FC2ブログ
映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅   ★劇場鑑賞した映画はインスタにアップしています@ruby_red66

Netflixおすすめ映画~『私というパズル』

  私というパズル

ルーシー(ヴァネッサ・カービー)は夫と助産師とともに自宅出産に臨む。生まれた娘は産声を上げるのだが…

ヴァネッサ・カービーがヴェネツィア国際映画祭で女優賞を受賞した作品
審査委員長のケイト・ブランシェット様が評価した彼女の演技を物凄く楽しみにしていました
残念ながら劇場公開はスルー、Netflixにて配信
辛い内容ですが是非最後まで観て欲しい

観了後、監督がホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲 のコルネル・ムンドルッツォだと知りました
うーむ、やはり只者ではない
原題は 『Pieces of a Woman』
Piecesをジグソーパズルのピースと掛けているのでしょうね
思い出し泣きが止まらない作品です

ヴァネッサ・カービーはもちろん、キャストの演技がみな素晴らしい
特に母親(典型的なジューイッシュマザー)を演じたエレン・バースティン
御年88歳になられるそうで…天晴れです
シャイア・ラブーフ(マーサの夫役)が出ているから観ない、というボイコットの動きもあるようですが
素行はどうあれ、彼の演技力は折り紙付きですからね

劇中 「時が癒すしかない」 という意味のセリフがあります
それはある意味真実なのですが
喪失の悲しみは生きている以上消えることはないと思うのです

なぜなら

喪ったものは自分の一部だから


悲しみの 「共振」 の中で人は判断を誤り
大切な人や物を傷つけ壊してしまう

しかし思うのです
過ちを犯した自分を見つめ、悔いることも
回復への大切なステップなのだと

母の手を握るマーサの表情が心に残ります
「私もこの人から生まれたんだ」
お母さんありがとう 産んでくれて

リンゴの香りと巡る命
その橋を渡れば
光は必ず見える
悲しみの果てに

( 『私というパズル』 原題:Pieces of a Woman
          /監督:コルネル・ムンドルッツォ/主演:ヴァネッサ・カービー/2020)
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2021-01-17 : BD/DVD/WOWOW/AmazonPrime/Netflix : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

AmazonPrime おすすめ映画~『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』

    Sound-of-metal.jpg

ドラマーのルーベン(リズ・アーメッド)は恋人ルーと組んだメタルユニットでツアーを続けていたが、ある日突然聴覚を失ってしまう。

コロナ禍の影響で公開が延期され、AmazonPrimeVideoにて配信された作品
素晴らしい作品でした(そうでないとここでは紹介しないのですが、本当にほんとうに)
多くの方に観ていただきたい
オスカーレースにも絡んでくるのは確実ではないかと(そうであってほしい、希望的観測)

音楽を生業とするものが聴覚を失うということ
その絶望
そして
その先にあるもの

リズ・アーメッドは初主演作なのではないかな
『ヴェノム』 や 『ローグワン』、『ナイトクローラー』 などなど
存在感のある脇役を演じて好感しかなかったけれど
本作の演技は1ステージ上がった感がある
恐怖 焦燥 怒り 失意 迷い 受容
渾身の演技であり、繊細で奥深くもある
この難役と出逢い、ここまで演じ切ったということ
役者人生冥利に尽きるのではないかな

そしてもう一人
聴覚を失った主人公のメンターとなる施設長を演じたポール・レイシー
(初めましての役者さん、彼自身はろう者ではないがご両親がそうであるとのこと)
彼が忘れがたい印象を残す
術後の主人公と対峙するシーン
彼の演技、彼の存在そのものが作品全体に神聖さと滋味を与え、その言葉が深く心に刻まれる
参りました

「Sound of Silence」

メタルサウンドの大音量で始まり、静寂のラストに至るサウンドデザインも必聴
余分なエピソードや寄り道はなく、主人公視点がぶれない 「シンプル」 な映画であり
観終わった後も主人公の 「その後」 にいつまでも思いを巡らせてしまう 「終わらない映画」=「心に残る映画」 でもある
デビュー作でそんな作品を撮ってみせた監督、ダリウス・マーダーに拍手を送りたい
素晴らしい映画をありがとう、と

( 『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』 原題:Sound of Metal/
          監督・共同脚本:ダリウス・マーダー/主演:リズ・アーメッド/2019)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2021-01-12 : BD/DVD/WOWOW/AmazonPrime/Netflix : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

2020真紅のthinkingdays Best 10 of the movie

2020年間ベスト1
2020年間ベスト2


 2020年に劇場鑑賞した新作映画148本からベスト10を選びました

① ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
② TENET
③ シカゴ7裁判
④ ジョジョ・ラビット
⑤ ワイルド・ローズ
⑥ 燃ゆる女の肖像
⑦ ダンサー そして私たちは踊った
⑧ フォードvsフェラーリ
⑨ おもかげ
⑩ 劇場


2020年の新作映画劇場鑑賞は148本(前年比83.6%)
内訳は洋画118本(79.7%)、邦画30本(20.3%)
旧作映画劇場鑑賞は20本
自宅鑑賞は65本
新作(148)、旧作(20)、自宅(65)、全部で233本鑑賞
2020年の劇場鑑賞は178回(リピート10回)

