いつかは消えてしまう感情について~『ブルーバレンタイン』
ブルーバレンタイン



 BLUE VALENTINE


 シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)ディーン(ライアン・ゴズリング)の夫婦は、
幼い娘フランキーと3人暮らし。夫婦はそれぞれに娘を愛しながら、互いへの
不満
を募らせていた。

 愛し合って結婚したはずの夫婦の心が擦れ違い、どうしようもなく離れてゆく
様を、リアルに描いたドラマ。主演のミシェル・ウィリアムズとライアン・ゴズリン
グは製作総指揮を兼ね、入魂の演技を披露している。ミシェルはアカデミー賞
主演女優賞にノミネートされた。

 これは、、、ドキュメンタリーかと思いました。男女間の、夫婦間の愛というもの
真実(現実)をこれほどリアルに、煌めきも醜さも全てさらけ出して、描き切っ
てしまっていいものでしょうか・・・。手厳しい映画です。情け容赦ない映画です。
そして、悲しいほど儚くも、美しい映画です。それが多分、愛の本質だから。

ブルーバレンタイン2

 私は女だから、どうしても女(シンディ)目線で観てしまう。女は、子どもを産むと
変わる
変わらざるを得ない。夫は、そこでまず戸惑う。

 ディーンは、「女はみんな稼ぎのいい男を選ぶ」とわかっている。しかし、シンディ
と出会い、それを「運命」だと錯覚した彼は、他の男の子どもを身ごもったシンディ
丸ごと受け入れようとする。そして、娘が生まれると、妻も娘も受け入れる。これ
以上ない愛情を注ぐ。しかし仕事はほとんどしない。朝から酒を飲んでいる。

 ディーン、それはアカンよ。あなたそのうちアル中になるよ。

 徹底的にズレているこの夫婦。残念ながら、それは結婚前からわかっていたこと。
勉強熱心なシンディには、向上心のないディーンとの生活は耐え難いものでしょう。
どんなにやさしい夫であっても、酔っぱらって職場に押し掛けてくるなんて言語道
断、問答無用


 しかし、シンディが全く悪くないかと言えば、そうも言い切れない。元彼(娘の遺
伝子的父親!)に会った
、なんて、うれしそうに夫に報告してどういうつもり?
思いやりのカケラもない

 シンディ、それはアカンよ。あの時、ディーンも辛かったんやで。。彼がどんな思
いで、一緒に居ててくれたと思ってんの?

 10歳の頃から母と離れて暮らさざるを得なかったディーンと、抑圧的な父親が
支配する歪んだ家庭に育ったシンディ
幼い娘の身を案じる気持ちは同じでも、二
人の選ぼうとする道は異なる。経済力のあるシンディは自立を、そうでないディー
ンは共存を望むのだけれど・・・。

ブルーバレンタイン3

 素晴らしい映画だと思います。映像、音楽、構成、俳優たちの演技。二人が乗る
バスを遠景で捉えた空にがかかる場面、ディーンの弾き語りに合わせてシンデ
ィが踊るシーンは、最高に美しく心揺さぶられる。しかし、自分にとってはあまりに
リアル過ぎて、「好き」な映画だとは言えない。観る人それぞれの人生を反映した
感想が語られるだろうし、語らずにはいられない映画だと思う。それだけ力のある
作品、作り手の熱意と誠意を感じる作品
であることは間違いない。

----------------------------------

 この映画を観た行き帰り、エターナル・サンシャインサントラをずっと聴い
ていました。互いへの不平不満がわかり過ぎていても、一度は互いの記憶を消
したいと望んだほど憎み合った
としても、それでも互いを選んだジョエルクレメ
ンタイン


 私は、あの二人と、あの映画が大好きです。

 ( 『ブルーバレンタイン』 監督・共同脚本:デレク・シアンフランス
     主演・製作総指揮:ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ/2010・USA)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

【2011/05/19 00:00】 | 映画 | トラックバック(26) | コメント(12)
<<辛亥革命前夜~『孫文の義士団』 | ホーム | 雑多なムラカミ印~『村上春樹 雑文集』>>
コメント
真紅さま こんにちは。
この映画を「(今のところ)今年最高の映画!」と推す町山智浩さんはさすが、“愛とエロスの伝道師”(by 水道橋博士)だと思いました。
若い頃のシンディ・・・こんなに可愛いミシェル・ウィリアムズを観たのは初めてです。ダンスの場面が特に良かったです。あのステップ(笑)。
私はこの映画を見ながら、ヒースの『キャンディ』を思い出していました。
若いころの楽しい恋と、夫婦になってからのアンニュイ感がうまーく織り交ぜあわさった作品でした。観終わった後、「愛について語りたい」と思った人、きっと多いと思います。
【2011/05/18 22:37】 URL | メグ #OSjUVFqk[ 編集]
男女がブッ壊れていく映画好きな私です。(笑)
真紅さんと同じく見ながら私もずっと「エターナル~」
の匂いがただよってはいましたが鑑賞後の味は
全くちがいましたね。
「エターナル~」を愛でる真紅さんは超納得。
私は・・・
そう、真逆・・・ですから(笑)

