FC2ブログ
映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅   ★劇場鑑賞した映画はインスタにアップしています@ruby_red66

"Love wins" に思うこと

      IMG_0520.jpg
      (ジェームズ・マカヴォイのインスタ@jamesmcavoyrealdealより)

ジェームズ・マカヴォイ(ヴォイさん)を特に推しているわけではないけれど、ほとんど 「怖い」 くらい凄まじいその演技力には一目置いている。
だから出演作は気になるし、スコティッシュなので(ここ重要!)インスタもフォローしている。

彼のパートナーがアンヌ=マリー・ダフだと知った時には 「お、やるなお主!」 とうれしくなったもの。
そしてその結婚が破綻した時は、「残念」 以外の感情がなかった。

そして2020年4月20日。ヴォイさんがポストしたのが上の画像。
え? 一瞬目を疑い、穴があくほど見つめた。

「やっぱりアンヌ=マリーだ」 何とも言えない感情が込み上げてきた。

何があって二人が別れたのかは知らない。
軽々しい決断ではなかったと思うし、辛く苦しいこともたくさんあったのだろう。
しかしこの一枚の写真で、二人の間に今ある感情が決して悪いものばかりではないこと、(お互いのパートナーやお子さんを含め)二人がそれぞれに今、とても健全で幸せであることが伝わってくる。

このアンヌ=マリーの表情。
チャリティのためにデザインされた白いTシャツ。「愛は勝つ」
なんだか涙が出そう。ヴォイさん、アンヌ=マリーありがとう。
そして今の私のこの気持ちを、ルシア・ベルリンに代弁してもらおう。

「わたしとマックス同様、サリーと前夫も深い絆で結ばれている。だとしたら、結婚とはいったい何なのだろう。いくら考えてもわからない」  (『ソー・ロング』 by ルシア・ベルリン)
スポンサーサイト



テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

2020-04-26 : 徒然 : コメント : 0 :
Pagetop

あか、青、オレンジ

     IMG_0418.jpg

どんな色がすき?
あかい色がすき
いちばん先になくなるよ
あかいクレヨン


「バースデーカラー」 なるものの存在を知りました。
一年366日、誕生日ごとに色があるのです。
まぁ根拠はないのでしょうが、お遊びで。

私は自分で自分に赤い名前をつけておいてアレなのですが、「青のイメージがある」 と言われることがあります。
服にしても小物にしても赤を選ぶことが多いのですが、何故か
(たまに着る青が印象に残るのかな?)
日本人は青を好むと言われますが(サムライブルーしかり)、私も青は大好きな色です。
そしてバースデーカラーも青系の色でした。
やっぱりね、ちょっとうれしい。(青と言えばこんな記事を書いたこともありますね)

ちなみに一番好きな色、実はオレンジです。
幼稚園の頃、一番先になくなるのは 「オレンジのクレヨン」 でした。
みかんが好きだったからかなぁ(笑)。

画像は職場近くのギャラリーで見つけたポストカード。気に入ってデスク横にずっと飾っています。
沈んじゃダメなんですが(笑)。

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

2020-04-11 : 徒然 : コメント : 0 :
Pagetop

謹賀新年~2020

新年あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

IMG_9965.jpg

初詣は奈良・東大寺へ
世界で一番好きな場所のひとつ

IMG_9945.jpg

御利益ありそう?(笑)

IMG_9955.jpg

神の使いこと鹿さんたちも元気そう
今年も変わらずよろしくね♪

IMG_9957.jpg

IMG_9941.jpg

IMG_9931.jpg

真紅拝

テーマ : 年末年始のご挨拶
ジャンル : ブログ

2020-01-02 : 徒然 :
Pagetop

よいお年をお迎えください

IMG_9619.jpg

 今年も残すところあと一日。。

 今年もあまり更新できませんでしたが、お付き合いいただいたみなさまに感謝申し上げます。
 2019年のベスト作、こちらには年明けにアップ予定です。

 画像はマイ職場PCの背景画像。え、最推しトムハがいないじゃないかって? 
 彼がいると息がとまるので自粛してます(笑)。
 年が明けると怒涛の年度末が待っているのですが、映画と推しにパワーをもらって頑張ります!