昨年は映画館が閉まったり席数制限されたりで本当に難儀な一年でした
そしてそれが未だ収束する見通しが立たないという状況です・・・()
・・・
みなさんお元気ですか?
いや、元気じゃなくてもいいんです
凹んで当たり前です
でも敢えて言います

生きていくんだ
それでいいんだ
前を向いて
上を向いて

みなさんの毎日が健やかでありますように
今年もたくさんの映画と出逢えますように
                        真紅拝 X

#2020年映画ベスト10

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2021-01-06 : 年間ベスト : コメント : 10 : トラックバック : 2
Pagetop

2020(下半期) 真紅のthinkingdays Best 10 of the movie

2020下半期ベスト12020下半期ベスト2


① TENET
② シカゴ7裁判
③ 燃ゆる女の肖像
④ おもかげ
⑤ 劇場
⑥ 佐々木、イン、マイマイン
⑦ スパイの妻
⑧ 私をくいとめて
⑨ 透明人間
⑩ おらおらでひとりいぐも

劇場鑑賞新作82本(鑑賞日基準)からの個人的順位です

10本選ぶのって本当に悩みます
これら以外にもいい映画たっくさんありました
でもキリがないので、、、次は年間ベストです

#2020年下半期映画ベスト10

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2021-01-06 : 年間ベスト :
Pagetop

謹賀新年~2021

今年は密集を避け、3日に初詣

2021謹賀新年2

東大寺大仏殿

2021謹賀新年3

穏やかな日和でしたが参拝客は少なめです

2021謹賀新年4

2021謹賀新年5

鹿さんたちは元気そうで安心

2021謹賀新年1

本年もどうぞよろしくお願いします

真紅拝

テーマ : 年末年始のご挨拶
ジャンル : ブログ

2021-01-03 : 徒然 :
Pagetop

よいお年をお迎えください ~2020年の終わりに

     2020よいお年を

今年も一年間ありがとうございました。
このブログもおかげ様でなんとか丸15年を迎えることができました。
これからもぼちぼち続けていきます。
変わらずお付き合いくださいね♪

2020年のベスト作は年明けにアップします。
(年内にアップしたかったのですが結局バタバタして例年通り。トホホ。。)
本当にロクでもない一年でしたが(汗)、いいこともたくさんありました(よね?)

Every cloud has a silver lining.

よいお年をお迎えください。愛と感謝を込めて

真紅拝

テーマ : 年末年始のご挨拶
ジャンル : ブログ

2020-12-31 : 徒然 :
Pagetop

『スピリッツ・オブ・ジ・エア』

     スピリッツオブジエア

約30年前に公開されて以来ソフト化されず、伝説となっていた(らしい)作品のデジタルリマスター版リバイバル上映
全く知らない映画だったけれど妙に気になり、バレンタインデーの夜初日鑑賞
ちなみにシアター内は6人、全員がお一人様で5列目以前に座っていました
5列目に私ともう一人、あとの4人は最前列から一列に一人ずつ
同志たちよ!(笑)

観終わって、なんとも言えない感情が押し寄せてきて、パンフレットを買わずにはいられなかった
この映画を何らかの形で、この手に留めておきたいと思った

映画を観ればその都度さまざまに思いを巡らせるけれど、こんな風に感じることは滅多にない
この感情は何なのだろう?
「感動」 と呼ぶべきものなのだろうか
「何も言えねぇ」 が正しいような気がする

作品世界が特異すぎる
空を飛ぶことに憧れる車椅子に乗った兄
ハートの女王(ヘレナ・ボナム=カーター)のような妹
逃亡者の男
おびただしい十字架と 「INRI(ユダヤ人の王、ナザレのイエス)」 の文字
鳴り続ける不穏な音楽
終末後の世界のような荒涼とした赤い砂漠と、そこに広がる青すぎる青空
マルボロ・カントリー
姿を見せない追手の影

宮崎駿の世界観と似たものを感じた、と言ったら変かな?
(この映画を観た数ヶ月後に初めて劇場鑑賞した 『風の谷のナウシカ』 で、この作品と同じシーンを観た気がした)
彼がこの映画を観たら、きっと悔し泣きしながら怒るんじゃないかな
「その(飛行体の)設計図はおかしいじゃないか!」 とか言って

主人公の最後の選択に、何とも言えない感情が湧き上がる
それは犠牲なのか? それとも恐れだったのか
「空を飛ぶ」 ただ一つの彼の夢
人生をかけた希望と憧れ
彼はそれを手放せなかったのだ

面白いのかと問われれば、「面白く」はない、と答えるだろう
しかし映画館で映画を観ることに何かしら意義があるとすれば、こういう映画を観ることでしか得られない感情がある、ということに尽きるのではないか
言葉にできない、説明できない感情
ただ湧き上がる感情
この映画を観ずに、何を観るというの?

