黄金の月~『新しき世界』
新しき世界





 NEW WORLD

 新世界


 潜入捜査官として、ソウル警察から巨大企業型犯罪組織に送り込まれた
イ・ジャソン(イ・ジョンジェ)は、組織の序列No.2チョン・チョン(ファン・ジョ
ンミン)
右腕として地位を築きつつあった。しかし、警察の上司カン課長
(チェ・ミンシク)
に常に監視される、長い偽りの人生に疲弊してもいた。そん
な折、組織の会長が交通事故死し、跡目争いが勃発する。

 韓国で大ヒットし、ファン・ジョンミンが青龍映画賞男優主演賞を受賞した
ノワール。昨年から、とても期待して待っていた作品。土曜日は満席と知り、
日曜日の上映一時間前に座席をゲット。『インファナル・アフェア』 イース
タン・プロミス
 と、潜入捜査ものの名作は数あれど、それら先達に敬意と
目配せ
を払いつつ、自ずと高め設定となるハードルを越えた秀作。容赦の
かけらもない、えぐられるような痛み体感する、いかにも 「韓国らしい」 
作品
と言えるだろう。

新しき世界2

 とにかく、ファン・ジョンミンが凄い。この作品、どう観ても主演はイ・ジョン
ジェだと思うのだが、見せ場は全てジョンミンに持って行かれた感じ。機内
用スリッパで登場するファーストシーンから、臨終場面までまさに彼の独壇
。特に、エレベーター内の死闘からあの臨終シーン「本当に」 死んだ
としか思えないほど真に迫っていた。さすがの御大・ミンシクも、彼に比べる
と本作での演技はやや抑え気味。

 ジャソンの正体を知りながら、何故チョン・チョンは彼を断罪しなかったの
か。同じく華僑出身であるジャソンを 「ブラザー」 と呼んだチョン・チョン。
彼にとってジャソンは 「舎弟」 以上の何者であったのか。ここに、男同士
の 「愛」 を感じさせる描写、もっと言えば、同性愛的視点があれば、私は
おそらく涙、涙で本作を観たであろう。

新しき世界3

 「苦しむのは止めて、いい加減に選べ」 チョン・チョンの遺言を胸に、ジャ
ソンが 「新世界」 に漕ぎ出す結末。ラストシーン、ジャソンのはみ出しそう
に無邪気な笑顔
で、この残忍で悲惨な犯罪ドラマは幕を閉じる。そしてこの
ラストが、新たな傑作トリロジーの幕開けであることを願いつつ、続編を待ち
たい。

 ( 『新しき世界』 監督・脚本:パク・フンジョン/2013・韓国/
        主演:イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

[2014/03/12 21:08] | 映画 | トラックバック(13) | コメント(4) |
<<本は人生のおやつ、なのか?  (むしろ主食かも) | ホーム | 気がつけば・・・。>>
コメント
個人的にはイ・ジョンジェのストイックすぎるところが好きですねえ。

ジャソンとチョンチョンは馬が合うって奴でしょうね。ただ一つの秘密以外は何回も一緒に修羅場をくぐって来てるだろうから、秘密を知った時に裏切られたというより、同情してしまったんじゃないですかね。
[2014/03/12 23:25] URL | ふじき78 #rOBHfPzg [ 編集 ]
ふじき78さん、こんにちは。コメント&TBありがとうございます。恐縮です。
イ・ジョンジェお好きなのですね。
私も彼の映画は結構観ていますが、いっつも「ゆで卵」を連想してしまいます、、お肌がツルツルで^^;
冗談はさておき、馬が合う、ですか。なるほど~。
その「修羅場」を続編で描いてくれたらいいですね♪
[2014/03/13 07:53] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん。「スリッパ」のテヒです。真紅さんにお話したくて、またあつかましくお邪魔してしまいます。

私はあの「スリッパ」にやられたんですけど、何に持っていかれたのか、そのときははっきりしませんでした。ただ、何かがずっと頭の中を渦巻いていた。そして、その何かがようやくはっきりしたとき、ちょっと泣きそうになりました。

