映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅

理想の夫婦像(婦唱夫随?)~『周防正行のバレエ入門』

周防正行のバレエ入門

 バレリーナ、草刈民代結婚して15年。至近距離からバレエを見続けてきた
映画監督・周防正行による「未知なるバレエの世界」への招待。妻のラストダ
ンス
をフィルムに収めた映画ダンシング・チャップリン副読本のような役
割も果たしている。映画を観た方は、是非この本も手に取ってみることをお勧
めします。と言うか、この本を読んだら絶対にもう一度『ダンシング・チャップリ
ン』が観たくなります
よ!

 しかし、読んでつくづく思うのは「周防監督、どんだけ奥さんラブやねん!」
てこと(笑)。芸術家として、お互いにもの凄く尊敬し合っているご夫婦だという
のもわかるし、相性が本当にいいんだろうなぁ、というのもわかる。たとえ、風邪
を引いてもいたわりの言葉一つかけてもらえず、「うつさないで!」と言い放たれ
るだけだとしても。

 「屋外で撮影するなら映画はなしだ」と言ったローラン・プティに対して、監督が
取った「作戦」が何だったか、その顛末も書いてあります。映画の第一幕「アプロ
ーチ」で監督もチャップリンの扮装をしていたのは、実は監督もチャップリンの「影」
として映画に出演しているからだとか、コマ落としでコミカルな動きを表現している
とか、撮影秘話がいっぱい。

 監督による妻・草刈民代へのインタビューでは、バレリーナとしての彼女の歴史
を振り返り、日本のバレエ界の事情や問題点についても明確に語られている。も
ちろん、バレエの演目についても詳しい。クラシックで一番完成度が高く、誰が観
ても感動
するのは『白鳥の湖』だ、という監督の言葉に、ブラック・スワンももう
一度、観たくなったのでした。

---------------------------------

 今月10日、ローラン・プティ死去のニュースに驚きました。ご冥福をお祈りし
ます
素晴らしい芸術をありがとうございました

 ( 『周防正行のバレエ入門』 周防正行・著/太田出版・2011)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

2011-07-23 : 読書 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

さすが、周防監督
真紅さん こんにちは。
映画のメイキングDVDは数々あれど、メイキングを前篇に添えてみせた映画「ダンシング・チャップリン」ですが、さらにメイキング本で、さらに深読みできるという芸当ができるのは、周防監督ならではですね。
なお、私のブログ引っ越ししました。お手数ですがURLご変更ください。
2011-07-23 16:30 : 筆致 刻久 URL : 編集
筆致刻久さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
この本筆致さんが紹介されてて知ったのですよ。読んでみてよかったです。
周防監督、本当に素晴らしいです。やっぱり理想の結婚相手です(笑)。
お引っ越しされていたのは存じていたのですが、ご挨拶に伺えてなくてごめんなさい。
リンク先は変更しておきましたので。今後ともよろしくお願いいたします!
2011-07-23 19:39 : 真紅 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 

Archives

Search this site

Thank You!