2013 thinkingdays Best 10 of the book
2013ベスト1

 2013年に読んだ本59冊(とマンガ少々)。前年より13冊も減ってる~。月
1冊減った感じですね、全部iphoneのせいです(反省)。
 こんな少ない冊数でベスト10を出すとかおこがましい気もしますが、2013年
は本当に読み応えある本との出逢いがあったので・・・。紹介させて下さい。
アンダーラインはリンク記事あり、5、6、8は同じ著者で数冊合わせ技です。

◇      ◇      ◇      ◇      ◇      ◇      ◇      ◇

 1.ここは退屈迎えに来て /山内マリコ・著

 昨年読んだ中で一番昂奮度が高く、「誰かに薦めたい!」 と思ったのがこの
連作短編集です。著者は映画好きなのでしょう、読んでいて鮮やかに映像が浮
かぶのです。特に 『地方都市のタラ・リピンスキー』 における、仕掛けというか
「種明かし」 は、思わず頭から読み返してしまうほどのインパクト。
 地方都市に住む、夢見がちなサブカル好き文科系女子だったアナタ、に。

 2.母の遺産-新聞小説- /水村美苗・著

 これがダントツ一位だと思ってたんだけどなぁ。

 3.安井かずみがいた時代 /島崎今日子・著

 このノンフクションは素晴らしい! 自分の感想も、リキ入ってるな~。

 4.恋しくて Ten Selected Love Stories
                /村上春樹・編訳著


2013ベスト4

 ハルキさんの恋愛小説選集が読める! しかも、ノーベル賞受賞アリス・
マンロー
の作品も入っているし。これはお得だわ~、毎晩一本ずつ寝る前に
読もう♪
 なんて思っていたのですが・・・。
 一本目の 『愛し合う二人に代わって』 にすっかりやられてしまい、10日
くらいずっと繰り返し読んで、先に進めない(笑)。ほぼ暗記してるかも(爆)。
これね、10年前ならライアン・ゴズリングレイチェル・マクアダムス映画
して欲しかった。今なら、デイン・デハーンクロエ・グレース・モレッツ
かな。

 5.閉経記・犬心 /伊藤比呂美・著

 昔々、『良いおっぱい、悪いおっぱい』 を読んだ頃は、生々し過ぎて苦手
だった伊藤比呂美さん。私も”漢”(おんな) になったんだなぁ。しみじみ

 6.え、なんでまた?・いまなんつった? /宮藤官九郎・著

 大晦日、紅白を観ながら思いました。2013年がいい年だったと思えるの
は、あまちゃん=クドカンのおかげが大きいんじゃないか、って。クドカン、
ありがとう
映画に対する深い愛情を感じる文章が大好きです。共感します。

 7.何もかも憂鬱な夜に /中村文則・著

 8.スナックさいばら おんなのけものみち /西原理恵子・著
   (七転び八転び篇・バックレ人生大炎上篇・ガチ激闘篇)


 「つかみ」 がちょっと下品なのは、サイバラ先生のサービス精神です。人
並みに悩み、苦しい毎日を過ごしている私に、常に勇気を与えてくれるシリ
ーズ。

 9.第二図書係補佐・東京百景 /又吉直樹・著

 10.自殺 /末井昭・著

2013ベスト10

 伝説の名編集者・末井昭さんのことを知ったのは、写真集 たまもの 
でした。なんとも破天荒でだらしなくて、でも底抜けにやさしい。そんな末井
さんが大好きです。

 次点:非道に生きる /園子温・著

◆      ◆      ◆      ◆      ◆      ◆      ◆      ◆

 2014年、最初に読了した本は椰月美智子さんの 『るり姉』。なかなか
幸先よいスタートだわ♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

[2014/01/06 21:26] | 年間ベスト | トラックバック(3) | コメント(6) |
<<2013 thinkingdays Best 10 of the movie | ホーム | さらばナイアガラ>>
コメント
新年あけましておめでとうございます。
僕のブログへのトラバとコメント、ありがとうございます。

村上春樹お好きな様ですが、『色彩のない多崎つくる~』はベスト10入りしてないんですね。
やっぱりハルキストとしては評価低いんでしょうか?

