2013年1月に読んだ本/6冊
玄米カフェ

 先月は上下巻ものが2冊あったので、結構ガッツリ読みました。そして私に
しては珍しく、漫画を6冊

 漫画はたま~に、ちょこちょこ読む程度ですが、今年からは記録していこう
と思います。ミシェル・ゴンドリー映画化したという 「うたかたの日々」
岡崎京子版を注文しちゃったぜィ~♪ 楽しみ楽しみ。。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ 

 『水のかたち』(上)(下) 宮本輝・著 ★★★☆
 主人公があまりにラッキー過ぎるきらいはありますが、「清々しい」という
言葉がぴったりな作品。読後感がいいです。今話題の「糖質制限ダイエット」
についても記述あり。「あとがき」 には、作品誕生の秘密が。

 『歓喜の仔』 (上)(下) 天童荒太・著 ★★☆
 タイトルから、作者の代表作 『永遠の仔』 を想起しますよね。本作でも、
「弱者」 であるがゆえに子どもたちが宿命的に背負う哀しさ、強さ、苦しみ、
絶望そして希望
が描かれています。でも、期待したほどではなかったかな。
歓喜より永遠でした。

 『これが本当の 「冷えとり」 の手引書』 進藤義晴、進藤幸恵・著 ★☆
 「私たちが 「冷えとり」 の元祖だ!」 とおっしゃっています・・・。

 『東大生だけが知っている 「やる気スイッチ」 の魔法』 岡田真波・著 ★★☆
 タイトル買いでしたが。

 『何もかも憂鬱な夜に』 中村文則・著 ★★★★★
 ご存じ、ピース又吉直樹が大プッシュしている作品。半分近くまで 「(タイ
トル通り)暗い・・・」 と思いながら、どよ~ん、と読んでいました。しかし。。

 あるところから涙が止められなくなり(しかもその時、電車の中だったのに)、
お昼休みに泣きながら読み終え、文庫本を買って帰りました。又吉くんの解説
が読みたくて
。帰りの電車で 「文庫版あとがき」 と、解説を読んでまた涙

 こんなことは、本当に久しぶりです。本はいつも図書館で借りて読むのです
が、「これは!」 と思った本は買います。またいつか、読み返したい作品

 『非道に生きる』 園子温・著 ★★★★★
 いや~、もう、最高! 小学校時代のエピソード(裸で登校した、とか)は知
っていたのですが、いやはや、園子温がここまで大天才だったとは。。
「刹那に生きる」 人生哲学を語り、批判上等、むしろ既成の映画概念をぶち
壊すために映画を撮っている
んだと言い切っています。

 しかし、そんな彼でも震災後の映画作りには迷いがあったようで、原作とは
異なる
 ヒミズ のラストはあれでよかったのか、今も迷っていると正直に語
っています。そこにまた、彼の真摯さや覚悟を感じて好感するのでした。彼の
映画が好きな人も、嫌いな人も、是非読んでみて下さい。

 ニッポンに、園子温あり。うれしいですねぇ。
 

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 

 『銀の匙』  ①~⑥ 荒川弘・著
 アニメ化が決定したという人気漫画。面白かった~。7巻が待ち遠しい!^^
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

[2013/02/16 00:00] | 読書 | トラックバック(1) | コメント(6) |
<<小さな恋の王国~『ムーンライズ・キングダム』 | ホーム | ぼくのツマ~『きいろいゾウ』>>
コメント
真紅さん、こんばんは。
”ニッポンに、園子温あり。”とは!
この 『非道に生きる』という題も、いいですね。
すぐさま、AMAZONで、注文終了。
これからも、オススメ。本の紹介、よろしく!
[2013/02/15 21:42] URL | 筆致 刻久 #- [ 編集 ]
筆致 刻久さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
なんと! 購入されたのですね(汗)。
気に入られるといいのですが、、私は五つ★の満点評価なので、自信をもってオススメですが。
表紙や紙がピンクってところも、ちょっとアブノーマルで好きでした。
届いたら、ゆっくり楽しんで読んで下さいませ♪
[2013/02/16 16:11] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
こんにちは!「水のかたち」、読了されたのですね。いいなぁ。私は図書館でリクエストかけてまして、今上巻が50人待ちくらいかな?
買えよ!と言われそうですが。

育児でまとまった時間がなかなか取れないので、細切れの短い時間でも読める漫画が最近好きです。「銀の匙」は読んでます!前作の「鋼の錬金術師」が良かったので。合わせて「百姓貴族」もおすすめします。「銀の匙」の副読本みたいな感じ、かつ作者の生死観も垣間見られます。

いずれもすでに読んでいらっしゃいましたらごめんなさい~。

真紅さんの毎月読んだ本リスト、好きです。
[2013/02/18 13:33] URL | トリみどり #tUEYA2/g [ 編集 ]
トリみどりさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
『水のかたち』、よかったですよ♪ 輝さん人気は健在のようですね。

『銀の匙』はね、息子がハマっていて、「読む?」って貸してくれたんです。
なんでも主人公に自分を重ねているらしく(本人談)、親としてはちょっと切ないものがありますが・・・。
小学館漫画賞を受賞したようですね。オススメの漫画、息子に持ってるか聞いてみます。
300冊以上漫画を持ってる子なので^^;
親の私はあんまり漫画読まないのにね。

>真紅さんの毎月読んだ本リスト、好きです。
わ~、ありがとう!
今年はね、な~んか本のアタリがいいのですよ~。
つい先日も、「これは今年の、いやここ数年のベストではないだろうか?」という長編小説を読んだんです。
またご紹介しますね☆
[2013/02/18 20:25] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さん、またまた登場~(^^ゞ
そうっかー。何もかも憂鬱な夜に、すごくズシンと来た作品だったんだね・・・。
ちなみに、そのあるところから涙が~って、箇所はどこだったのかな・・・。良かったら教えておくれー。
(って、聞いておいて、私コレ読んだのお正月くらいだったから、もう忘れちゃってたらどうしよう~!!?)
又吉君がこの本をプッシュしていたから、私も読んでみたんだー。
でも図書館で借りたから、あとがきとかは読めなかったの。今度文庫本を立ち読みしてみようかな?
[2013/05/01 11:21] URL | latifa #SFo5/nok [ 編集 ]
latifaさん、こちらにもコメント&TBありがとうございます~。
『何もかも憂鬱な夜に』 新聞で、又吉くんが「根底から救われた」って書いてて、「絶対読みたい!」って思ったんだ。
そしてちょうど今日の夕刊に、中村文則さんがロスのブックフェアに行かれた、っていう記事が載っていたよ。
読者と繋がれるように、あとがきや解説は自ら書いてきた、、みたいなことが書いてあった。
文庫版の解説は、又吉くんだよ^^
でもね、すんごい本文の引用が多い解説なんですよ^^;
これ「ネタバレです」って断り書きが要るんちゃうん?と思ってしまうわ。
それでも、作者と作品への愛にあふれた名解説だと思います、是非読んでみて!
[2013/05/01 21:01] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1344-4f3da2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「何もかも憂鬱な夜に」「土の中の子供 」「惑いの森」感想 中村文則
去年の秋から、中村文則さんの本を3冊読みました。
[2013/05/01 11:18] ポコアポコヤ
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!