聖少女~『イーダ』
イーダ2

 ポーランドの寒村。修道院で育った孤児アンナ(アガタ・チュシェブホフス
カ)
は、修道女となる誓願式の直前、シスターから叔母の存在を知らされる。
たった一人の身内であるその叔母、ヴァンダ(アガタ・クレシャ)は、初対面の
アンナに対し顔色ひとつ変えず、こう告げる。

 「あなたの名前はイーダ・レベンシュタイン。ユダヤ人よ」

 全編モノクロ、スタンダードサイズのスクリーンで描かれる、あるユダヤ人
少女の魂の軌跡
。全てのカットがそのまま絵画のような映像美。研ぎ澄まさ
れた数少ないセリフに、80分というランタイムながら、これほどに静謐かつ
雄弁な映画
を知らない。アート映画という枠に嵌めこんでしまうには余りに
惜しい、本年必見の佳作。どうしても劇場で観たかった。

イーダ3

 世俗を知らない、清貧で敬虔で美しい少女イーダ酒とタバコが手放せず、
「アバズレ」 と自称するヴァンダ。姉に生き写しのイーダを見た瞬間、ヴァン
ダの時計は逆回転を始める。血の繋がりだけが接点の叔母と姪は、大切な
家族の 「最期」 を知るための、短い旅を始める。「神など存在しない」 こ
とを証明するために


 しかしどれほど否定しようと、遠ざかろうと悪態をつこうと、彼らは 「神」 
の御手
から逃れることはできない。一人生き残ったヴァンダは、その罪悪感
と孤独
ゆえに、結局は自ら神の懐に飛び込む。彼女は救われたのか? 
れは誰にもわからない


イーダ4

 ホロコーストを巡るポーランドの内情に向き合いつつ、映画は一人の少女
の岐路
にフォーカスする。 「海を見に行こう」 「それからどうするの?」 
「犬を飼って、結婚して子どもを作ろう」 「それからどうするの?」 
イーダは
わかっていたのだ、人々が 「幸せ」 と呼ぶ平穏な日々の中に、自らの居場
所はないことを
。それでも彼女は迷う。ベールをつけながら、何度も何度も振
り返る。望めばひととき、得られるであろう 「幸せ」 を。

 ラストシーン。固定されていたカメラは、歩きだすイーダを正面から捉え続
ける( 『キムチを売る女 が思い出される)。自由を知った彼女は、それで
神の下で生きる道を選択するのか。すれ違う車のヘッドライトが、イーダの
迷いを瞬間、照らしては去る。

イーダ




  IDA


 ( 『イーダ』 監督・共同脚本:パヴェウ・パヴリコフスキ
      主演:アガタ・チュシェブホフスカ、アガタ・クレシャ/2013・ポーランド、デンマーク)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

【2014/09/26 11:16】 | 映画 | トラックバック(4) | コメント(2)
<<俺のフレンチ | ホーム | 見たもの全てを記憶せよ~『監視者たち』>>
コメント
素晴らしかったですねえこれ。
文句のつけようがないです。
終わり方も、そこでいい! ってところでちゃんと終わってましたし。
映画ってこのくらいシンプルで十分なような気がするんですよね。
【2014/09/27 07:24】 URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
rose_chocolatさん、こんばんは。コメント&TBありがとうございます。
本当に、観てよかった、観に行ってよかったと思える作品でした。
まだ余韻が残っています。

シンプルでも、傑作足り得るんですよね。十分。
これオスカーの外国語映画賞最有力って声もあるようです^^
【2014/09/27 22:18】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1546-ced874d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『イーダ』 (2013) / ポーランド・デンマーク
監督・脚本: パベウ・パブリコフスキ 出演: アガタ・クレシャ 、アガタ・チュシェブホフスカ 鑑賞劇場: シアターイメージフォーラム 公式サイトはこちら。 60年代初頭のポーランド。孤児として修道院で育った少女アンナは、初めて会ったおばから自分の本当の名... Nice One!! @goo【2014/09/27 07:14】
イーダ ★★★★
1960年代のポーランドを舞台に若い修道女が出生の秘密をたどる旅を描き、トロント国際映画祭など各映画祭で好評を博したヒューマンドラマ。自分がユダヤ人であることを告げられたヒロインが、両親の死の真相を知るべく過去をひもといてゆくさまをつづる。監督は『マイ・サ... パピとママ映画のblog【2014/10/18 01:01】
100歳の華麗なる冒険/イーダ
ギンレイホールの2本立て上映で5月4日(月・祝日)午後鑑賞。 あーうぃ だにぇっと【2015/05/05 10:07】
『イーダ』をギンレイホールで観て、飯田橋だからいいだを見るのだふじき★★(ネタバレあり)
五つ星評価で【★★宗教感覚が違うって事だろうけど、日本人だからそんなんは親身になって考えられへん】 うつらうつらした。 修道女のアンナは彼女が実はイーダという名前でユ ... ふじき78の死屍累々映画日記【2015/05/06 02:31】
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
  ★今年もよろしくお願いします★

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!