 みなさまよいお年をお迎え下さい。ではまた、近いうちに。
                                    真紅拝

テーマ : 年末年始のご挨拶
ジャンル : ブログ

2019-12-30 : 徒然 :
Pagetop

先月のことですが。

 もう先月のことですが、ハワイに行ってきました。

IMG_9385.jpg

 なんと20年以上ぶりの海外です。
 どうしてこんなに間が開いてしまったのか。。(それ以前はほとんど毎年出かけていたのに)
 人生3度目のハワイです。
 
IMG_9359.jpg


IMG_9289.jpg


 ワイキキビーチで泳いでダイヤモンドヘッドに登って、アラモアナセンターでお買物して。
 バスで郊外のイオン的なモールに行って、カメハメハ大王像を見に行って。

 典型的なおのぼりさんしてきました(笑)。

     IMG_9271.jpg

     IMG_9258.jpg

     IMG_9260.jpg

 久しぶりに国外へ出て何にビックリしたって、自分の英語力が壊滅してることですね。
 全く言葉が出てこない。人間って衰えるんですね(涙)。勉強しないと。。

 ESTAの期限が2年だから、それまでにまたアメリカに行きたいなぁ。

    IMG_9400.jpg

 英語勉強してからね!

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

2019-10-07 : 徒然 : コメント : 8 :
Pagetop

暑中お見舞い申し上げます~2019

08ead250e34574876a49cfecb0d19b61.jpg

 Afternoon (笑)。

 お暑うございます。「水も滴るいい男(別名:冷やしハンサム)」 の画像をどうぞ♪

 真紅拝

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

2019-08-04 : 徒然 : コメント : 0 :
Pagetop

天佑香港

香港

  ( ピーター・チャン 『ラブソング(甜蜜蜜)』 より )

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2019-06-13 : 徒然 :
Pagetop

謹賀新年 ~2019~

少し遅れましたがあけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_8060.jpg

平成もあと4ヶ月あまり。。穏やかな一年になりますように。
                                                      真紅拝

テーマ : 新年のご挨拶
ジャンル : ブログ

2019-01-03 : 徒然 :
Pagetop

一羽のカラス

 姉の三回忌が終わった。

 お墓からの帰り道、車の中からふと外を見ると、少し遠くに一羽のカラスが羽を休めていた。でも、その時はさほど気にも止めなかった。

 食事会の後の雑談の中で、高校生になった姪っ子(姉の一人娘、忘れ形見ですね)に尋ねてみた。

 「お母さんの存在って、感じる? 夢枕に立つとか、、、霊的な何か」
 「うーん、存在っていうか・・・。夢はあんまり見ないけど、部活の試合の時には絶対カラスが一羽いるよ」 
 
 えっ!?
 
 「私もさっき見たよ、カラス。お墓の帰りに」  「そうなんや。それきっとお母さんやね」

 ずっと昔、母方の祖父が亡くなって初めての夏。新盆だったと思う。実家のダイニングで祖父の話をしていたら、一羽の大きな黒い蝶がひらひらと入って来たことがあった。その時も、皆で 「おじいちゃんが来た!」 と言い合ったことを思い出した。

 こういう事って、本当にあるんだな。 「信じるか信じないかはあなた次第」 ではなくて、ただ、事実として。

    IMG_7257.jpg

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

2018-12-18 : 徒然 : コメント : 2 :
Pagetop

「ママ~、あれ何?」

 先週の土曜日。朝一の回で 『カメラを止めるな!』 を観て、昼からは仕事で(大阪市内だけれど)出張へ。面白い映画を観た満足感で、暑いわりに足取りは軽かった。仕事は18時半過ぎまでかかり、ビルを出てもうすぐ駅、というところで気がついた。「iphoneがない!」  ギャーーーー!!

