本気の嘘を真実にしてみろ! ~『スマグラー おまえの未来を運べ』
スマグラー

 役者に憧れていたが、今はしがないフリーター砧(妻夫木聡)、25歳。チャイ
ニーズマフィア
から300万の借金を抱えてしまった彼は、「スマグラー」と呼ばれ
「闇の運び屋」の助手となるのだが・・・。

 夢に挫折し、空虚な日々を送っていた青年が、闇社会に潜む危険に晒されな
がら「本気の嘘」 がつけるようになるまで。ヘタレ男子の、少々、いやかなり荒っ
ぽい成長譚。いや~、面白かった! 原作コミックはもちろん未読。しかし、一癖
も二癖もある役者たちの怪演
と、章立てされたテンポのよいストーリー、ラストシ
ーンの爽快感
まで。一気に引き込まれて観た。衝撃的だと伝え聞いていた残虐
描写
も、目を背けるほどではない(私的には一命 のほうが苦手でした)。
お人好しで、ちょっと気弱な好青年妻夫木聡は本当にこういう役がハマる。
「お前はこの世界に住む人間じゃない」 by 丈(永瀬正敏)。その通り! 妻夫
木くん、キミはやっぱり悪人じゃないわ(笑)。

スマグラー2

 すっかりオヤジ化した永瀬正敏心やさしき謎のワケあり男、丈が最高でした。
警官松田翔太、大杉漣、漁師寺島進と、大物俳優がチョイ役で出ているの
もおいしい。翔太のお父さん、優作も(笑)。お蕎麦が大好き♪なジジイ若人あ
きら
我修院達也が笑わせてくれて。阿部力くんの中国語ネイティブだとしても、
安藤政信の中国語はどうだったんだろう? しかし、正直そんなことはどうでも
いい。背骨最高! 狂気と寂寥がない交ぜになった瞳、しなやかで強靭で、この
世のものとは思えない動き
。仕事(人殺し)を終える度に、生きることや死ぬこと
がわからなくなる
背骨。愛って何か教えてくれよ・・・。教えてあげられるものなら、
私が教えてあげたいわ!(爆)
 そして探偵はBARにいる のに続き、高嶋兄がすごいことになっておりま
す。香川さんかと思った(汗)。いや~、キャストがホント、素晴らしい作品でした。
そして彼らの最高の演技を引きだしたのは、もちろん監督の力量なのでしょう。
拍手

スマグラー3

 そしてこれは少数意見だと思いつつ書きますが、満島ひかりだけがミスキャ
スト
だと思ったなぁ。。演技力のある、若手ナンバーワンの女優さんであるのは
わかっているし、私も大好きではあります。でも、ちょっと役に合ってなかったん
じゃないかな? てか、ちょっと彼女は最近「出過ぎ」感があるのかも。売れっ子
の宿命
ですが。。「じゃあ他に誰ができるんだ?」 と言われても思いつかないん
ですけどね、すみません。

 「愛をくらえ」 と唄うSuperfly・志帆ちゃんのパワフルな歌声を聴きながら、
エンドロールの最後の最後まで、堪能させていただきました!

 ( 『スマグラー おまえの未来を運べ』 監督・共同脚本・編集・画コンテ:石井克人
        主演:妻夫木聡、永瀬正敏、安藤政信、松雪泰子、満島ひかり/2011・日本)
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

【2011/10/29 08:54】 | 映画 | トラックバック(27) | コメント(0)
秋のパン屋さん巡り・その2
 朝晩めっきり冷え込んでまいりましたが、私の食欲は一向に冷え込みません
(笑)。お天気がいいので、映画の後はちょっと足を延ばしてパン屋さん巡り

 まず一軒目。アド・パンデュース

アド1

 淀屋橋の駅で降りたのって何年ぶりだろう? 10番出口に直結しているビル、
淀屋橋odona2Fにありますブランジュリ・ダイニング。本日はAランチ

アド2




 サニーレタスにちゃんと味があります。
 手前のポテトはさつま芋カレー味

 小さなりんごジュースがついています。
 氷ぬきで、ってお願いするのを忘れて
 しまった。


アド3



 テイクアウトコーナーはこんな感じ。
 トングがズラリと並んでいるの、
 わかるかな?

