の
持ち味
なのだと思う。

 終始陰鬱なトーンながら、135分の長尺を感じさせない力作。カンヌでは
監督賞を受賞
し、アカデミー賞にも5部門ノミネートされている。しかし私は
苦手な作品。自宅鑑賞だったらリアタイアしていたかも・・・。暗い、暗過ぎる。

フォックスキャッチャー2

 しかしまぁ、数シーンしか登場しない、ヴァネッサ・レッドグレーヴの存在感
よ・・・。母に支配され続けたジョン・デュポンの人生を説得力あるものにする
ために、彼女のキャスティングは必要不可欠だったのだと思う。母が亡くなっ
たことで、ジョン・デュポンはある意味解放され、ある意味指針をも失くしてし
まった。彼は母を憎み、恨みながらも、母を慕ってもいたと思う。母を喜ばせ
たい
、母に自分を誇りに思って欲しいと。彼の凶行は、母を喪ったことで 「タ
ガが外れた」
 ために為されたように思う。

 全くの別人に変貌したスティーヴ・カレル、評価はされていないけれど、演
じた人物のようなプレッシャーに押しつぶされず、いい仕事をしたと思うチャ
ニング・テイタム。コンスタントに良作に出演し続けるマーク・ラファロ。キャス
ト全員が素晴らしい役作り
をして、満点の演技を見せている。想像もできない
ほど桁外れなお金持ちって実在するし、しかもこれが実話って・・・。ある意味
ホラーな、完璧に近い映画
かもしれない。私は好みではないけれど

フォックスキャッチャー3

 ( 『フォックスキャッチャー』 監督・製作:ベネット・ミラー/2014・USA/
         主演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

[2015/03/07 14:01] | 映画 | トラックバック(21) | コメント(2) |
<<伝説への黙祷~『アメリカン・スナイパー』 | ホーム | ディープ大阪~『味園ユニバース』>>
コメント
真紅さん
そうか!「タカが外れた」諸説いろいろ言われていますが、一番納得できましたよ。
お母さんが見学にきたときのあの情けなさすぎるコーチ姿。。あそこまでのゆがんだ大人の男って。。そうですね~。やはり原点なんですね。

C.テイタムよかった!M.ラファロもいいけれど、彼もオスカー候補になってもいいくらいだったと思います。あの歩き方、不器用そのものの男性の雰囲気、、登場シーンから、目を見張りました。、ルックスからして、選択によってはアクション一直線にどっぷりいってしまいそうな俳優さんだけど、かなりの演技派、うまくバランスとりながらいろんな役を見せてほしいです~。
[2015/03/08 21:19] URL | ゆーこ #- [ 編集 ]
ゆーこさん、こちらにもありがとうございます。^^
ジョン・デュポンが馬を解き放つ場面が象徴的ですが、彼は母の死によって解放されたと同時に、心の置き所を失くしてしまったのだと思います。
でも、本当のところはどうなんでしょうね? 
デュポン母も、息子には期待も愛情もあったと思います。
それを上手く伝えられなかっただけなのかもしれないと思うのです、プライドが高すぎて。
まあ、お金持ちの気持ちは図りかねるところですが^^;

