新生蜘蛛男~『アメイジング・スパイダーマン』 【2D・字幕版】
アメスパ





 THE AMAZING SPIDER-MAN


 NYのミッドタウン・サイエンスハイスクールに通うピーター・パーカー(アン
ドリュー・ガーフィールド)
は、写真が趣味の寡黙な少年。幼い頃両親が失踪
し、伯父夫妻に育てられた彼は、同じクラスの優等生、グウェン・ステイシー
(エマ・ストーン)
に秘かな憧れを抱いていた。

 マーベル社のメガヒットシリーズ・スパイダーマンリブート監督、主演総
入替
で、前作からさほど間を置かず、これほどの人気シリーズ再始動させ
るのも珍しいのでは? 監督は、大・大・大好きな映画(500)日のサマー
マーク・ウェブ(蜘蛛の巣!)、主演はこれまたかなり好きなアンドリュー・ガ
ーフィールド
ということで、期待しておりましたよ~。公開は先月末だったけど、
夏休みが終わるくらいまで余裕で上映してるでしょ、と思いきや2D・字幕版は
早々に上映終了になりそうな雰囲気
ではないですか?! というわけで慌て
て鑑賞。アンドリュー・ガーフィールドくん、頑張りました◎

アメスパ2

 アンドリュー・ガーフィールドって、顔がめちゃくちゃ小さいですよね(身体
も細いけど)。ファニーフェイスで、「クシャおじさん」(古!)みたいな顔なん
だけど、何故か好きな俳優さん。今まで観てきた出演作が、かなり好きな
作品ばかりだからかもしれない。ピーター・パーカー/スパイダーマン役に
抜擢
されたと知ってかなり驚きましたが、演技力だけでなく、かなり動ける
俳優
さんなんだな、という印象。

 ヒロインはMJからグウェン・ステイシー嬢に代わり、ビックリマナコのエマ
・ストーン
がまた、かわいいんです! 特にあのミニスカ&ブーツ、いいね~、
若いって♪ この二人がとってもお似合いです。実生活でもカップルなんだ
とか。。ウラヤマシイ

 肝心のストーリーは、ビギニングものということで多少の「詰め込み感」
あり。特に前半、ピーターがスパイダーマンに変身するまではちょっと暗い
かな。しかしこれは、両親に置き去りにされたピーターの心の翳が投影され
ているので仕方がない。グウェンとラブラブモードになり、全身タイツのスパ
イダーマンに変身して以降はアクション全開、NYの摩天楼を舞台にやりた
い放題
大活躍
ですよ。お馴染みのブランコ仕様の浮遊感2Dでも十分、
堪能できました。

アメスパ3

 隻腕の科学者、カート・コナーズ博士(リス・エヴァンス)とピーターのとの
関係は、続編以降で明かされる模様。ベンおじさん(マーティン・シーン)は残
念だったけど、メイおばさん(サリー・フィールド)にはこれからも元気でいてもら
わねば。PartⅡはいつ頃公開かな? 楽しみにしてますよ~。

 ( 『アメイジング・スパイダーマン』 監督:マーク・ウェブ/2012・USA/
        主演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リス・エヴァンス
スポンサーサイト

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

【2012/07/31 23:49】 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(2)
暑中お見舞い申し上げます
ヴェローチェ

 ・・・って、全然涼しくない画像ですみません(汗)。

 初ヴェローチェでした♪

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

【2012/07/29 22:26】 | パンとか、カフェとか。 | コメント(0)
一人の女の子の落ちかた。~『ヘルタースケルター』
ヘルタースケルター

 その完璧な容姿でトップモデルとして君臨し、芸能界席捲するりりこ(沢尻
エリカ)
。しかし、彼女の美しさ全身整形によって造られたものであり、定期
的なメンテナンスと投薬
を必要とした。秘密を抱えた彼女の心身は、徐々に
まれてゆく
・・・。

 手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した岡崎京子のコミックを、フォトグラファ
ー蜷川実花
監督、映像化した話題作。主演の沢尻エリカは、その完璧なバ
ランスの容姿
スキャンダラスな言動が、まさにりりこそのもの原作のりりこ
は、もう少し「爛熟」しているのだが、今の日本で沢尻エリカ以上にりりこを演じ
られるタレントは思いつかない
。監督にとっても、唯一無二のキャスティング
ったと思える。

