静かに反戦を謳う~『小さいおうち』
小さいおうち

 昭和初期、山形から東京へ女中奉公に出されたタキ(黒木華)は、赤い屋根瓦
がかわいい山の手の 「小さいおうち」 に雇われる。そこには、まだ若く美しい
時子奥様(松たか子)がいた。

 山田洋次監督の映画を初めて観た。感動しました。

 原作は、直木賞を受賞した中島京子の同名小説。読後数日間は、作品世界か
ら現実へ戻るのが難しかったほど、ここ数年読んだ小説の中でもずば抜けて印象
的な物語
だった(感想はこちら→

 間違いなく映像化されるだろうとは思ったものの、それが巨匠ではあるが未知
の山田洋次監督の手によるものであり、かつ主演があまり好きでない女優さん
(スミマセン)にキャスティングされたことで、正直かなり不安を感じていた。出来
が気になって仕方がないので、初日に鑑賞

小さいおうち2

 そして。。その心配は杞憂でありました。松たか子さん、素晴らしいです!
あの、「誰もが彼女を好きになる」きれいでおしゃれで、ちょっと危なっかし
い、お嬢様がそのまま奥様になったような時子
がそこにいた! 実は個人的
に、「宮沢りえちゃんのほうが適役なのに」 などと考えていたのだが、土下座
して謝ります。もう、松さん以外にこの役は考えられません・・・! 高麗屋~
(違うか)。もちろん、時子以外のキャストも皆よかった。ジブリの音楽みたい
と思って聴いていたら、音楽は久石譲さん。

 原作の隠しテーマである 「第三の道」=同性愛色はかなり薄められ、その
代わりに 「いつか来た道」=反戦色が強められているのは、山田監督ならで
はだと思う。監督が、自分の手でこの小説を映画化したいと熱望されたのも、
あの時代を生きた一人の人間としての、使命感のようなものだったのか、と
想像する。

小さいおうち3

 現代に生きる我々が知るべき 「真実」 とは? どんな時代にも、人々の営
む 「暮らし」 には、ささやかな幸せがあるはず。しかし、大きな時代の 「う
ねり」
 の前では、誰しも抵抗する術を持てず、全て奪われてしまう「銃後」 
と呼ばれた人々、庶民のささやかな人生、そこに起きた 「事件」 を描きつつ、
静かに反戦を謳う。。。

 この映画がもし、興行成績第一位を奪取するくらい、多くの人に観られたな
ら。時代の空気も少し、変わるんじゃないかな、と思う。そして私は、そう願い
ます


 ( 『小さいおうち』 監督・共同脚本:山田洋次/2013・日本/
       主演:松たか子、黒木華、吉岡秀隆、片岡孝太郎、妻夫木聡、倍賞千恵子
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

【2014/02/05 20:56】 | 映画 | トラックバック(35) | コメント(8)
<<赤い闇~『オンリー・ゴッド』 | ホーム | Philip Seymour Hoffman......!>>
コメント
わたしも、キャスティングが発表されたとき、ええ~!Σ(´゚д゚`) と思いました。

ちなみに私のイメージは檀れいさんです。天然無自覚な感じがいいかなと。板倉さんは長谷川博己さんがよかったんですがねえ。

板倉さんの配役だけが、と私にはしっくりこなかったです。純粋無垢ではあるのだけど、ちょっとイメージと違う。

なんで吉岡さんなんだろう?と思っていたら、映画館で謎がとけました。周りはみんな巨匠ファンのシニアばかりだったので、彼らが喜ぶキャスティングだったのでしょうね…。

昭和モダンや戦争の影の部分は原作ファンにも納得のできでした。

長文失礼しました。(;´・ω・)
【2014/02/06 01:35】 URL | 日月 #MJdeXWyY[ 編集]
日月さん、こんばんは。コメント&TBありがとうございます。
TBを送って皆さんの感想を伺ったのですが、「吉岡くんがミスキャスト」というご意見がめっちゃ多くて笑えました。
実は、私は原作からして板倉さんにあまり惹かれなかったんですよね。。
タキちゃん目線というか、もう奥様命!だったんです(笑)。
だから、板倉さんははっきり言ってどーでもよかったんです←暴言
山田監督もそうなんじゃないかと。。。自分の言う通りに演技してくれる(使いやすい?)俳優さんを選んだ感じですかね?