 パンデュースといえばハート型のパン
 もちろん買いましたとも。


 さて。2軒目は肥後橋ブランジェリータカギ。アドから歩いてすぐです。赤い
シェード
が目印。なんともかわいらしい外観ですよね~。店内写真はNGです。

タカギ1

 迷いながらいくつか買いました。また来るね♪

タカギ2

テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

【2011/10/28 17:53】 | パンとか、カフェとか。 | コメント(0)
武士の本懐~『一命』
一命

 江戸時代初期井伊家津雲半四郎(市川海老蔵)と名乗る浪人が現れ、切腹
を願い出る。井伊家家老・斎藤勘解由(役所広司)狂言切腹であると考え、数ヶ
月前に井伊家を訪れた若い浪人の話を始める。

 御家取り潰しとなり、浪人の身となった武士たちの「一分」を描いた時代劇。実
は鑑賞をかなり迷ったのですが、三池崇史監督作品ということで行ってきました。
結果、観てよかったです。個人的には監督の同じ時代劇十三人の刺客 より好
き。監督らしい肉体的な痛々しさ、血生臭さは健在でも、全編を貫く静謐な緊張感
が凄い。そして役者・市川海老蔵を観直しました。立ち姿が様になる役者は大勢い
るけれど、そのオーラでスクリーンを「支配」し、君臨できる役者はそう多くない。
本作の海老蔵は、間違いなくその一人。もちろん、瑛太も、満島ひかりもとっても
よかった! 迷っている方は、大きなスクリーンで是非。

一命2

 竹光で切腹させられた求女(瑛太)ハラキリ場面壮絶過ぎて、正直、「これ
がカンヌで、全世界に向けて発信されたのか~」 と少々憂鬱にもなりました。傘
貼りの内職をし、質屋に通って日々の糧を得る浪人たち。士農工商とは名ばかり
で、貧しいお侍さんも多かったのですね。「熱いうちでないと喰えぬ味かもしれぬ
ぞ」
っていう半四郎の台詞がよかったなぁ。武士は食わねど高楊枝。

 義理の息子を殺めた井伊家に単身乗り込み、本懐を遂げる半四郎。降りしきる
雪の中、多勢を相手に屋敷に乗り込む様は気迫みなぎる名シーン「美しい」とさ
え感じてしまった。

一命3

 井伊家に仕える若武者三人の顔もうれしい。『龍馬伝』 で知り、時代劇向けの
役者
さんだと思う青木崇高。邦画界の若き名バイプレイヤー、波岡一喜。そして、
たとえ画面の端っこに居ても、存在感は群を抜く新井浩文。彼は瑛太と親友らし
く、以前松田龍平と三人でトーク番組に出演していた。マイペースでタバコなんか
ふかしてる二人の隣で、大汗かきながら一生懸命、場を盛り上げようと必死でしゃ
べっていた姿
が忘れられない。邦画も、時代劇も、そして若い俳優たちも捨てた
もんじゃあないな、と思わせてくれた一作だった。

一命4

 ( 『一命』 監督:三池崇史/主演:市川海老蔵、瑛太、満島ひかり/2011・日本)

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

【2011/10/26 20:20】 | 映画 | トラックバック(32) | コメント(4)
未来は頭のうしろにある~『こんなツレでゴメンナサイ。』
こんなツレでゴメンナサイ

 映画ツレがうつになりまして。 の著者・細川貂々さんの夫、「ツレ」こと望月
さんのエッセイ。帰国子女だった生い立ち夫婦の出会い、結婚までのいき
さつ
、おふたりの「長男」であるグリーンイグアナ「イグ」飼育についてなど
など、「うつ」闘病記以外のボリュームが大きくなっている。

 深刻なことでも「ププッ」と吹き出してしまうような、客観的な文章はとても読み
易い
。それだけツレさんが回復しているということだろうし、ご本人が自己憐憫
に浸ってない
ってことなんだろうな。貂々さんによるイラストも楽しい。

 しかし、身につまされたのは「ブログにはまって具合が悪かった」 という部分。
ネットに依存してエネルギーを消耗してしまう、というのはすごくわかる。自分も
「観た映画の感想を、読んだ本の感想を書かねば」 「コメントのレスを早くせね
ば」
 と自分を追い込んでしまいがちだから。ブログを始めてもうすぐ丸6年にも
なろうというのに、未だマイペースがつかめていない自分。。。トホホ。
ちなみに、ツレさんはパソコン断ちをしたことで、心の中のエネルギー回復
たらしい。う~む。私も止めた方がいいのかもしれないなぁ、パソコン。。

 結婚12年目にして赤ちゃんを授かったところで、このエッセイは終わる。子育
てについてのエッセイ
も書かれているから、機会があれば読んでみたいな。

 ( 『こんなツレでゴメンナサイ。』 望月昭・著/細川貂々・画/2008・文藝春秋)

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2011/10/24 19:22】 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(2)
明日があるさ~『カンパニー・メン』
カンパニー・メン