 耳障りな大音量の音楽と、安定しないカメラアングル煌びやかでド派手
毒々しい色彩、まさにそれは「蜷川芸術劇場」

ヘルタースケルター2

 りりこをはじめ、事務所社長(桃井かおり)、マネージャー(寺島しのぶ)、後
輩モデル(水原希子)
と、女性陣のキャストが皆、素晴らしい。特に、寺島しの
ぶの女優根性
は見上げたもの。「きれいどころ」 と「それ以外」 を残酷なま
でに仕分け
するのは、女性監督ならではのドライさなのかも。

 奮闘する女優陣に対して、男優たちは腰が引けた感じ新井浩文におネエ
系は厳しい
でしょう。大森南朋はあの猫背が素敵なんだけど、もう少しりりこ
に対する微妙な感情を表現してほしかった気がする。

 この映画、スキャンダル性ばかりがクローズアップされて、女優としての沢
尻エリカの演技
正当に評価されないとしたら、彼女が気の毒。しかし、演出
という点では監督の力量不足は否めないかも。りりこが落ちてゆく様、岡崎
京子が一番描きたかった「一人の女の子の落ちかた」の表現が、あまりにも
一本調子で工夫がない。そして実は、開始早々私はガッカリしてしまったのだ

 包帯でグルグル巻きの姿から「りりこ誕生」の場面。あそこでバストトップ
見せてしまうのは早過ぎる! もうちょっと焦らしましょうよ、監督。そしてやっ
ぱり「ヘルタースケルター」は流れないんだね。。ビートルズの曲って、許諾を
取るのが難しい
らしいけど、何とかならなかったんだろうか。

ヘルタースケルター3

 帰宅して、すぐに原作コミックを読み返す。雑誌連載は1996年というから、
16年も前の物語なんだ。しかし全く古びていないし、時代を超えて読み継が
れるべき作品
だと改めて思う。そして映画は、原作を大切に、忠実に作られ
ている
ことがよくわかる。

 常に「欲望処理装置」を求める大衆と、使い捨てられ、飽きられる定め
知りながら、スポットライトを求める女の子たちタイガー・リリィの奇妙な
冒険
。たとえ主役が変わっても、それは永遠に終わらない

 ( 『ヘルタースケルター』 監督:蜷川実花/2012・日本/
        主演:沢尻エリカ、寺島しのぶ、新井浩文、桃井かおり、水原希子

テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

【2012/07/25 22:39】 | 映画 | トラックバック(26) | コメント(6)
俺はわるくない/Trash ~『苦役列車』
苦役列車1

 19歳北町貫多(森山未來)は、父親の犯した性犯罪のために一家離散中卒
以来日雇い人足で生計を立てる孤独な青年。読書が唯一の趣味で、古書店でア
ルバイトする女子大生・康子(前田敦子)憧れを抱いていた。ある日、彼は現場
同い年の専門学校生・日下部正二(高良健吾)と出会う。

 私小説作家・西村賢太氏による、芥川賞受賞作の映画化。モテキから一転、
全身役者・森山未來がこれ以上ないほど自意識をこじらせた屈折率100%の青
を、悶々と演じている。もがきながらの「青春の日々」。監督は山下敦弘

  「友達なんかいらない」

 前のめりの猫背、いじけた目つき、ゆがんだ口元。ひっきりなしにハイライト
吸い、安酒をあおって家賃を踏み倒す。江戸っ子であることだけが唯一誇れる
アイデンティティ
であり、自分以外は「田舎者」とさげすむ、どうしようもない不健
康な心身
を持つ貫多は、現代ならさしずめ「ウザイ」の一言で周囲から抹殺させ
られそうな痛いキャラクター。「お前は本当に扱いにくい奴だなぁ」 正二の溜息
が、リアル過ぎて困ってしまう。

苦役列車2

 1986年という、日本中がキラキラと輝いていた時代。しかし、あの頃を感じさ
せるアイテムは正二の着る「Mr.Junko」のトレーナーと、「コネクレイジーめが
!」
 と貫多に罵倒される、正二の彼女(勘違い女)くらい。東京(法政大学)に
も、康子みたいに地味な女子大生がいたのだなぁ。あっちゃんってサウスポー
なんですね。演技している姿を初めてみたけど、自然体に演出されていて結構
好感した。