 慌てて戻るも、ビルはシャッターが閉まり無人状態。あべので開催される 『マカロニほうれん荘展』 の初日に駆けつけるつもりだったので、気が焦っていたのだろう。片づけをバタバタして、確認するのを怠ってしまった。もう、展覧会どころじゃない。グッズを爆買いする気満々だったのに、一気にしぼんだ。何より、今日帰るかも? とLINEしてきた息子に連絡しないと、、、。公衆電話を探して10円玉を入れると、背後から子どもの声がした。

 「ママ~、あれ何? 何してるの?」 「電話よ。お話するの」

 ガーーーーン。今の子は家電の掛け方がわからない、と聞いたことはあるけど、公衆電話なんかもっと知らないんだろうなぁ。実際、私も公衆電話から掛けるなんて何年ぶり? 記憶にない。でも、こういうときやっぱり必要よね、公衆電話。

 結局、真っ直ぐ帰宅した私が最初にしたのは、先代のiphoneの充電。LINEはダメだけど、電話帳は生きていたので何本か電話をした(iphone忘れてきた会社の人とか、すみません)。家電からの着信に、相手は一様に驚いて 「命の次に大事なスマホ忘れたん?」 とからかわれる。そして、Twitterとインスタにログイン。あ~、やっと落ち着いた。もう、iphoneなしの生活には戻れないなぁ。バックアップ取っとかないとね。紙で。反省。

 週明け、朝一に受け取りに行ってiphoneは無事に戻った。でも疲れたよ~。。月曜からグッタリでした。以後気をつけます。

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

2018-08-10 : 徒然 : コメント : 4 :
Pagetop

みみこさんと、SNSのことなど。

 ブログ ちょっとお話 のみみこさんとお会いした。

 みみこさんが大阪に来られたので、「お茶でもどうですか?」 とお誘いしたのだった。心斎橋大丸で待ち合わせて、暑いし時間は無いしでそのまま大丸内のカフェへ。私が仕事&家族の都合であまり長い時間は取れなかったのだが、とても楽しいひとときだった。

 みみこさんは私より長くブログをされていて、「憧れのお嬢様」 という印象だったのだが、会ってみると 「おっとり」 した感じはしなかった。(当たり前だが)とてもしっかりとした大人の女性でありました。

 子の学校の話やもちろん映画の話をし、話題は自然とブログやSNSのことに。そうそう、みみこさん、長年ブログをされているけれども所謂オフで会うのは私が初めてなんだそう。光栄だわ~。

 「オフで会うきっかけというか、見極めってどうしているの?」 と尋ねられた。

 時間が無くてあまり深い話はできなかったのだけれど、結局ネットも人間関係だと私は思っています、と話した。文章やブログの作法に、結局はその人というものが現れるのではないかと思っている、と。だから、私は10年以上お付き合いが続いているブロガーさんに会うことに躊躇はあまりない。今回みみこさんと会うことにも、全く不安はなかったです、と。

 ブログを休止したり、閉鎖したりする人も多いよね、という話も。ただ単に飽きたり、他のSNSに移行した人も多いとは思う。でも、ブログ内の人間関係に疲れて、一新したいと思って何も告げずに他のブログを開設した人も少なからずいるのではないか、と私は思っている。長くやってると、いろいろありますよね。。。

 実際、偶然そういう人のブログを 「発見」 したことも何回かある。お久しぶりでうれしくなって思わずコメントしたら、その後その方がなんとコメント欄を閉じてしまったこともある(空気が読めなくてすみません)。
それ以来、そういうブログを見つけても 「そっ閉じ」 する私なのである。反省。

 日常がストレスフルで、ブログやSNSに逃避しているところもあるのに、そこでまた交流し過ぎて気を遣うのは疲れますよね、という話もした。12年以上も続けているのに、なかなか 「ブログ道」 を極められない私(たち)。でも、そこがまた楽しく、続けられている所以のような気もする。

 みみこさん、先日はありがとうございました。次は是非映画ご一緒しましょうね!

