普遍的な愛の物語~『ブロークバック・マウンテン』
 夜明け、ヘッドライトの一条の光。どこまでも広大な空、山々、一本の道。
トラックから降り立つ一人のカウボーイ、イニス・デルマー

 私にとってヒース・レジャーという俳優は、全く未知といっていい。
チョコレート』は観たが印象は薄く、名前も初めて聞いた。しかし、
このファースト・シーンの彼の立ち姿にはどうしようもなく惹かれた。
初めて会った時、サイドミラー越しに彼を見つめ、既に恋に落ちていた
ジャックジェイク・ギレンホール)と同じように。

 男達が愛を求め、彷徨う純粋なラブ・ストーリーであると同時に、この
映画は愛に傷ついた妻達の物語でもある。それでも私が一度も女性の立場
からこの映画を批判する気持ちになれなかったのは、ジャックに感情移入
し、彼の視点から映画を観てしまったからだろう。

 男達は、結局男同士でつるんでいるのが一番楽しいのだろう、とずっと
昔から思っていた。狭いアパートで、妻や赤ん坊の相手をするよりも、
自然の中で男同士、素っ裸で川にダイヴするほうが楽しいに決まっている。
(このシーンだけは、女性として彼らに嫉妬していたかもしれない)

 三番目の主役であるブロークバックの大自然は、たとえようも無いほど
雄大で美しい。自然に抱かれながら愛し合うことは、彼らにとって本当の
意味で「自然」なことだったのだろう。テントで起こった最初の交わりは、
肉体に関する「衝動」には疎い自分には理解し難いことだったけれど・・・。
 イニスの前で裸にもなれず、沐浴するイニスのほうを振り向くことすら
できなかったジャックには、「肉体」の前に精神的な愛の意識があったの
だろう。一方イニスは、衝動が起こって初めて、「肉体」の後に愛に気付く。
そしてこの関係(わかっていたジャック、何かが起こって初めてわかる
イニス)は、終生続くことになる。
 それにしても、イニスを見つめるジャックの瞳の切なさはどうだろう?
若い彼らにはわからなかったのだろう、二十歳前に生まれた愛が、終生
自分達の心の居場所となることを。何を犠牲にしても、全てを捨てても
つかむべき愛があることを。私だってわからなかった

 彼らの最後の逢瀬となる場面から涙は表面張力となり、イニスがジャック
の生家を訪れる頃にはすっかり張力を無くし、嗚咽が漏れないようにハン
カチを口に当てることしかできなかった。あの夏と同じ青い色を身に付ける
ことにこだわったジャック、メキシコ行きは言えても、他の男と通じている
とは言えないジャック。ジャックが結婚していること、他の女と寝ることは
平気でも、たとえ男娼でも男と寝るジャックを「殺してやる」と言うイニス。
恋焦がれ、求め続けながらも、失うことでしか得られなかった永遠の愛

 この映画を観せてくれた全ての人に感謝したい。全身全霊で恋心を体現し
たヒースとジェイクの勇気に、脚本家ダイアナ・オサナの慧眼に、原作者
アニー・プルーの孤高の精神に。そして監督アン・リー。彼の偉業に心から、
絶賛の拍手を贈りたい。完璧

(『ブロークバック・マウンテン』監督/アン・リー、
   主演/ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、2005・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブロークバック・マウンテン - ジャンル:映画

[2006/03/23 12:23] | ブロークバック・マウンテン | トラックバック(8) | コメント(6) |
<<”And the Oscar goes to...”~第78回アカデミー賞授賞式鑑賞記 | ホーム | これが私の生きる道~『いつか読書する日』>>
コメント
真紅さん、こんにちは。
拙ブログにコメントありがとうございました。
失うことでしか得られない愛。
あんなことになり、イニスはジャックに一生、束縛されるのかもしれませんが、幸せな束縛だと思います。