そしてタイトルが好きすぎる
Spirits of the Air, Gremlins of the Clouds
忘れられない映画体験になりそう

(2020年2月18日、Instagramへの投稿より)

( 『スピリッツ・オブ・ジ・エア』 原題:Spirits of the Air, Gremlins of the Clouds/監督・製作・脚本:アレックス・プロヤス/1987・豪)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2020-12-28 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『アンダーグラウンド』

     アンダーグラウンド

「昔、ある所に国があった」

エミール・クストリッツァの代表作
やっと観た! 遂に! スクリーンで観たぞ!
そしてマイオールタイムベスト作入り
布施ラインシネマラストショーにて

数年前の 「ウンザ!ウンザ!クストリッツァ」 特集上映で時間が合わず観られなかった本作
残念がる私に 「アンダーグラウンドはまたいつか必ず映画館で観られる機会はあるから」 と言ってくださったシネマート心斎橋の支配人様、やっとその日が来ました(涙)

1941年4月6日、旧ユーゴスラビア
ナチスの侵攻とともに空爆は激しさを増し、、、と書くと悲惨な戦争映画をイメージするけれど、そこはクストリッツァ
音楽と動物たちとヘンテコな人間たちが繰り広げる、混沌とした祝祭感溢れるマジカルな悲喜劇
171分の長尺ながら、三部構成でさほど長さは感じない
それはあまりのパワーとエネルギーに圧倒されて、時間の感覚が麻痺してしまうせいかも知れないけれど

「映画の神様の化身」 ことクストリッツァも登場、若い!
彼が登場人物たちに託した祖国への思い、大国とイデオロギーに翻弄された失われた祖国への熱い思いが溢れかえり、息が苦しいほど
愚かで弱い人間
罪深く過ちを繰り返す人間
哀しいけれど、それが私たちなのです
「許そう、でも忘れない」 この言葉の重みよ。。

それでいて、クストリッツァは生きとし生けるもの全ての生命を肯定していると感じた
この感覚はホドロフスキーの 『エンドレス・ポエトリー』 を観たときと似ている

ラストシーンではわけのわからない感動で胸がいっぱい
わけがわからないのに感動させられている、いや感動以上の何かで頭が爆発しそうになる
こんな体験、滅多にできない
次元が違う傑作だと思う

「またいつか必ず映画館で観られる機会はあるから」
またいつか必ず観たい、何度でも
そして後世に、子どもたちにこの映画を残して欲しい
永遠に語り継ぐべき物語がある
真実、もしくは奇跡と言う名の

(2020年1月31日、Instagramへの投稿より)

( 『アンダーグラウンド』 原題:UNDERGROUND/監督・共同脚本:エミール・クストリッツァ/1995)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2020-12-27 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2020年 真紅のthinkingdays Best 10 of the movie(旧作初見&Netflix新作映画編)

   2020旧作ベスト画像


アンダーグラウンド
ザ・ライダー
スピリッツ・オブ・ジ・エア
④ 灼熱の魂
⑤ フォロウィング
ここは退屈迎えに来て
⑦ AKIRA
オールド・ガード
⑨ 天国でまた会おう
ぼくは明日、昨日のきみとデートする

※①、③、⑦は劇場鑑賞、他は自宅鑑賞です

鑑賞形態の異なる作品を同一カテゴリ化してベストを出してよいものか悩みましたが、劇場公開された新作映画とは差別化したかったので取りあえず(暫定的に)今年はこういう形にしてみました

2020年は一時映画館が閉まり、ネット配信映画の存在感が大きくなりましたね
もちろんここ数年 「映画館<ネット配信」 の傾向はあったのですが、コロナがとどめを刺した感があります

個人的には賞レースに絡んでくるような良作が劇場公開スルーのまま配信されることにはまだ慣れず、いちいち驚いているのが正直なところです
しかし、本当にいい作品は配信で観ても「いい」のです
②の 『ザ・ライダー』 には本当に驚きました
『ノマドランド』 公開記念にどこか劇場でかけてくれないでしょうか・・・

そう、それでもやはり 「映画館で観たい」 のです、私は
『アンダーグラウンド』 と 『スピリッツ・オブ・ジ・エア』 はコロナ禍直前に劇場鑑賞した作品です
インスタに上げた感想をブログにもアップします
「映画館で映画を観る」、今後叶わなくなるかもしれない体験についての記録を残しておきたいと思います

#2020年映画ベスト10

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2020-12-26 : 年間ベスト : コメント : 6 :
Pagetop

『Tommy's Honour』

     image0_20201202183536f70.jpeg

19世紀スコットランドのゴルファー、トム・モリス親子の物語
実話(原作)に基づきます

2016年の作品
これずっと観たくて観たくて…
YouTubeでダイジェスト版?のようなものはあるのですが、本邦では未公開、未配信、円盤もありません(泣)
UK版DVDを購入、英語字幕、PCで無理ムリ鑑賞

監督はジェイソン・コネリー、ショーン・コネリーの息子さん(それも何か因縁めいていますね)
主演は(父)ピーター・ミュラン&(息子)ジャック・ロウデン!
父は最年長、息子は最年少の優勝記録を持ち、それは21世紀の今も破られていないのだとか
英国、特にスコットランドではレジェンドですよね