ダメな男こそ、かわいいが、共に歩けない。
小利口なオナゴ、心にポックリ穴が空いてる。

いずれも青いときのもんですが。(^ ^)

TBさせていただきました。
【2011/05/19 06:49】 URL | vivajiji #kzLu3bv6[ 編集]
>そして、悲しいほど儚くも、美しい映画です。それが多分、愛の本質だから。

その通りですね。ラストシーンにそれがよく表れていたと思います。
わたしは鑑賞直後はシンディに全く共感できず、なんて酷い女だと腹をたてていたのですが、何時間かたつにつれて、「いや彼女もやっぱり苦しんでいる」と冷静に考えられるようになりました。
でもそんな時間が要するほどディーンの献身が愛しくていたたまれなくて。
ライアン・ゴズリングの演技の賜と思われます。
ミシェルもとての良かったですが。
『エターナル~』わたしも大好きな作品です♪
【2011/05/19 21:02】 URL | リュカ #-[ 編集]
メグさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
町山さん、この映画で号泣されたそうですね。。
私はあまりにリアル過ぎて、涙が出ませんでした。
私も、この作品のミシェルは『ランド・オブ・プレンティ』以来のかわいさだと思いました。
踊るシーンもちょっと『ランド・オブ~』を彷彿させましたね。
で、結婚後の太った姿がまたリアルでねぇ。。。
メグさんは『キャンディ』ですか。人それぞれ、思い出す映画が違うっていうのもまた面白いですね。
思えば、ヒースとミシェルも、こんな愛の道程を経たんだなぁ、とまたシミジミ。。
私も、この映画については語れますよ。二泊三日はいけます(笑)。
【2011/05/19 21:42】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
vivajijiさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございます。
男女がブッ壊れていく映画(笑)。まさに。
でしょ~、私は超ウェット&夢見る乙女(爆)なので、『エターナル~』信者なのかもしれません。
この映画はすごくよくできているとは思うのですが、「現在進行形」な自分にとっては余りにもリアル過ぎて、好きとは言えないですね。
でも、いつまでも記憶に残るし、後々思い返して「いい映画だった」と思うタイプの作品だと感じます。
結婚はね、、惚れた腫れただけじゃできない&続けられないですからね。
諦めることを憶えた人間だけが続けられるのかもしれません、、、それを「大人」と呼ぶのでしょうか。
後ほど伺います。
【2011/05/19 21:48】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
リュカさん、こんにちは! コメント&TBありがとうございます。
思うに、悲しくて儚いから美しいのかもしれないですね。。
そうか~、リュカさんはシンディにムカついたのね。
私は、自分かと思いました、シンディ(爆)。
でも、13歳で25人、にはたまげたわ(汗)。初めての妊娠だったのかな。。
ディーンがどんなにシンディを好きでも、シンディが醒めたら終わりだもんね。
男女の関係って、難しいね。。遊びならどうとでもなるんだろうけどね。
『エターナル・サンシャイン』、誰に聞かれても堂々と「一番好きな映画」と答えられる作品です。
【2011/05/19 22:27】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
TBありがとうございます。

>情け容赦ない映画
まさに。
こんな2人は見るのはいやだなーと思いつつも、結構思い当たる節があったりして。
若さゆえというのかなあ。
ほろ苦さがね。 私は好きなテイストでした。
【2011/05/22 06:30】 URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
こんにちは。