この足元。チョン・チョンは機内スリッパを履いていることをジャソンに見て欲しかった、そういうことだと私は思っています。「そんなスリッパで・・・」とジャソンにかまってもらいたかった。それがこの足元のクローズアップの意味。だから、この足元だけでチョン・チョンに持っていかれた。そういうことなんだな、と気がついたのです。

チョンチョンには妻がいることになっています。空港からの車中でジャソンに時計をやろうとして、「ボスの奥さんに(韓国語でヒョンス)」と言われています。しかし、そのいるはずのヒョンスは一度も姿をみせません。チョンチョンの病室にもいないし、葬儀にもいません。(ゴールドムーンの会長の葬儀には会長の家族が参列しています)

>男同士の 「愛」 を感じさせる描写、もっと言えば、同性愛的視点があれば、私はおそらく涙、涙で本作を観たであろう。

これがその答えのひとつではないか、と私は妄想しています。もし妻の姿が一瞬でも現われていたなら、チョン・チョンのジャソンへの愛は光を失ってしまっていたでしょう。
チョン・チョンのジャソンへの愛のなんと儚く幻想的なことか。この映画のファンジョンミンは私をとらえて離しません。はああ。どないしよ。
[2015/11/16 11:26] URL | テヒ #- [ 編集 ]
テヒさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
いえいえあつかましいなんてとんでもないですよ。大歓迎です。

さて。「スリッパ」のテヒさんの熱いコメントを拝読して、思わず感動していまいました。
私もね、好きな映画についてとことん考えていた時期もあります。
だから、テヒさんのお気持ちよーくわかります。

あのスリッパ、ジャソンに見て欲しかった・・・。
う~ん、深いですね。
私は正直、この映画から同性愛的な匂いを感じられなかったのですが、そう言われてみればそうと言えるかもしれません。

チョンチョンに妻がいる設定、というのは気付きませんでした。
おっしゃる通り一度も登場しませんよね。

ファン・ジョンミン、とにかく素晴らしい俳優さんです。
テヒさんが、この映画の彼に囚われてしまっている、というのも無理はないと思います。
私も彼は大好きで、惚れているといっても過言ではないですが、、、
ここはテヒさんにお譲りしましょう(笑)。もっと深みにはまって下さい。

