ブロークバック・マウンテンがくれた贈り物
 昨年、このバトンを勝手にいただいていたにもかかわらず書けないままにしてい
ました。(悠雅さま、大変遅くなってしまいました、お許し下さい)
同じく昨年書いたBBM好き!に20の質問への回答と重なる部分(【1】、【2】)
もあるのですが、私の心を捉えて離さないこの名作についての独り言、よろしけれ
ばお付き合い下さい。

20070116054935.jpg

 --------------------------------------

【1】BBMを観たことをきっかけに、初めてしたこと、できたこと、始めたこと

 ・自分のブログで何記事も書いた。
  BBMに出逢ってなかったら、ブログで文章を書くということを続けていたかどう
  か、わからない。

 ・通うつもりで上映館のポイントカード会員になった(ウチからすごく遠いのに)。
  よくあんな不便で遠い映画館に何度も通ったなと思う。でも、その映画館は
  大好きな、思い出の場所になった。

【2】BBMにはまって買ってしまったもの、今後買いたいもの

 ・原作翻訳文庫、原作本(ペーパーバック)、スクリプト付き原作、日本版サン
  トラCD、Cut、映画パンフレット、DVD(プレミアム・エディション)。
  
  最初からスクリプトを買えばよかったかな? でもまだ読めてない。。
  ヒースとジェイクの出演作はいろいろ観たが、BBM以外のDVDはレンタルのみ
  で買っていない。『ロード・オブ・ドッグタウン』のサントラのみ購入。
  今後、カットシーンなどが入ったDVDの日本版が出たらもちろん買います。

【3】BBMを観て気付いたこと、考えたこと
 
  本当に様々なことを考えさせられる映画だった。そして今も考え続けている。

  愛には色々な形があるのだということ。でも形は違えど本質は同じだという
  こと。

  自分が生きているこの社会に潜在(または顕在)する差別意識、自分自身の
  なかにもある恐れや偏見。それは無知から生じるのだということ。
  
  親の呪縛、トラウマやヘイトクライムの怖ろしさ、家庭不和と貧困の悲しみ
  について。

  若さや夢、イノセンスを失い続ける人生。それでも人が、一生を生き抜くと
  はどういうことなのか。


  同じ映画を観ても、心揺さぶられる人もいれば「ただの不倫の話」と切り捨てる
  人もいる。この感覚の違いはどこからくるのだろう・・?

  そして映画って素晴らしい、ということに改めて気付いた。もちろんそれは
  製作陣や俳優たちの素晴らしさでもある。ヒースやジェイクだけじゃなくて、
  ミシェルやアンの出演作は今後も追いかけたいと思う。そしてもちろんアン
  ・リー監督の作品も。

【4】BBMに感謝したいこと

  この映画を初めて観たときのことをよく思い出す。その後で書いたアニー・
  プルーやダイアナ・オサナ、ヒースやジェイクへの感謝の気持ちは今も変わ
  らない。(初見の感想はこちら

  BBMに出逢うまでの2年間ほど、韓国映画ばかり観ていた。ハマリ込んでしま
  った状態で、なかなか抜け出せなかった。でもBBMをきっかけに変われたのだ。
  韓国映画は素晴らしい作品が多いのだけれど、様々な価値観が混在するこの
  現代に、やはりそれ「ばかり」というのではどうしても視野狭窄に陥る。
  そのことをこの作品がわからせてくれた。
  
  いろんな映画を観たり、本を読んだりするのも、全てこの静謐だけれど奥深
  い映画をより深く理解したい、という思いからなのかもしれない。


  アン・リーって元々どういう映画を撮る人なんだろう? という思いから、
  父親三部作を観た。イニスやジャックを演じた彼らはどんな作品を経て、20
  年間もたった一つの愛を追い求めるカウボーイになり得たのだろう? そん
  な思いから彼らの出演作を観た。BBMと出逢えたことで、多くの良作・秀作
  に出逢うことができた。

  そしてやはり、BBMへの思いがこのブログを続ける活力になったこと。
  ブロガーの方ともそうでない方とも、BBMを通じて知り合い、お会いしたこ
  とはなくともネットを通じて交流が生まれた。このことに一番感謝したい。

 -------------------------------------

  先日、シネコンの一番大きなスクリーンで映画を観ました。上映を待つ間、
  「ああ、ここでもう一度BBMを観たい」と心底思う自分がいました。もう一度、
  大きなスクリーンで「私の一番大切な映画」BBMを観たいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