そして本作、2016年のBAFTAscotlandにて作品賞受賞しています
このキャストにこの評価、なんで未公開なん?!と思いません??
まぁ言うても地味な作品ですけど、もったいないわ〜
私はジャクロ推しだしピーター・ミュランも大好きなので本当に観てよかった
ジャクロは撮影当時25歳くらいかな?
喜怒哀楽全ての表情が生きている
最高ですよ
ピーター・ミュランは珍しく普通?のお父さんだけどやっぱり貫禄(威厳)ありますよね
その大先輩に一歩も引けを取らずガチンコ芝居してるジャクロ、やるやん!と思ってしまった

セントアンドリュースがゴルフの聖地だというのは知っていましたが、スコットランドなのは知らなかった
風景もそれはそれは美しく、ジャクロが常々 「スコットランド最高! 世界一!」 と手放しで愛を叫んでいるのも納得です(笑)

しかしこの映画、日本で観てる人どれくらいいてるのかな?
せめて日本語字幕付きで配信してくださいよろしくお願いします!
(映画館で観せてくれたら一番いいんですけど) (来年の「のむコレ」とか、どうでしょうシネマートさん?)

( 『Tommy's Honour』 監督:ジェイソン・コネリー/主演:ジャック・ロウデン、ピーター・ミュラン
                                 /2016・UK、USA)

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2020-12-02 : BD/DVD/WOWOW/AmazonPrime/Netflix : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Netflixおすすめドラマ① 『クイーンズ・ギャンビット』~アニャ・テイラー=ジョイのアイライン(あるいはベス・ハーモンのナチュラル・ハイ)

          クイーンズ・ギャンビット

母の死後施設に預けられた少女ベス・ハーモンは、地下室で一人チェス盤と向き合う用務員と出会い、チェスに興味を抱く

1950年代~60年代のアメリカで類まれなチェスの才能を発揮し、上り詰めてゆく少女の十数年を描くNetflixオリジナルドラマシリーズ、全7話

ある理由から配信ドラマを観ることを自らに禁じているのですが、RottenTomatos100%フレッシュ、且つかのキング・オブ・ホラー、(ツイ廃)エンタメご意見番スティーヴン・キングをして
 
「今年は本当にたくさんの作品をテレビで観たけど、最高オブ最高はThe Queen's Gambit シカゴ7裁判に勝るものはないと思っていたけどね」
 
と(tweetで)言わしめたと知るや、観ないという選択肢はございません
そして、禁を破るに値する面白さでした
(ただし、個人的には映画館で観た シカゴ7裁判 に軍配を上げます)

この作品の一番の美点は、主人公ベスと「チェス」にしっかりとフォーカスし、余分なエピソードがないこと
そのせいかとても潔い印象が観了後に残ります
孤児、養護施設、養子というワードからは何となく暗い 「主人公がいじめられ、苦労する」 パターンを想像しますが、「チェスまっしぐら」 な本作のベスはある意味共感性の低いキャラクター(天才)であり、彼女を苦しめるのは薬とアルコールへの依存だけ
そして最終的に彼女がどう変わり、何を成し遂げるのかが描かれます

この特異なキャラクターを体現したアニャ・テイラー=ジョイがとにかく素晴らしい!
彼女を初めて観たのは 『ウィッチ』、その後Mナイトシャマラン作品を経て 『マローボーン家の掟』(好き♡)で要注目女優のマイリスト入り
1996年生まれで憧れた俳優は2人、その中の一人が我が推しシアーシャ・ローナンなんだとか!

ドッカーーーーーーン(好感度爆上がりの音)

一度観たら忘れがたい印象を残すファニーフェイス、バランスの悪いエマ・ストーンのようで、でもどこか気品漂う意志的な瞳(というか、デカ目)
ベスは口数が少なく(特に説明セリフは一切ない)、返事もロクにしないのですが瞳が全てを物語っている
これほど雄弁な瞳を持つ女優はそういないでしょう
回を追うごとに洗練されてゆく彼女のファッションも見どころの一つ
パリで着ていたワンピースなんか最高!ですよ

ベスと養母の関係性も新しい
つかず離れず、友情のような同志のような…シスターフッドと言ってもいいような親子関係
その養母を演じたマリエル・ヘラー、なんと 『ある女流作家の罪と罰』、『幸せへのまわり道』(どちらも佳作) の監督をされた方なのです!! ぎゃー、何それアメイジングすぎる!!!

そして懐かしの元子役2人も重要な役で登場します
『ハリーポッター』 シリーズでハリーをいじめた、いとこのダドリーことハリー・メリング
売れっ子なのか最近4作立て続けに出演作を観ました(うち3作はNetflix、半専属状態?)
すっかりスリムになって印象が変わり、いい性格俳優に化けそうでこれからの彼にも期待
もう一人は 『ラブ・アクチュアリー』 恋するサムことトーマス・サングスター(本作でのクレジットはトーマス・ブロディ=サングスター)
彼はハリー・メリングとは対照的に、子役の頃と顔が全く変わっていません
大人になったなぁ、でも髭を生やしても隠せない超童顔がかわい過ぎ!
ハリー・スタイルズ(好き♡)に似てる…と思いながら観ていました

まぁ何はともあれ、本作はアニャ・テイラー=ジョイの魅力に尽きます
マッドマックス 怒りのデス・ロード スピンオフで若き日のフュリオサを演じることも決まっている彼女、これからも要注目ですよ~!