みみこさんと

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

2018-07-23 : 徒然 : コメント : 2 :
Pagetop

私のおじさん

 息子の入学式の朝(合格しました)、電車の中で見たニュース速報に思わず 「え!」 と声をあげてしまった。

 高畑勲氏が亡くなったという。享年82。宮崎駿が私の 「お父さん」 だとしたら、高畑勲は私の 「おじさん」 的な存在だったのだと思う。

 私の子ども時代は 「カルピス世界名作劇場」 とともにあった。最近、小学三年生になった姪っ子が 『アルプスの少女ハイジ』 にはまり、一緒にDVD全巻を再見したという弟が言った。

 「アルプスの少女ハイジが、どうして世界中で愛され続けているのかわかった。ここには人生で必要なこと全てが描かれている。そしてこれは子どもよりもむしろ、大人が観るべきアニメなんじゃないか」 と。

 日曜日の夜、姉や弟と一緒に観たハイジを思い出す。暖炉の前でとろけるチーズや、フランクフルトでハイジが隠した白いパン。厳しいおばさんの代名詞となったロッテンマイヤーさん、糸を紡ぐペーターのおばあさん、ヨーゼフ! 全てが懐かしく、愛おしい。それらを生み出したのが高畑勲だったのだ。おじさん。私たちのおじさん!

 ありがとう、たくさんの素晴らしい作品を。遺してくれてありがとう。これからも、繰り返し繰り返し観ていきます。

 忘れません。

 R.I.P

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

 少しずつブログも復活したいと思ってはいるのですが、もう少しリハビリが必要です。
 リンクやブログデザインも見直したいなぁ。まぁ、ぼちぼちと。

糺の森

 今、物凄い勢いで世界が変わりつつあるのを感じます。世界というか、時代というか、価値観というか。
 
 私も、流されないようにしっかり生きていかねば。この世界の片隅で。

 ではまた、近いうちに。

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

2018-04-13 : 徒然 : コメント : 8 :
Pagetop

about time.

こんにちは♪ 広告が表示されてしまったので慌てて出てきました(^^;;

取り急ぎ私は元気です、落ち着かないだけで。
楽しみにしていた映画も何本も観逃し状態ですが。

『欲望の翼』 は6月に京都で観たい! 観られるか? 観る!!

6733760_PA_Days20of20Being20Wild.jpg

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

2018-04-04 : 徒然 : コメント : 3 :
Pagetop

お雛祭り

IMG_3240.jpg

 自分のお雛様を持っていません。

 だから毎年 「欲しい、買いたい」 と思うのだけど、思うだけで桃の節句は過ぎ去ってしまう。


 画像は2年前のもの。今も売ってるのかな、このチロル。

 ああ~映画観たい。忙し過ぎる。お雛様より、結局映画観る時間が欲しい私。

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

2018-03-02 : 徒然 : コメント : 0 :
Pagetop

弟とランチを

 初めて弟と二人でランチした。私の仕事がぱつぱつで、ヘルプをお願いしたところ二つ返事で引き受けてくれて。私の職場まで納品に来てくれたお礼だった。

 弟と言っても、血が繋がっているわけではない。義理の関係でもない。初めて会ったとき、三つ歳下で私の実の弟と同い年だったから 「そんなら弟やん」 と言って、それ以来ずっと弟と呼び続けている。初めて会った時、彼はまだ十代(!)だったのに、あれからもう30年近く経っているのだ。

 飲み会なんかでは隅っこに座ってニコニコしている弟キャラなのに、することは大胆。会社を辞めてアフリカやインドを放浪したり、電車の中で読み終わった本はホームのゴミ箱に何のためらいもなく捨てたり(もったいない!)。そんな自由人だが有能な彼は今は起業して、なんと社長なのである。レトロなビルにオフィスを構え、「掃除のおばさんで雇って~」 という姉(私のことね)の言葉を笑ってスルーする。

