文化部 × 運動部 × 帰宅部 ~『桐島、部活やめるってよ』
桐島、部活

 バレー部キャプテンにして学校の中心人物「桐島」部活を辞める--。金曜日
の放課後、そのニュースが校内を駆け巡る。桐島の親友・宏樹(東出昌大)や恋人
梨紗(山本美月)はもちろん、彼らとは最も遠い所にいる映画部の前田(神木隆
之介)
たちにまで、その「事件」波紋は広がってゆく。

 高校二年の秋。そろそろ進路が気になりつつも、スポーツに打ち込む者、帰宅
と称してダラダラ過ごす者、文化系クラブで自分の「好き」を究めようとする者。
その中心にいた「桐島」の不可解な行動によって、「学校」という特殊な環境で保
たれていた秩序が崩壊してゆく。単なる謎解きや学園モノとは一線を画す群像劇
原作小説は、朝井リョウのデビュー作にして、小説すばる新人賞受賞作(未読)。

 いや~、素晴らしかった! いつまでも姿を現さない「桐島」に振り回され、
往左往する高校二年生たち
滑稽に感じながらも、いつの間にか彼らと同化し、
自分自身の姿をそこに探している。若い俳優たちは適材適所に配され、それぞ
れの役割を過不足なく全うしながら輝きを放つ。妄想炸裂の笑えるシーン絶妙
さすがは吉田大八監督。これは今年の邦画ベスト作の一本でしょう。

桐島、部活2

 私自身がどこをどう切り取っても文化系の人間ゆえ、どうしても肩入れして観
てしまうのを差し引いても、映画部のオタクコンビが最高だった。改めて、神木
隆之介って巧い役者
だと再認識。天才子役が、個性派俳優に化ける瞬間を目
撃できたような気がする(大袈裟?)。体育の時間のオドオドっぷり、オーラを
消して過ごす教室
と、映画部監督としてスタッフたちにテキパキと指示を出す
ときのギャップ。中指でメガネをズリあげる癖、「ロメロだよ、そのくらい観とけ!」
「こいつら全部喰い殺せ!」 名セリフ
啖呵を切るシーンのカッコよさ! 
文化部 vs 運動部 vs 帰宅部、この勝負文化部の圧勝でしょう。

 でも、正直に言うと、梨紗沙奈(松岡茉優)のような、運動部にも文化部にも
属さない、「カワイイ」ことや誰かの「彼女」であることにこそ最大の価値を見出し
ているような女の子たちのことも、私は否定しない。運動部女子からしたら「あの
人たち」
なんて陰で言われてしまうような派手なグループ自己顕示欲が最高潮
なこの年頃
に、本能全開で生きている彼女たちの気持ちも、よくわかるから。

桐島、部活3

 本当は、運動部であろうと文化部であろうと関係ないんだ。高3の秋になって
も「ドラフトまでは」引退しないキャプテン、控えでも、小さくても、懸命にレシーブ
を受け続ける風助、アカデミー賞なんか関係ない、ただ撮りたいから好きな映画
を撮る前田
。背が高くて、彼女がいて、学校の「スター」の親友でも、やりたいこ
と、好きなことの見つからない自分は一体、何をしてるんだよ・・・。宏樹の涙

悲しい。

 「太陽が沈むんだ」。 放課後の、教室でない場所で「好きなこと」に打ち込め
る僅かな時間
。夕暮れの屋上、美しい「マジックアワー」が過ぎ去る一瞬のよう
に、青春の日々は短い。みんな、急いで

 ( 『桐島、部活やめるってよ』 監督・共同脚本:吉田大八
       主演:神木隆之介、橋本愛、東出昌大、山本美月、大後寿々花/2012・日本)
スポンサーサイト

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

[2012/08/31 15:44] | 映画 | トラックバック(40) | コメント(10) |
ドミニク・サブロン dominique saibron marche et cafe & 残念なニュース
 ルクア大阪B1にあるブーランジェリー。東京にはたくさんあるようですが、
関西は今のところ、この一店舗のみの展開です。これから増えるのかな?