チャニング・テイタムって大根と言われているみたいですね?
でも、私は大好きです、、、、、マジック・マイク!
あ~、続編が楽しみすぎる^m^
[2015/03/09 13:00] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1603-02bebc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
フォックスキャッチャー
フォックスキャッチャー@一ツ橋ホール
[2015/03/08 15:38] あーうぃ だにぇっと
『フォックスキャッチャー(FOXCATCHER)』ベネット・ミラー監督、マーク・ラファロ、チャニング・テイタム、スティーヴ・カレル
注・内容、台詞に触れています。『フォックスキャッチャー』FOXCATCHER監督 : ベネット・ミラー物語・大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は給
[2015/03/08 16:36] 映画雑記・COLOR of CINEMA
フォックスキャッチャー〜富豪の孤独
公式サイト。原題:Foxcatcher。ベネット・ミラー監督。スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、シエナ・ミラー、アンソニー・マ ...
[2015/03/08 17:18] 佐藤秀の徒然幻視録
『フォックスキャッチャー』 (2014)
突き刺すように冷たい戦慄の実録ドラマ! 震えるほど恐ろしい、人間の底知れぬ闇を覗き込む一級品であった。 本作のメガホンをとったのは、『カポーティ』(05)、『マネーボール』(11)と通好みな高品質作をハズレなしで生み出しているベネット・ミラー監督。第...
[2015/03/08 17:32] 相木悟の映画評
フォックスキャッチャー
 『フォックスキャッチャー』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)昨年のカンヌ国際映画祭で監督のベネット・ミラー(注1)が監督賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、多数の猟犬を従えて馬に乗ってキツネ狩りをするシーンが描か...
[2015/03/08 17:46] 映画的・絵画的・音楽的
フォックスキャッチャー
評価:★★★★【4点】(11) 異様な空間には緊張感が張りつめて息苦しいのだ(笑)
[2015/03/08 21:42] 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
フォックスキャッチャー  監督/ベネット・ミラー
【出演】  スティーヴ・カレル  チャニング・テイタム  マーク・ラファロ 【ストーリー】 大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマークは、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョ...
[2015/03/09 00:49] 西京極 紫の館
フォックスキャッチャー ★★★
デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンが起こした殺人事件を映画化した実録ドラマ。ジョン・デュポンが結成したレスリングチームに引き抜かれた五輪メダリストの兄弟が、彼の知られざる姿を知った果てに悲劇に見舞われる。監督は『カポーティ』などのベネット・ミラー。『...
[2015/03/09 09:57] パピとママ映画のblog
フォックスキャッチャー
【FOXCATCHER】 2015/02/14公開 アメリカ 135分監督:ベネット・ミラー出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ Story:大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマークは、...
[2015/03/09 12:53] ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
『フォックスキャッチャー』 静謐の裏側
Foxcatcher(viewing film) 『フォックスキャッチャー(原題
[2015/03/10 19:39] Days of Books, Films
フォックスキャッチャー
何を隠そう(以前から公言していますが)、私はスティーヴ・カレルのファンです。 と言っても、日本での知名度は低いので「だれ?」っとお思いの方も多いでしょう。      ダンディでしょ?ポスターの中央が同一人物とは思えない。 「ブルース・オールマイティ」スピ...
[2015/03/11 00:04] 映画の話でコーヒーブレイク
フォックスキャッチャー/FOXCATCHER
全米を震撼させた96年の大富豪デュポン財閥御曹司による金メダリスト殺人事件を題材に、 レスリング五輪金メダリストとそのパトロンとなった大富豪が 悲劇の結末を迎えるまでを描いた戦慄の実録人間ドラマ。 「カポーティ」「マネーボール」(&amp;larr;レビューな...
[2015/03/11 00:31] 我想一個人映画美的女人blog
映画:フォックスキャッチャー Foxcatcher カレルの狂気演技が最大の見物!
スポーツで食っていくのは大変。 それが例え、オリンピックのメダリストだろうと… レスラーで、ロスオリンピック1984でメダルを獲得した主人公(写真:左)は、超リッチな富豪からの招待を受ける。 申し出は、自分の広大な土地内の、昔は狐狩りをしていた施設を改造...
[2015/03/12 02:31] 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
「フォックスキャッチャー」
あまりにも息を詰めて観ていたため、肩がこりっこりになってしまった。凄かった。本当に息詰まる、緊張感に溢れる作品。レスリングというスポーツのハードさや、とある貴族の異常性だけが凄かったのではない。勝ちたい、とか、栄誉を得たい、とかいう、人間の欲望だけが凄かったのではない。越えられない壁、埋まらない溝。マーク(チャニング・テイタム)の兄を越えたいという切望、ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)...
[2015/03/12 12:59] ここなつ映画レビュー
『フォックスキャッチャー』
(原題:FOXCATCHER) ----『フォックスキャッチャー』って“キツネ狩り”のことだよね。 そんな歌、なかったけ? 「中島みゆきだね。 しかし、変なこと知っているなあ。 この映画のそれは、レスリングチームの名前」 ----レスリング・チーム? 「うん。 野球で言えば球団名...
[2015/03/12 20:09] ラムの大通り
フォックスキャッチャー
アカデミー賞5部門ノミネートと言う情報だけで『フォックスキャッチャー』を観てきました。 ★★★★ 全くどんな映画か知らずに観始めて、除々に不気味さを増していく怪物ジョン・デュポンの闇の方がこの映画の核なのだと言う事に気付くまでは、主演のチャニング・テイタムの...
[2015/03/12 23:58] そーれりぽーと
フォックスキャッチャー 【劇場で鑑賞】
スティーヴ・カレルやチャニング・テイタム、マーク・ ラファロら実力派が共演する実際にあった出来事を基に したレスリングにまつわるドラマで、監督は『カポーティ』 などのベネット・ミラーが務める映画『フォックス キャッチャー』が公開されましたので観に行ってきま…
[2015/03/24 19:11] 映画B-ブログ
人間の闇
24日のことですが、映画「フォックスキャッチャー」を鑑賞しました。 オリンピックで金メダルを獲得したマーク・シュルツはデュポン財閥の御曹司ジョンからレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に誘われる 同じく金メダリストの兄へのコンプレックスから抜けだす...
[2015/04/26 22:43] 笑う社会人の生活
フォックスキャッチャー
フォックスキャッチャー &#039;14:米 ◆原題:FOXCATCHER ◆監督:ベネット・ミラー「マネーボール」「カポーティ」 ◆出演:スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、シエナ・ミラー、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、アンソニー・マイケル・ホール、ガイ...
[2015/06/16 21:48] C&#039;est joli〜ここちいい毎日を♪〜
フォックスキャッチャー
【概略】 レスリング界で起こった実話を元に描くサスペンス。大財閥の御曹司、ジョン・デュポン率いるチーム“フォックスキャッチャー”と契約した金メダリストのマーク・シュルツ。だが、ふたりの主従関係は次第に崩壊していく。 サスペンス なぜ大財閥の御曹司は、オリンピックの金メダリストを殺したのか? 1996年1月26日、世界的な化学メーカー、デュポン社の創業者一族の御曹司が、レ...
[2015/09/07 08:44] いやいやえん
映画評「フォックスキャッチャー」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ベネット・ミラー ネタバレあり
[2016/02/16 09:57] プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!