FC2ブログ
映画が大好きです。いつまでも青臭い映画好きでいたい。 記事は基本的にネタバレありです by 真紅   ★劇場鑑賞した映画はインスタにアップしています@ruby_red66

先月のことですが。

 もう先月のことですが、ハワイに行ってきました。

IMG_9385.jpg

 なんと20年以上ぶりの海外です。
 どうしてこんなに間が開いてしまったのか。。(それ以前はほとんど毎年出かけていたのに)
 人生3度目のハワイです。
 
IMG_9359.jpg


IMG_9289.jpg


 ワイキキビーチで泳いでダイヤモンドヘッドに登って、アラモアナセンターでお買物して。
 バスで郊外のイオン的なモールに行って、カメハメハ大王像を見に行って。

 典型的なおのぼりさんしてきました(笑)。

     IMG_9271.jpg

     IMG_9258.jpg

     IMG_9260.jpg

 久しぶりに国外へ出て何にビックリしたって、自分の英語力が壊滅してることですね。
 全く言葉が出てこない。人間って衰えるんですね(涙)。勉強しないと。。

 ESTAの期限が2年だから、それまでにまたアメリカに行きたいなぁ。

    IMG_9400.jpg

 英語勉強してからね!
スポンサーサイト



テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

2019-10-07 : 徒然 : コメント : 6 :
Pagetop

天使がヴェネツィアに舞い降りた

 TLにティモシー・シャラメがいる幸せ。

IMG_9159.jpg

 ちょっと奥様、このスタイリングご覧くださいませよ。。
 ペールトーンのセットアップ、足元はロールアップしてポインテッドトゥのブーツを合わせる。。

 最高かよ!!

 彼は黒髪の巻き毛なので、色のバランスが絶妙だと思います。ダークなスーツだと全体のバランスが重い気がする(それでもティミーは毎回上手く着こなしているとは思いますが)。

    IMG_9158.jpg

 これらのスーツ、デザイナーは豊嶋慧さんという方で、ティミーの意見を取り入れてデザインしてくださったのだとか。そしてティミーはスタイリストを付けず、自らスタイリングしているのだとか。。

 天才かよ。。

 加えてレカペでのファンサは神対応。こんなにも才能と美しさに恵まれつつ、やさしさと謙虚さに溢れている。

 もう、神がこの世に遣わした天使としか思えません。光り輝いている。

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

2019-09-08 : YOU GUYS ARE KILLING ME : コメント : 4 :
Pagetop

Spitfire shot by Collins (ちょっと雑談)

     IMG_9109.jpg

 PCの背景画像、変更しました。ダンケルク関連の画像はいいですよね~。

 先月は池袋のグランドシネマサンシャインでダンケルクがIMAX上映されてましたね。行けた方がうらやましい~。エキスポでもやってくれないかなぁ。

 最近驚いたゴシップはサム・クラフリンの離婚です。まだ二人目のお子さんも小さいのに、何があったのかな。まぁいろいろあるよね、特にセレブは・・・。シングルになっても仕事は順調でありますように。

 先日の記事にも書いた Little Women のティーザー、リリースされてから余裕で100回くらい観ました(笑)。ティミーとシアーシャは21世紀のレオ&ケイトだ、という意見もあるようで。。完全に同意します。スクリーン上のベストカップルですね。

 前世でもつながりがあっただろうな、と思わせる何かがあの二人にはあるような気がします。生まれた国や性別は違っても、どこか似ているというか。「違う親から生まれた兄妹(姉弟)」という感じかな。ふたりの共演、本当に楽しみ。

 ティーザーといえば心配なのは 『FONZO』 ですよ~。IMDBのページはあれど新情報が何もない。ジョシュ・トランク監督は 「Refresh」 っていうキャプションを残してインスタ画像全消去してしまうし・・・。何それ、バックレか??? 2019年秋公開じゃなかったの~??? 誰か教えて~~(叫)。