壇れいさん、いいですね! でも綺麗なだけでちょっと毒がないですね~。
長谷川さんだったら、奥様は鈴木京香さん、、、って違う話になるか(汗)。
【2014/02/06 21:12】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
コメ返遅くなりました。最近ほんとにブログが形骸化しております(笑)

さて本作。
>板倉さんははっきり言ってどーでもよかったんです
私も彼がイケメンじゃなくちゃ!とか、そういう意見って割とどっちでもよいかな(暴言w)
むしろなんでそこにイケメン求めるのかがよくわかんないんだけどね。
昭和時代の、甲種合格でもない、線が細くておどおどとした若者っていう設定に対して、パーフェクトな配役というか、マルチな人物像を求めても仕方ないと思うんですよね。
イケメン崇拝の馴れの果てっていうか、時代背景を鑑みることができない観客の薄っぺらさを感じてしまいます。

黒木さん、松さんはよかったですね。あと何気に片岡さんも。松さんとの夫妻役、昭和に託した夢が砕けるっていう設定に合っていました。
【2014/02/15 14:41】 URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
rose_chocolatさん、こんばんは! コメント&TBありがとうございます。
ちょうど昨日(今朝?)、黒木華さんベルリンで銀熊賞受賞のニュースでしたね。めでたい。
私は松さんのほうにあげたいですけどね。。
でも黒木さんが大阪出身と知り、俄然贔屓になりました(笑)。

自分、いっつもイケメンレーダー張り巡らしてるほうなんですが(汗)、本作は原作が先だったので板倉さん<時子奥様、だったんです。
タキちゃん目線というかね。

片岡さんも気の毒な役で(笑)。原作では、恭一ぼっちゃんは時子の連れ子で、奥様と旦那さまは「そういうことがない」関係なんです。
山田監督は、そこら辺りはバッサリ切ってましたが。
でも私は、そこ重要!と思ったんですがね。。
【2014/02/16 21:07】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
真紅さん、やっとこの映画見れました。
原作の大ファンとしては、私は、少し不満が残っちゃったなぁ
2時間という限られた枠だから、しょうがないけど・・。
真紅さんは、結構評価が高いのねー

タキちゃんが奥様ラブだったこと、薄まってたわー、ちらっと登場した、学友時代のお友達を、蛍が好演していて、1回だけじゃんくて、もうちょっと前半から出てくれてたら良かったのに。学生時代に奥様が同性にも恋されてたこと、蛍のセリフだけだったしな・・・。
でも、松さんと黒木さんは、ハマってた!
純君はあんまり合ってなかったけどね。

>原作では、恭一ぼっちゃんは時子の連れ子で、奥様と旦那さまは「そういうことがない」関係なんです。
山田監督は、そこら辺りはバッサリ切ってましたが。

そーよそーよ!そこ重要よね。
後で感想書いたら、TBさせてね♪
【2014/08/25 12:27】 URL | latifa #SFo5/nok[ 編集]
latifaさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございます。
DVDで観たんだよね? これ今年の映画だったんだ^^;
なんか、もうすんごい前に観た気がする。。
コメントいただくまで、蛍が出てたことすっかり忘れてたよ(笑)。
お兄ちゃんと共演やん^^

私は、原作の情景(赤い屋根のかわいらしい小さいおうち、昭和の風俗)が再現されてたことで満足したんだと思うよ。
あと、時子奥様が綺麗だったから(らぶ)・・・。
山田洋次監督に、同性愛がテーマの映画は撮れないと思うんだよね(巨匠、スミマセン)。
だから、監督が反戦色を濃くしたのも、仕方ないのかな、と・・・。
タキちゃんと奥様と板倉さんの三角関係みたいにしてくれたのには文句あるけど。
まぁ、原作と映画は、別物ってことで^^
【2014/08/25 20:17】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
真紅さま こんにちは。
先日、テレビ地上波放送で見ました。テレビですからカットされた場面もあったのだろうと思いますが、見ることができて良かったです。真紅さんのこちらのブログを拝見して以来、ずっと「映画館に見に行きたかったなぁ」と思っていたのです。
放送を見た後、こちらのブログと、こちらからリンクしてある原作の両ブログをあらためて拝見して、この映画への理解が深まりました。ありがとうございます。
空襲で雨のように無数の爆弾が小さなおうちに降りかかる場面は、大きなクリーンでなくても、戦争の恐ろしさと深い悲しみが充分伝わってきました。
黒木華さんはいい女優さんですね。