ドミニクサブロン1

 こちらのパンはマキシム・ド・パリだけあって値段「高級」なのですが、
は確か
ですよ。こちらのヘルシーセットサラダに数種類のパンに、選べるス
ープ
もついてて、大満足です。

ドミニクサブロン2






 ミネストローネをチョイス。


 スープといえばお向いのスープストック・トーキョーですが、いつも長蛇の
。人気ありますね~、私はまだ入ったことがありません。

 そしてサラダにパン、といえばこちらが定番ですが・・・。

アフタヌーンティ1






 AfternoonTea TEAROOM


 こちらは食後、必ずこうなってしまうので要注意

アフタヌーンティ2

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 そして、ちょっと残念なニュース。。「関西のパン好きの殿堂」 ことブランジュリ
・タケウチ
さん、昨年のカフェ閉店に続き、来年には移転されるそうです(号泣)。

 移転先は西宮、ということですので行けないこともないのですが。。遠くなるなぁ。
それまで、せっせと通いましょう♪

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

[2012/08/29 22:50] | パンとか、カフェとか。 | コメント(0) |
選択肢のない人生~『かぞくのくに』
かぞくのくに

 1997年、東京在日朝鮮人二世リエ(安藤サクラ)は、両親とともに兄ソン
ホ(井浦新)
の帰りを待っていた。北朝鮮「帰国」した兄は、病気治療のため
25年ぶりに日本の土を踏むのだ・・・。

 自らの家族をテーマに、ドキュメンタリー作品を発表してきた映像作家、ヤン
・ヨンヒ監督
初のフィクション。テーマは変わらず、自らの家族。物理的に引き裂
かれ、「離散」状態にある家族の悲哀を静かに描きながら、「鎖国」状態にある
国で暮らすことの理不尽さ、バラバラになってしまった家族に対するどうしようも
ないもどかしさを、観るものに訴えかけてくる。

かぞくのくに2

 家族と再会しても、言葉少なで、感情を表に出そうとしないソンホ。監視係
(ヤン・イクチュン!)
に見張られながらも、日本のビールを味わい、同級生た
ちと束の間の時を過ごす。25年の年月は、ソンホから多くのものを奪い去っ
た。だからこそ、時折爆発寸前になる感情を抑えている彼の表情や、静かに、
ささやくように歌う『白いブランコ』 が胸に迫る。

 お前はこんなの持って いろんな国に行けよ

 あの国ではな どう生き延びるか それ以外は考えない 思考停止 楽だぞ

 でもお前は いろんなことを考えて 好きなように生きるんだ


 あの国も あなたも 大嫌い

 あなたの嫌いなあの国で あなたのお兄さんも 私も 生きていくのです

 死ぬまで



 主人公たちがつぶやく、重いセリフの数々。ズシリ、と胸に落ちてくる。

かぞくのくに3

 安藤サクラ、井浦新、そしてヤン・イクチュンがそれぞれに素晴らしい。い
つまでもいつまでも、兄を乗せて去ってゆく車に追いすがるリエ。生木が裂
かれるような痛み。慟哭


 兄の「遺言」を胸に、肩を怒らせてスーツケースを引くリエ。家族を描いた、
本当に小さな小さな映画。あまりにも低予算に感じられて、監督が気の毒
に思えるほどだった。いやだからこそ、こんなにもシンプル芯の強い作品
に成り得たのかもしれない。監督の前2作、ドキュメンタリー作品も観てみた
いと思う。