 いやこれだけの豪華(俺得)キャスト(トムハ、ジャクロ、マットディロンなどなど)揃えて撮影終了してる作品が頓挫なんて、あり得ないですよね~。そう信じたいのですが。

 8月は暑すぎるのと、タイミングが合わなかったのとであまり映画館に行けなかった。仕事と遊びのバランスって難しいですよね。今月はまだちょっと厳しいけど、すっかり涼しくなる頃にはまた映画三昧したいです。

真紅

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

2019-09-03 : 映画雑談 : コメント : 0 :
Pagetop

『Little Women』

little-women.jpg

 レディ・バード のグレタ・ガーウィグ×シアーシャ・ローナン×ティモシー・シャラメのリユニオン、それが世界的ベストセラー 『若草物語』 の映画化だと知ってから、もう楽しみで楽しみで、早く観たくて観たくて。

 ファーストルックから何枚かスチールはリリースされたけれどティーザーは未だ。全米公開は12月、待ち切れなくて落ち着かないので100年ぶり(?)くらいに原作を読み返すことにした。

 何度も映画化されたこの古典を、才人グレタがどう現代にアップデートしてみせてくれるのか興味津々。エマ・ワトソンのメグ、シァーシャ・ローナンのジョー、フローレンス・ピューのエミリーに 「彼女たちはもうリトルじゃない」 という批判があるのはごもっとも。「りっぱな男の人に愛され、妻として選ばれるということは、女としていちばんしあわせなうれしいことなのです」 というマーチ夫人の価値観は錆びついているし、“I could never love anyone as I love my sisters.”  という原作者ルイザ・メイ・オルコットの言葉も今や骨董品のように感じてしまう。ハードルは相当、高いだろう。

 しかし黒い瞳に巻き毛の、フランス語を話しピアノを弾く少年ローリーは、150年前に 「当て書き」 されたと感じるほどティモシー・シャラメそのもの。いや、ティミーというか(call me by your nameにおける)エリオなのだ。

 「世界中を旅して音楽家になりたい」 というローリーの夢は、エリオが叶えているだろう。「あなたは世界中で一番幸福な少年よ」 というジョーの言葉は、 “You’re the luckiest kid in the world.” とエリオに言ったオリヴァーのセリフと同じ。アンドレ・アシマン、、、まさかね(笑)。

 最速レビューを横目で見ると、シァーシャは4度目のアカデミー賞ノミニーをロックオン、とあった。『ブルックリン』 以来、彼女は一番好きな女優さんの一人。ジョーが髪を切る場面、わかっているのにどうしても泣いてしまうあの場面を彼女がどう表現するのか。期待しています。

 そして願わくば、タイトルは 『若草物語』 でなく 『Little Women』 のままであってほしい。新しい時代の、新しい映画として。

001255bd-500.jpg

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

2019-08-05 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

暑中お見舞い申し上げます~2019

08ead250e34574876a49cfecb0d19b61.jpg

 Afternoon (笑)。

 お暑うございます。「水も滴るいい男(別名:冷やしハンサム)」 の画像をどうぞ♪

 真紅拝

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

2019-08-04 : 徒然 : コメント : 0 :
Pagetop

『COLD WAR あの歌、2つの心』

coldwar.jpg






 ZIMNA WOJNA

 COLD WAR





 1949年、ポーランド。民族舞踏団を結成した音楽家ヴィクトル(トマシュ・コット)は、オーディションで歌手志望のズーラ(ヨアンナ・クーリグ)と出逢う。

 第87回アカデミー賞授賞式での立ち姿とスピーチにノックアウトされて以来、我が最愛の映画監督であるパヴェウ・パヴリコフスキの最新作。前作 イーダ が大好き過ぎて、傑作の誉れ高いこの映画は物凄く楽しみだった反面、観るのが怖くもあった。期待外れだったらどうしよう、と。