私も「BBM」を作ってくれた全ての人に感謝しています。昨日8回目を見てきましたが、エンドクレジットにリー監督やダイアナ・オサナの名がでてきたとき拍手したくなりました。
[2006/04/13 06:52] URL | びあんこ #w4Ib0zSU [ 編集 ]
びあんこ様、コメントありがとうございます。
トラックバックもありがとうございました。
8回目ですか・・・ウラヤマシー。。
私は今から『遠い空の向こうに』観ます。
またお邪魔しますね。ではでは。。
[2006/04/13 09:00] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
真紅さま、おはようございます。
TBとコメントをいただき、ありがとうございました。記念TBだなんて、とっても嬉しいです♪私もさせていただきますね。
しかも、同じ日に同じ場所で鑑賞していただなんて!!運命でしょうか(笑)私は昼間に見たのですけど、整理番号は20番台だった気がします。あの日は、すごい人でしたねぇ。失笑する人はいなかったけれど、アルマがキスしているのを見てしまうシーンで、「はーっ!?信じられへんわっ!!なにあれ!」と前の席の若い女の子が大きな声で言って彼氏をつついていましたわー。携帯ばかり見ているらしい男性も多かったなあ。困ってしまったのかもしれないけど、ちょっとあれ光るので周囲が迷惑ですねー
ほんと制作にかかわった全ての方々に感謝というのは私も同じです。素晴らしい仕事ですね~。ありがとうございます。初回の時の気持ちが鮮やかに甦りました♪
[2006/09/29 08:01] URL | 武田 #qs0owOX6 [ 編集 ]
武田さま、こんにちは。コメントとTBをありがとうございます。
私も昼間に観ましたので、同じ回かもしれませんね。。運命だわ!(笑)
私は前のほうで観るのが好きなので、この日は2列目で観ました。
迷惑行為をする方は周囲にはいなかったのですが、一つ隣の女性が『キサス、キサス、キサス』を唄っていたのが強烈でした。唄うなよー(笑)
もう一回、映画館で観たいですね。絶対に忘れられない作品です。
ではでは、またお話しましょう。ありがとうございました。
[2006/09/29 09:04] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
やっと観ました。
感想がうまくかけませんでした・・・

[2006/10/02 20:43] URL | D #k0GcsowQ [ 編集 ]
Dさま、こんにちは。コメントありがとうございます。
ご覧になったのですね。感想、うまく書けなかったということですが、それが自然なことだと思いますよ。
何かをすごく深く感じたとき、うまく言葉で言い表せない、ってよく思います。
適当な言葉で誤魔化すより、「うまく書けないけど、何かを感じているんだ」と思い続けることのほうが大切だと思います。
私も、この作品から得たとてもとても大きなものを書き表したいと思い続けてずっと記事を書いていますが、未だにうまく書けません。
これからも、ずっと考え続けると思います。
Dさまのお宅にも伺いますね。またお話しましょう。
[2006/10/02 23:13] URL | 真紅 #V5.g6cOI [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/13-b43d4bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブロークバック・マウンテン(67)
 今日のお題は「BBMを誰の視点から見るか」。既婚女性は「私は女性だから、アルマ
[2006/04/13 05:46] やっぱりゲイ術が好き?
-
管理人の承認後に表示されます
[2006/06/14 12:58]
睦月のブロークバック症候群 最終章
          愛しすぎて・・・何度も振り返るくらいなら。      切なさが苦しくて・・・何度も立ち止まってしまうくらいなら。        ただ会いたくて・・・涙がこみ上げてしまうくらいなら。         いっそのこと、とどまり続ければいい..
[2006/06/18 23:19] カリスマ映画論
ブロークバック・マウンテン
『BROKEBACK MOUNTAIN』2005年アメリカ本日見てまいりました。うーん、観終わって何時間も経ってからの方がジワジワと胸にくる感じです。なんとも切ない物語で、想像していたのよりもずっと淡々としていました。罪深くて愛おしい、深い深い孤独を背負った人間というのを
[2006/09/29 07:50] 終日暖気
ブロークバック・マウンテン
この映画の牧羊風景や、西部の田舎町の閉鎖的な雰囲気はアメリカ人にどのくらいリアルに感じられるものなのかな。ハリウッドデビュー作「いつか晴れた日に」を観た時にも思いましたが、事前にアン・リーの映画と知らなかったら、監督が台湾で映画を撮っていた...
[2006/10/19 20:10] It's a Wonderful Life
★「ブロークバック・マウンテン」、死と引き換えのチケット★
「ブロークバック・マウンテン」(2005) 米 BROKEBACK MOUNTAIN 監督:アン・リー製作:ダイアナ・オサナ ジェームズ・シェイマス製作総指揮:ラリー・マクマートリー ウィリアム・ポーラッドマイケル・コスティガン マイケル・ハウスマン原作:アニー・プルー脚本:ラリ...
[2006/10/23 23:45] ★☆カゴメのシネマ洞☆★
ブロークバック・マウンテン
 『はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった。』  コチラの映画の原作は「シッピング・ニュース」のアニー・プルーのわずか30ページ程の短編小説を「グリーン・デスティニー」や「ハルク」のアン・リー監督によって映画化された非常に美しい映画です。  ワイオミン...
[2008/03/18 20:34] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
ブロークバック・マウンテン
はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった。
[2009/09/24 08:47] Addict allcinema おすすめ映画レビュー
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!