効果・効能・副作用~『サイド・エフェクト』
サイド・エフェクト







 SIDE EFFECTS


 ロンドン出身ながら、NY精神科医として働くジョナサン・バンクス(ジュー
ド・ロウ)
は、エミリー・テイラー(ルーニー・マーラ)担当医となる。やり手の
証券マンだった夫マーティン(チャニング・テイタム)がインサイダー取引の罪
で収監された後、彼女はうつを発症し、夫の出所直後に自殺を図ったのだ。
エミリーの元担当医であるヴィクトリア・シーバート博士(キャサリン・ゼタ=ジ
ョーンズ)
の勧めに従い、ジョナサンはエミリーに新薬 「アブリクサ」 を処方
する。

 「早熟な天才」 と呼ばれたスティーヴン・ソダーバーグも五十路を越え、映画
監督として長編を撮るのは本作が最後
(らしい)。つい先月観たばかりの マジ
ック・マイク
 といい本作といい、思わず時間を忘れ、スクリーンに引き込まれる
面白さ。絶好調と言っていいほど脂が乗り切ったこの時期に、本当に引退する
の?
 と誰もが思っているだろう。かつて 「芸術なしには一秒も生きていけない」
とスピーチしたソダーバーグ。復帰するならいつだって大歓迎ですよ。

サイドエフェクト2

 ※ 本作は予備知識なしで観るべき作品なので、未見の方は以下は読まずに
   映画、またはDVDをご覧下さい。



 いやはや、面白かった・・・。私はジュード・ロウ、好きな俳優だけど観る度に
「スケ●マシ」 というあまり上品でない単語が浮かぶ(ごめんなさい)。そんな
彼が、軽い下心功名心物欲にかられて 「罠」 にはまり、誇り家族
も失う危機にさらされてしまう。自信満々だった立ち姿が、焦りと恐怖で次第に
揺らぎ始める様は実にリアル

 「傷ついた小鳥」 のようなルーニー・マーラ。いやはや、彼女は凄いですね。
その可愛らしさ、可憐さといい、脱ぎっぷりのよさといい、ドラゴン・タトゥーの
 に続いて旬の匂いを撒き散らしている。あんなにもか細い肩の女の子を、
一体誰が悪女だと思うよ? そんな彼女を 「治療」 だか 「飼育」 だか、は
たまた 「調教」 した(された?)キャサリン・ゼタ=ジョーンズ姐さんも素敵。
黒ぶち眼鏡が 「男はいらねー!」 と主張しております。

 エミリーが夫を殺める動機が少し、弱いような気もしたけれど。彼女にとって、
夫はもう 「どうでもいい」 存在だったのでしょうね。しかし、まんまと人一人
殺しておいて、知らぬ存ぜぬでのうのうと生きていこうなんざぁ、そうは問屋が
卸しませんゼ! チャニング・テイタムは全くいいところなく退場で、ちょっと気
の毒。彼は踊ってナンボ、ですから(笑)。

サイドエフェクト3

 ファーストシーンとラストシーンが呼応していて、やるなあ、という感じ。結末
がわかった上で、もう一度観たらまた印象が変わってくるのかも。良質なサス
ペンス
でした

( 『サイド・エフェクト』 監督・撮影・編集:スティーヴン・ソダーバーグ
    出演:ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/2013・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

[2013/09/27 07:37] | 映画 | トラックバック(21) | コメント(6) |
<<そ、そこですか?(汗) | ホーム | 中秋の名月>>
コメント
今晩は。これ、さらっと作ってあるように見えて、なかなか味のある面白い話でしたね!エミリーの告白あたりから、そういうことだったのか!と。

ルーニー・マーラ、本当に魅力的ですよね。フィンチャーが監督した、カルバン・クラインのCMにルーニーが起用されてて、こちらもとても素敵です。youtubeで見られます。


私、この映画を観ても、チャニング・テイタムの良さが全然分からなかったのですが、そっか、踊ってないからなんだ!(笑)
今度は踊るチャニングを観たいと思います。

ジュード・ロウの印象は、実は私も一緒なんです。誠実さが感じられないんですよね、彼。特に女性に対して。でもこの映画は、最後身の潔白が証明できて、良かったねバンクス先生、と思いました。でもあの奥さんにはこれから色々苦労しそうだわー。




[2013/09/27 19:27] URL | トリみどり #tUEYA2/g [ 編集 ]
真紅さん、こんばんは。
最近はアジア映画以外はやっつけでしか感想を書いていない私ですが
そんな駄文にTB&コメントありがとうございましたー。
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ姐さんは登場しただけで
怪しげなニオイがプンプンと。(笑)
確かにあの黒ぶちメガネが主張してましたよね。
ルーニー・マーラは前半と後半でガラリとイメージが・・・。
やりますねぇ。
[2013/09/27 23:35] URL | sabunori #JalddpaA [ 編集 ]
トリみどりさん、こんばんは~。コメントありがとうございます。
そうよそうよ、これ面白かったよね? 