 THE COMPANY MEN


 地元ボストン大企業、GTXの販売部長として働くボビー・ウォーカー(ベン・
アフレック)
は、リーマン・ショックのあおりでリストラ宣告されてしまう。妻と子ど
も二人
を養い、車や家のローンを抱えるボビーは、再就職はさほど難しくないと
高をくくっていたのだが・・・。

 金融不況のあおりを受け、疲弊するアメリカの重工業。社員よりも株価上昇
重要視する経営者によって切り捨てられた「企業人」たち。第二の人生を模索す
る彼らの姿を通して、働くことの意味家族の絆を描く社会派ドラマ。

 「金持ちは1%、われわれは99%」 のスローガンの下、ウォール街でのデモ
が世界に飛び火している昨今、物凄くタイムリーで意義のある映画だと思う。
スカーウィナー
である素敵な「オジサマ」たちの、渋い演技も見どころ。

カンパニー・メン2

 挫折を知らないエリート、ボビー。彼は自分がリストラされても、なかなか
を見ようとしない。ポルシェを乗り回したり、ゴルフをしたり。。そんな彼を、
黙って支えるマギー(ローズマリー・デウィット)って、いい妻だなぁ。。こんな
女性、なかなかいませんよ(私ならキレてる)。リストラされたのがご近所にば
れるから6時まで帰って来るな、って言うフィル(クリス・クーパー)の奥さんの
ようなタイプの方が、世間には多いかもしれない。しかし正直、マギーは妻と
いうより「お母さん」のような役割を果たしていたような? ボビーが子ども過ぎ
から、そうならざるを得ないのかもしれないけれど。

 社員の生活よりも買収を恐れ、株価を優先するCEOに反発し、役員でありな
がらリストラされてしまうジーン(トミー・リー・ジョーンズ)「ものづくり」に対す
理念を熱く語る彼は、現代社会においては最早無用の長物なのかもしれな
い。ジーンの顔に刻まれた深い深い皺が、後戻りできないアメリカという国の
「疵」のように映る。しかし、ジーンもただの堅物というわけではない。不倫相手
のサリー(マリア・ベロ)
解雇通告されるも、浪費家の妻を見切って出た先が
サリーの家、っていうのが凄い。まだまだ枯れてません(笑)。

カンパニー・メン3

 ボビーの義兄ジャック(ケヴィン・コスナー)がまた、口は悪いが義理人情に厚い
「親方」
で、いい味ホワイトカラーとブルーカラー軽蔑し合っていたボビーとジャ
ック。しかし仕事を通して互いを認め合い、和解するシーンは感動的。先の見えな
い、不安定なこの現代社会で、やっぱり強いのは「手に職」なんだと思う。そして、
社員を大事にしないGTXみたいな会社は、遅かれ早かれダメになりますよ。

 「リストラ組」再結集、リスタートする彼らに幸多かれ。小さなタグボートが大き
タンカーを曳くラストシーンに、胸がジーンとしてしまった。負けるな~!

 ( 『カンパニー・メン』 監督:ジョン・ウェルズ/2010・USA/
          主演:ベン・アフレック、トミー・リー・ジョーンズ、クリス・クーパー

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

【2011/10/21 09:59】 | 映画 | トラックバック(15) | コメント(2)
パトリオット~『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
キャプテン・アメリカ




 CAPTAIN AMERICA:
 THE FIRST AVENGER


 1942年、第二次大戦に参戦したアメリカ。人一倍の愛国心を持ちながら、
その虚弱さゆえに兵役をパスできなかった青年スティーブ・ロジャース(クリス
・エヴァンス)
は、アースキン博士(スタンリー・トゥッチ)から人体実験に誘われ
る。実験は見事成功、屈強な身体を得たスティーブだったが・・・。

 毎度お馴染み、マーベル・コミックの映画化。普通に面白かったです、可もな
く不可もなく。これジョー・ジョンストンなんですね~。まぁ、ケネス・ブラナーが
アメコミ映画を撮る
くらいだから、監督が誰であろうと何の不思議もありません
が・・・。主演のクリス・エヴァンスは、私がクマにキレた理由(わけ) でハー
ヴァード大生
を演じていた彼。出世したね(笑)。他にはトミー・リー・ジョーンズ、
ヒューゴ・ウィーヴィング
など、結構豪華キャストです。(↑のポスターの横顔っ
て、トミー・リーに見えない?) ドミニク・クーパーがトニー・スターク(ロバダ
ウJr.)の父君
だったとは、、、なるほど。そして、「出るゾ、出るゾ」 と思ってい
たらやっぱり最後に出ました、サミュエル・L・ジャクソン! お約束!