[2007/01/16 06:01] | ブロークバック・マウンテン | トラックバック(3) | コメント(14) |
<<賞レースいよいよ本番!~これから観たい映画 | ホーム | 今生きているすべての人へ~『素晴らしき哉、人生!』>>
コメント
真紅さん、こんにちは。
BBMを通じてこうして真紅さんのところでお話できる様になったことは大きな喜びです。
私の思いも真紅さんの記事でもうすべて言い尽くされているのでこれ以上無いという感じですが。
しじみさんのところでもコメントしましたが、BBMを観て「愛する者を大切にしているか?」「人生を真剣に生きているか?」「人を愛するとはどういうことか?」「人生を生きるとはどういうことか?」と深く考えさせられました。映画によってこんなに自分を見つめなおす機会をもてたこと、BBMは人生の宝物です。そして、観る角度によって全く違うものが見えてくる(見せてくれる)更に深い映画でもあるということにも最近気付きました。今後の人生もずっとBBMで遭難し続けそうです、間違いなく。
[2007/01/16 12:48] URL | kママ #7iSbDyII [ 編集 ]
kママさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
本当に深くて、考えさせられる映画ですよね。いろんな観方ができるし、多くの問題を内包しているために論議を呼ぶ映画でもあります。
でもそれでいいのだと思います。私もずっと考え続けたいと思っていますから。
BBMをきっかけに、いろんなお話ができることは本当に幸せですし、まさしくBBMがくれたGIFTだと思っています。
また遊びにいらして下さいね。ではでは。
[2007/01/16 14:14] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さんお久しぶりでございます。
ご無沙汰ばかりで申し訳ございません。

今回は、バトン参加ありがとうございます。PCよくなったんですね。

今回の、真紅さんのこのバトン、美しいです。本当に美しいです。真紅さんの文章ってなぜこんなに美しいのでしょうか?読みながらうっとりしました。

自分がこの映画を作ったわけではないのに、読んでいてすごく嬉しくなりました。素敵なお答えありがとうございます。

BBMっていい映画だな~とまたしみじみ思いました。そして、BBMを通じて真紅さんをはじめ色々な方と出会えた事に感謝です。

追伸
真紅さんのスキンもいつも綺麗だな~と。紅色がお好きなんですよね。気泡が動いているのが、また綺麗です。
[2007/01/16 15:24] URL | しじみ #- [ 編集 ]
しじみさん、こんにちは。コメントありがとうございます。お久しぶりですね。
本当に、私も書きながらしみじみと「BBMって本当にいい映画だな・・」と再認識しました。
こうして一つの映画についてお話できることがもう素晴らしいですよね。
大切にしたい作品です。
それから書き忘れたのですが、ジェイク(ヒースも)の魅力にはまったことも私たちには大きかったですね(笑)。
素敵な俳優さんを知ることが出来てよかったですよね。。
そうなんです、赤は私の人生のテーマカラーなんですよ。うふふ。
ではでは、また時々遊びにいらして下さいね!私も伺います。
[2007/01/16 16:26] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは。
こんな記事を見つけました、真紅さんはもうご存知かもしれませんが。
「ジェイク・ジレンホール:女装パフォーマンスで見せた意外な素晴らしい歌声」
http://hollywoodcelebnews.blog51.fc2.com/blog-entry-496.html
こんなに唄のうまい方なんですね。びっくり。
1/13の「ジェイク・ジレンホール:ゲイであって欲しい男性セレブのNo1に輝く」選ばれた理由を読むとBBMのジャックに魅了されたポイントはどこでも変わらないんだなと思いました。
場違いコメントすいません^^;



[2007/01/16 19:39] URL | miyuco #ubwH2qN2 [ 編集 ]
miyucoさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
サイトのご紹介もありがとうございました!SNLのジェイクは観ていたのですが、このサイトは初めて知りました。
私もあれ「口パクかな?」と思ったのですが、本当に歌っているのですね、凄いわ~。。
ジェイクって本当に勇敢で素晴らしい~!アメリカでもますますファンが増えているんじゃないでしょうか。
場違いなんてとんでもないですよ~、情報ありがとうございます!
[2007/01/17 00:30] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんばんは。
すっかり遅くなってしまいました。昨日、何度かTBを送ったら何故か迷子になってしまい、
今夜出直すことにしました。ごめんなさいね。

