しあわせなバカタレ~『監督失格』
監督失格

 2005年、35歳の誕生日の僅か2時間前にこの世を去った女優、林由美香
かつて彼女と不倫関係にあり、長年友人関係にあった映画監督・平野勝之
が、自らの気持ちに「けじめ」 をつけるべく製作したドキュメンタリー

 残念ながらと言うべきか、AVにもピンク映画にも縁のない人生を送ってき
た自分は、林由美香のことも、平野監督のことも知らなかった。しかしこの作
品の劇場予告を目にしたとき、そのなんとも表現し難い異様なまでの吸引力
生身の人間がさらけ出す「情念」のようなものに釘付けになり、「絶対に観たい
映画」
として心にメモした。こういう作品がシネコンでかかること自体、奇跡
ように思えるが、残念ながら観客はまばら。林由美香のコアなファンと思しき
中年男性数人とともに、間違いなく記憶に刻まれるであろう壮絶な人間ドラマ
を観た。

監督失格2

 映画前半は、二人の「北海道不倫自転車旅行」 のプライベート・フィルム。
平野32歳、由美香は26歳。白い肌、大きな垂れ目まんまるい頬っぺたの、
典型的なタヌキ顔の由美香。奥さんに電話した、元カレにハガキを書いたと
話喧嘩
し、もう疲れたと言って泣き、前後不覚に酔っ払って失禁する、どうしよ
うもなく無邪気魅力的由美香。そんな由美香が好きで好きで、一緒にいる
のがうれしくてたまらない平野


 「そんな無駄に回してどうすんの」 「かわいいから無駄じゃないの」
 「俺は由美香からオギャーって生まれた監督だから」


 自分にとって由美香は「運命の人」だと、照れながら言う平野。「幸せですか?」
「うん、幸せです」
。 しかし二人の蜜月は、そう長くは続かなかった。

 「結婚して、子ども産んで、人並な幸せってやつを」 望んでいた由美香。しか
し彼女は、どんな男とでも4ヶ月と続かないのだと嘆く。相手が共感して欲しいと
きに、何故か醒めた物言いをしてしまうのだと。やがて34歳になった由美香は
痩せて、まんまるだったほっぺを失っていた。

 そしてこのドキュメンタリーには、もう一人強烈な印象を残すキャラクター
登場する。短髪に男物のシャツを着た、「お父さんみたいな」 由美香ママ
由美香が語る「不幸な」生い立ち、小学生の時に「捨てられた」この母に、彼女
は終生執着する。

監督失格3

 自宅で倒れていた由美香を「発見」した平野は、通夜でも葬儀でも涙を流せず、
以来5年間、カメラを手にすることができなかった
。自らが前に進むために、由
美香との日々に正面から向き合い、映画にすることを決意した平野だったが・・・。

 編集作業を進めるうち、彼はやっと自分の「本当の気持ち」に気付く。そして
そこには更なる喪失感と、大き過ぎて埋め難い欠落感が待ち受けていた。
「生半可」な言葉では送れないと、平野は絶叫する。涙と汗と鼻水でぐちゃぐち
になりながら、自分の「本当の気持ち」、本当の姿をさらけ出す。その言葉が、
私には正反対の意味に聞こえてならなかった。イカナイデ、イカナイデ、イカナ
イデ・・・


 平野さん。無理に由美香とお別れしなくてもいいじゃない? あなたは由美香
から生まれたのだから、あなたがあなたであり続ける限り、別れることなんかで
きないんだよ。それがあなたが持って生まれた「宿命」であり「業」であり、「愛」
なんだから。それは全部、由美香が与えてくれたものなのでしょう?
 

 公式サイトにある、由美香ママ由美香の弟さんの「物語」がまた、胸を打つ
平野監督には、彼らのドキュメンタリーも作っていただきたいくらい。打ちのめ
されるようなラストシーン
の後、矢野顕子が唄う主題歌 『しあわせなバカタレ』
がまた、慟哭拍車をかける。この映画、エンドロールが短すぎるよ。明るくな
るのが早すぎて、泣き顔をどうすることもできないじゃない・・・。

監督失格4

 ( 『監督失格』 監督:平野勝之/主演:林由美香、平野勝之/2011・日本)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

[2011/10/06 00:00] | 映画 | トラックバック(5) | コメント(0) |
<<季節の変わり目 | ホーム | ひとを慈しむもの~『慈雨の音 -流転の海 第六部-』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1130-89bf59b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
監督失格
『監督失格』8月30日@ビルボードライブ東京。 二日続けてビルボードライブに来てしまった。(笑) 本日はまたもyousan330さんに招待された。 いつもありがとうございます。
[2011/10/05 21:43] あーうぃ だにぇっと
監督失格(2011-068)
林由美香というAV女優さんがいました。 35歳になる2日前、監督によて遺体として発見される。 この作品は平野勝之監督と東京の新宿→北海道の旅を する「由美香のドキュメンタリーのダイジェスト版+αとなっ...
[2011/10/05 22:07] 単館系
監督失格
赤裸々で壮絶なドキュメンタリー。急逝した女優・林由美香が監督の平野勝之に「作れ」と命じているように感じる。映画監督の平野勝之は、元恋人で、2005年に34歳で急逝した伝説のA ...
[2011/10/05 23:47] 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
「監督失格」
監督失格?人間失格って言われるよりましじゃないか。 でも、この監督、映画を撮ることが生きてることとほとんど一緒だからね。「監督失格」って言われたのは、「人間失格」って言われたようなものなのよ。 だから、愛する女優に「監督失格ね」なんて言われると、骨の髄...
[2011/10/28 22:02] 【映画がはねたら、都バスに乗って】
「監督失格」:愛と衝撃と年月
映画『監督失格』は、2005年に34歳で急逝したピンク&AV女優の林由美香と、そ
[2011/12/14 00:43] 大江戸時夫の東京温度
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!