この作品、気になっているのですが、近場でやりそうにないんです。。。

愛し合っていたころの過去と冷え切った現在が交錯する、THE LAST FIVE YEARSという舞台が私の頭の中に出てきました。

この映画の2人も“恋は盲目”で走ってしまったのでしょうね。

あまりに生々しい作品が苦手だったりするので、気になっている作品なのに実際観たら途中で限界超えてしまうかもしれませんv-388
【2011/05/22 16:30】 URL | cynthia #-[ 編集]
rose_chocolatさん、こんにちは! こちらこそコメントとTBをありがとうございます。
私も、この映画とってもグサリと来ました。
「好き」だとは言いにくいのですが、今年のベスト10には入れてしまうかもしれません。。
何せ、自分的には「ドキュメンタリー」でしたので^^;
あーーー、痛たたたたた。。という感じで(爆)。
【2011/05/22 23:34】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
cynthiaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
う~ん、、cynthiaさんって(確か)まだ学生さんですよね。。
うう~~~んん、どうかな~~~、オススメしにくい映画ですね~(汗)。
もし自分が学生の頃に観たら、全く違った感想だったと思います。
まぁ、歳と共に変わっていく感情、変わらない思い、それぞれですのでいくつの方でも観ていただきたい作品ではあるのですが。。
お近くで上映がないのですか。。大阪でも単館上映です。
私はよく行く劇場で上映されたので、とってもラッキーでしたが。
DVDででももしご覧になられたら、是非感想をお聞かせ下さいませ~。
【2011/05/22 23:35】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
真紅さん、こんにちは~!
読書レビューもまとめてアップされてましたねー^^ ジェントルマン、予約して待ってる最中なの☆

ところでこの映画。
うぎゃー!ここまでグワングワン来る映画だとは全く知らないで、なにげなく見ちゃったよ。
凄く引きこまれて見ました。

>自分にとってはあまりにリアル過ぎて、「好き」な映画だとは言えない。
そうなのーよー、だから5つ☆つけずに、4つ☆半にしちゃった・・・。

私もエターナルの方が好き☆
それにしても、この映画、リアルだったなあ・・・
【2012/02/07 15:39】 URL | latifa #SFo5/nok[ 編集]
latifaさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございます。
『ジェントルマン』、『風味絶佳』以来の山田詠美作品だったわ。
相変わらずの小説巧者って感じだったよ~。

