心と身体は連動している~『身体のいいなり』
身体のいいなり

 幼い頃から原因不明の体調不良に悩まされ続けていた著者が、38歳乳が
を発症。治療の過程でヨガと出逢い、健やかになっていく過程を綴ったエッセ
イ。イラストも著者が手掛けている。第27回講談社エッセイ賞受賞作

 「身体と心(意志)は連動している。切り離しようがない。なのに私は生まれた
  ときから意志だけで生きていけるものと思い込んできた」


 著者とは同世代の私。自分は大病はしたことがないが体力・筋力はなく、生ま
れてこの方運動というものとは無縁で生きて来た。虚弱ビンボーだと連呼(笑)
する著者に、なんとなく親近感を覚えてしまう。

 一番切実なお金のこと、病院(医師)選び、時期を同じくして癌を発症した友の
乳房再建に当たっての揺れる思い。同じ女性として、考えさせられるところ
が多かった。私もやろうかな、ヨガ・・・。

 ちなみに、講談社エッセイ賞の賞金は百万円。内澤さん、よかったね。

 ( 『身体のいいなり』 内澤旬子・著/2010・朝日新聞出版)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2011/07/29 14:17] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<千両役者の花道~『大鹿村騒動記』 | ホーム | 少女よ君は旗を揚げる~『コクリコ坂から』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1086-4b26a9c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!