おいしいはうれしい~『やわらかなレタス』
やわらかなレタス

 食を巡る、江國香織さんのエッセイ集。以前、物凄く久しぶりに週刊文春を読
んだら、江國さんの連載があってビックリした憶えがある。その連載をまとめた
もの。あっさりと気軽に読める本ですが、とっても面白かった! とっても江國
さんらしくて。ファンは必読ですね。

 果物への偏愛ぶりや、書物に出てくるおいしそうな食べ物への渇望、おいしい
ものを、一番おいしく食べられるように自らに課している「不文律」などなど。
ちょっと「不思議ちゃん」入っている江國さんにかかっては、ごく普通のフランス
パンも、おうどんもおそばも、特別な「何か」に思えてくる。私は普段、どんな種
類のパンにもバターは塗らないのだけれど、そのことに罪悪感を憶えてしまうほ
どに。

 そして、食を巡る記憶は、家族と分かち難く結びついていることも教えてくれ
る。逝ってしまった両親、盲目の愛犬「雨」、やさしい夫。そして江國さんを「じー
ちゃん」と呼ぶ妹(晴子さん)
。おいしいものを、一人で食べるのもいいけれど、
誰かと分かち合うことこそが「至福」なんですね。

 ( 『やわらかなレタス』 江國香織・著/文藝春秋・2011)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2011/03/30 11:38] | 読書 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<このクリスチャン・ベイルを観よ!!~『ザ・ファイター』 | ホーム | 旬くんと岡田くんだって。~『宇宙兄弟』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1031-5ccb80dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「やわらかなレタス」江國香織
読者を不思議な世界にいざなう、待望のエッセイ集 ひとつの言葉から広がる無限のイメージ……。江國さんの筆にかかると、日々のささいな出来事さえも、キラキラと輝いて見えだします。 ここにあるのは幸福な魂の食事。食べものをめぐる言葉と、小説、旅、そして日々のよしなしごと。 江國さんが語るささやかな日常。美味しそうな食べ物がほとんどすべてに出てきます。 海外で日本で、実際に江國さんが味わったさ...
[2014/03/17 15:54] 粋な提案
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!