最後から2番目のパン
最後から2番目のパン

 公園横のお店から、本町通りに面した保育園まで伸びる行列

 「ブランジュリ・タケウチ」 もうすぐさよならです。

 一時間並んでようやく入店できたのですが、お店の中でも行列は続きます。
焼き上がるそばからパンたちは売り切れてゆき、私の目の前にはとうとう本日
最後のパン2個
が・・・。

 2個買いたかったけれど、最後の1個は後ろの方に譲りました。

 黒コショウとクリームチーズのパン。本当に、最高においしいパンでした。

 ありがとう、さようなら。 タケウチ

最後から2番目のパン2
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

[2013/01/30 22:07] | パンとか、カフェとか。 | コメント(2) |
<<少年と海、リチャード・パーカー ~『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 【2D・字幕版】 | ホーム | 生まれ変わり、的な?>>
コメント
真紅さんへ。
こんにちは。ポカポカ陽気の日曜日です。
お元気ですか?チョッと遅くなりましたがこちらにマズ……。
小さなパン屋が街を変え文化を作る事がありますよね。
もう引っ越しちゃいましたが、僕が前に住んでいたある街。
地下鉄の終点なんですが、スーパーしかなかったの。
そこに小さいけれど物凄く美味しいパン屋が突如出現。
アッと言う間に街が変わりました。みるみる内に。
その店、大繁盛で、ほどなく近くにカフェ開店、
今度は代官山に出店です。もうあれよあれよという間(笑)
タケウチ……残念でしたね。でも後ろの方喜んだでしょうね!
人さまに親切……きっといいことありますよ!
[2013/02/03 15:09] URL | ブノワ。 #kZkdgmoI [ 編集 ]
ブノワ。さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
昨日は大阪も暖かかったのですが、今日は雨が降っています。
実は息子がインフルエンザで・・・。私も感染はしていると思うのですが、発症しないように気をつけます。

さて。おいしいパン屋さんって、本当に人を引き付けますよねー。
小さい頃、実家の近くにもおいしいパン屋さんがあり、休日にパンを買いに行くのが楽しみでした。
我が家は「1斤」じゃなくて「1本」買っていたのですよ。。
母がパン切り用ナイフで、家族それぞれの好きな厚みに切ってくれて。
そして私はいつも「端」(全面パンの耳になっている)をもらうのでした。
懐かしい思い出です。

タケウチは本当に残念でした。。
移転先のお店にも、いつか必ず行こうと思っています。

後ろの方はね。。もう、一時間以上も並んでると「同志」ですから(笑)。
友情すら芽生えてしまいそうです。ご縁ですね。
[2013/02/04 13:19] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!