末井さんの『自殺』はすっごく興味のある作品です。
文庫化されたら是非読みたいと思っています。

今年も宜しくお願い致します。
[2014/01/06 23:10] URL | 西京極 紫 #6AWUBD.o [ 編集 ]
西京極 紫さん、こんにちは。こちらこそコメント&TBありがとうございます。
『色彩のない~』、もちろん面白く読みました。
評価が低い、というわけではないんですが、なんとなく(笑)。
『恋しくて』入れてるからいいか、くらいの気持ちです。
最近はハルキさんも有名になり過ぎて、いろいろ言われてちょっと気の毒なくらいですね。

末井さんの『素敵なダイナマイトスキャンダル』は読まれました?
これは文庫ですし、『自殺』の予習(?)で読まれてもいいと思いますよ。

こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします!
[2014/01/07 12:13] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さーん、もしかして、新年になってから、はじめてのコメントかな?^^
今年もよろしくお願いします(*´▽`*)

2,7,8だけしか読んでないなー。
1位は全然知らない作品だったけれど、ちょっと探してきます。
2は、強烈だったね。私もランクに入れなかったけれど(今年ベストは3つしか選ばなかったから・・・)凄く印象に残る作品でした。

サイバラさんのは、すっごく面白かったなぁ。
彼女って、強くてかっこいい?ところがあって、尊敬してます(^^ゞ
[2014/01/07 14:35] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさ~ん、そうそう、今年初めて来ていただきました!
コメント&TBありがとうございます。
私も、latifaさんのベスト3読んでないよ。
1位は、私の絶対のオススメ。
山内さん、最近新作出したみたいなんだけど、どうかな~って思ってる。

私も、サイバラさんは尊敬しています。
彼女の言うことって、絵空事じゃないんだよね。
血肉が通ってる言葉だと思えるから、勇気を貰える。

今年も、いい本にたくさん出会いたいものですね♪
どうぞよろしくお付き合い下さいね~。
[2014/01/07 20:44] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、こんにちは!
昨日、これを読みました(^^)/
実は、図書館から、この本が届いた時に、あれ?この本は何でリクエストしていたんだっけ・・・?と、忘れてしまっていて(ほんとに忘却力のひどさに落ち込む・・)
それで、この前、オゾン監督の危険なプロットを見た時に、真紅さんちに来て、記事検索をしたらば、偶然何かのつながりで、この本がヒットし、ああ!!そっか、真紅さんが2013年のベスト1に選んでて、興味が湧いてリクエストしたんだった!と思い出したという流れ(長い)

いやー、良かった。
凄く良かったよ。
これ、私も最近読んだ本の中で、最も面白かったというか、ぐさーっと来る本だった。
良い本を紹介してくれて、ありがとーー!
私は都会に出て行くことはなかったけれど、もしかしたら、こんなふうになってる人生もあったかもしれない・・って思ったし、登場人物の気持ちに、あちこち共感出来て、それも痛い感じでの共感で。
山内さんの新作、さっそくまたリクエストしたよー。
[2014/04/18 13:59] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございます。
うわ~、これ読んでくれたんだ・・・。うれしい~♪
よかったでしょう? 私も、これ本当に夢中で読んだよ。
もっともっと拡がってもいい本だと思うよね。

私は、不思議と東京に憧れる子ではなかったんだけど、田舎の閉塞感というか、文化的貧困の辛さみたいなのはすごくよくわかったよ。
なんか、昔の自分がいるーーー、って感じよね?
今はもう、お母さんになって、おばさんになって、若くないんだけど、あの頃の気持ちがありありと描かれててもう、たまらんかったよ。
痛くもあり、切なくもあり。
山内さんの新作、私まだ読んでないんだ。最近なかなか読書時間が取れなくて、、いかんいかん。

『危険なプロット』観たのね。私も観たかったー。劇場が遠くて観れなかったの。
レンタルは観る時間がないわ(T_T)
[2014/04/18 20:08] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1447-215dc281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
My Best Book 2013
キングの長編『アンダー・ザ・ドーム』は越年しそうなので 2013年のベスト・ブックをまとめてしまいます。 『アンダー・ザ・ドーム』は来年回しにすると、 今年読んだ本は27作品。 ☆5つの満点評価は2作品。 これで1、2位は確定。 残る1枠を☆4評価の8作品から選...
[2014/01/06 23:01] 西京極 紫の館
年末年始のご挨拶と、2013年おもしろかった本ベスト3
今年も色々ありがとうございました。また来年も宜しくお願いいたします。
[2014/01/07 14:30] ポコアポコヤ
ネタバレ「ここは退屈迎えに来て」山内マリコ 感想
田舎から東京に出て来たものの、数年後また故郷に戻った人なら、共感してしまう部分が多数あるんじゃないでしょうか。
[2014/04/18 13:49] ポコアポコヤ
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!