 しかしそんな心配は全くの杞憂だった。カンヌやヨーロッパ映画賞で受賞多数、アカデミー賞も三部門ノミネートは伊達じゃなかった。肩が震え、嗚咽を堪えるほど涙・涙。「観客が映画を見て涙を流すとすれば、それはスクリーンの中に観客自身の人生を映し出しているから」 という言葉を思い出しながら。正確には 「観客自身の【そうでありたかった】人生」 だけれど。

 鑑賞後、世界が変わって見えるような映画とでも言えばいいのか・・・。映像--カメラワーク、ショットの一つひとつ、光と影、モノクロ・スタンダードのスクリーンサイズ--、音楽、ストーリー、キャストの演技、クレジットの最後の献辞に至るまで。90分足らずの尺の中、15年に及ぶ男女の生き様をこれほど濃密に描き出せるなんて・・・。超絶技巧としか言いようがない。当然、無駄と思えるショットもセリフも皆無。「傑作」 という言葉では足りないし、少し違う。極私的な感情の坩堝と、イデオロギーに支配される芸術が放つ至高の光。愛と言うよりも 「情念」 と宿命に身を委ね、時に身勝手に、時に献身的に生き壁を越えようとするズーラとヴィクトル。彼らは共感も同調も拒み、唯一無二の磁石のように互いだけを求め、反発する。

 ポーランド、ベルリン、パリ、ユーゴスラビアからまたパリ。セーヌ川からふたりが望むノートルダム大聖堂が夢幻のよう。そしてふたたび最果ての地ポーランドへ。舞台は円環を成し、ふたりを 「あちら側」 へと誘う。

 グレゴリー・ペックに似ていたというお父様似なのか、監督は超ダンディ。ヴィクトルは一瞬、監督が演じているのかと錯覚する。レア・セドゥ(またはジェシカ・チャステイン)に安藤玉恵を足したような(?)容姿のヨアンナ・クーリグは時に下卑た眼差しで世界を挑発し、その歌声とダンスでスクリーンを支配する。

 今年の(暫定)ベストワン。もう一度観たい。この映画の全てを、この目と耳に焼き付けるために。

cw2.jpg

 ( 『COLD WAR あの歌、2つの心』  監督・原案・共同脚本:パヴェウ・パヴリコフスキ/
                        主演:トマシュ・コット、ヨアンナ・クーリグ/2018・ポーランド、英、仏)

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2019-07-10 : 映画 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop

私の好きな映画監督(2019年7月版)~20 best film directors, alive

cw3.jpg


 1.クリストファー・ノーラン
 2.パヴェウ・パヴリコフスキ ←NEW!
 3.イ・チャンドン
 4.王家衛
 5.ジョン・カーニー
 6.ケン・ローチ
 7.宮崎駿
 8.アルフォンソ・キュアロン
 9.ファティ・アキン
 10.ミシェル・ゴンドリー
 11.ポール・トーマス・アンダーソン
 12.エドガー・ライト
 13.リチャード・リンクレイター
 14.リチャード・カーティス
 15.ガス・ヴァン・サント
 16.ジョン・キャメロン・ミッチェル
 17.スティーヴン・ダルドリー
 18.ジャン=マルク・ヴァレ
 19.ダニー・ボイル
 20.ガイ・リッチー ←NEW!



 圏外からランクイン、我が最愛のパヴェウ・パヴリコフスキ監督は今まで イーダ しか観ていなかったのですが 『COLD WAR あの歌、2つの心』 を観たので(ちなみに1作品しか観ていない監督は除外しています)。
 ちょっと考えて他の順位も変えてみました。ガイ・リッチーは 『アラジン』 が意外にも(失礼)とってもよかったので。アンクル2やシャーロック・ホームズ2への期待も込めてね。

 今年のベストは決まったかな。

テーマ : 映画監督
ジャンル : 映画

2019-07-07 : 映画雑談 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2019(上半期) 真紅のthinkingdays Best 10 of the movie

