さようなら、海文堂書店
海文堂

 神戸・元町にある老舗書店・海文堂さんが9月末で閉店と知った。青天の霹靂
とは、まさにこのこと。取るものもとりあえず駆け付ける。

 父が海事関係の仕事をしているので、幼い頃から 「海文堂」 という言葉は
我が家の頻出ワードだった。2階への階段を昇るとき、実家と同じ匂いがした気
がして、が出てくる。

海文堂2

 帆船の模様のブックカバーも、しおりも、もう見納めなのだ・・・。ひたすら悲し
。 「ありがとう」 と言うべきなのはわかっているけれど、今は 「ごめんな
さい」
 のほうがふさわしい気がする。まださよならは言いたくない、でも、「さ
よなら」 と言うしかない
のだ。
 
 外は土砂降りの涙雨にしむらの珈琲も、いつになく苦く感じてしまうのだっ
た。

にしむら

◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

 久しぶりの神戸は、やっぱりいいな。奈良とも、京都とも違う。もちろん、大阪
とも。

 映画を観て帰りましょう。

シネ・リーブル

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

[2013/09/06 08:11] | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<憐憫~『夏の終り』 | ホーム | 王家衛 Special~『楽園の瑕 終極版』 『ブエノスアイレス』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1406-e9925759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!