キャプテン・アメリカ2

 この映画を持って、マーベルのヒーローは揃い踏み。でいよいよお待ちかね、
『アベンジャーズ』 公開です。私の隣では、高校生男子三人組がお行儀よく
鑑賞していたのですが、エンドロールが始まった途端に帰ってしまいました。。
「ちょっとちょっと君たち、最後に必ず何かあるよ~」って教えてあげればよかっ
たかな? マイティ・ソー で何故かノンクレジットだったジェイミー・レナー
顔も観られたよ! 楽しみですね♪

キャプテン・アメリカ3

 ( 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』 2011・USA/
    監督:ジョー・ジョンストン/主演:クリス・エヴァンス、トミー・リー・ジョーンズ

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

【2011/10/20 21:18】 | 映画 | トラックバック(44) | コメント(2)
知り過ぎた男~『ゴーストライター』
ゴーストライター






 THE GHOST WRITER


 ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日
エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)自叙伝執筆
を打診される。気乗りしないまま引き受けた男は、ラングが滞在するNY州の
孤島へと向かう。

 ”Who are you?”  ”I'm your ghost.”

 ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞をはじめ、ヨーロッパ映画賞、セザール賞
など各賞を受賞、大絶賛されたサスペンス。彷徨える名匠、ロマン・ポランス
キー
の語り口が巧妙秀作。こういう作品を「映画らしい映画」と言うのだろう
な。でも私には、ちょっとテンポがスローに感じてしまった。アナログって言う
か、旧きよき映画、みたいな。

ゴーストライター2

 暗い海に浮かび上がる一艘のフェリー。観る者の不安を煽るようなオープニン
グは赤い航路に似ている。あの作品で奇妙な夫婦に翻弄される英国人を演じ
たのはヒュー・グラント。そして本作で、同じく英国人キャラ全開で振り回される
主人公を演じるは、ユアン・マクレガー。本作を観て、「そこらの兄ちゃん」(失礼)
だったユアンもすっかりいい歳だなぁ、と感慨に浸ってしまった。

 出版社社員を演じるティモシー・ハットンにまず目が釘付けで(懐かしい!)、
ブレア元首相がモデル(?)ピアーズ・ブロスナンもハマリ役。イーライ・ウォ
ラック
さんもまだまだお元気そうで。。そして妻VS.愛人秘書バトルを演じた女
優さん二人がお見事! 特にルース・ラングを演じたオリヴィア・ウィリアムズ
直近ではハンナでお見かけしましたが、この女優さんいいですね~、好きだ
な~。そしてサマンサことキム・キャトラルが秘書って・・・。ロマン・ポランス
キー、女の趣味わかりやす過ぎ
(笑)。

ゴーストライター3

 人生ネタ帳、なロマン・ポランスキーには、世界はいつもこんな風に、鉛色
に曇って見えているのかなぁ。何より感じたのは、彼はアメリカが嫌いなんだ
な、ってこと。風が物語るラストシーンは本当に素晴らしい。そして、エンドロ
ール
が出て初めて、ゴーストライターに名前が与えられていなかったことに
思いが至る。これにはやられた! ロマン・ポランスキー、やるなぁ。まだまだ
枯れませんね。

 ( 『ゴーストライター』 監督・製作・共同脚本:ロマン・ポランスキー
     主演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン/2010・仏、独、英)

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

【2011/10/19 13:27】 | 映画 | トラックバック(43) | コメント(6)
ココロが風邪をひいたら~『ツレがうつになりまして。』
ツレうつ

 売れない漫画家のハル(宮崎あおい)は、几帳面で真面目夫・ツレ(堺雅人)
と二人暮らし。結婚5年目のある日、ツレが「うつ」になってしまう。

 細川貂々ベストセラーエッセイ漫画「ツレがうつになりまして。」の映画化。
とってもよかったです。ちょっと甘いけど、今年の邦画のベストに入れてしまい
そう。

 実は私、白状しますが宮崎あおい嬢ってあまり好きではありませんでした。
雅人
さんも、好感度は高いですがそう好きな俳優さんというわけでもなく。。そ
れでも、お二人が共演した大河ドラマはチラ見しておりました。「ふたりとも巧い
役者さんだなぁ」
と思いながら。

 そして、、本作を観て、あおい嬢大好きになってしまった。。化粧っけのない
犬顔、意外に背が高くて足が長い。頭が小さいからお団子ヘアがよく似合う。
リアルでは「ツレがツィッターで暴走」して、大変そうなあおいちゃん。これから
も応援するからね! 堺さんも、巧い巧いとは思っていたけれど本当に巧い
なぁ~。お風呂場のシーンでは、もう、泣けて、泣けて。。このお二人のケミス
トリー、最高
ですね。