 君は憶えているかしら あの白いブランコ・・・

 ( 『かぞくのくに』 監督・脚本:ヤン・ヨンヒ/2012・日本/
      主演:安藤サクラ、井浦新、京野ことみ、宮崎美子、ヤン・イクチュン

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

[2012/08/28 20:41] | 映画 | トラックバック(18) | コメント(2) |
幸せ未満~『テイク・ディス・ワルツ』
テイク・ディス・ワルツ






 TAKE THIS WALTZ


 作家志望のライター、マーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)は28歳。チキンのレシ
ピ本を作っている夫ルー(セス・ローゲン)とは結婚5年目、それなりに幸せで
穏やかな日々にも、「満たされない何か」を感じていた。そんなある日、彼女は
取材先で出会った青年ダニエル(ルーク・カービー)恋心を抱く。

 サラ・ポーリーの長編第二作。人生って、幸せって、人を愛することって、何
なんだろう
、、と考えさせられる(かもしれない)辛口ドラマ。この映画、個人的
にあまりにも期待し過ぎてしまったせいか、少々、残念な出来。ストーリーもか
なり既視感アリ。それでも、上半身はむっちり、下半身はスレンダーで、相変
わらずコケティッシュな魅力全開ミシェル・ウィリアムズの演技は堪能できる
し(あの脱ぎっぷり!天晴れ!)、トロントの自然や、ポップでカラフルなインテ
リアデザイン
も観ていて楽しい。そして何よりも、セス・ローゲン! 50/50
に続いて、またもや彼に泣かされるとは・・・。物語中盤のイライラも、ラスト近
くの彼のセリフが、全て帳消しにしてくれた。

テイク・ディス・ワルツ2

 確かに、ダニエルは素敵ですよ(ガエルくんかと思った)。いつも自分に背中
を向けている夫、向き合うと途端に会話がなくなる自分たち夫婦
に、マーゴが
を抱くのも、仕方ない、のかもしれないし。

 マーゴは、「私はまだ、自分の書きたいものが書けていないの」 と言う。結局
彼女は、「自分探し」 をしているのですね。もしくは「青い鳥」 探しを。でもね、
100年も前にメーテルリンクが結末を教えてくれてるじゃない? 高速回転する
遊園地の遊具のように、マーゴが求めているのはある種の「刺激」 であって、
安定や継続ではない。でもね、「刺激」って、平安な日々に、一時的に、突発的
に起こるからこそ刺激
なのであって、それが日常には成り得ないんだよ。
次第に、情や思い出に変わってゆく。恋人が家族になり、平凡でマンネリな生活
が続くだけ。でもね、それが人生ってものなんじゃないかなぁ。

 「人生なんて、物足りなくて当たり前なのよ」

 マーゴの煮え切らない態度には辟易したけれど、彼女の選択を否定はしない
し、正直、ちょっとうらやましい気持もある。だって、あんなガエルくん似の素敵
な彼
とさあ~、、フフフフフ。

テイク・ディス・ワルツ3

 手酷い裏切りの仕打ちを受けても、「消せない記憶がある」 とマーゴへの愛を
抱き続けるルー。「フルーツ用のスプーンで、君の目玉をくり抜きたい」「私も」
ああ、互いの気持ちは痛いほどわかっているのに、人生には後戻りできない道も、
あるのだね。ファーストシーン、憂鬱そうにキッチンで虚空を見ていたのは、「選択
」のマーゴだったのね。ロマンスには、賞味期限があるんだ。神様のいじわる。
いつの日か、マーゴの「欠落」が、埋まる日が来るといいけれど。

 ( 『テイク・ディス・ワルツ』 監督・製作・脚本:サラ・ポーリー
      主演:ミシェル・ウィリアムズ、セス・ローゲン/2011・カナダ、スペイン、日本)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

[2012/08/25 16:21] | 映画 | トラックバック(14) | コメント(6) |
少女は勇敢な弓を射る~『メリダとおそろしの森』 【2D・吹替え版】
メリダとおそろしの森