 そして一番の瞠目ポイントは、高橋先輩を演じたマキタスポーツ。最初、「誰
このおじさん? 泉谷しげるか?」
 とか思ってしまって、すみませんでしたっ!
熱唱する姿に釘付け。こんなおじさん、いるよね~。あとは「動物ごっこ」ですね。
唖然、の後ひたすら爆笑

 少し(かなり?)ズレてて、でも絶対「いそう」な社会の辺境を形作る人々
もろうて、やがて哀しき
・・・、違うか? 個人的には、あの「底抜け」落ちはいら
ないんじゃないか
と思うけれど。

苦役列車3

 平日朝一のシアターはガラガラ。まぁ、朝っぱらから「苦役」なんてタイトル
の映画を観に行こうなんてモノ好きは少ない
よね。山下監督仕事だから、私
絶対に観たかったけどね。観てよかったです

 ( 『苦役列車』 監督:山下敦弘/主演:森山未來、高良健吾、前田敦子/2012・日本)

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

【2012/07/24 11:11】 | 映画 | トラックバック(18) | コメント(2)
何かが足りない・・・~『崖っぷちの男』
崖っぷちの男






 MAN ON A LEDGE


 NY、マンハッタンの高級ホテルある男(サム・ワーシントン)が21階の部屋
の窓枠を超え、壁棚に立っていた。自殺志願者かと駆け付けた警察に、彼は
マーサーという名の女刑事(エリザベス・バンクス)を呼ぶように要求する。

 飛び降り自殺を試みる男には、ある目的があった。サム・ワーシントン主演
サスペンス・アクションスリーデイズ の記憶も新しいエリザベス・バンクス
やんちゃな弟キャラが定着しつつあるジェイミー・ベル、ちょっと老けた? キー
ラ・セジウィック
、そして、「こんな悪役、朝飯前だぜ・・・フフフ」エド・ハリスと、
なかなか興味深いキャスティングではないですか。観たい映画はたくさんある
のだけれど、まず時間の合ったこちらをチョイス。

崖っぷちの男2

 確かに、先の読み難い展開と、高所の恐怖インポッシブル(?)なミッション
最後の最後の「そうだったのか~」まで、面白い作品だったとは思う。しかし正直、
ところどころ睡魔に負け、記憶が飛んでいる。う~ん、繰り返しますが面白かった
のですよ。でも、何かが足りない・・・。

 思うに、主演のサム・ワーシントンがやや、魅力(と演技力)に欠けるのではな
いかと・・・。彼って声はすごく素敵(”I see you.”ね)なんですけどね。
主役級の俳優としては、どうなんだろう。

崖っぷちの男3

 ( 『崖っぷちの男』 監督:アスガー・レス/2012・USA/
      主演:サム・ワーシントン、エリザベス・バンクス、ジェイミー・ベル

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

【2012/07/21 22:34】 | 映画 | トラックバック(20) | コメント(6)
こんな日もあります (追記あり)
 感想を書いてて気づいたけど、この二本とも大きな賞(芥川賞、手塚治虫賞)
を得ている原作モノで、R15+指定なんですね。しかし、片やガラガラ、片や
大入り
地味と派手、単色と極彩色。しかし男女の違いはあれど、この世界と
折り合えない、孤独な異形の主人公ってところは共通している。公開日も同じ
対照的だけど、妙にシンクロしているところが面白いね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 邦画二本立て。 一日に映画二本観るのはめったにないこと。 ウレシス

GSP2.jpg






  一本目  『苦役列車』


GSP1.jpg







  二本目  『ヘルタースケルター』


  トッピングメガ盛り(笑)。感想は後日~♪


テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

【2012/07/20 22:10】 | 映画雑談 | コメント(0)
導きの書~『アジア映画の森 新世紀の映画地図』
アジア映画の森

 この本を読んでいた時間は、まさに「至福の時」そのものだった。

 ずっと以前に観た懐かしい作品、直近に観て衝撃を受けた作品。そんな様々
なアジアの国々の映画を追体験し、しばし甘い追憶に浸る。そして、観たい、観
たいと思いつつ、叶わないままになってしまっている映画
を思い出させてくれる。