ツレうつ2

 一週間、曜日毎のチーズとネクタイを決めている、生真面目なツレ。きっと、
「テキトー」だったり、「おおざっぱ」な人はうつにはならないんだろうなぁ。「死
にたい」
 とか「取り残された気がする」とか、「昼寝したら申し訳ない」とか。
なんだか身につまされるよ。私も電話対応の仕事をしていた時期があるので、
ああいう仕事の辛さはよくわかる。電話の仕事って、ダイレクトに心に来るん
ですよ。相手の顔が見えない分、言葉がハートに突き刺さるんです。「自分な
んか何の価値もない人間なんだ、って思うんですよ」
って、私もお医者さん(内
科の先生でしたが)に言ったことがあります。それはまた、仕事以外に問題
抱えていた頃の話だけれど・・・。

 辛そうなツレに「仕事辞めたら」 って言えるハルさんは、強い女性だなって
思う。家族が病気になったら、もちろん一番辛いのは本人だけど、支える家族
の心労
も相当なものだから。そしてハルさんがツレを支えられたのは、彼女に
「漫画」という支えがあったから。やっぱり、仕事って、人間にとって本当に大切
なもの
なんだな、って改めて思います。

ツレうつ3

 ハルさんが描くイラストが本当にかわいい。そしてこの映画のテーマは、病
の克服というよりも夫婦愛、夫婦の成長譚なのだろう。あなたも結婚したくな
ります
よ! ヤバイよ! 原作には続編があるから、このコンビで映画も続編
希望
です。

 P.S. 教会のシーンで、原作者ご夫婦がカメオ出演されていたような?

 ( 『ツレがうつになりまして。』 監督:佐々部清/2011・日本/
               原作:細川貂々/主演:宮崎あおい、堺雅人

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

【2011/10/15 12:13】 | 映画 | トラックバック(28) | コメント(2)
リンゴをかじろう~ Stay hungry,stay foolish.
 心斎橋アップルストア前。まだたくさんの献花が。。。

アップル

 私はPCはずっとウィンドウズだし、ドコモユーザーなのでiphoneを使う
のはまだまだ先だと思うし、使ってるアップル製品といえばipodくらいなの
ですが。

 やはり、スティーブ・ジョブズ引退と死はかなりのショックでした。本日
(10月14日)は彼の「最後の製品」発売日アップルストア前にはたくさ
んの人々が並んでいたようです。彼のは、これからもずっとアップルに
引き継いでいただきたいですね。。 R.I.P.

 幽霊の映画を観たあとはダロワイヨ(DALLOYAU)でランチ。ぐふふ

ダロワイヨ

 そしてキッシュやらリュスティックやら、たんまりとテイクアウトしたのは
言うまでもありません。お土産マカロンまでいただいてしまった。。店長
様、ありがとうございました&ごちそうさまでした♪

ダロワイヨ2

 ゴーストの映画の感想は、また後日~。

テーマ:今日を大切に・・・ - ジャンル:ブログ

【2011/10/14 14:36】 | 徒然 | コメント(0)
人間は万物の霊長か?~『猿の惑星:創世記/ジェネシス』
猿の惑星




 RISE OF THE PLANET OF THE APES


 アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社研究員ウィル(ジェームズ・フランコ)
は、アルツハイマーの特効薬を開発していた。その薬を投与されたチンパンジ
は、驚異的な知能の発達を見せたのだが・・・。

 少し前の新聞に、「あなたの心に残るSF映画は?」というアンケートが掲載さ
れていた。そうそうたる名作・大作が名を連ねる中、堂々の第一位はなんと(?)
『猿の惑星』。 特に、「トラウマ必至」だというラストシーンが忘れられない、と
いう意見多数。ええ~、どんな凄いシーンなんだろう?! 観た~い。

 ・・・、そうなんです。ワタクシかの有名な『猿の惑星』シリーズ、一作もマトモ
に観た記憶がございません(懺悔)。本作は前評判の良さと、ジェームズ・フラ
ンコ主演
ということで鑑賞。いや~、面白かったというよりは、怖かったです。

猿の惑星2

 驚いたのは猿たちの演技が素晴らしいこと。VFXだろうとは思ったのですが、
顔の表情身体の動きもリアルで、人間たちの演技以上感情が伝わってくる。
特に主役の「ブライト・アイズ」シーザーは、その名の通り瞳の演技が素晴らし
い! アンディ・サーキスという役者さんが演じているらしい。