ルーニー・マーラ、滅茶苦茶好みの顔です。
彼女を観てると、こんなに恵まれて生まれる人もいるんだなー、と思う。
裕福なおうちに生まれて、美人でスタイルよくて世界的に有名な女優さんだなんて、ねー。

この作品のチャニングはいいところなしですから・・・。^^;
なんかね、デビュー作のダンス映画からして既に超カッコイイらしい!
ああ~、『マジック・マイク』最高やったわ~。(既に遠い目)

あとね、ジュードの奥さん役の人、どっかで観た、、、と思って。
あ、『チャーリーとチョコレート工場』のブルーベリーママやん!
と思って、帰って調べたら別人でした(爆)。
でも~、似てない? バンクス先生があの女性と、、、ってちょっと??でしたよね(笑)。
もしかして製作費の問題かな、などと。。
[2013/09/28 19:43] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
sabunoriさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございます。
いやいや駄文なんてとんでもございませんわー。
sabunoriさんのレビューはいつも簡潔にして的確で、隠れファン多いと思いますよ。
私もその一人です。隠れてないですが(笑)。
キャサリン姐さん、実生活では双極性障害だそうで・・・。
人は見かけによらないですね。
ルーニー・マーラの悪女っぷりも素晴らしかった。

あ、今日『コールド・ウォー』の劇場予告観ました!
本編が観た~い♪
[2013/09/28 19:54] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
深紅さん、こんばんは。

今年もそれなりに本数を見ていますが、昨年と違い9月になっても「これだっ!」となる作品に出会えていなかったのですが、そんな私の中では『サイド・エフェクト』は今年の作品暫定1位です。

宮崎駿の引退宣言がなければもう少し公開時にメディアに取り上げられたのではないか?と思ってしまうほどにソダーバーグ監督の引退が残念でならない1本です。
1年に2本とか新作が公開されてきた監督が
50歳でスパッと引退、もう今回のような楽しみがないのかと思うと、「辞めるの辞めて〜!!」と思わずにはいられません。
もう残すは『恋するリベラーチェ』だけなんですねぇ・・・(泣)

ジュードが“スケコマシ”、なんだかわかります(笑)
そんなカンジで最初は余裕だった彼がどんどん追いつめられて“倍返し”するまでの精神状態の変遷は巧かったです。

それにしても事件の真相、殺人の本当の動機は予想がつかなかった!
『恋するリベラーチェ』ではマイケル・ダグラスがマット・デイモンとの恋のシーンで話題になっていますが、まさかキャサリン・ゼタ=ジョーンズ姐さんのシーバートがそんなキャラだったとは?
まさか私生活のピンチは監督が招いたワケじゃないですよね???と冗談ながらに思ってしまいました(苦笑)

久々に予想のつかない展開にワクワクし、楽しませていただきました。
重ね重ね、こんな作品を創れる監督が引退というのは本当に惜しいです!
[2013/09/28 23:02] URL | cynthia #- [ 編集 ]
cynthiaさん、こんばんはー。コメント&TBありがとうございます。
おお、暫定一位! すごい~、パチパチ。
これ面白かったですよね~。私もベストに入れるかもしれません。

う~ん、宮崎駿はニッポンのお父さんですからね。。
でも、ソダーバーグは絶対また劇場用映画に帰ってくると思いますよ。
彼、演出だけじゃなくて撮影も編集もやりますよね。もちろん製作にも携わってる作品も多いし。
ちょっと働き過ぎで、疲れたんだと思いますよ。ちょっと休んで復帰して欲しいですね。
絶対、ブラピとかジョジクル兄が引っ張り出してくれますよ!
待ちましょう。しばし。
『恋するリベラーチェ』面白そうですね。観られるといいなー。