真紅さんがBBMのこと(それ以外の映画のこともですが)を書かれているのを読むたび、
どうして自分にはこんなふうに書けないのかと反省…
何とか頑張ってみるのだけれど、やっぱり巧く行かないんですよね…
今回も例に洩れず、どの項目にも大きく頷きながら読ませていただきました。
こうして、いつまでも心に残り続け、いつまでも思い起こす作品に出会えたこと、
そんな作品を作ってくれたことに感謝するばかりです。
[2007/01/17 22:53] URL | 悠雅 #- [ 編集 ]
悠雅さま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます。
TB、お手数おかけしてすみません。でも届いてよかったです~。。
そんな滅相もない。。悠雅さまの文章、すごく素敵ですよ!
おっしゃりたいことがよくわかります。それにネタバレ無しで書こうという心意気が素晴らしいじゃないですか!
私も最近、書きたいことを詰め込もうと記事が長くなってきているのを反省しているところです。

BBMのことを書くときは、なんだか自分の中の勇気を総動員している感じです。
観ている者の内面も浮かび上がらせるような、厳しい映画ですよね。
もちろん、そんなところも大好きなんですけど・・。
私も感謝の気持ちでいっぱいです。もちろん、悠雅さまにもとっても感謝しております。
またお伺いしますね。
[2007/01/17 23:36] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんにちは。ご無沙汰しております。
たいへん遅くなりましたが、今さらTBを送らせていただきました。

初めて観てからもう1年になるんですね・・・。春になったらBBMを思い出すだろうという予想はやはり正しかったようです。また近いうちに観直したいなあと思っています。
それではこの辺で。
[2007/03/08 11:41] URL | かいろ #- [ 編集 ]
かいろさま、こんにちは。お久しぶりですね。コメント&TBありがとうございます。
BBM、私もなかなか観る勇気が出ないのですが、近いうちに観直したいと思っています。
またしつこく記事にすると思います。よろしければまた遊びにいらして下さい。
ではでは。
[2007/03/08 14:43] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは、#18でコメント入れさせていただいて、こちらにTB貼らせていただききました。
また、ざわついてきたわ。まだDVD観たくなりました。買ってる!2枚組!
[2007/08/30 16:14] URL | シュエット #- [ 編集 ]
シュエットさま、こちらにもコメント、そしてTBをありがとうございます。
ざわつきますよね・・。私もBBMを観るということは物凄く精神的にエネルギーが必要で、最近はなかなか観られずにいます。
でも、私もまた観てみよう!と思います。
後ほどお伺いしますね、ではでは。
[2007/08/30 17:25] URL | 真紅>シュエット様 #V5.g6cOI [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2008/01/10 20:10] | # [ 編集 ]
管理者宛てにコメントを下さった方、ありがとうございます。
もしかして全BBM記事を読んでいただいたのでしょうか・・・。恐縮です。。
かなり前に書いたものなので、今読み返すと自分でも顔から火が出そうな記事もありますが、当時は本当にハマって観ておりました。
母にこの映画を薦めるのは勇気が要りましたが、気に入ってくれたようでうれしかったです。

失って尚、より以上に輝きが増すのが愛、というのはまさにその通りですね。
イニスもジャックの愛をしっかりと受け止め、その後の人生をしっかり生きたと信じたいです。

映画から受け取る印象や感想は人それぞれですし、自分と違った意見でも柔軟に受け止める人間でいなければと自戒します。
コメントありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします!
[2008/01/11 13:56] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/147-acb0d6cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブロークバック・マウンテンがくれた贈り物
カイロの紫のバラライカのかいろさんからもらってきたバトン。それなのに随分遅くなってしまって、ごめんなさい、かいろさん。
[2007/01/17 22:42] 悠雅的生活
ブロークバック マウンテンがくれた贈り物
いつもお世話になっているしじみさんから、バトンをいただきました(書き上げるのが遅
[2007/03/08 11:22] カイロの紫のバラライカ
胸のざわつきを言葉に~「ブロークバック・マウンテン」
「ブロークバック・マウンテン」のことアン・リー監督のことゲイ・ムービーのこと いつもお邪魔しに行くブログ「豆酢館」。豆酢ちゃん、今日はどんな記事アップしてるかしら?豆酢ちゃんの記事にドキッ。また胸が高鳴ってきた。あれから早一年が経っているというのに、この
[2007/08/30 16:12] 寄り道カフェ
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!