Anya Taylor-Joy nation rise up! Let’s go!

 ( 『クイーンズ・ギャンビット』 主演:アニャ・テイラー=ジョイ/2020・USA/Netflix)

テーマ : Netflix
ジャンル : 映画

2020-11-05 : BD/DVD/WOWOW/AmazonPrime/Netflix : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

紅茶の話

IMG_1606.jpg

11月1日は 「紅茶の日」 なのだとか
母が紅茶党なので、物心ついた頃から一番飲んでいる一番好きな飲み物です

今年の阪急英国展には行けなかったけれど、オンラインショップでスコットランド紅茶を購入
この缶が欲しかった!(嬉)
エディンバラは憧れの地
スコットランドは日本と同じ軟水らしく
heatherteaってどんな味なんだろ…わくわく
でももったいなくて当分開けられそうにない(笑)

IMG_1613.jpg

先日京都に行ったとき、サー・トーマス・リプトン三条本店に行ってきました
モーニングギリの時間に入ってパンケーキ
紅茶がね、リプトンの三角ティーバッグとおんなじ味で思わず笑ってしまった
でもたっぷりで美味しかったよ

ちなみに普段はAHMADのEARLGREYを飲んでいます
あ〜、ヌン茶した〜い!

IMG_1611.jpg

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

2020-11-01 : パンとか、カフェとか。 : コメント : 0 :
Pagetop

Netflixおすすめ映画④ 『シカゴ7裁判』

     image0.jpeg

1968年夏、民主党大会が行われるシカゴ
ベトナム反戦運動に身を投じた若者たちがデモを扇動したとして逮捕起訴される
シカゴ7と呼ばれた彼らの裁判を巡る実話の映画化

===
これ最高! さいこうに面白かった!
配信前の一週間限定上映(しかもほぼ単館で1日1回とか)、もったいないな〜
配信始まったので絶対リピートしたい! 
(※ムーブオーバーしている劇場もあるようです、テアトル梅田とか)
今年のベスト作の一本

脚本&監督はアーロン・ソーキン
もうね、ドライブ感あるアーロン・ソーキン節?が唸ってますよ
キャストも豪華すぎて眼福満腹

エディ・レッドメイン
マーク・ライランス
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
マイケル・キートン
サシャ・バロン・コーエン
フランク・ランジェラ
ジョン・キャロル・リンチ
 などなど…

そのキャストを前面に押し出してないポスタービジュアル↑↑もナイス!
Netflixってさすがお金持ってんなぁと思ってしまった(笑)

個人的にはサシャ・バロン・コーエンの 「馬鹿なふりして実は超キレ者」なキャラ(本人?)がピカ一でした
まぁおいしい役なんですけどね
JGLもかなり本人のキャラに寄せていた気がする
そしてまぁマイケル・キートンのラスボス感ですよ奥さん!

実はこの映画、かなり長期間の紆余曲折を経て製作に至ったようで
初期の監督候補はスピルバーグ、エディ君の役(反戦運動家トム・ヘイデン、後の上院議員にしてジェーン・フォンダの元夫)はなんと!ヒース・レジャーだったとか
ヒースが亡くなって10年以上経ちますから、感慨深いものがありますよね(涙)
サシャ・バロン・コーエンだけは当初からのキャスト候補だそうで
本当にハマり役でした

裁判法廷を中心に、ネタ振りから結末まで見せ方が本当にうまい
ある証言によって被告と傍聴人が一斉に拍手する場面、思わず自分も拍手しそうになってしまった
それほど入り込んで観ていたんだなぁ
ラストのカタルシスたるや! 涙滂沱ですよ
そして拳を突き上げた後に知る 「政治の季節」 の終わり、それぞれの道
いやこれホントたくさんの人に観て欲しい!
是非!

 ( 『シカゴ7裁判』 原題:THE TRIAL OF THE CHICAGO 7/
                      監督・脚本:アーロン・ソーキン/2020・USA)

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2020-10-16 : BD/DVD/WOWOW/AmazonPrime/Netflix : コメント : 6 : トラックバック : 1
Pagetop

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

Image-1.jpg

京都に暮らす美大生の高寿(福士蒼汰)は、電車で見かけた愛美(小松菜奈)に一目惚れ。付き合い始めた二人だったが・・・。

和製『TENET』」 と巷で話題の本作、アマプラにて鑑賞(Netflixにも入っています)

公開前(2016年の作品です)、劇場で何度も予告編を観ていました
その当時は 「あ~、また金太郎飴みたいな邦画の青春モノか、フン」 と思ってスルーしていたのですが・・・
バカバカバカ!! 自分を殴りたいです(グーで)
小松菜奈推しなのに・・・不覚

クリストファー・ノーランは本作を観ていないでしょうし(まさかね笑)、「和製『TENET』」 は正直微妙ですが
観終わってもしばし涙が止まらず、その夜はなかなか眠れなかった
劇場で観ていたら絶対にリピート鑑賞していたと思います

この映画には 「ノスタルジーの器」 としての京都が美しく切り取られている

ここ最近、何度か京都を訪れました
驚いたことに、自分が行った場所のいくつかがこの映画のロケ地でした
これって・・・
「聖地巡礼」 を逆行してたってこと?! (これぞTENET!)(違う?)