 BRAVE


 中世スコットランドのある王国。お転婆な王女メリダ弓の名手で、愛馬と森
を駆けるのが大好きな女の子。そんな彼女は、しとやかで高貴な女性に育てよ
うとする母・エリノア王妃の悩みの種。近隣諸国の王子との結婚を迫る母に、メ
リダは森の魔女の魔法をかけるが・・・。

 ディズニー/ピクサーによるファンタジー・アドベンチャー時代劇赤毛のカー
リー
を揺らす王女メリダは、ピクサー初の女性主人公なんだそう。ふーん、ピク
サーって結構遅れてるんだ
(笑)。アニメってつくづく、わかり易くて、メッセージ
ストレートでいいなぁ。。本作はややディズニー寄りの作品な気もするけれど、
恋愛要素ゼロ「母と娘の葛藤、そして和解」を描くことに焦点を絞ったところは
大いに好感した。夏休みは、親子連れで満員のシアターで、ピクサーアニメを
観ないとね♪

メリダとおそろしの森2

 王家の「第一子」に生まれるってのも、結構大変ですね。。帝王学を学ばせよう
とする母と、(当然)反発する娘と。歴史は繰り返す。

 毎度お馴染み、本編前のショートフィルムが今回は2本でお得感あり。『TS4』
はあるのか? 前フリのような気がしないでもないけど。。期待

 三つ子の弟たちが、何かに似てる、どこかで観たゾ、と思ってたら、アルビン
だね(笑)。この子たちは唄うどころか一言もしゃべりませんが。あ、大島優子
吹き替え、結構ナイス♪でしたよ~。

メリダとおそろしの森3

 ( 『メリダとおそろしの森』 
     監督・共同脚本:マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン/2012・USA)

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

[2012/08/24 13:17] | 映画 | トラックバック(16) | コメント(2) |
Tiger その後
タイガーその後




  臨時休業、期限が明記されてません。

  これは・・・。もう少しかかりそうですね。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 仕方ないので、モロゾフでお茶して帰ろう。

モロゾフ

 ああ、「おかわり~」 と叫びたい心斎橋の中心で。

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

[2012/08/23 23:59] | 徒然 | コメント(0) |
こっちのアルション~ Salon de The Alcyon
 夕方時間ができたので、難波アルション・法善寺本店に寄り道です。

アルション

 紅茶で有名なこのお店。今日は淑女の定番(?)、アフタヌーンティーセット
オーダー。

アルション1

アルション4







 キッシュ。


アルション3





 アルションブルー。


アルション2






 モンブラン。


 テーブルに陣取った淑女の皆様の笑い声で、店内は華やかな雰囲気。
 ご馳走様でした。

 ・・・・・・・・・・。

 最近、仕事帰りにお茶して帰る習慣がついてしまった。
 疲れてるから、ついつい小腹を満たす「甘いもの」に手が出るんですよねー。
 さすがにこの日は食べ過ぎだけど・・・。た、体重が(汗)。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 しばらく更新はお休みします。コメントやTBのお返しも遅れてしまうと思います
が、どうぞお許し下さい。

 それではまた、近いうちに。

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

[2012/08/14 00:02] | パンとか、カフェとか。 | コメント(2) |
いつになったら落ち着くの?
タイガー

 タイガーコペンハーゲン・アメリカ村ストア

 開店して3日で、売れ過ぎで2日間臨時休業、ってどんだけ・・・。

 金曜日の夕方、三角公園の横に行列が。最後尾に並んだら警備のお兄さんに
「整理券持ってますか?」 と訊かれた。持ってないし(笑)。

 しかも「品薄状態のため、当面1階フロアのみの営業」 なんだそうな。 

 ・・・・・・・・・。

 デンマークの方々、完全に舐めてましたね。日本人(関西人)の好奇心と購買欲を。

 早く、ドドーーーンと入荷して下さい。買いますから。

テーマ:ちょっと聞いて - ジャンル:ブログ

[2012/08/12 02:08] | 徒然 | コメント(4) |
あの1月の朝を忘れない~『さよなら子供たち』
さよなら子供たち






 AU REVOIR LES ENFANTS


 1944年、第二次大戦下のフランス。パリから遠く離れたカソリックの私立学
校で、寄宿生活を送る少年たち。ジュリアン(ガスパール・マネス)は、寡黙で
謎めいた雰囲気転校生ボネ(ラファエル・フェジト)秘密に気づく。