ところで・・・
本当にお久しぶりです。今年初めてのコメントだったかもしれません。
いつもいつも楽しく読ませていただいております。
3月になってしまいましたが本年もどうぞよろしくお願いいたします。
【2015/03/03 14:57】 URL | メグ #OfnFAKio[ 編集]
メグさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
昨日、ランチに入ったら、「この前、小さいおうち観ました?」とお店の方に話しかけられました。
(時々その方と映画の話をするのです)
やっぱりテレビって影響力ありますね。メグさんにも観ていただけてとってもうれしいです。
てかご覧になってなかったのね~、なんだかもうお話してたかと思ってたわ。
原作は読まれてないのかな? 超絶オススメですよ。
黒木華ちゃん、今一番乗ってる女優さんかもしれないですね。
ここぞ、と言う時に和装なところも、わかってるね~、と思います。

さて。実はお久しぶりなんですね。。。
月日があっという間に過ぎてしまって。
いつも読んでいただいてるのですか? わー、うれしいな♪
最近忙し過ぎて、夜、食卓でうたた寝してしまうような有様です。
観た映画の感想が溜まりまくってます(汗)。
またアップしたら、読んでくださいまし~(^O^)/
【2015/03/04 20:50】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1464-8b2acdbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画『小さいおうち』観てきたよ〜
山田洋次監督最新作。 公式HPはコチラ。 あ、なんと、私、山田洋次監督作品を劇場で観るの初めてだ・・・・(;゚∀゚) いつも地上波で放送されてから見てるな。 原作の記事はコチラ。 今回は妻夫木聡くんは大伯母のタキさん(倍賞千恵子)の自叙伝の中へ導く役割で、 ダメブキじゃなかったよ〜(..◜ᴗ◝..) しかし、昨夜のTVでやってた『東京家族』と同じ顔ぶれが次々... よくばりアンテナ【2014/02/05 21:14】
小さいおうち〜長く生き過ぎた変われない私
公式サイト。中島京子原作、山田洋次監督。松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、林家正蔵、ラサール石井、あき ... 佐藤秀の徒然幻視録【2014/02/05 21:17】
映画「小さいおうち」を観ました!!(2014-01)
映画「小さいおうち」を観ました!! 馬球1964【2014/02/05 21:44】
小さいおうち/松たか子、黒木華
第143回直木賞を受賞した中島京子さんの同名ベストセラー小説を山田洋次監督が映画化したラブ・ミステリアスなドラマです。劇場予告編や宣伝チラシの印象は山田洋次監督っぽくない ... カノンな日々【2014/02/05 21:48】
小さいおうち
中島京子の直木賞受賞作の 小説を映画化。 監督は山田洋次。 小さなおうちの主婦、 時子には松たか子。 小さなおうちの女中で、 昭和のタキには黒木華。 後の平成のタキには倍賞智恵子、 家の主人、雅樹に片岡孝太郎、 雅樹の部下の板倉正治には吉岡秀隆、 タキの親... 花ごよみ【2014/02/05 21:56】
小さいおうち
製作年度 2013年 上映時間 136分 原作 中島京子 『小さいおうち』(文藝春秋刊) 脚本 山田洋次/平松恵美子 監督 山田洋次 音楽 久石譲 出演 松たか子/黒木華/片岡孝太郎/吉岡秀隆/妻夫木聡/倍賞千恵子/橋爪功/吉行和子 健史(妻夫木聡)の親類であった、タキ(倍賞千恵... to Heart【2014/02/05 21:59】
『小さいおうち』
□作品オフィシャルサイト 「小さいおうち」□監督 山田洋次□脚本 山田洋次、平松恵美子□原作 中島京子□キャスト 松 たか子、黒木 華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木 聡、倍賞千恵子■鑑賞日 1月25日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★... 京の昼寝〜♪【2014/02/05 22:18】
小さいおうち
小さいおうち@歌舞伎座 あーうぃ だにぇっと【2014/02/05 22:30】
「小さいおうち」 (2014 松竹)
原作はミステリ的色彩が濃いものだった。それは…… ・主人公である山形出身の女中、 事務職員へのこの1冊【2014/02/05 23:31】
小さいおうち
大伯母・布宮タキ(倍賞千恵子)が亡くなり、晩年つづっていた自叙伝を託された大学生の健史(妻夫木聡)は、若かりしタキの秘密を知ることになる。 昭和初期。 山形から東京に出てきたタキ(黒木華)は、赤い三角屋根のモダンな屋敷を構える平井家の女中として働くことになった。 玩具会社の重役である主人の雅樹(片岡孝太郎)と妻の時子(松たか子)は、一人息子と穏やかに暮らしていた。 心温... 心のままに映画の風景【2014/02/05 23:55】
