至福のとき~『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』
おおきなかぶ、むずかしい

 ああ、読み終わってしまった・・・。ハルキさん、至福の時間をありがとう

 雑誌『アンアン』 連載中の、村上春樹のエッセイ。「(ビール会社の作る)
日本でいちばんおいしいウーロン茶」 を目指して書かれたらしい。う~ん、
これは確かに極上の味! ファン・ビンビンもビックリ、に違いない。

 実はこの本、発売日(今年の七夕)に買ってあったのですが、読むのがも
ったいなくて
ずっと置いてあったんです。。普通なら数時間もあれば読める
ボリュームの本
だと思いますが、もうゆっくり、ゆ~~~っくり読み進めまし
。噛みしめるように。

 10年前に『村上ラヂオ』 を読んだときは、「鰻がおいしいとか好きだとか、
何このユルユルなエッセイは?」 とか、怒りに近い感情を抱いてしまった
ものです。青かったなぁ、私も(笑)。本作も相変わらずユルいエッセイと言
えなくもないですが、まぁこれは面白いですよ。声を上げて笑ったのも、一
度や二度ではありませんです、はい。

 大橋歩さんの銅版画も素敵。しかも「居眠り猫」 のしおり付き! 「あとが
き」
 では、彼女の春樹さんへの「愛」がいっぱい、いっぱい感じられます。
日本に村上春樹あり。またうれしからずや、ですね♪

 ( 『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』 村上春樹・著/
                          大橋歩・画/2011・マガジンハウス)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2011/09/15 00:00] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ベーカリーカフェ・Hito-iki | ホーム | シリーズ化希望! ~『探偵はBARにいる』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1115-3d235416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!