 ヴェネチア映画祭金獅子賞を受賞した、1987年のフランス映画。ルイ・マ
ル監督
自伝的作品と言われている。公開時、地元のミニシアターで母と観
た記憶がある。当時まだ学生だった私は、この映画の内容の半分も理解でき
ていなかったと思う。しかし、ずっと心に引っかかっていた作品を、実に20数年
ぶりに再見。そして、感動・・・。この映画、真紅の殿堂入りです。

さよなら子供たち2

 戦場も強制収容所も出てこないけれど、これはルイ・マル監督渾身の反戦映画
だと思う。 製作・脚本も担当した彼の、祖国への、喪った友と恩師への、そして
平和への、ありったけの思いが込められている。しかし決して声高ではなく、少年
たちの日常と心情
を穏やか過ぎるほど淡々と描きながら、人間の善悪の根源を、
観る者に問いかけてくる。

 寒々とした森の風景、腕白少年たちのいたずらや悪ふざけ煙草を吸う一方で、
寝小便が治らない思春期のジュリアン。告解、祈りゲシュタポの圧力と恐怖
人として当たり前の行為とされる、「戦争」という名の極悪。蔑まれ、差別さ
れる人
々、その気高い魂。彼らを匿うものと密告するもの、富めるものと貧しい
もの
。少年のに映る、この世界の矛盾。それでも、全てを越えて芽生える友情、
その永遠


 厳しい時代にも、映画という娯楽が人々につかの間の笑いと平安をもたらして
いるのが嬉しい。人種も宗教も職業も、貧富の差も越えて、皆が肩を並べて観
入るチャップリンの上映会。映画って本当に素晴らしい

さよなら子供たち3

 主人公ジュリアンと、ボネ役の少年の表情が秀逸。幼い彼らから、監督は一
体、どうやってあの演技を引き出したのか。そして、彼らがほのかな憧れを抱く
ピアノ講師、この(柔らかさと鋭さが絶妙にブレンドされている)横顔は・・・。イレ
ーヌ・ジャコブ
じゃないか! なんと、彼女はこの作品が映画デビュー作だという。
知らなかった。なんて素敵なサプライズ

 物語はハッピーエンドを迎えることなく、時代の流れに抗えぬまま悲劇的に幕
を閉じる。「さよなら、子どもたち」 。高潔なままで去ってゆく校長先生、その声
を、姿を、耳と目に焼き付ける子どもたち。涙が溢れるさようなら、さようなら、
さようなら
・・・。

 その素晴らしさを、言葉では表し難い静かなる名作必見

 ( 『さよなら子供たち』 監督・製作・脚本:ルイ・マル
      主演:ガスパール・マネス、ラファエル・フェジト/1987・仏、西独、伊)

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

[2012/08/11 17:31] | DVD/WOWOW | トラックバック(0) | コメント(4) |
僕らの短い永遠~『岡崎京子の仕事集』
 映画ヘルタースケルター の中で一番衝撃的だったのは、水原希子扮する
吉川こずえのセリフだった。

 モデルなんてみんな吐いてますよ、でなきゃあんな細いワケないじゃん

 映画鑑賞後、すぐに原作を読み返してみたけれど、こんなセリフはない脚色
なのかと思ったら、そうではなかった。

岡崎京子の仕事集

 漫画家・岡崎京子創作活動をアーカイブした本書を読んでいて、吉川こずえ
 『リバーズ・エッジ』 の登場人物だったことを思い出した。実は、私が持って
いる、つまり読んだことのある岡崎京子の作品は、『ヘルター~』 と 『リバーズ
・エッジ』
 のみ。こちらも早速読み返す。

 岡崎京子の最高傑作との誉れ高い『リバーズ・エッジ』 。昏い瞳の吉川こず
えがいる。

 映画を観て原作を読まれた方は、是非こちらも併せて読んでみて下さい。
過ぎ
て、私自身は長い間封印していたのだけれど。これを読まずにいるのは、
もったいないかもよ?