冗談はさて置き。この辺り(出町柳周辺)はアニメ 『けいおん!』 の舞台でもあるらしいのですが、本当に素敵なところなのです

鴨川デルタ、飛び石、出町橋、三条大橋、糺の森、叡電、出町座のある出町桝形商店街
(本作は出町座オープン前の作品なので、登場する映画館は 「みなみ会館」)

そして実は私にとっての 「京都」 とは、この辺りのイメージなのです
そのことも、この映画を特別なものだと感じる理由のひとつなのでしょう

IMG_1323.jpgIMG_1254.jpg

IMG_1345.jpgIMG_1349.jpg

IMG_1249.jpgIMG_1261.jpg

本作は全編小松菜奈の魅力全開ですが、意外なほど東出昌大がよかった
彼は脇に回るにはオーラがあり過ぎるのですが、この人の素ってきっとこんな感じなんだろうな、と思ってしまうほど自然体でチャラ男を演じていました
そして福士蒼汰の(最後の)セリフに泣かされましたね

作品世界が意外と難解で、察しの悪い私は正直置いていかれそうになりましたが
それでも

あのセリフがこの映画の主題なんだ
細かいことはわからなくていいんだ
これできっと、全てが報われる
嗚咽しながら、そんなことを思っていました

あの言葉を胸に抱いて生きて行ってほしい
運命や永遠が叶わなかった全ての恋人たちに
また会える、いつかまた必ずたどり着ける

今夜も月を眺めながら
そんなことを思っています

( 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 監督:三木孝浩/主演:福士蒼汰、小松菜奈/2016)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2020-10-02 : BD/DVD/WOWOW/AmazonPrime/Netflix : コメント : 4 : トラックバック : 3
Pagetop

私の好きな映画監督(2020年9月版)~20 best film directors, alive

IMG_0868.jpg

            ( 愛しのJo=シアーシャ・ローナン )

 1.クリストファー・ノーラン
 2.パヴェウ・パヴリコフスキ
 3.イ・チャンドン
 4.王家衛
 5.ジョン・カーニー
 6.ケン・ローチ
 7.宮崎駿
 8.アルフォンソ・キュアロン
 9.アンドリュー・ヘイ
 10.グレタ・ガーウィグ
←NEW!
 11.エミール・クストリッツァ
 12.ポール・トーマス・アンダーソン
 13.エドガー・ライト
 14.リチャード・リンクレイター
 15.ミシェル・ゴンドリー
 16.ガス・ヴァン・サント
 17.スティーヴン・ダルドリー
 18.グザヴィエ・ドラン
 19.ダニー・ボイル
 20.ガイ・リッチー


まだ感想は書けていないのですが、『Little Women/若草物語』 は多分今年のマイベスト作になると思います。

先日のエントリでも書いたとおり、グレタ・ガーウィグの才能は凄いですね。

決して奇をてらうことのないオーソドックスな作風だと思うのですが(そして題材選びもどちらかと言うとコンサバ寄り)、どこにもない 「グレタ・ガーウィグの映画」 になっているところが凄いのです。
それはたぶん、彼女自身が脚本を手掛けていることに負うところが大きいのでしょう。
彼女が 『Little Women/若草物語』 でアカデミー賞(およびゴールデングローブ賞)の監督賞候補に選ばれなかったことは映画史上の汚点ですね。

というわけでグレタ・ガーウィグ、マイベスト入りです。

改めてマイベストディレクターズを眺めると、グレタが初めての女性監督です。
そして今年はグレタだけでなく、多くの女性監督による優れた作品が公開されています。

『ハニーボーイ』 『ブックスマート』 『赤い闇/スターリンの冷たい大地で』 『幸せへのまわり道』 そして 『はちどり』
Netflixオリジナルの オールド・ガード、未公開作ですが ザ・ライダー もそうですね!

もちろんいい作品であれば男女の違いなどどうでもいい話ですが、「女である」 ことで正当に評価されない、機会が等しく与えられない状況があるとすればそれは憂うべきこと。

公開延期になっていたルル・ワンの 『フェアウェル』 もいよいよ来月には観られますね。楽しみです♪

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2020-09-03 : best film directors : コメント : 2 :
Pagetop

「あとで買う」 を整理した話

  IMG_0992.jpg

残暑お見舞い申し上げます。

先月は誕生月だったのにかこつけて何かと買い物をしたのですが、Amazonの 「あとで買う」 に入っているブルーレイもいくつか整理しました(=買った)

左上から時計回りに
『アバウト・タイム〜愛おしい時間について』
一番好きな映画のひとつで、サントラは秒でポチったのですが何故かBDは買ってなかった
つくづくこの映画のレイチェル・マクアダムズの可愛らしさは神がかっていますね
シアーシャ・ローナン にハマるまで長らく一推し女優さんでした
赤いウェディングドレス…最高か!
監督はリチャード・カーティス、理想のお父様
製作時、本作が監督としては引退作とおっしゃっていましたが特典映像では 「また撮るかも?」 的発言もされていたような
ずっと待っています