 お願いした仕事は、さすがに完璧な仕上がりだった。ありがとう、ホンマに頼れる弟だよ。

 でも、ふと思う。彼にとって、私はどんな姉なんだろう? 「不肖の姉」 じゃなかったらいいんだけど。

弟とランチ

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

2018-02-01 : 徒然 : コメント : 5 :
Pagetop

愛をこめて花束を

愛を込めて花束を

                                            R.I.P

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

2018-01-04 : 徒然 :
Pagetop

2018年の始まりです。

 皆さまよいお年をお迎えのことと思います。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


2018その1

■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□ ■□

 初詣は奈良・東大寺さんへ。
 とてもいいお天気に恵まれ、寒いですがいい日和でした。

 大仏殿。
2018その3

2018その4

 鹿さんたち。

2018その5

 今日(元日)はスーパームーンだったし、夕方映画も観られたし(SWやっと行けました)、
なんだか今年は幸先いいぞ~^^

 昨年のベストはまた後日アップします。もう決めてるんですけどね^^ 一位はもちろん
アレですよ! お付き合いいただけるとうれしいです♪

 真紅拝

テーマ : 新年のご挨拶
ジャンル : ブログ

2018-01-01 : 徒然 :
Pagetop

フローズン・ショルダー

 肩が痛い。

 と言ってもビール瓶で殴ったり殴られたりしたわけではなく(当たり前)、いわゆる○十肩というヤツだ(○の数字は四か五です)。
 英語ではFrozen Shoulder(凍結肩)と言うらしい、、、言い得て妙。だがちょっとコワイ。

 痛みを感じ始めたのは先月かな。NHK大阪ホールで両手を上げたら、左が 「イタ!!」 テンションダダ下がり(笑)。 先日、同年代の女ばかり9人が集まったとき、2人は経験済、私ともう1人が現在進行形だった。「痛いよね~」 「イタ~い!」 こんな会話。トホホ。
 どうしようもないよ、とか一年くらいでいつの間にか治るよ、と言われるのだけど、病院行った方がいいのかな~、と思案中。

 そういえば、小さい頃はよく 「肩が抜ける」 子どもだった。アイロン台の上で寝ころんでふざけていると、祖母(このブログの最初の記事のおばあちゃん)に 「お行儀が悪い。起きなさい」 と左腕を引っ張られて抜けたことがある(笑)。
 ブラブラの左腕をそ~っとコートに入れて、バスで接骨院に行って治してもらったのだった。

 今、左腕を先に入れないとコートが着られない。かぶりのワンピースとか、脱ぐときに必死。これって、認めたくないけど 「老い」ってやつなんだなぁ。と、シミジミする霜月。

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

2017-11-23 : 徒然 : コメント : 2 :
Pagetop

先導せよ。

And reason, said to her, "Silence. What do you hear?"
And she said, "I hear the sound of feet. A thousand times,
ten thousands of thousands of thousands and they beat this way."
They are the feet of those that shall follow you.

Lead on.


先導せよ

テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

2017-10-22 : 徒然 :
Pagetop

フランケンシュタイン(の怪物)

 「実は今日、お父さんが手術したのよ」

 つい先日の午後、職場にいたら母からLINE。「帰宅して落ち着いたら電話ください」
え~。。何があったんだろう? すぐ返信しても、「夜落ち着いてから電話して」 の一点張り。
そんなこと言われて落ち着くわけないやん、と思いつつ電話したら冒頭の言葉。

 父はとにかく病院嫌いで、健康診断なんて一度も受けたことが無い。好きなように生きて
来たからストレスも溜まらず、病気を寄せ付けないんだと本人も周りも思い込んでいただけ
に、ショックは大きい。

 実家に帰って病院に見舞うと、父はフランケンシュタインみたいになっていた(ゴメンお父
さん、笑)。今、手術の縫合ってホッチキス(?)でするんですね。もう痛々しくて。
「ソイアナ~」って言おうかと思ったけど通じるわけないから止めた(笑)。
割と元気そうだったけれど、病人特有のわがまま放題なので、母のストレスが心配。

 あー、無理だとわかってはいるけれど、永遠に生きていて欲しい。お父さんお母さん!

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

2017-09-25 : 徒然 : コメント : 2 :
Pagetop

父の娘

 父の13冊目の本を少しずつ読んでいる。父は理系人間。だから自分とは全く頭の
構造が違うと思い込んでいて、今までの著作はほとんど読んでこなかった。難し過
ぎるし。

 しかし今回は、母が 「集大成よ」 と言って送ってきた本。なので渋々、読み始め
たのだけど・・・。う~ん、悪くないかも。もしかしたら私の 「書くことが好き」 な性分
は、父から譲り受けたものなのかも、と思い始めている。遅すぎるんだけど(笑)。

 自分は 「母の娘」 だと、ずっと思い続けてきた。父は戦前の家父長制を引きず
る 「頑固オヤジ」 だし、母はそんな父に表面上は従いながらも、内心はリベラル
な人。二人は愛読している新聞も違うし、趣味も合わない。ホント、よくもってるよな、
と娘ながら感心する(違うからこそ続くのか?)。 そんな両親だから、私は当然の
ように母に味方し、父の事は疎ましく思ってきた。だけど・・・。