 平坦な戦場で僕らが生き延びること

リバーズ・エッジ

 ( 『岡崎京子の仕事集』 岡崎京子・著/増渕俊之・編/2012・文藝春秋)

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

[2012/08/09 00:08] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |
母と息子~『少年は残酷な弓を射る』
少年は残酷な








 WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN


 "Why?"


 世界各国を旅し、自由奔放に生きてきたエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、
キャリアの途中で望まない妊娠をし、結婚する。妊婦であることにも、出産
違和感を抱えたままのエヴァから生まれた息子ケヴィン(エズラ・ミラー)は、
幼い頃から母親にだけ異常な敵意を剥き出しにし、エヴァを苦しめる。そして、
ケヴィンがあと数日で16歳になろうとしていたある夜、事件は起きた。

 いやはや、凄い映画を観てしまった・・・。こんなに怖い映画を観たのは、一
体いつ以来だろう? 英国の女性監督リン・ラムジーによる、ある母子の関係
を巡るサスペンス震える思いでスクリーンを凝視していた二時間、私の眉間
には、深い縦皺が刻まれていた。

 子どもが「持って生まれたもの」 と、育った環境によって後天的に獲得する
気質
と。どちらがより強く作用して、子どもは成長するのか。遺伝子を受け継
ぎ、「分身」 であるはずの「母親」 に対する、身震いしてしまうほどの悪意
敵意はどこから生まれるのか。本当に、「子は親の鏡」 なのか。子が犯した
は、すべて「育て方が悪い」 「躾がなっていない」 親のせいなのか。

 終わらない問いかけが、私を揺さぶる。モンスターを産んでしまった母の、
と呼ぶには痛々しすぎる、煉獄の苦しみ。いつまでも胸が疼く

 この映画を「絵空事」 だと感じ、「他人事」 だと言い切れるあなたは、とて
運がいい人だ。では、エヴァやケヴィンの姿を紙一重で自分に重ねられる
は、運が悪いのだろうか?

 「誰に似たんだか」

少年は残酷な2

 不安定なカメラワーク憔悴しきったエヴァに不釣り合いな、能天気なカント
リー・ミュージック
が一層、恐怖を煽る(音楽はジョン・グリーンウッド)。

 なぜ?

  なぜ生まれてきたの? なぜ私が憎いの? なぜ私を殺さなかったの?

  なぜ彼らを、殺さなければならなかったの? なぜ? なぜ? なぜ?



  I used to think I knew. Now I'm not so sure.

少年は残酷な3

 後ろ指をさされ、罵倒されながら、なぜエヴァは街を去らないのか疑問に感じ
ていた。他所の土地で、息子の帰りを待つという選択肢も、彼女にはあったは
ず。引っ越しも夜逃げもせず、悪態や暴力を甘んじて受け、家と車に浴びせか
けられた赤いペンキを黙々とはがし続けるエヴァ。修行僧のような彼女の行為
を観ているうちに、やっと私は気づく。そうか、彼女は自分を罰しているのだ・・・

 初めての子育てに、戸惑う気持ちはよくわかる。しかし、エヴァはもう少し早
く、何らかの手を打つべきだった。ケヴィンの中の「悪魔」暴走を始める前に
しかし、エヴァや、エヴァ以外の人間に、一体何ができただろう? 鋭敏でずる
賢く残酷な、恐ろしいまでに自己完結しているケヴィンという少年
に。

