蝶のように~『幸せのありか』
幸せのありか



 CHCE SIE ZYC
 
 LIFE FEELS GOOD


 脳性麻痺の障害を持って生まれたマテウシュ(ダヴィッド・オグロドニック)
は、医療機関から 「知的障害があり、植物状態である」 と診断される。しか
し彼の内面は聡明で、知的好奇心に溢れていた。愛情深い両親の元で成長
するマテウシュだったが、父が死に、母が老いたことで、施設に入所すること
になる。

 コミュニケーション手段を持てない青年が、健常者と同じように恋をし、性に
目覚め、裏切りに傷つきながら、自らの居場所
を見つけるまで。ポーランドの、
実話に基づく物語

幸せのありか2

 主人公マテウシュを演じた、ダヴィッド・オグロドニックが素晴らしい。彼が
昨年の傑作 イーダ でサックス吹きの青年を演じていたと鑑賞後に知り、
しばし呆然。健常者が演じていることはエンドロールで明示されるが、まさか
あの彼だとは、、、。確かに、『イーダ』 もポーランド映画であった。役者魂、
恐るべし。

 マテウシュの両親の姿に、深い感銘を受ける。ただひたすら息子を愛おし
む母、「魔法使い」 だった父
。呑んだくれの鉄砲玉だけれど、息子とともに
星を眺め、なんでも修繕してしまうやさしい人。彼の 「大丈夫だよ」 という
言葉は、マテウシュの心のよりどころとなる。彼らの愛情を象徴するかのよ
うな、温かくやわらかい映像も美しい
   
 障害者が主人公の映画はいくつも観てきたが、中でもイ・チャンドンの大
傑作
 『オアシス』 に思いが至る。あの映画では、白い蝶が主人公の魂の
自由の象徴
として描かれていた。本作でも、マテウシュを紹介する新聞記事
のタイトルは 「蝶のように」自由の利かない身体とは裏腹に、心は、精神
は、魂は、どこまでも自由に羽ばたくことができる
潜水服は蝶の夢を見る 
ように。

幸せのありか3

 コミュニケーション機器や、自助具の更なる発達をと、願わずにはいられない。
いつも邦題にケチを付けている私だが(すみません)、『幸せのありか』 はとて
素敵な響き人は誰もが、幸せのありかを探しているんだものね。

 ( 『幸せのありか』 監督・脚本:マチェイ・ピェプシツァ
      主演:ダヴィッド・オグロドニック、カタジナ・ザヴァツカ/2013・ポーランド)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

[2015/01/18 13:46] | 映画 | トラックバック(3) | コメント(2) |
<<Hungry,Angry~『百円の恋』 | ホーム | ジェイク落選 (T_T) /第87回アカデミー賞ノミネーション>>
コメント
ワタクシ、またまた邦題にケチをつけてしまいました。
いけませんネ。
トラバお願いします♪
[2015/01/19 16:33] URL | こに #- [ 編集 ]
こにさん、こんにちは。コメント&TBありがとうございます。
私、英語タイトルしかわからなくて^^;
こにさんの記事で、初めて原題の意味を知りました。
僕は、生きたい。・・・。
ほんと、しみじみその意味がわかる内容の映画ですね。
わかっていれば、私もケチをつけたかもです^^
[2015/01/20 10:10] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1590-f3fd3cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『幸せのありか』
(英題:LIFE FEELS GOOD) ----う〜ん。渋いニャあ。 いい加減にメジャーな作品のお話もしなきゃ、 だれも聞いてくれなくなるよ。 「うん。確かに。 ただ以前のように、毎日、映画のおしゃべりしていた頃と違って いまは忙しいし、 厳選…というのとも少し違うな。 喋るポ...
[2015/01/18 19:05] ラムの大通り
映画・幸せのありか
原題 Chce sie zyc英題 Life feels good2013年 ポーランド 原題の意味は「ぼくは生きたい」その通りの映画ですどうしてこんな邦題にしたのか理解出来ません! 実在の人物がモデルです 1980年代のポーランド姉と兄の3人兄弟の末っ子として生まれたマテウシュ...
[2015/01/19 16:32] 読書と映画とガーデニング
幸せのありか〜マグダラのマリア
障害者のヰタ・セクスアリス 公式サイト。ポーランド映画。原題:Chce sie zyc。英題:Life Feels Good。マチェイ・ピェプシツァ監督。ダヴィッド・オグロドニック、カミル・トカチ、アル ...
[2015/03/23 22:33] 佐藤秀の徒然幻視録
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!