生命とは何か?~『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』
動的平衡

 福岡ハカセは、とにかく文章が巧い新聞書評でハカセが取り上げた本は、
必ず「読みたい!」と思ってしまう。実際、読んでみると「書評のほうが面白か
った・・・」
と思うことすらある(笑)。

 底抜けに明るいわけでも、超ポジティヴというわけでもないが、その文体に
好奇心旺盛な、正のエネルギーが満ち満ちている。

 ハカセの代表作といえる 『生物と無生物のあいだ』 は、面白過ぎてなか
なか進まず、買ってから何年も経つのに未だ読了できていない(アホである)。
ページをめくるのももどかしく、完徹も厭わないほど夢中になれる、という類
の本とはまた、少し違う。行間に溢れ出す「センス・オブ・ワンダー」とでも表
現すべきこの世の神秘に、いつの間にかページを閉じて妄想(?)してしまう
のだ。

 というわけで、福岡ハカセといえばこのキーワード『動的平衡』 である。

 分子生物学者から見た、ダイエット、アンチエイジング、コラーゲン入り食品
など、素人目にも非常に興味深いテーマの数々。3歳時の一年より、30歳の
一年のほうが短く感じるのは何故なのか
超低周波で意志疎通する、シロナ
ガスクジラとアフリカゾウ
。この世界は、まだまだ「あなたの(私の)知らない」
驚異
に溢れている。そしてその驚きの先に、「生命とは何か?」という問いの
答え
があるのだ。

 ( 『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 福岡伸一・著/木楽舎・2009)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2012/06/06 20:40] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<もう一度~『君への誓い』 | ホーム | 5月に読んだ本/7冊>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1245-b7320a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!