 ウィルやその父(ジョン・リスゴー)との関係に悩み、自分は一体何者なんだ?
葛藤するシーザー。猿に生まれながら、猿よりも人間に近い彼。しかし結局、
彼は「猿」として、仲間とともに生きることを決意する。

 この映画には「人類への警鐘」というキャッチコピーが付いているけれども、
科学の進歩と自然環境保護とのバランスって、本当に危うい綱渡りだと思う。
「絶対安全」な、副作用のない薬なんてあり得ない。人間は自らの力で、病気
自然災害克服できると過信しがちだけれど、自然を支配しようとすると必
ずどこかで綻びが生じる。そしてその因果は、巡り巡って人類を滅ぼすかも
しれない・・・。他人事じゃないですよね、本当に怖い。リアルに。しっぺ返しが。

猿の惑星3

 ドラコ・マルフォイことトム・フェルトンが、本当に憎たらしいヤな奴好演
てたのがなんかうれしい(笑)。これが「創世記」ってことは、エピソード・ゼロ
ってことなんですよね? ますます観たくなってきた、シリーズ第一作。。

 ( 『猿の惑星:創世記/ジェネシス』 監督:ルパート・ワイアット
        主演:ジェームズ・フランコ、アンディ・サーキス/2011・USA)

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

【2011/10/13 20:49】 | 映画 | トラックバック(58) | コメント(14)
季節の変わり目
 ちょっと体調を崩していました。

FDh4.jpg

 これは少し前にイートインしたときの写真。
 ほんま、どんだけバケット好きやねん、と(笑)。

 店内はこんな感じ。

FDh5.jpg




  Four de h

FDh6.jpg

 『ゴーストライター』 今週行けるかな。。

 行きたいな。。いや絶対行くゾ!

テーマ:今日を大切に・・・ - ジャンル:ブログ

【2011/10/10 16:31】 | パンとか、カフェとか。 | コメント(2)
しあわせなバカタレ~『監督失格』
監督失格

 2005年、35歳の誕生日の僅か2時間前にこの世を去った女優、林由美香
かつて彼女と不倫関係にあり、長年友人関係にあった映画監督・平野勝之
が、自らの気持ちに「けじめ」 をつけるべく製作したドキュメンタリー

 残念ながらと言うべきか、AVにもピンク映画にも縁のない人生を送ってき
た自分は、林由美香のことも、平野監督のことも知らなかった。しかしこの作
品の劇場予告を目にしたとき、そのなんとも表現し難い異様なまでの吸引力
生身の人間がさらけ出す「情念」のようなものに釘付けになり、「絶対に観たい
映画」
として心にメモした。こういう作品がシネコンでかかること自体、奇跡
ように思えるが、残念ながら観客はまばら。林由美香のコアなファンと思しき
中年男性数人とともに、間違いなく記憶に刻まれるであろう壮絶な人間ドラマ
を観た。

監督失格2

 映画前半は、二人の「北海道不倫自転車旅行」 のプライベート・フィルム。
平野32歳、由美香は26歳。白い肌、大きな垂れ目まんまるい頬っぺたの、
典型的なタヌキ顔の由美香。奥さんに電話した、元カレにハガキを書いたと
話喧嘩
し、もう疲れたと言って泣き、前後不覚に酔っ払って失禁する、どうしよ
うもなく無邪気魅力的由美香。そんな由美香が好きで好きで、一緒にいる
のがうれしくてたまらない平野


 「そんな無駄に回してどうすんの」 「かわいいから無駄じゃないの」
 「俺は由美香からオギャーって生まれた監督だから」


 自分にとって由美香は「運命の人」だと、照れながら言う平野。「幸せですか?」
「うん、幸せです」
。 しかし二人の蜜月は、そう長くは続かなかった。

 「結婚して、子ども産んで、人並な幸せってやつを」 望んでいた由美香。しか
し彼女は、どんな男とでも4ヶ月と続かないのだと嘆く。相手が共感して欲しいと
きに、何故か醒めた物言いをしてしまうのだと。やがて34歳になった由美香は
痩せて、まんまるだったほっぺを失っていた。

 そしてこのドキュメンタリーには、もう一人強烈な印象を残すキャラクター
登場する。短髪に男物のシャツを着た、「お父さんみたいな」 由美香ママ
由美香が語る「不幸な」生い立ち、小学生の時に「捨てられた」この母に、彼女
は終生執着する。

監督失格3

 自宅で倒れていた由美香を「発見」した平野は、通夜でも葬儀でも涙を流せず、
以来5年間、カメラを手にすることができなかった
。自らが前に進むために、由
美香との日々に正面から向き合い、映画にすることを決意した平野だったが・・・。