「倍返し」、わはは、ほんとそんな感じでしたね♪
エミリーに土下座はさせませんでしたが(爆)。

マイケル・ダグラス&ゼタ姐さんカップルは、個人的にすごくお似合い~、と思っていました。
だから離婚のニュースは残念でしたね。。

ほんと、面白い映画見せてくれて、監督には感謝ですね。
復帰を楽しみに待ちましょう。
[2013/09/29 21:10] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1412-70d9d444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『サイド・エフェクト』 シンプル・イズ・ベスト
 上手い! 本当に上手いと思う。  まず題名が上手い。  当初予定されていた『The Bitter Pill』も、とても上手い題だ。「The Bitter Pill」は「嫌なこと」を意味するが、「苦い錠剤」という意味もかけている。この題なら、抗うつ薬を巡る医師と患者の物語にピッタリだ。  そんな優れた題を捨てて、最終的に付けたのが『サイド・エフェクト』。「Side Effects」とは...
[2013/09/27 07:55] 映画のブログ
サイド・エフェクト〜策士ヤクに溺れる
公式サイト。原題:Side Effects。スティーヴン・ソダーバーグ監督、ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム、ヴィネッサ・ショウ、ア ...
[2013/09/27 08:25] 佐藤秀の徒然幻視録
サイド・エフェクト/ジュード・ロウ
先日『マジック・マイク』を観てきたばかりですが、こちらもスティーヴン・ソダーバーグの監督作品でチャニング・テイタムも出演しています。しかし内容はガラリと変わって、とあ ...
[2013/09/27 09:18] カノンな日々
サイド・エフェクト
インサイダー取引で収監されていた夫マーティン(チャニング・テイタム)が出所した矢先、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、自動車事故で病院に運ばれる。 診察にあたった精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は、症状の改善を図ろうと、かつて彼女を診ていたシーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に相談し、抗鬱剤の新薬アブリクサを投与する。 エミリーの症...
[2013/09/27 10:53] 心のままに映画の風景
サイド・エフェクト
報い 公式サイト http://www.side-effects.jp監督: スティーヴン・ソダーバーグ28歳のエミリー(ルーニー・マーラ)の夫マーティン(チャニング・テイタム)は、インサイダー取引の
[2013/09/27 10:58] 風に吹かれて
『サイド・エフェクト』 新上流の不安
Side Effects(film review) 映画監督をやめて絵描きになる
[2013/09/27 13:15] Days of Books, Films
サイド・エフェクト
サイド・エフェクト@よみうりホール
[2013/09/27 23:06] あーうぃ だにぇっと
サイド・エフェクト
夫(チャニング・テイタム)がインサイダー取引により逮捕されたことで かつて患っていたうつ病が再発してしまったエミリー(ルーニー・マーラ)。 精神科医バンクス(ジュード・ロウ)によって処方された薬により 症状は良い方向へ向かったと思われたが、薬の副作用によって引き起こされた 夢遊病により刑期を終えて家に戻った夫を殺害してしまう・・・。 投薬によって引き起こされた殺人は本人の責任か...
[2013/09/27 23:38] 龍眼日記 Longan Diary
サイド・エフェクト
スティーヴン・ソダーバーグ監督の 最後の作品と言われている本作は 想像していたストーリーとは ちょっと違う展開で、 社会派的な話かと思いきや ラストは『半沢直樹』バリの 倍返しでした! なかなか面白かったけど、 ある意味怖い話でもありました。 金融マンの夫マーティン(チャニング・テイタム)が 違法株取引で逮捕されやっと釈放されたが、 エミリー(ルーニー・マーラ)は、...
[2013/09/28 00:37] ルナのシネマ缶
久々のダブルヘッダー
もう9月ではありますが、今年初のダブルヘッダーです。ここまでは映画館で観るのを諦めた作品もありましたが、文化の秋映画の秋ということで、今月に入ってからは諦めれない作品ばかりで各映画館の上映予定作品とにらめっこ。ディノスシネマズに観たい作品が多く、月曜日のPonta会員1000円があるからディノスは月曜、他の映画館を木曜に振り分けて。そして今月は月曜祝日だから今月ディノスで観たい作品はしっかり...
[2013/09/28 22:48] My Pace, My Self
「サイド・エフェクト」よくできた2時間サスペンス
