三人称/白い世界~『サード・パーソン』
サード・パーソン





 THIRD PERSON



 "Watch me."


 ピュリッツアー賞受賞作家のマイケル(リーアム・ニーソン)は、パリのホテ
ルに滞在しながら執筆し、作家志望の若い美女アンナ(オリヴィア・ワイルド)
と不倫中。ローマ出張中のスコット(エイドリアン・ブロディ)は、バーでロマ族
の美女・モニカ(モラン・アティアス)に心奪われる。ニューヨークで高級ホテル
の客室係として働くジュリア(ミラ・クニス)は、息子の親権を巡って元夫リック
(ジェームズ・フランコ)
と対立していた。

 ポール・ハギスと言えば、名脚本家として名を馳せ、『クラッシュ』 でアカデ
ミー賞
をかっさらった群像劇の名手。本作は、パリ、ローマ、ニューヨークで起
こる全く接点のない(ように見える)三つのエピソードがラストで収斂する。相
変わらず見事な構成ではあるが、自分の解釈が正解なのか、観終わってちょ
っと自信が持てなかった。

 ※ 以下、ネタバレします。

サード・パーソン2

 三組のエピソードに共通するのは、大人である彼らが、誰も幸せそうには見
えないこと。水の事故で子どもを亡くし、自らを責め続けている者。しつけのた
めに子どもにしたことが虐待と取られ、精神不安になるほど追いつめられてい
る者。大作家と打算的な恋愛を楽しみながら、実父と性的関係を持つ者。誰も
過去に捉えられ、逃避的に現実を生きている。

 大陸を隔てているはずの人物たちが交錯し、白昼夢を見ているような錯覚に
陥る。そしてラスト近くでやっと、この物語はマイケルの描く映画内小説なのだ
と気付く。メタフィクションと呼んでいいのだろうか、それは虚構の中で紡ぎださ
れる 「白い嘘」。罪のない嘘の中で、希望に向かって前を向く登場人物たち・・・。

 豪華キャストの中で、なんと言っても光っているのはオリヴィア・ワイルド。いい
女優だと初めて思った。がんばりましたね。

サード・パーソン3

 ( 『サード・パーソン』 監督・製作・脚本:ポール・ハギス
     主演:リーアム・ニーソン、ミラ・クニス、エイドリアン・ブロディ、
          オリヴィア・ワイルド、ジェームズ・フランコ
/2013・英、米、独、ベルギー)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:個人的な映画の感想 - ジャンル:映画

