監禁/解放/復讐~『オールド・ボーイ』
オールド・ボーイ






 OLDBOY


 呑んだくれの中年男ジョー(ジョシュ・ブローリン)は、ある朝目覚めると見知
らぬホテルの一室
にいた。テレビは映るが窓もなく、三度の食事だけが与えら
れるその部屋で、理由も知らされぬままの監禁生活が始まったのだ。20年後
のある朝、唐突に解放されるジョーだったが・・・。

 カンヌ映画祭でグランプリを受賞した、パク・チャヌクによる韓国映画リメ
イク
。オリジナルは 「衝撃的」 という言葉がピッタリの作品で、私が韓国映
画に 「ドハマリ」 するきっかけになった映画のひとつ
。好きなタイプの作品
ではないが、強烈な磁力を持って観る者を放心させる、完成度の高い作品
と思う。それがハリウッドで、どうリメイクされたのか。確認に行って来ました。

 ※ 以下、あくまで個人の感想です。

オールド・ボーイ2

 う~ん、正直ガッカリ。リメイクに関しては割と肯定派な私だけれど、これは
ダメでした・・・。スパイク・リー、どうしてリメイクしようと思ったかなぁ。

 ジョシュ・ブローリンはまぁいい。汚くてグダグダなダメダメの中年男から、20
年の時を経て、復讐に燃える全身ナイフに変貌、な感じがよく出ていた。エリ
ザベス・オルセンもかわいい
(10年前のカン・ヘジョンには敵いませんが)。

 誰かと思えば敵役はシャールト・コプリー。気持ち悪さは半端ないけど、凄
みには欠ける。ちょっと印象が弱いかな・・・。今思うに、オリジナルはユ・ジテ
の映画
だったような気がするの。「ヨガのポーズ」 に象徴される彼の全人格
そのものが、あの異様な復讐譚にギャランティを与えていたように思うから。
しかし、シャールト・コプリーって、いつまで 『第9地区』 で気の毒過ぎたヒト、
って印象なのか。。

 そして、一番ダメなのはサミュエル・L・ジャクソン。「テキトーにやってます」 
感が半端ない。オリジナルでは、彼の役に相当する登場人物はいなかった
ような気がするのだけど、あの結末を考えると仕方ないのかな? しかし、彼
の登場によって、明らかに作品のテンションが下がっている。強烈な個性と、
相反して軽過ぎる演技が、この映画を壊している
。残念。戦犯に認定します。

オールド・ボーイ3

 ハンマー・ファイトの場面も、緊張感がないと言うか・・・。どこかスマートで、
強烈な泥臭さが感じられない。傍観者であることを意識させられると言うか、
置いてけぼりを喰らった気分。いい映画って、「映画の中」 に自分も入り込
んだような気分になるものだと思うのですよ。

 しかしまぁ、オリジナルを未見であれば楽しめるのかも知れない。どんなテ
イストの映画が好みか、それは人それぞれだからね。

 ( 『オールド・ボーイ』 監督:スパイク・リー/2013・USA/
      主演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

[2014/07/27 09:41] | 映画 | トラックバック(14) | コメント(2) |
<<FULL METAL BITCH/ラブリー・リタ! | ホーム | 恋するOS~『her/世界でひとつの彼女』>>
コメント
う~ん、おっしゃるとおりダメダメのリメイクでしたね。