 何の得にもならない(そして誰も読まない)ブログを10年以上も書き続けている
自分は、ほとんど儲けにもならない本を書き、出版し続けた父に似ているのかも
しれない。家族を顧みることもなく、自分の好きな事しかしてこなかった父に。

 これは自分にとっては世紀の大発見、価値観の大転換と言えるかもしれない。
少し大袈裟だけれど(笑)。

 そういえばもうすぐ父の日じゃないか。「父の娘」 でいられるうちに、気付けて
よかった。お父さん、ありがとう。書くことが好きで、私は幸せだよ。

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

2017-05-30 : 徒然 : コメント : 2 :
Pagetop

真紅、考え過ぎてドツボにはまる(笑)。

IMG_4016.jpg

こんばんは。 

『クーリンチェ』 で長文感想書いてから早一ヶ月。 復活するゾ~、と思いながら
何もアップできず。

いい映画が多過ぎるんです。書きたい作品が多過ぎて結局何も書けてません(爆)。
昨年観た映画も、感想を書いておきたいものがあるし、とか、、、。

考え過ぎてドツボにハマっております。

あああ~~李小龍にどやされる~~~ ”Don’t Think!Feeeel!”

いやいや、考えるのは止めません。考え過ぎないことですかね^^

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

2017-05-22 : 徒然 :
Pagetop

3.11 奈良東大寺二月堂 修二会(お水取り)

 3月11日、奈良東大寺・二月堂へ。

お水取り1

 修二会(お水取り)とは、関西では 「お水取りが終わるまでは~」 と、この時期
枕詞のように浸透している行事。今年で1266回、一度も途切れず続けられて来た
という 「不退の行法」。

お水取り3

 局にも入らせていただき、声明~練行衆の奏でる音楽のような祈りの言葉~に、
ひたすら頭を垂れる小望月の夜。

お水取り4

お水取り5

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

2017-03-13 : 徒然 : コメント : 4 :
Pagetop

念ずれば花ひらく

念ずれば

 四十九日法要があったお寺で、坂村真民先生の詩碑を見つけました。

  「念ずれば花ひらく」

 がんばれ受験生。あと少しだよ。

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

2017-02-19 : 徒然 : コメント : 2 :
Pagetop

2017年 thinkingdaysのこれから。

 「観客が映画を見て涙を流すとすれば、それはスクリーンの中に観客自身の
  人生を映し出しているからです。監督が余計なことをする必要はない。
  どんな感情を抱くかは観客自身が決めることです」 (ステファヌ・ブリゼ)


さて。書こうか迷いましたが、先日姉が亡くなりました。
半年あまりの闘病でした。頑張りましたが年末年始に皆に会い、力尽きたようです。

姉が入院したとき、人生最大に落ち込みました。
「もって3、4ヶ月」 と告げられたから。
なんだか、映画の感想を書く気力もなくなってしまって・・・。今に至ります。

昔から周囲に気を遣い、弱みを見せないひとでした。
入院してからも、痛いとかしんどいとは決して言わず 「みんなによくしてもらって、
私は幸せよ」 と繰り返していました。
最後まで 「ありがとう、私は大丈夫」 と言い続け、私は 「また来るね」 と言って。

生まれてこの方、姉のいない 「世界」 を知らずに生きてきました。
これから先、この世界に馴染めるかどうかわかりません(多分死ぬまで馴染めない気がする)。

このブログは止めないので、ぽつぽつと何かは書いていくつもりです。
もちろん、映画を観ることも止めません(この半年間、映画に助けられてきました)。
いつかまた映画の感想を書く日が来るのかな。そのときはまたよろしくお願いします。

最後に、ゴールデン・グローブ賞授賞式でのメリル・ストリープ様の言葉を引用します。

 ”Take your broken heart, make it into art.”
                                            真紅拝

テーマ : 新年のご挨拶
ジャンル : ブログ

2017-01-10 : 徒然 : コメント : 16 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 
★劇場鑑賞した映画の感想はインスタにアップしています@ruby_red66

Archives

Search this site

Thank You!