『ベテラン』楽しみですね。
また「辛抱堪らん!」状態になったらいつでもお話にいらして下さい。
お茶も出せませんが、いつでも歓迎です。^^
[2015/11/17 21:45] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1477-35ac7ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『新しき世界』を丸の内TOEI②で観て、イ・ジョンジェに酔うふじき★★★★
五つ星評価で【★★★★イ・ジョンジェ萌え】    映画を作る、見るだけの間柄だが、イ・ジョンジェとは付き合いが長い。 アン・ソンギ同様、韓流の「は」の字もない頃から、良 ...
[2014/03/12 23:20] ふじき78の死屍累々映画日記
『新しき世界』 (2013)
新時代の扉を開く、極上クライム・ムービー! 韓流ブーム過ぎし昨今、なお韓国映画は隆盛を極めている。その衰えぬ勢いをまざまざとみせつけられる力作であった。 本作は、イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミンなる韓国三大スターが揃い踏み、当国内で...
[2014/03/13 00:13] 相木悟の映画評
新しき世界
 韓国のノワール映画は上質なものが本当に多い。もちろん、日本に入ってくる本数が限られていると言うこともあるでしょうけど、本作も暴力シーンだけでなく、登場人物が悪と悲哀に満ちていて、心理戦としてもすごく面白い。タイトルの意味が分かるラストはしびれました。…
[2014/03/13 07:53] 映画好きパパの鑑賞日記
『新しき世界』
(英題:Next Entertainment World) ----『新しき世界』? 「新世界」ならドヴォルザークだけど…。 タイトルからすると、 もしかしてこれって文芸作? 「いやいや。 暗黒街映画。 もっと言えば“潜入捜査官”モノだね。 プレスとかを見ると、 『インファナル・アフェア』...
[2014/03/13 21:29] ラムの大通り
ショートレビュー「新しき世界・・・・・評価額1700円」
偽りの人生はどちらだ? 巨大暴力団のドンが不慮の事故死を遂げる。 跡目争いに乗じて組織を壊滅させるために、警察は作戦名“新世界”を発動。 密かに組織に送り込まれ、8年の歳月をかけてNO.4の地位にまで出世している潜入捜査官、イ・ジェソンに極秘の指令を伝える。 しかし、彼は同じ中国系韓国人で義兄弟の契りを交わした組織のNo.2、チョン・チョンを裏切っている事に複雑な葛藤を抱いている...
[2014/03/13 21:55] ノラネコの呑んで観るシネマ
「新しき世界」
2013年・韓国=SANAI PICTURES他 配給:彩プロ 原題: 新世界 New World 監督:パク・フンジョン脚本:パク・フンジョン撮影:チョン・ジョンフン 音楽:チョ・ヨンウク「悪魔を見
[2014/03/23 17:04] お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
『新しき世界』 中国系朝鮮族の貌
New World(film review) 『仁義なき戦い 代理戦争』はやくざ
[2014/04/02 16:16] Days of Books, Films
「新しき世界」
こんなに面白いとは!!観て正解でした。面白く、そしてカッコイイ。残酷で泥臭いのに、何故かスタイリッシュ。腹に染み渡る侠気。「潜入捜査官」の話だから、ありがちな設定は満載だし、まんま「インファナル・アフェア」のパクリか?!というディテール(腕時計のオチなど)もあるけれど、かの作品との決定的な違いは、トニー・レオンがラストに「あいにく俺は警官だ」と言ったのに対し、イ・ジョンジェは…。いや、ネタバ...
[2014/04/16 12:26] ここなつ映画レビュー
新しき世界
ハリウッドが早速リメイクを決めたというのも頷ける、息詰まる作品でした。冒頭、情け容赦なく裏切り者をドラム缶のコンクリート詰めにして海中に沈めるシーンから、半端ない暴力性を感じます。 イ・ジャソン(イ・ジョンジェ)が所属するゴールドムーンの会長が不可解...
[2014/04/28 22:42] まてぃの徒然映画+雑記
新しき世界 ★★★★
本国の韓国をはじめ、映画祭や映画賞で高い評価を獲得したクライムストーリー。犯罪組織に潜入する警察官が、組織のナンバー2と育んだ絆と職務の間で葛藤するさまを映し出していく。メガホンを取るのは、『悪魔を見た』などの脚本も手掛けてきたパク・フンジョン。『10人...
[2014/05/11 13:36] パピとママ映画のblog
新しき世界
【NEW WORLD】 2014/02/01公開 韓国 PG12 134分監督:パク・フンジョン出演:イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミン、パク・ソンウン、ソン・ジヒョ、チュ・ジンモ、チェ・イルファ、チャン・グァン、キム・ビョンオク &amp;ldquo;父&amp;rdquo;への忠誠か...
[2014/08/27 11:47] ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
『新しき世界』お薦め映画
ド派手なアクションやセクシー美女とのお楽しみシーンがなくても、十分見応えがある。そして極秘作戦「新世界プロジェクト」の構想には、アッと驚かされてしまう。ここぞという場面では、どの男も情に流されず、冷酷で非情で肝が据わっていて、それぞれがみなカッコイイ!
[2014/10/07 12:40] 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
新しき世界
NEW WORLD 2013年 韓国 134分 犯罪/ドラマ PG12 劇場公開(2014/02/01) 監督: パク・フンジョン 脚本: パク・フンジョン 出演: イ・ジョンジェ:潜入捜査官イ・ジャソン チェ・ミンシク:ソウル警察カン・ヒョンチョル課長 ファン・ジョンミン:ゴールド・...
[2015/02/17 23:30] 銀幕大帝α
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!