  『オアシス』

     『欲望の翼』

          『ミウの歌』

              『クーリンチェ少年殺人事件』 ・・・

 そしてその膨大な情報量にもまして、感動的なのは書き手の方々の熱く、深
いアジア映画への思い
。特に、香港映画を語る野崎歓氏が隠そうともしない
私的な愛情の発露
には、読んでいるこちらの頬も思わず緩んでしまう。ソフトカ
バーなので持ち重りすることはないが、本そのものがずっしりと湿潤で、微熱
帯びているかのようだ。

 四方田犬彦氏による特別寄稿(この「つかみ」がガツンと来ます)、野崎氏、
岡環
氏ら、本書の監修者5人によるアジア映画の現在形を語る座談会に続いて、
いよいよ「アジア映画の森」 へと分け入る。中国、台湾、香港から中央アジア、
東南アジアを経てインド、イラン、イスラエルからトルコ
まで。各国映画の総論
に始まり、監督論の合間にコラムが入る、読み易い構成もうれしい。

 私はアジア映画にさほど詳しいわけでも、映画祭に出かけて行くほどのコアな
映画ファンでもない。けれど、映画って素晴らしい、映画ってやっぱり大好きだ
と、改めて思わせてくれた貴重な一冊だった。これからも(アジア映画も含めて)、
映画をたくさん観ていきたい。すべての映画好きの皆様に、一読推奨

 ( 『アジア映画の森 新世紀の映画地図』 石坂健治ほか・監修/作品社・2012)

テーマ:アジア映画 - ジャンル:映画

【2012/07/18 07:51】 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(2)
君の血中アルコール濃度は? ~『ラム・ダイアリー』
ラム・ダイアリー





 THE RUM DIARY


 Absolutely Nothing in Moderation


 1960年、カリブ海に浮かぶ南米・プエルトリコNYからやってきたポール・
ケンプ(ジョニー・デップ)
は、サンファンの地方紙記者としての職を得る。

 自身の親友であり、「伝説のジャーナリスト」 であったハンター・S・トンプ
ソンの自伝
を、ジョニー・デップが製作・主演したドラマ。白塗りでも、海賊
でもない「素顔」のジョニーは久し振り。私は特に彼のファン、というわけで
はないが、『妹の恋人』 『ギルバート・グレイプ』 を観て以来ずっと、気に
なる俳優のひとり
。久々に映画館に行けるとなると、アンドリュー・ガーフィ
ールドよりサム・ワーシントンより、ジョニーの映画を選んでしまった。

ラム・ダイアリー2

 この映画、あまり評判は良くないみたいだけど、私は満足だった。心地よい
メロディ
に乗せて、紺碧の空と海真っ赤なセスナが飛翔するオープニング。
大きなスクリーンで映画を観る幸福感に満たされる。セスナが牽引しているの
は何? 僅か数分で、すっかりこの映画に引き込まれてしまった。

 呑んだくれて「もう酒は止める」 と言いながら、体内をアルコールで満たし
続けるケンプ。自分は何も成し遂げていない、自分の文体=「ヴォイス」 が
ないんだ、と呟く彼。最後に映し出されるその容姿は、ハリウッドスター顔負
けの美しさ
『ラスベガスをぶっとばせ』 も未見であり、ハンター氏のことは
何一つ知らない私だけれど、きっと魅力的な人物だったに違いないと思える。
そしてその亡き友人を、ジョニー・デップが本当に楽しそうに、活き活きと演
じている。観ているこちらもうれしくなるほどに。

ラム・ダイアリー3

 「いい人」よりも、何故か悪役が印象に残るアーロン・エッカート汚過ぎる
ジョヴァンニ・リビシ
「ヅラネタ」をまさか、この人が(汗)、のリチャード・ジェ
ンキンス
。そしてアンドロイドのような質感の、危険で妖しい美しさ満開アン
バー・ハード
脇役の面々もいい仕事しています。満足。涙も感動もないけ
れど、こんな飄々としたコメディ寄りの映画も、たまにはいいんじゃない?