【2014/07/22 00:00】 | 映画 | トラックバック(14) | コメント(0)
<<大洪水~『ノア 約束の舟』 | ホーム | 海鳴り~『私の男』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1523-a58d4567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サード・パーソン〜三人称、三位一体
公式サイト。原題:Third Person。ポール・ハギス監督。リーアム・ニーソン、オリヴィア・ワイルド、ミラ・クニス、エイドリアン・ブロディ、マリア・ベロ、ジェームズ・フランコ、キ ... 佐藤秀の徒然幻視録【2014/07/21 21:48】
サード・パーソン
 クラッシュでアカデミー賞を受賞したポール・ハギスの新作で、豪華出演者による、凝ったつくりをしているだけに、ネタバレにならないよう感想をいうのは難しいのですが、あまりにもひねりすぎて大暴投してしまった気がします。  作品情報 2013年イギリス/アメリ… 映画好きパパの鑑賞日記【2014/07/21 21:59】
『サード・パーソン』
私を見て。それが3人目の願い。 ポール・ハギス監督作品にしては技巧に走りすぎた感も否めない、テーマもあと一歩踏み込んで欲しいと思わざるを得ない一方で、終盤におけるタネ ... こねたみっくす【2014/07/21 23:24】
サード・パーソン/THIRD PERSON
「クラッシュ」でアカデミー賞作品賞をとった脚本で、監督としても才能を発揮している ポール・ハギス監督・脚本作。 という事で楽しみだった本作。 ちなみに、ポール・ハギスの脚本は本当によく出来ている。 イーストウッド関連の「ミリオンダラー・ベイビー」... 我想一個人映画美的女人blog【2014/07/22 01:36】
ショートレビュー「サード・パーソン・・・・・評価額1600円」
物語の語り部は誰だ? 世界の三つの街で、平行に展開する三つのストーリー。 落ち目の作家のマイケルは、新作を執筆中のパリのホテルで、気まぐれな愛人アンナとのスリリングな密会を楽しむ。 一方、ニューヨークに暮らす元昼メロ女優のジュリアは、元夫でアーティストのリックと一人息子の親権争いをしている。 そしてローマでは、ファッション業界で産業スパイとして働くスコットが、ひょんな事から出会っ... ノラネコの呑んで観るシネマ【2014/07/22 10:27】
サード・パーソン
フランス。 パリの一流ホテルで執筆中のピュリツァー賞作家マイケル(リーアム・ニーソン)は、作家志望の愛人、アンナ(オリヴィア・ワイルド)の訪問を受ける。 イタリア。 ローマで仕事を終えたアメリカ人のスコット(エイドリアン・ブロディ)は、あるバーで、エキゾチックな美女モニカ(モラン・アティアス)と出会う。 アメリカ。 ニューヨークに暮らす元女優のジュリア(ミラ・クニス)... 心のままに映画の風景【2014/07/22 10:59】
サード・パーソン ★★★
『クラッシュ』などのポール・ハギスがメガホンを取り、パリ、ローマ、ニューヨークを舞台に3組の男女の関係と衝撃の結末を描く恋愛ミステリー。著名な小説家と愛人、ビジネスマンと娘を誘拐された女、元女優とその元夫の物語を交錯させながら、愛や痛み、再生と希望など... パピとママ映画のblog【2014/07/22 19:37】
サード・パーソン
そういうオチか。なるほど。 だらだら無気力ブログ!【2014/07/22 21:21】
『サード・パーソン』 三人称の男と女
Third Person(viewing film) 『サード・パーソン(原題: Days of Books, Films【2014/07/23 11:15】
サード・パーソン
作家の苦しみ 公式サイト http://third-person.jp 製作・監督・脚本: ポール・ハギス  「クラッシュ」 パリの一流ホテルのスイートルームに宿泊している、ピュリッツァー賞作家のマイ 風に吹かれて【2014/07/25 17:42】
『サード・パーソン』 (2013) / イギリス
原題: Third Person 監督・脚本: ポール・ハギス 出演: リーアム・ニーソン 、オリビア・ワイルド 、エイドリアン・ブロディ 、モラン・アティアス 、ミラ・クニス 、ジェームズ・フランコ 、マリア・ベロ 、キム・ベイシンガー 公式サイトはこちら。 パ... Nice One!! @goo【2014/07/27 09:52】
映画『サード・パーソン』を観て
14-54.サード・パーソン■原題:Third Person■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:137分■料金:1,800円■鑑賞日:6月28日、TOHOシネマズ日本橋(三越前) □監督・脚本・製作:ポール・ハギス◆リーアム・ニーソン◆オリヴィア・ワイルド◆ジェームス・フ... kintyre&#039;s Diary 新館【2014/09/30 08:37】
パズルのように、その愛たちは
22日のことですが、映画「サード・パーソン」を鑑賞しました。 ・パリ 最新作を執筆中の作家のマイケルはアンナと不倫関係だがアンナにもまた秘密の恋人がいる ・ローマ アメリカ人会社員スコットは 娘が誘拐されたと女性を助けようと決意する ・ニューヨーク ジュリア... 笑う社会人の生活【2014/11/29 17:47】
映画評「サード・パーソン」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ=ベルギー=ドイツ=フランス=イギリス合作映画 監督ポール・ハギス ネタバレあり プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]【2015/06/29 09:23】
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!