FC2ブログ
映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅   ★劇場鑑賞した映画はインスタにアップしています@ruby_red66

『少年と少女のポルカ』

 藤野千夜さんの 『少年と少女のポルカ』 が、キノブックス(文庫)から復刊したそうです。めでたい。

IMG_7539.jpg

 1996年に単行本(カバーイラストはなんと岡崎京子!)、2000年に文庫が刊行されています。私が持っている  のはその文庫版。解説は斎藤美奈子氏。

 傑作とも名作とも佳作とも違う、でも私の心の中にずっとある小説です。それは私が 「いっつも川のほうを見ていた」 子どもだったからだと思うのですが。

 新文庫版の解説は山崎ナオコーラ氏。これは買わねばなりますまい。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

2018-10-10 : 読書 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Claire Foy (IN THE SPIDER'S WEB)

 映画 『ブレス しあわせの呼吸』 (良作!) でアンドリュー・ガーフィールド演じる主人公の妻を演じ、超好印象だったクレア・フォイ。

cfoy5.jpg

 この作品ではブロンドで、シャクレ(失礼)具合と芯の強さを感じさせる所作が、リース・キューティブロンド・ウィザースプーンを彷彿とさせる。私はこの映画で初めて彼女を観たのですが、Netfilixのドラマ 『ザ・クラウン』 ではエリザベス女王を演じ、ゴールデングローブやエミー賞を受賞、世界的に大ブレイクしたのだとか。

cfoy6.jpg

 デイミアン・チャゼル×ライアン・ゴズリングの再タッグ作 『ファースト・マン』 でもゴズリンの妻を演じると知り、これは良妻賢母路線まっしぐら! かと思いきや・・・。

cfoy2.jpg

 なんと次回作は リスベット とな!

cfoy8.jpg

 このシリーズ、ルーニー・マーラ続投の目もあったらしいのですが、監督のフェデ・アルバレス(ドンブリの人)がクレア・フォイをご指名だったとか。う~ん、そのチャレンジ精神が素晴らしい! 『蜘蛛の巣を払う女』 楽しみですね♪


 ★☆ 余談 ☆★

 ネトフリの 『ザ・クラウン』、2019年放映予定のシーズン3はなんと、ジョシュ・オコナーがプリンス・チャールズを演じるのだとか! 次はジョシュが全世界で大ブレイクか??(嬉) しかし実在の、それもバリバリ存命で、しかも王室メンバーを演じるって英国人ほんま・・・。。個人的にはカミラ夫人を誰が演じるのかも興味津津であります(笑)。あ~、ネトフリ早く入らないと。その前にテレビ買い替えたいとか、WOWOW再加入とか。誰か私にボーナス下さい!

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

2018-10-01 : 映画雑談 : コメント : 2 :
Pagetop
ホーム

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 
★劇場鑑賞した映画の感想はインスタにアップしています@ruby_red66

Archives

Search this site

Thank You!