ボクも最重要戦犯はサミュエル・L・ジャクソンのような気がします。
最近はなんでもかんでも安易に出すぎて、
存在自体が非常に軽くなってきてますよね。
彼が出てると「ああ、またか…」って思っちゃいます。
自分のブログにもちょこっと書きましたけど、
なんか竹中直人化してきたような気が……。
いや、悪い意味でね♪
[2014/12/12 22:28] URL | スパイクロッド #- [ 編集 ]
スパイクロッドさん、こんにちは。コメント&TBありがとうございます。
そうなんですよね~。サミュエル爺、どーしちゃったの??という感じです。
もう、ニック・フューリーくらいにして、隠居してもいいんじゃね?とさえ思うこのごろです。
容姿だけでインパクトありますから、むしろカメオ出演専門でいいかと。
『パルプ・フィクション』が懐かしい!
竹中直人(笑)。彼を観てもサミュエルは連想しないところがミソですね♪
[2014/12/14 08:33] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1526-dcb52e1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『オールド・ボーイ』 (2013)
かの韓流バイオレンス・ミステリー、ハリウッド版を楽しむべし! 相も変わらず名作のリメイク企画が後を絶たず、皆それぞれ健闘をみせてはいるものの、どうしてもオリジナルのインパクトに敵わないのが現状である。本作もその例にもれないのだが、なかなかどうして上質...
[2014/07/27 11:06] 相木悟の映画評
オールド・ボーイ ★★★
日本のコミックを韓国の鬼才パク・チャヌク監督が映画化したクライムサスペンスを、『マルコムX』などのスパイク・リー監督がリメイク。理由も一切不明なまま20年間も監禁され突然解放された男の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を、原作コミック、韓国版のベースを生かしつつ...
[2014/07/27 19:55] パピとママ映画のblog
オールド・ボーイ(2013年)/OLDBOY
土屋ガロンと嶺岸信明による日本のコミックをベースに、パク・チャヌク監督が映画化した「オールド・ボーイ」(03) ハリウッドリメイクが決まったのは随分前で、当初予定の監督が何人か変わり 結局、スパイク・リー監督がオリジナルからちょうど10年後にリメイク...
[2014/07/27 21:43] 我想一個人映画美的女人blog
「オールド・ボーイ」:韓国版の衝撃に較べちゃうとねえ・・・
映画『オールド・ボーイ』は、昔日の名声もすっかり消えてしまったスパイク・リーの新
[2014/07/27 21:54] 大江戸時夫の東京温度
オールド・ボーイ
これって完全に逆恨みじゃん。って思いつつも結構面白かった。
[2014/07/27 23:07] だらだら無気力ブログ!
『オールド・ボーイ』を丸の内TOEI②で観て、そうなるんかふじき★★★
五つ星評価で【★★★モザイクやめろや】   韓国映画『オールド・ボーイ』のリメイク。 日本マンガが原作だが、あの監禁の理由は韓国映画版オリジナルの設定らしい。 まず、 ...
[2014/07/28 01:08] ふじき78の死屍累々映画日記
「オールドボーイ」☆ジョシュでも敵わない
主役のジョシュ・ブローリンもかなり頑張っている。 その20年間を見事に演じているのだけど・・・・ いかんせん、オリジナルバージョンの韓国映画「オールドボーイ」を見てしまっているのだから。
[2014/07/31 10:57] ノルウェー暮らし・イン・原宿
オールド・ボーイ OLDBOY
パク・チャヌク監督の韓国映画『オールド・ボーイ』のハリウッドリメイク版。 細かいところまでは憶えていないけど、大筋は元の映画どおりじゃないでしょうか。目を引いたのは、監禁中にTVニュースで自分の娘の成長を見せられていたこと。より復讐を確実なものにするた...
[2014/08/03 22:40] まてぃの徒然映画+雑記
オールド・ボーイ(2013)
OLDBOY 2013年 アメリカ 103分 ミステリー/サスペンス/アクション R15+ 劇場公開(2014/06/28) 監督: スパイク・リー 出演: ジョシュ・ブローリン ジョー・デュセット エリザベス・オルセン:マリー・セバスチャン シャールト・コプリー:エイドリアン/謎...
[2014/11/12 22:09] 銀幕大帝α
オールド・ボーイ(2013)
【概略】 理由も分からないまま20年間監禁されたジョーは、妻殺害の罪を着せられていた。自分を陥れた男を捜そうとするジョーの前に監禁犯・エイドリアンが現れるが…。 サスペンス なぜ、20年監禁されたのか?なぜ、いま解放されたのか? あーこれは酷いとはいわないけど、韓国版を越えられない大きな壁が。ただしあくまでオリジナルの韓国版「オールド・ボーイ」を観ていること前提で、ですが...
[2014/11/19 08:39] いやいやえん
あの復讐をアメリカで
25日のことですが、映画「オールド・ボーイ」を鑑賞しました。 試写会にて 1993年、広告代理店重役のジョー・ドーセットは泥酔している中 何者かに拉致され見知らぬ一室に理由がわからぬまま20年間監禁される そんな ある日 彼は突然解放され、監禁中に妻殺しの汚名を着...
[2014/12/10 20:45] 笑う社会人の生活
『オールド・ボーイ』(2013) ~スパイク坊やよどこへ行く?~
2013年/アメリカ/103分 監督:スパイク・リー 出演:ジョシュ・ブローリン    エリザベス・オルセン    シャールト・コプリー    サミュエル・L・ジャクソン ■概要 原題は『Old Boy』。2003年の韓国映画をリメイクした、アメリカ製作による2013年のバイオレンス・サスペンスです。監督は『サマー・オブ・サム』のスパイク・リー。主演は『ノーカントリー』のジ...
[2014/12/12 22:22] 偏愛映画自由帳
オールド・ボーイ(2013)
【OLDBOY】 2014/06/28公開 アメリカ R15+ 103分監督:スパイク・リー出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソン おまえは誰だ?なぜ、俺を20年監禁した? 同名コミック(土屋ガロンと嶺岸信明)をパク・...
[2014/12/19 15:20] ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
映画評「オールド・ボーイ」(2013年版)
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督スパイク・リー ネタバレあり
[2015/06/06 09:35] プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!