 編集作業を進めるうち、彼はやっと自分の「本当の気持ち」に気付く。そして
そこには更なる喪失感と、大き過ぎて埋め難い欠落感が待ち受けていた。
「生半可」な言葉では送れないと、平野は絶叫する。涙と汗と鼻水でぐちゃぐち
になりながら、自分の「本当の気持ち」、本当の姿をさらけ出す。その言葉が、
私には正反対の意味に聞こえてならなかった。イカナイデ、イカナイデ、イカナ
イデ・・・


 平野さん。無理に由美香とお別れしなくてもいいじゃない? あなたは由美香
から生まれたのだから、あなたがあなたであり続ける限り、別れることなんかで
きないんだよ。それがあなたが持って生まれた「宿命」であり「業」であり、「愛」
なんだから。それは全部、由美香が与えてくれたものなのでしょう?
 

 公式サイトにある、由美香ママ由美香の弟さんの「物語」がまた、胸を打つ
平野監督には、彼らのドキュメンタリーも作っていただきたいくらい。打ちのめ
されるようなラストシーン
の後、矢野顕子が唄う主題歌 『しあわせなバカタレ』
がまた、慟哭拍車をかける。この映画、エンドロールが短すぎるよ。明るくな
るのが早すぎて、泣き顔をどうすることもできないじゃない・・・。

監督失格4

 ( 『監督失格』 監督:平野勝之/主演:林由美香、平野勝之/2011・日本)

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

【2011/10/06 00:00】 | 映画 | トラックバック(5) | コメント(0)
ひとを慈しむもの~『慈雨の音 -流転の海 第六部-』
慈雨の音

 昭和39年。大阪・福島で、松坂熊吾モータープールの管理人として、妻・房江
一人息子の伸仁と三人で暮らしていた。

 宮本輝氏による 『流転の海』 シリーズ待望の新作。前作である第五部 花の
回廊
 の感想を書いているのが丁度4年前。あと何年、何作で完結するのだろう
な、と思いつつ読了。

 宮本輝は、新作が出ると必ず読む作家のひとり、だった。実は今年の春に出た
『三十光年の星たち』 は手に取ったものの、読んでいない。しかしアマゾンのレビ
ューは軒並み高評価
なので、いつか読んでみようかな。。

 閑話休題。前作で、今後のキーパーソンになると予想した咲子は登場せず。
国一城の主
でないと気が済まない性分の熊吾は、新しい事業への目配せに余念
がない。房江は、小学校を卒業できなかったコンプレックスと、熊吾の晩酌に付き
合うストレスアルコールに手を伸ばす。私立中学に入学した伸仁は、第二次性
を迎えようとしている。彼らと彼らを巡る人々の日常と、それぞれの運命、様々
出逢いと別れが描かれる。

 この物語の魅力は、松坂熊吾という豪放磊落にして繊細な人物の魅力にあると
わかっていながら、この物語の語り手(視点)が息子の伸仁に移るのはいつだろ
う、と考えている自分がいた。そしてそうなった時こそが、この大河シリーズが終
わりを迎える時
なのかもしれない。

 ( 『慈雨の音 -流転の海 第六部-』 宮本輝・著/新潮社・2011)

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2011/10/05 11:32】 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0)
今年も残すところ
 あと3ヶ月ですね。。は、早、!! 皆さま如何お過ごしでしょうか。

スタバ1


 「スタバ帝国」

  遂にアメ村にも来襲、の図


 大阪は、もう「涼しい」 を通り越して朝晩は「寒い」 くらいですよ。
 1日にはブーツを解禁いたしました。足元があったかいと、いい感じ~♪

 さて。激動の2011年やり残したことは。。

 取り急ぎ、「読書INDEX」 の「著者別INDEX」 を作らねば!
 と書いて自分にプレッシャーをかけます。あと3ヶ月!

 皆さま風邪など召しませぬよう。。 

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

【2011/10/04 00:00】 | 徒然 | コメント(2)
同じ月を見ている~『親愛なるきみへ』
親愛なる君へ




 DEAR JOHN


 2011年。チャールストンの海岸で、休暇中の軍人ジョン(チャニング・テイタム)
は女子大生のサヴァナ(アマンダ・サイフリッド)と出逢い、恋に落ちる

 9.11によって引き裂かれた恋人たちの純愛物語。原作はニコラス・スパークス、
監督はラッセ・ハルストレム
。主演は大型犬を思わせるチャニング・テイタムと、
今がの若手、アマンダ・サイフリッド鉄板ですね。もう、うるうるでした。
手紙、引き裂かれた恋人たち、別れても想いは終わらない、、と、既視感で目眩
がしそうになりながらも。。