『小さいおうち』
小さいおうち。それはタキちゃんが守りたかった大切な時間。 第143回直木賞を受賞した中島京子先生の原作を山田洋次監督が映画化したこの作品は、「さすが名匠!」と言わんばかり ... こねたみっくす【2014/02/06 00:13】
山田洋次監督『小さいおうち』松たか子、黒木華、吉岡秀隆、倍賞千恵子、妻夫木聡、片岡孝太郎、他
2010年・第143回直木賞を受賞した中島京子の同名小説を山田洋次監督が映画化『小さいおうち』(脚本・山田洋次、平松恵美子)。音楽・久石譲物語・健史(妻夫木聡)の大伯母で、先日亡くなったばかりのタキ( 映画雑記・COLOR of CINEMA【2014/02/06 00:22】
[映画] 小さいおうち 感想(少しネタバレ)
中島京子さん原作、山田洋次監督映画『小さいおうち』を観てきました。原作のモダンな雰囲気がよく現れていた映画でした。 ・原作「小さいおうち」感想→ あらすじ 昭和初期の東京。山形から奉公に出たタキは、赤い屋根の小さなおうちで、美しい時子奥様のもとで働くことになる。モダンな家での奉公はタキにとって幸せな日だった。けれど、旦那様の部下である板倉が、家に来るようになり、奥様の様子が変わ... 日々の書付【2014/02/06 01:26】
『小さいおうち』 (2014)
激動の時代、中流家庭のひみつが投げかけるメッセージ! 新しい視点で過去に切り込み、現代を照射する意欲的な一作ではあるのだが…。 本作は、直木賞を受賞した中島京子女史の同名小説の映画化。メガホンをとったのは、82作(!)もの作品を連綿と紡いできた生ける伝... 相木悟の映画評【2014/02/06 01:29】
小さいおうち
 『小さいおうち』を、吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)山田洋次監督の新作ということで映画館に行ってきました(注1)。  本作は、中島京子氏が直木賞(2010年上期)を受賞した同名の小説(文春文庫)に基づくもの。  戦前の山の手(注2)の丘の上に建てられた... 映画的・絵画的・音楽的【2014/02/06 06:03】
小さいおうち (2013) 136分
 現在の感覚では決して小さくはないんだけど(笑) 極私的映画論+α【2014/02/06 07:02】
小さいおうち
この世は小さいおうちの集合体なんだな。   Akira's VOICE【2014/02/06 10:17】
映画「小さいおうち」
2014 松竹 136分  しづのをだまき【2014/02/06 10:27】
小さいおうち/映画
小さいおうち公式HP 名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した 中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、 東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き始める。 家の主人で玩具会社勤務の平... あるがまま・・・【2014/02/06 16:08】
小さいおうち ★★★★
第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した大学ノートを手にした青年が、そこにつづられていた恋愛模様とその裏に秘められた意外な真実を知る姿をハートウオーミングかつノスタル... パピとママ映画のblog【2014/02/06 18:42】
『小さいおうち』('14初鑑賞11・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:05の回を鑑賞。 みはいる・BのB【2014/02/06 21:10】
ショートレビュー「小さいおうち・・・・・評価額1650円」
彼女が、本当に隠していた事。 ある老女の心の内に70年間秘められていた秘密を巡る、ミステリアスな心理ドラマだ。 山田洋次にとっては、挑戦的な新境地と言っても良いと思う。 舞台は昭和10年代、東京山の手の住宅地に建つ赤い屋根の小さな洋館。 山形の寒村から上京した少女・タキは、この家で女中として働きはじめる。 玩具メーカーの重役を務める旦那様と都会的で垢抜けた時子奥様は優しく、幼い... ノラネコの呑んで観るシネマ【2014/02/06 22:15】
小さいおうち
松たか子が面白そうだったので『小さいおうち』を観てきました。 ★★★★ 切な過ぎるわー。 こんなに切なくなる話は、主人公のお婆ちゃんと同じ年代の方はご覧になられない方が良いかも、むちゃくちゃ重い気持ちになりそうで。 うちの婆ちゃんが観に行くとかって言ってたの... そーれりぽーと【2014/02/07 20:14】
『小さいおうち』 (2014) / 日本