 刑務所での面会の後、放心するエヴァ。を流す隣席の母親の手を握った
とき、彼女の中で何かが吹っ切れたように思う。 「ひとりじゃない」

 あの頃と同じようにケヴィンの部屋を整え、Tシャツにアイロンをあてるエヴァ。
Tシャツには日本語の小さな文字。 「幸福」

 静謐で、美しく、脆く、かつ根源的な恐怖を描いた完璧な映画だと思う。直截
的で説明調
で、ネタバレ全開な邦題がつけられていることだけが、残念

 ( 『少年は残酷な弓を射る』 監督・製作総指揮・共同脚本:リン・ラムジー
            主演:ティルダ・スウィントン、エズラ・ミラー/2011・UK、USA)

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

[2012/08/04 22:57] | 映画 | トラックバック(29) | コメント(4) |
さようならブルース・ウェイン~『ダークナイト ライジング』
ダークナイトライジング








 THE DARK KNIGHT RISES


 亡きハーヴィ・デントの名を冠した「デント法」により秩序が守られ、平和な
街となったゴッサム・シティブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は邸
に引きこもり、バットマンは街から姿を消していた。そんな時、屈強なテロリ
スト・ベイン(トム・ハーディ)
が現れ、ゴッサム・シティとブルースを巡る状況
一変する。

 衝撃作ダークナイト から4年、クリストファー・ノーランによる『バットマン』
三部作の完結編。主演のクリスチャン・ベイルはもちろん、マイケル・ケイン
(執事アルフレッド)、ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・ゴードン市警本部
長)、モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)
「坊ちゃんのためなら!」
何でもいたします
でお馴染み、賢人トリオも続投。アン・ハサウェイキャット
・ウーマン
に扮してを添え、映画史に残るであろう「ふたりのクリス」による
バットマン・シリーズは幕を閉じた
のであった・・・。しくしく

ダークナイトライジング2

 始まりがあれば、必ず終りがあるのは事の常。しかし、やっぱりブルース・ウ
ェイン/ダークナイト=バットマン
にさよならするのは寂しい。「ヒーローはどこ
にでもいる」
とあなたは言った。しかし、「英雄」と呼ぶに相応しい肉体と精神
(と財力、もうひとつルックス)
を兼ね備えた人物はそういない。ブルース・ウェ
インよ、あなたは間違いなくその一人だった。大好きだったよ・・・。

 映画としては前作『ダークナイト』 の衝撃には劣れども、2時間45分という
長尺を感じさせない力作であり、「闇」の映画らしいテーマと映像とが際立つ
傑作でもあると思う。「熱い男」ジョン・ブレイク(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)
の登場により物語は希望を見出し、本名を隠した彼がゴッサム・シティの新た
な守護天使
となることを予感させるラストシーン安堵もした。しかし、それで
この寂しさが埋められるわけでもない。もちろん、映画の出来そのものに満足
はしているのだけれど。

ダークナイトライジング3

 マリオン・コティヤールの悪役は初めて観たかも。もっとチョイ役だと思って
いたのに、マシュー・モディーンは意外にも結構活躍していたな。ビルドアッ
プした身体とマスク
で、トム・ハーディは誰かわからないくらいでちょっと気の
毒な役回りだったかな。ジョーカー/ヒースの死や、今回の劇場襲撃事件
どうしても負の記憶がつきまとってしまうこのシリーズ。ヒーローとしての「バ
ットマン」
よりもむしろ、ブルース・ウェインという一人の人間の成長を描いた
三部作
だったと、私は思っている。

ダークナイトライジング4

 ( 『ダークナイト ライジング』 監督・製作・共同脚本:クリストファー・ノーラン
      主演:クリスチャン・ベイル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット/2012・USA、UK)

テーマ:ダークナイト ライジング(The Dark Knight Rises) - ジャンル:映画

[2012/08/03 12:43] | 映画 | トラックバック(19) | コメント(8) |
| ホーム |
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!