『レディ・バード』
公開時はさほどハマらなかったのですが、自粛期間中にWOWOWで放映があり再見
いやぁ…改めて本当にいい映画だな…と
Rotten Tomatos 99%フレッシュ、もうなずけるわ
母と娘の関係が主軸ですが、娘を思う父の姿に感動
「クラクションで男の車に乗るな」 ってセリフに心打たれる
『Little women』 を観たとき髭の編集者がこの 「お父さん」 だと気づいて思わず涙(開始1分)
映画としての完成度も高く、初監督でここまでの作品に仕上げたグレタ・ガーウィグの才能に脱帽です

『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』
エドガー・ライト×サイモン・ペグ×ニック・フロストの 「スリーフレーバー・コルネット3部作」 の中で一番好きな作品
てか全ての続編映画の中でも一番好きなくらいこの3人がだいすき
先月再上映があり、もちろん劇場に飛んで行きましたよ
未見の方は是非観て欲しい
絶対 「面白い」 から!

『リトル・ダンサー』
20年前の映画ですがその後ミュージカルとして大ブレイクした作品
先月Netflixに入ったので秒で再見
スティーブン・ダルドリー監督、ジェイミー・ベルを発見してくれて本当にありがとう!!って気持ちになったよね
子役からキャリアを積んで 『ロケットマン』 『SKIN』 と近年どんどんいい役者に成長している彼の原点
本当に素晴らしい作品です
エルトン・ジョンプレゼンツのミュージカルもいいけど、映画もね!

というわけで長年の 「あとで買う」 案件、遂に円盤購入となりました♪

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2020-08-12 : BD/DVD/WOWOW/AmazonPrime/Netflix : コメント : 0 :
Pagetop

Netflix おすすめ映画③ 『オールド・ガード』

オールドガード

何百年に渡り、人知れず世界を守ってきた不老不死の兵士、アンディ、ブッカー、ジョー&ニッキー。
彼らは不老薬の開発を目論む製薬企業の罠に嵌る。

我らがシャーリーズ・セロンプレゼンツ(製作・主演)Netflixオリジナル映画
配信が始まってから、私のTLはこの映画の話題で持ち切りだった
(トレンドは 『やまとなでしこ』 再放送とかの頃)

いや、、、これ最高!
不老不死といえば自分は 「ポーの一族」 なので、ヨーロッパ各地にある隠れ家とか 「それ知ってるー!」 って叫んでた

キャストも国際色豊か
ジョーは 『アラジン』 の悪役マーワン・ケンザリ(オランダ)
ニッキーはあの 『ジョーカー』 ホアキン・フェニックスを抑えてヴェネチア国際映画祭で男優賞を獲ったルカ・マリネッリ(イタリア)
ブッカーは安定のマティアス・スーナールツ(ベルギー)
若きナイルはあのキキ・レイン(アメリカ)ですよ
『ビール・ストリートの恋人たち』 ではただ立ち尽くすことしかできない少女だった彼女が壮絶アクション見せてくれます

まぁしかし、この映画の屋台骨、大看板はアンディ=シャーリーズ・セロン様(南アフリカ)ですよ…!
全人類の悲しみ苦しみを一人で背負うかのようなあの佇まい…
惚れてまうやろー!
MMFR、アトミックブロンドを経た彼女のアクション魂が炸裂してる
人間離れしたスタイル、長い手足が繰り出す蹴りやパンチが美しくカッコいい
首の長さも顔の大きさも頭の形もぜんぶ全然違うけど、アンディと同じ髪型にしたい、、、超憧れる
シャーリーズ姐さん、一生ついて行きます!

シスターフッドやゲイカップルが物語に自然に溶け込んでいるのも現代の物語って感じで好感しかない
これ女性監督(ジーナ・プリンス=バイスウッド)が撮っているというのもうれしいね

アンディの後悔
ブッカーの孤独
ナイルの戸惑いと決意
ジョーとニッキーの永遠の愛
そしていつかは彼らにも 「時は来る」
そこがまたこの物語に深みを与えている気がする
生き別れになったクインとアンディは再会するのか?
クインは何故一人になったブッカーのもとを訪れたのか?
ああ〜、続編はよ〜!

( 『オールド・ガード/The Old Guard』 監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド/
                         主演:シャーリーズ・セロン/2020・Netflix)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2020-08-02 : BD/DVD/WOWOW/AmazonPrime/Netflix : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『劇場』

     IMG_0979.jpg

下北沢。大阪から上京した小劇団の座付き作家・永田(山﨑賢人)は服飾専門学校に通う沙希(松岡茉優)と出逢い、彼女の部屋に転がり込む。

又吉直樹の同名小説の映画化。原作は未読
正直、行定勲監督は苦手でほとんどの作品をスルーしてきました
しかしこの映画は予告を観るたびに涙ぐんでしまっていて
山﨑賢人がもう、ヤバくて、、、(語彙力)
初日に鑑賞