 ( 『ラム・ダイアリー』 監督・脚本:ブルース・ロビンソン
                      製作・主演:ジョニー・デップ/2011・USA)

テーマ:ジョニー・デップ - ジャンル:映画

【2012/07/17 15:16】 | 映画 | トラックバック(18) | コメント(0)
いつでも人生の主役になれる~『サニー 永遠の仲間たち』
サニー






 SUNNY


 ソウルに住むイム・ナミ(ユ・ホジョン)は、夫と高校生の娘と、何不自由なく
暮らす主婦
。しかし、日々の生活にどこか満たされないものを感じていた。そ
んなある日、母の見舞いに訪れた病院で、彼女は高校時代の親友ハ・チュナ
(チン・ヒギョン)
再会する。

 韓国で大ヒットしたという本作は、ある事件で疎遠になっていた高校時代の
仲良しグループ25年の時を経て再会し、それぞれが見失っていた友情と、
「自分自身の人生」を取り戻す物語。これは彼女たちと同世代であり、それな
りに「人生いろいろ」あって、年相応に鬱屈を抱えた私自身の物語でもある。
本当に、観てよかった。涙、ナミダ。監督はカン・ヒョンチョル

サニー2

 整形や、韓流ドラマの定番「異母兄妹」 「不治の病」ネタを自虐的に笑い飛
ばし、女子高生でもガチで跳び蹴りバトルする。この、ベタ過ぎる独特のトゥ
ーマッチ感
には、観始めて数十分でギブアップされる方もいらっしゃるかも。
全編に漂う「金がないのは首がないのと同じ」的価値観は、我らがサイバラ
ワールド
にも通じる。

 しかし、観終わって胸いっぱいに広がる、この清々しさはどうだ? それは
濃厚なキャラの主人公たちとは対局にあるような、これ以上ないほど潔いラ
ストシーン
のたまものだと思う。

 女子高生って、今も昔も本質的にはそう変わっていないのだろうな。そして、
女子は皆、女子高生だった頃の心を抱えたまま大人になる。初めての恋、初
めての失恋、教室内の序列とグループ、いけ好かないクラスメイト。時が経て
ば全ていい思い出、なんて嘘
だ。あの頃のは、幾つになってもかさぶたのま
ま、癒えることはない。だからこそ、大人になったナミが、一人ベンチで泣きじゃ
くる25年前の自分を抱き締めるシーンに、こんなにも心が震えるのだ。

サニー3

 そして改めて思う、シンディ・ローパーの偉大さよ・・・。先日、あるテレビ番
組でYOUが「彼女を他人とは思えない」と語っていたが、私も初めて『Girls 
just wanna have fun』
 を聴いたあの日から、ずっとずっと、彼女に励ま
されてきた
のだなあ。『Time after time』 『True Colors』 この三曲
だけでもう、シンディ・ローパーは偉大なアーティストとして音楽史に名を残
だけでなく、向こう100年、女の子たちの応援団長であり、心の友なのだ。

 少し長く生きていると、いろんなしがらみの中で、いつの間にか身動きが取
れなくなっていたりする。自分の為だけには生きられなくって、自分の人生そ
のものを見失ってしまう
こともある。でも、人生に遅過ぎる、なんてことはきっ
とない。いつだって、誰だって人生の主役になれるあなたがそう望むのな
らば


 ( 『サニー 永遠の仲間たち』 監督・脚本:カン・ヒョンチョル
      主演:ユ・ホジョン、シム・ウンギョン、チン・ヒギョン/2011・韓国)

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

【2012/07/14 08:56】 | 映画 | トラックバック(20) | コメント(2)
パソコンを買い換えました。
久々

 ちょっと間が空いてしまいました。 お元気でしたか?

 パソコンを買い換えて(遂に、念願の 「赤いノート」 を手に入れたのです♪)、
初めて自分で移行してみました。

 これまでずっと人任せにしていたのですが。。XP → 7 は移行ツールがあ
るので、結構簡単にできました(まだ入れていないソフトもあるのですが)。

 しかし。。10月に 8 が出るんですってね(笑)。

 やらねばならないこと、考えるべきことがたくさんあって、なかなかブログは
更新できず。。でも、今日久しぶり(約2週間ぶり)に映画を観に行けたので、
そろそろ再開しようかな?

 ちなみに観たのは『ラム・ダイアリー』 です。面白かったよ~、私は好きだっ
たな。でもその前に観た『サニー』 の感想もアップしてないなぁ・・・。

 絶対感想書きたい! と思った本も読んだし。映画好きの皆さんに、是非読
んでいただきたいと思った本なんですよ。 ← と、自分にプレッシャーをかける

 では、また近いうちに。

久々2

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

【2012/07/10 14:59】 | 徒然 | コメント(0)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!