発表! 2012 真紅デミー賞 & 裏ベスト + 今年のささやかな目標
2012真紅デミー賞

 作品賞: 桐島、部活やめるってよ

 主演男優賞: マイケル・ファスベンダー SHAME プロメテウス ほか

 主演女優賞:
 ティルダ・スウィントン 少年は残酷な弓を射る

 助演男優賞: エズラ・ミラー 少年は残酷な弓を射る

 助演女優賞: キャリー・マリガン SHAME ドライヴ

 新人賞: 松坂桃李 ツナグ (映画じゃないけど)『梅ちゃん先生』

 特別賞: ムサン日記~白い犬

2012真紅デミー賞2

△ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ 

 『ムサン日記』 はひっそりと公開され、観た方もあまりいらっしゃらなかった作品
ですが、物凄い衝撃を受けた忘れられない映画です。残念ながらDVD化の予定
はまだないようなのですが、いつか映画好きな皆さんに是非観ていただきたい
思い、今回初めて「特別賞」にしてみました。

 劇場鑑賞は多い方ではないのですが、映画好きの端くれとしては、好きな映画を
セレクトするのは楽しみでもあり、苦しくもあり
ます。泣く泣く外した作品もあり・・・。
というわけで今回、「裏ベスト」 というかB面的な位置づけで、あと10本プラス次点
を記録しておきたいと思います。こちらは順位ではなく、鑑賞順に記しております。
全て、素晴らしい作品です。間違いない!

 1.ドラゴン・タトゥーの女

 2.サラの鍵
 
 3.SHAME

 4.アーティスト

 5.別離

 6.私が、生きる肌

 7.ムサン日記~白い犬
 
 8.サニー 永遠の仲間たち

 9.ダークナイト・ライジング

 10.最強のふたり

 次点: ものすごくうるさくて、ありえないほど近い


 ちなみに・・・。ワースト作品: 幸せの教室

△ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼ △ ▼

 さて。改めまして今年の抱負、ご挨拶などを・・・。

 ブログ生活もお陰様で8年目に入りました。本をたくさん読みたい、いい映画を
たくさん観たい、落ち着けるカフェでお茶の時間を持ちたい
、という願望は変わら
ないのですが、ささやかながら今年の目標などを・・・。

 1.穀物系女子返上?
  来月末にブランジュリ・タケウチ移転したら、私もしばらく 「おいしい
  パン屋さん巡り」 は封印
しようかな、と考えています。お正月太りが戻
  らないんですよね。満腹中枢が故障してるんです、早く治さないと・・・。
  まぁ、それも5月にフール・ドゥ・アッシュが再開するまで、でしょうけど(笑)。
  
 2.新聞の読み方を改める
  新聞をほぼ毎日読んでウン十年になりますが、今年から1面から読みます!
  そう、今までずーーーっとラテ欄から開いてました。で、最後に天声人語、
  というあり得なさ
だったんです。。しょーもない目標でスミマセン(笑)。

 3.ダイエットを継続する
  運動があまり好きではないので、身体を動かすといったら歩くことくらい
  な私。「カーヴィ」 もDVD付きを買いましたが、一回も開いてません(呆)。
  しかし今年は、何か呼吸法的なダイエットを継続したいな、と思っていま
  す。  

 と、こんな私ですが、本年も変わらぬお付き合いのほどを
 「真紅のthinkingdays」  どうぞよろしくお願いいたします♪

                                 真紅拝
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

[2013/01/10 08:14] | 年間ベスト | コメント(2) |
<<歓びの歌~『レ・ミゼラブル』 | ホーム | 2012 thinkingdays 映画のベスト作>>
コメント
真紅さんへ。
こんにちは。お元気ですか?
変な所でツボにハマってしまいました(笑)
僕も去年のワーストは「幸せの教室」!
いいの、こんな映画撮っていて?激しく怒りました。
ノコノコ見に行った自分が哀れで哀れで……。
あの2人の共演からは何も素敵な物が見えて来ないです。
それからジュリア・ロバーツの白雪姫……。
タイトル打ち込むのも面倒臭いくらい駄作(笑)
僕の中でジュリア・ロバーツの株は最安値です。
今度、僕のメリルと共演なんですよねぇ……大丈夫か?

今年も素晴らしい作品に巡り会いたいですね!
[2013/01/10 17:10] URL | ブノワ。 #kZkdgmoI [ 編集 ]
ブノワ。さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
元気ですよ~、寒いのにはもう飽きてますが(笑)。
おお、ワースト映画が同じとは、、気が合うというか、奇遇ですね♪
私も、劇場まで観に出かけたことを激しく後悔しました。。
正直、もうジュリア・ロバーツはダメじゃないでしょうか?
彼女がオスカー女優だなんて、、ウソだーーー!と叫びたいです。
なのにメリル様と共演だなんて、、、うーーん。
大昔の『マグノリアの花たち』、あの映画の頃のジュリアはよかったと思うのですが・・・。

とか言いつつ、映画を観るときは、敬意と愛情を持って臨むことを忘れずにいたいですね。
どんな作品からでも、きっと何かを受け取れると信じて。
お互い、今年もいい「映画生活」が送れますように♪
[2013/01/10 21:50] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!