本編もやはり山﨑賢人が相当ヤバかった()
序盤、永くんはただのヒモでクズだし、沙希ちゃんはわざとらしくはしゃぐただのかわいい女の子で観ていられないほど
でもその二人が、その演技を積み重ねて小さな世界を形作っていく
この映画自体が演劇的な成り立ちと言えるのではないかと思った(台詞回しも含め)

変わろうとしない、どうしようもなく変われない永くんと
変わらざるを得なかった沙希ちゃん
若さの意味は男と女で違うから
二人は別れるしかなかった
我慢して我慢して内側から壊れた沙希ちゃんと
そんな彼女を神様だという永くん
ふたりは 「若い頃」 を誠実に、自分に嘘をつかずに生きたのだと思う

二人で芝居が作れたらよかったのに
永くんの小さな、しょーもないプライドがそれを許さなかったのだけど
そのプライドは彼の一番大切なもので
存在理由でもあるから仕方がない
でも本当は
そのもがいた日々、辛く苦しい日々が彼の芝居を形にしたのだと最後にわかる
その芝居を共に作ったような錯覚に捉われるあの仕掛け
素晴らしいエンディングだった

最後まで沙希ちゃんに甘えるどうしようもない永くんと
最後まで 「ごめんね」 と言い続けるどこまでもやさしい沙希ちゃん
全てが変わってしまったようで、何も変わらないふたり
それでも、いやだからこそ共に生きることはできないふたり

松岡茉優って 「普通」 が醸す狂気や闇を表現できる数少ない若手なのかも
カッコいいはずの山﨑賢人は又吉直樹に見える瞬間があって(似非関西弁はご愛敬)
自転車のシーンの長台詞と、「僕が大金持ちになったら」 のスピーチに涙が止まらなかった

たわいない男女の出会いと別れ
幼くて未熟で 大切にできなかった想い
「生涯忘れない」 この惹句は真実だと感じた
原作も読んでみようかな

夏の終わりに梨を見かけたら
この映画を思い出すのかもしれない
冬が来ても忘れることができなかったら
今年のベストにうっかり入れてしまいそう
そんな映画です



<< 余談 >>

この映画本当に楽しみで、早く観たかったのに公開延期となり
自粛明けてもなかなか公開日がアナウンスされない
気を揉んでいたらなんと松竹が降り、ミニシアター中心の規模を大幅に縮小しての公開になったという
いや、大手も大変なのはわかりますよ
しかしあんなに予告をバンバン流していた山﨑賢人×松岡茉優主演作から手を引くなんて、、、
ショックだったなぁ
しかし蓋を開けてみれば、シネコンの大スクリーンよりもミニシアターが似合う作品だったような気がする
大阪で手を挙げてくれたシネ・ヌーヴォさんに感謝します
アマプラでも配信されている本作、近くで上映がないという方は是非そちらで観ていただきたいです

 ( 『劇場』 監督:行定勲/原作:又吉直樹/主演:山﨑賢人、松岡茉優/2020)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2020-07-27 : 映画 : コメント : 3 : トラックバック : 1
Pagetop

祝☆ダンケルク再上映決定!!!

ダンケルク

やったぁ~~~☆ 
7月31日からダンケルクがIMAX再上映、そして初のDolby Cinema上映決定です。

『TENET』 公開記念 「ノーラン祭り」 第2弾。
『ダークナイト』 IMAX上映に感動したばかりですが、何ともうれしいニュース。
朝一で知ってもう、午前中は仕事が手につかなかった。
ダメ元でワーナー様にリクエストした甲斐があったわ~♪

ああああやっと推しがIMAXで観られるぅ~~~うれしすぎ(涙)。
夢って叶うんですね♪ 

そしてなんと第3弾もあるそうで。。『インセプション』 か? はたまた 『インターステラー』 か?
もう、両方上映しちゃってください!!

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2020-07-17 : 映画雑談 : コメント : 2 :
Pagetop

2020(上半期) 真紅のthinkingdays Best 10 of the movie

  DA84A32D-BA88-434D-8206-AB41066ED521.jpg
  893DE134-C448-43E9-958C-70B2103D8CA6.jpg

①Little Women/若草物語(ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語)
②ジョジョ・ラビット
③ワイルド・ローズ
④ダンサー そして私たちは踊った
⑤フォードvsフェラーリ
⑥AKIRA(IMAX版)
⑦ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!
⑧1917 命をかけた伝令
⑨パラサイト 半地下の家族
⑩ハスラーズ

劇場鑑賞新作64本(鑑賞日基準)からの個人的順位です
※AKIRAは旧作ですがIMAXってことで
Netflixで観た 『ザ・ライダー』 もよかった!

昨年は上半期で新作86本観てたから25%減
旧作、リピート含めると劇場鑑賞は80回
まぁ今年は仕方ないね〜、映画館が閉まっていたんだから
逆に今年は旧作(初見)もたくさん映画館で観ているので、年末には旧作ベストも考えようかな
下半期もぼちぼち行きましょか〜

#2020年上半期映画ベスト10

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2020-07-06 : 年間ベスト : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 
★劇場鑑賞した映画の感想はインスタにアップしています@ruby_red66

Recent TrackBacks

Archives

Search this site

Thank You!