世界なんかわたしとあなたでやめればいい~『発光地帯』
発光地帯

 川上未映子のエッセイ集。読売新聞の会員制インターネットサービス「ヨリモ」
に連載中
の文章をまとめたもの。「発光地帯」とは、パソコンのモニターのこと
だそう。なるほど。

 少し話が戻るけれど、恋愛小説映子という登場人物がいた。

 主人公美緒の同僚で、彼女も恋愛に奔放な女性。その名前の字面と美緒の
恋愛への没頭ぶりから、そらすこんに描かれていた川上さんの、若き日々の、
激し過ぎる、痛々し過ぎる恋愛
を思い出していた。そう、『恋愛小説』を読みなが
ら私は、川上未映子のことを思い出していたのだった。

 そして、『発光地帯』。10番目のエッセイ「世界なんかわたしとあなたでやめれ
ばいい」
を読んで思った。「やっぱり」って。そして思わず泣いてしまった。電車
の中だったのに。

 私が川上さん(の描く文章)を好きなのは、こういう感覚を共有している、と思
えるからかもしれない。じぶんが失ってしまったもののこと

 「いちばん素晴らしい時間」にも、共感。私も「生きてる人間」のひとり、こんな
私にも、「がんばれ」って言ってくれて。

 ありがとう

 ( 『発光地帯』 川上未映子・著/中央公論新社・2011)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2011/03/08 21:02] | 読書 | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<旅行者と、謎の女~『ツーリスト』 | ホーム | 王の声~『英国王のスピーチ』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://thinkingdays.blog42.fc2.com/tb.php/1017-0d01ed85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「発光地帯」川上未映子
誰にも見せない日記のように、誰かに語りかけている。芥川賞作家が日常から零れ落ちる言葉たちを拾いあつめた、自由律で不定型、新しいかたちのエッセイ集。 読売新聞のウェブサイ
[2013/07/23 18:11] 粋な提案
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!