さて。そうそうこの映画リアル過ぎて正視できないよね(笑)。
昨年のベストに入れてらっしゃる方も多かったけど、なんかパーソナル過ぎてベストという感じじゃなかったんだよね。。
でもある意味別格、とも言える。自分の中で。
そうそう、どうでもいい情報だけど「しあわせのパン」の音楽がエターナルのにソックリだったのよ。
ってほんと関係ないけど^^;
【2012/02/07 16:36】 URL | 真紅 #V5.g6cOI[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1053-16912694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブルーバレンタイン
夫婦漫才 公式サイト。原題:BLUE VALENTINE。デレク・シアンフランシス監督、 ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル。やたらオシ ... 佐藤秀の徒然幻視録【2011/05/18 20:46】
ブルーバレンタイン/ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ
全くノーマークで予告編も一度も目にしていなかったのですが、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズの二人が ... カノンな日々【2011/05/18 21:33】
ブルーバレンタイン
 『ブルーバレンタイン』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)この映画は、タイトルからすると若い女性向きのたわいもないラブストーリーなのかなと敬遠していたところ、実は悪くない作品だと聞き及んで、見に行ってきた次第です。  実際にも、話の中身自体はよ... 映画的・絵画的・音楽的【2011/05/18 21:39】
∴『ブルーバレンタイン』∵ ※ネタバレ有
2010年:アメリカ映画、デレク・シアンフランス監督&脚本、ジョーイ・カーティス、カミ・デラヴィーン脚本、ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ウラディカ出演。 ~青いそよ風が吹く街角~【2011/05/18 21:40】
ブルーバレンタイン
一組のカップルの出会い・結婚・別れの全てを描いたラブストーリーだ。一見幸せな生活を送る2人を描きつつ、出会いから結婚までの回想が挿入される。主演は『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと本年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされたのミシェル・... LOVE Cinemas 調布【2011/05/18 21:52】
ブルーバレンタイン /BLUE VALENTINE
ランキングクリックしてね&amp;larr;please click WARNINGラブラブ進行形カップルは決してデートで観ないように ライアン・ゴズリング&ミシェル・ウィリアムズ主演ってことしか前知識無く、まったくどういう話なのかも知らず鑑賞。 ライアンはいつも素晴らしい... 我想一個人映画美的女人blog【2011/05/18 22:43】
ブルーバレンタイン /BLUE VALENTINE
ランキングクリックしてね←please click WARNINGラブラブ進行形カップルは決してデートで観ないように ライアン・ゴズリング&ミシェル・ウィリアムズ主演ってことしか前知識無く、まったくどういう話なのかも知らず鑑賞。 ライアンはいつも素晴らしい演技を見 我想一個人映画美的女人blog【2011/05/18 22:45】
ブルーバレンタイン
評価:★★★☆【3,5点】(10) 倦怠期の夫婦の行く末を、心に染みる映像美で描く。 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~【2011/05/18 23:16】
ブルーバレンタイン
Blue Valentine壊れかけた夫婦の、やるせない現在と幸福な過去の対比がリリカルで美しい。痛ましいストーリーなのに、不思議とみずみずしさが記憶に残る。努力して看護師の資格を取り ... 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評【2011/05/18 23:42】
ブルーバレンタイン
永遠…の儚さ 【Story】 結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫デ... Memoirs_of_dai【2011/05/19 00:32】
ブルーバレンタイン
結婚7年目を迎え、娘のフランキーと3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫婦は、平穏な家庭生活をおくりながらもお互いに不満を募らせていた。 あるカッ... 心のままに映画の風景【2011/05/19 00:59】
ブルーバレンタイン
題名「ブルーバレンタイン」(原題も)とは どういう意味なのかしら~観終わってからズーッと考えている私。 トム・ウェイツのCDアルバムタイトルと同じですけれど、 女性側か ... 映画と暮らす、日々に暮らす。【2011/05/19 06:31】
ブルーバレンタイン
★ネタバレ注意★  ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが主演と製作も兼ねた作品。  一組のカップルの出会いから破局までを、ヒリヒリとリアルな描写で描くビターなラブストーリーです。  主演のふたりは、役作りのためにそれぞれ6㎏と7㎏増量し... キノ2【2011/05/19 18:54】
ブルーバレンタイン
Blue Valentine [DVD]2010年 アメリカ 監督:デレク・シアンフランス 出演:ライアン・ゴズリング    ミシェル・ウィリアムズ    フェイス・ワディッカ    マイク・ヴォーゲル ... 菫色映画【2011/05/19 21:04】
『ブルーバレンタイン』 (2010) / アメリカ
原題: BLUE VALENTINE 監督: デレク・シアンフランス 出演: ライアン・ゴズリング 、ミシェル・ウィリアムズ 、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル 鑑賞劇場: TOHOシネマズシャンテ 公式サイトはこちら。 試写で観たコの感想を読んでて、かなり... Nice One!!【2011/05/22 06:28】
映画『ブルーバレンタイン』を観て
11-30.ブルー・バレンタイン■原題:Blue Valentine■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:岸田恵子■鑑賞日:4月29日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円□監督・脚本:デレク・シアンフランス□脚本:ジョーイ・カーテ... kintyre&#039;s Diary 新館【2011/05/22 22:54】
ブルーバレンタイン
あるカップルの出会いから結婚、破局までを、過去と現在を交錯させながら描くラヴストーリー。監督・脚本はデビュー作『BROTHER TIED』が“視覚表現の天才”と評され話題を呼んだデレ ... パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2011/05/23 22:10】
ブルーバレンタイン
すれ違ってしまったふたり公式サイト http://www.b-valentine.comディーン(ライアン・ゴスリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘フランキーと3人暮らし。シンディ 風に吹かれて【2011/06/05 00:16】
No.303 ブルーバレンタイン
仕事が芳しくないディーンと、長年の勉強の末に資格を取り、病院で忙しく働くシンディの夫婦は、娘のフランキーと3人暮らし。2人はお互いに相手に不満を抱えていたが、それを口に ... 気ままな映画生活【2012/01/28 18:09】
「ブルーバレンタイン」感想
これは・・・!辛かった・・・。 でも、凄く良く出来てた! 4つ★半~5つ★ ポコアポコヤ 映画倉庫【2012/02/07 15:58】
『ブルーバレンタイン』
永遠の愛があることを信じたい。でも本当に永遠の愛なんてあるのでしょうか。 傷つけることでしか愛せなくなった夫と傷つけることを躊躇う愛し方をしてしまう妻の出会いから結婚 ... こねたみっくす【2012/02/14 20:50】
映画評「ブルーバレンタイン」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督デレク・シアンフランス ネタバレあり プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]【2012/03/08 08:40】
『ブルーバレンタイン』
ブルーバレンタイン 男女の愛の始まりと終わりを 現在と過去を交錯させて描く... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Blue Valentine cinema-days 映画な日々【2012/03/10 18:33】
「ブルーバレンタイン」
きれいな女は悪女だ。周りがチヤホヤするから(そうなっていく)。 或る日の出来事【2012/03/11 21:52】
ブルーバレンタイン
これは痛い。痛くて上手い作品だ。結婚している人は身につまされる部分もあるだろうし、独身の人は恋愛と結婚が嫌になるかもしれない。でもこれが現実。 若い頃の愛に溢れた2人と、結婚後の愛だけじゃ足りなくなった2人の姿を交互に映し出す手法が上手くいっていて、ラ... いやいやえん【2012/03/24 09:08】
ブルーバレンタイン
ブルーバレンタイン BLUE VALENTINE 監督 デレク・シアンフランス 出演 ライアン・ゴズリング ミシェル・ウィリアムズ     フェイス・ワディッカ マイク・ヴォーゲル      ジョン・ドーマン アメリカ 2010 Blossom【2012/05/29 14:06】
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!