 いやしかし、『きみに読む物語』 のレイチェル・マクアダムス最高にかわい
かった。。アマンダ・サイフリッドも好きですが。彼女、歌が巧いんですよね~。
声もきれいだし。

親愛なる君へ2

 一番好きだった人と結ばれなかった、という想いを胸に秘めて生きている人は、
少なくないんじゃないだろうか。若い頃は、恋人と会えない一年、って途方もなく
長く感じるもの。だからこの物語でサヴァナがした選択を、私は責めたくない。
サヴァナはそのやさしさゆえに、その弱さゆえにティム(ヘンリー・トーマス)
結婚したのだし、そんな彼女をこそ、ジョンは愛したのだから。

 会えなくても、声も聞けなくても、この世界のどこにいても、「同じ月を見てい
る」
信じあえる相手と出逢えたこと。そのことに感謝して、思い出を抱きしめ
て生きている人もいれば、その人のそばで生きて行こう、とトライする人もいる
だろう。この映画を絵空事だと笑う人もいるかもしれない。でも、人生には、思
いもしなかったような奇跡が起こるんだよ。それは明日、あなたの身にも起こ
るかもしれない。誰かと出逢って、恋に落ちる。それだけで既に「奇跡」なのだ
し。

 ”See you soon then.”

親愛なる君へ3

 ここ数年大活躍のリチャード・ジェンキンスがいい味。そしてティム。この人
知ってる、どこで観たんだろう、、って思ってたらアナタ、『E.T.』 のエリオット
じゃない! ギャー、懐かし過ぎ!! 顔もあんまり変わってないね。

 ( 『親愛なるきみへ』 監督:ラッセ・ハルストレム
        主演:チャニング・テイタム、アマンダ・サイフリッド/2010・USA)

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

【2011/10/03 17:14】 | 映画 | トラックバック(24) | コメント(0)
妻の人生を取り戻すために~『スリーデイズ』
スリーデイズ




 THE NEXT THREE DAYS


 大学教師のジョン(ラッセル・クロウ)は、愛妻ララ(エリザベス・バンクス)と一人
息子ルークと幸せに暮らしていた。そんなある日、ララが殺人容疑で逮捕されて
しまう。

 フランス映画『すべて彼女のために』 のハリウッドリメイク。これポール・ハギ
なんですね、ビックリ! 彼は脚本家として実績があるので、リメイク作品を手
がけるとは思ってもみず。オリジナルは未見ですが、面白いんだろうな~。。
ヴァンサン・ランドン&ダイアン・クルーガーですから。

スリーデイズ2

 こちらのリメイクはと言うと、まぁまぁ面白かったかな。妻を愛し、信じ抜く主人
公の信念
が凄いです。壮絶です。妻は「絶対に」 無実だと。誰がどう裁こうが、
証拠が揃っていようが、妻は「絶対に」 やってないんだと。ここまでぶれずに、
誰かを信じられるってことに感動する。ほとんど狂気だけれど・・・。

 「君の人生を取り戻す」。 ジョンはそう言って、ララを刑務所から掠奪する計画
を練る。真面目一本の大学教師が、ドラッグの売人に近づき、ネットで鍵の解錠
方法を調べ、医療文書を偽造する。すべては妻のために。妻を取り戻すために・・・、
そこまでやるか

 観ている私(たち)は思うんですよ、「この妻は、本当にやってないのか?」 と。
実刑が確定し、絶望して自殺を図るララ。それでも、他人は疑うのです。誰かを
信じるということは、本当に難しく、根気が必要。真実がどうであれ、それは自分
自身の心の問題だから。

スリーデイズ3

 脱獄計画が実行されるまで、が長いのが難でした。ラッセル・クロウは相変わ
らずの鉄板演技。そして何と言っても子役がかわいい! イタイケだわ~。

 彼らは逃げおおせたのか? 全てを、国、仕事、名前、血族、全てを捨てた
彼らの今後に何が待ち受けているのか? 考えずにはいられない幕切れだっ
たな。

 ( 『スリーデイズ』 監督・製作・脚本:ポール・ハギス
            主演:ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス/2010・米、仏)

テーマ:個人的な映画の感想 - ジャンル:映画

【2011/10/02 00:00】 | 映画 | トラックバック(28) | コメント(4)
真紅のthinkingdays


いつまでも青臭い映画好きでいたい。愛おしい映画と、忘れがたき本たち。ときどきカフェとか。 記事は基本的にネタバレあり。 どうぞご贔屓に♪

Recent Entries

Categories

What's New?

真紅

Author:真紅
Every cloud has a silver lining.

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

My Favorite

Search this site

RSS

Thank You!