とても評判いいし、前からずっと観たかった作品。 何より薬の副作用を扱った、もしや医療問題を絡めた社会派の作品?と、ちょっと期待しすぎたかなー 意外などんでん返しを用意して、でも謎を解いてみたら、案外手の混んだ2時間サスペンス。
[2013/09/29 00:08] ノルウェー暮らし・イン・原宿
薬と嘘と殺人事件
9日のことですが、映画「サイド・エフェクト」を鑑賞しました。 新薬の副作用によって夢遊病となり夫を殺害してしまった女性 薬を与えた主治医の精神科医はその悲劇の裏側に隠された真実を暴こうとするが・・・ 久々に正統派サスペンス、ミステリを見たなぁと 鬱、新薬...
[2013/09/29 17:56] 笑う社会人の生活
しょせん金つながり
Side Effects (2013) ルーニー・マーラが、「ドラゴン・タトゥーの女」と全然雰囲気が違って素敵!あの髪型や髪の色、普通の人がやったら絶対貧乏くさい感じになること間違いなし。 ジュード・ロウが「コンテイジョン」に引き続きソダーバーグ作品に登場。今度は、ラスト胸がスカッとする役でいい感じ。 キャサリン・ゼタ=ジョーンズがひっつめ髪にかっちりメガ...
[2013/09/29 19:27] cinemaholic
『サイド・エフェクト』 (2013) / アメリカ
原題: SIDE EFFECTS 監督: スティーヴン・ソダーバーグ 出演: ジュード・ロウ 、ルーニー・マーラ 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、チャニング・テイタム 映画『サイド・エフェクト』 公式サイトはこちら。 ウォール街のエリート金融マン、マーティン(チャ...
[2013/09/30 09:50] Nice One!! @goo
サイド・エフェクト
『サイド・エフェクト』---SIDE EFFECTS---2013年(アメリカ)監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ジュード・ロウ 、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、チャニング・テイタム 「コンテイジョン」「マジック・マイク」のスティーヴン・ソ...
[2013/09/30 16:14] こんな映画見ました〜
サイド・エフェクト
予告を見て気になったので観に行きました。金融マンの夫マーティンがインサイダー取引の罪で逮捕されたのを機に、以前患ったうつ病を再発させてしまったエミリー。マーティンの出所後好転するかと思われたが、自殺未遂を引き起こすようになります。担当の精神科医バンクス...
[2013/10/01 17:37] はるみのひとり言
サイド・エフェクト ★★★★
スティーブン・ソダーバーグ監督が、薬の副作用が招いた殺人事件と、その事件に潜む陰謀を描いたサスペンス。幸福な生活を送っていたエミリーは、夫がインサイダー取引で収監されたことをきっかけに、かつて患ったうつ病が再発。精神科医のバンクスが処方した新薬により、...
[2013/10/04 17:34] パピとママ映画のblog
「サイド・エフェクト」
「Side Effects」2013 USA 夫のマーティンがインサイダー取引により罪を問われ服役する。それにより心に傷を負った妻のエミリーはうつ病になってしまう。やがてマーティンが出所して来るが、エミリーは自殺未遂を図り入院することになる。やがて彼女の担当となった精神科医のバンクスはエミリーに薬を処方する… ジョナサン・バンクスに「アンナ・カレーニナ/2012」のジュード・ロウ...
[2013/10/13 22:37] ヨーロッパ映画を観よう!
【映画】サイド・エフェクト
<サイド・エフェクト を観て来ました> 薬の副作用によって引き起こされた悲劇は必然だったのか 原題:Side Effects 製作:2013年アメリカ 人気ブログランキングへ スティーブン・ソダーバーク最後の映画製作になると言われたこの作品は… だからといって観にいったわけじゃないけど、主演は私の大好きな俳優、ジュード・ロウだから観にいったw それにルーニー・マーラに、チャニング・...
[2014/01/30 10:55] ★紅茶屋ロンド★
サイド・エフェクト
うーんこれは他人事ではない。私も精神科医から処方箋をもらって薬を飲んでる身ですからね、ただ、新薬ではないですけども。 ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタムさんら共演。うふっ 精神科医バンクスのもとに、夫マーティンがインサイダー取引の罪で収監され出所した、うつ病の女性エミリーが来院する。新薬を処方するも副作用で夢遊病を発症してしまう。そして、...
[2014/03/22 09:34] いやいやえん
映画評「サイド・エフェクト」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督スティーヴン・ソダーバーグ ネタバレあり
[2014/09/28 10:51] プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!