監督・脚本: 山田洋次 原作: 中島京子 出演: 松たか子 、黒木華 、片岡孝太郎 、吉岡秀隆 、妻夫木聡 、倍賞千恵子 公式サイトはこちら。 昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働... Nice One!! @goo【2014/02/08 10:47】
『小さいおうち』
----『小さいおうち』−−。 “山田洋次監督が挑む、新しい世界”って、どういうこと?、 山田洋次監督の前作って『東京家族』。 その前も 『母べえ』だの『おとうと』だのって “家族”の話ばかりのような気がするけど…。 「う〜ん。 ぼくも観る前まではそう思っていたんだけ... ラムの大通り【2014/02/08 12:05】
小さいおうち 完成披露試写会
タキの選択公式サイト http://www.chiisai-ouchi.jp2014年1月25日公開原作: 小さいおうち (中島京子/文春文庫)監督: 山田洋次 健史(妻夫木聡)の大伯母タキ(倍賞千恵 風に吹かれて【2014/02/11 23:15】
【小さいおうち】小百合のおうち
小さいおうち    監督: 山田洋次    出演: 松たか子、倍賞千恵子、吉岡秀隆、黒木華、妻夫木聡、片岡孝太郎、橋爪功、吉行和子、室井滋、木村文乃、夏川結衣、中嶋朋子、松金よね子、笹野高史、ラサール石井、林家正蔵、螢雪次朗、市川福太郎、秋山聡、あき竹城、… 映画@見取り八段【2014/02/12 21:16】
映画・小さいおうち
2014年 日本原作 中島京子 物語の時代背景は1935年(昭和10年)から終戦直後、そして2000年(平成12年)から2009年(平成21年)頃ふたつの時代が交差しながら、やがてひとつにつながっていく様が描かれる 東京郊外のモダンな家で起きた、ある恋愛事件の秘密を... 読書と映画とガーデニング【2014/02/15 13:19】
『小さいおうち』 原作を離れて「失敗作」を撮る理由
 【ネタバレ注意】  山田洋次監督の『小さいおうち』を鑑賞して、こんなことがあるのかと驚いた。  本作は中島京子氏の小説に基づいて山田洋次監督と平松恵美子氏が脚本を書き、山田洋次監督みずからメガホンを取った作品だ。決して山田洋次監督のオリジナル企画ではない。  にもかかわらず、山田洋次監督と原作のシンクロぶりはどうだろう。私はこれが山田洋次監督のオリジナル作品と云われたら信じたに違... 映画のブログ【2014/02/17 04:36】
小さいおうち 小さいおうち 小さいおうち
 山田洋次監督の戦前の中の上の家庭を舞台にした恋愛ドラマ。ストーリーそのものはたいしたことがなかったのですが、今と大して変わらない当時の家庭に結構、驚きました。黒木華さんはベルリンの主演女優賞おめでとうございます。  作品情報 2013年日本映画 監督… 映画好きパパの鑑賞日記【2014/02/17 11:51】
「小さいおうち」おうちの秘密を知った先にみた暗黙の了解の守秘義務を守り通した女中の中の女中
「小さいおうち」は中島京子原作の作品を山田洋次監督で映画化した作品で、田舎から都会に出てきた女性が女中としてある小さなおうちに奉公し、そこで起きた出来事を亡くなる直前 ... オールマイティにコメンテート【2014/02/22 21:06】
「小さいおうち」 小さい罪
こちらの作品は観る予定ではなかったのですが、出演している黒木華さんがベルリン映画 はらやんの映画徒然草【2014/02/23 20:22】
ネタバレ「小さいおうち」小説ファンの感想
戦闘シーンの無い反戦映画。当時の新聞やマスコミが戦争をあおった事、新聞記事などを鵜呑みにしてはいけない事、何もしらない庶民が能天気に戦争渦中にいたことなど、マイルドではありますが、映画内で表現されていました。3つ★半 ポコアポコヤ 映画倉庫【2014/08/25 15:07】
映画評「小さなおうち」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・山田洋次 ネタバレあり プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]【2015/02/22 10:31】
映画 小さいおうち
JUGEMテーマ:邦画&amp;nbsp; &amp;nbsp;  昭和初期の不倫を扱ったちょっと暗い感じのする映画でした。 &amp;nbsp; 見ているだけでちょっと滅入ってしまうのが難点ですね。 &amp;nbsp; 暗い時代が舞台なので当たり前かもしれませんが &amp;nbsp; もう少し華やかな部分があっても良かったのではと... こみち【2015/03/22 14:07】
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
  ★今年もよろしくお願いします★

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!