”Addiction”ハマる”ことについての一考察~『BBM』と『冬ソナ』
 BBM初見から約一ヶ月、ようやく二回目を観ることができた。しかも
三回目も行きそうな予感、この「ハマリヨウ」は一体ナンなんだろう?
 元来ハマリ易い性質(たち)ではある。二年前、『冬のソナタ』にも見事
にハマった。

 『冬ソナ』は社会現象となったと言っても過言ではないので、今更説明は
不要であろう。ご存知ヨン様ことペ・ヨンジュン主演、正統派韓国メロドラ
マである。
NHK地上波放映を観始めたところ、第四話のユジンとミニョンのシーン
「眼鏡外して下さい」でどうにも我慢できなくなり、ネット配信で一気に
二十話まで観てしまった。三日くらいで観たんじゃないだろうか? とにか
く続きが気になって眠れないのである。
 それからは立派な(?)ヨン様「家族」となり、雑誌や本、DVDを買いま
くり、韓国語講座に通い、韓国映画を観まくった。着メロや待受けはもちろ
ん冬ソナ。ヨン様主演映画『四月の雪』に至っては、5回も映画館に足を運
んだほどである。
 先ほど「立派な」と書いたが、「典型的な」と言い換えるべきかもしれな
い。かなりの女性が同じような道をたどったことで、冬ソナが社会現象足り
えたのだから。

 『BBM』にも同じような現象が起こっているかもしれない。何度も映画
館に足を運び、雑誌をチェックし原作本や海外版のDVDやサントラを購入し、
ネットの海をさすらう。『ヨン様』がもはや日本で言葉として認知された
ように、アメリカでは『Brokeback』という単語が辞書に載るだろうと言われ
ているそうである。アディクトした信者たちが、自らを「ヨンフルエンザ」
とか「高山病」「遭難中」「ブロークバック症候群」などと呼ぶのも「ほと
んど病的
」なアディクションを自覚していて面白い。
人気のあるところ、光の当たるところは影が濃いのも同様で、ヨン様ファン
=おばさんと揶揄され、BBMはジョークのネタで、キワモノ扱いされてい
るのも間違いない。
 もちろん、連続ドラマであり公共放送で全国津々浦々観られた冬ソナと、
メジャー映画でさえもない(上映館の少ない、というか上映されない県もあ
るほど)BBMとでは視聴者の数が桁違いであることは否めないし、同列に
語ることはできないと考えるほうが多勢であろう。日本でBBMが社会現象
化するとも思えない。

 それでも敢えて問いたい、この2作品が持つ中毒性とは何だろう?
美しい映像と音楽。主演二人の魅力。脚本を演出の素晴らしさ。どれもイエ
スであるが、やはり「普遍的なラブストーリー」であることが最大の理由な
のかもしれない。しかし、古今東西ラブストーリーは数あれど、この2作品
のいつまでも余韻を残す、胸を離れない切なさは一体何なのだろう?
 答えを見つけに、もう一度映画館へ行ってみようか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:考える - ジャンル:その他

[2006/04/19 08:52] | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ファニーフェイスに首ったけ~ジェイク・ジレンホールの魅力 | ホーム | ”And the Oscar goes to...”~第78回アカデミー賞授賞式鑑賞記>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/15-beb210cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!