2019上半期ベスト12019上半期ベスト2

  ①バーニング 劇場版
  ②ROMA/ローマ
  ③荒野にて
  ④幸福なラザロ
  ⑤家へ帰ろう
  ⑥イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語
  ⑦ノーザン・ソウル
  ⑧アベンジャーズ/エンドゲーム
  ⑨ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
  ⑩愛がなんだ

次点:ふたりの女王 メアリーとエリザベス、さよならくちびる

*劇場鑑賞新作86本中の個人的順位です

 今年前半、旧作、リピート含めると102回劇場鑑賞してました。今年は200本ペースかなぁ、失速しないといいけど(笑)。
 
 後半もたくさんいい映画観ましょう!

#2019年上半期映画ベスト10

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2019-07-01 : 年間ベスト : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

天佑香港

香港

  ( ピーター・チャン 『ラブソング(甜蜜蜜)』 より )

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2019-06-13 : 徒然 :
Pagetop

Happy Birthday Jack Lowden!!(遅れてごめんね)

        IMG_8299.jpg


Mr.afternoon ことジャック・ロウデン、6月2日29歳のお誕生日おめでとう~!

主演作 『イングランド・イズ・マイン』  が絶賛公開中。私は初日に2回鑑賞しました。

ちなみにジャック・ロウデン(Jack Lowden)、ジョシュ・オコナー(Josh O'Connor)、ジョー・アルウィン(Joe Alwyn)は英国若手俳優最注目の3人(3-J)です。

年齢も同じ(日本でいう同学年、今年度29歳)だし身長も同じ(185cm)。全員立ち姿が素敵☆

ちなみにジョー・アルウィンが一番イケボですね(当社比)。ジョシュとジャクロはちょっとハイトーン。。

三人とも大好きですが、最推しはもちろんジャクロです♪ ぐふふ。

        IMG_7877.jpg

       
        Joe-Alwyn4_-17may17_rex.jpg


ああ・・。眼福♪

※ マイPCが絶不調でなかなか更新もままならず、行き届かずでごめんなさい ※

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

2019-06-02 : YOU GUYS ARE KILLING ME : コメント : 2 :
Pagetop

もう一度、映画館で~『小さな恋のメロディ』

               w516.jpg

 多分、小学生の頃テレビの洋画劇場(当然吹替え)で観て以来の再見。監督よりも脚本を書いたアラン・パーカーの映画として認知されているような気がする作品です。BS放映を録画視聴。

 日本以外ではさほどヒットしなかったというこの作品。様々理由はあると思いますが、原題 ‘Melody’ を 『小さな恋のメロディ』 とした邦題の勝利ではないでしょうか。初恋を描いた映画の代名詞のように扱われていますが、実は意外とトンデモない(失礼)ところもある映画でした。

※ 以下ネタバレ全開、個人の感想です ※


 「50年ってどれくらい長いの?」 「休暇を除いて150学期だ」 「そんなに愛せる?」 「愛せるよ、もう1週間続いた」
 
 かの有名なこのセリフに、子どもながらガツーーーーンと来たことを鮮明に憶えています。あともう一つ有名なトロッコのラストシーンにも。それ以外は全て忘却の彼方でした。

 名曲 『メロディ・フェア』 が流れる中、メロディ(トレイシー・ハイド)がパブへ 「集金」 に行くシーンはまるでビー・ジーズプレゼンツ、トレイシー・ハイドのプロモーションビデオのよう。メロディはまだ11歳の少女ですが、スラリと伸びた脚と髪の美しいこと! 私が少年だったら絶対夢中になったと断言できます。主演の二人は日本で超が付く大人気だったそうですがさもありなん。これも名曲 『若葉のころ』 が流れる墓場デートのシーンではエモが大爆発、思わず涙する始末ですよ。

 英国ロンドンでも、(多分)低所得者が住まう地域の公立学校が舞台。まぁ子どもたちのやかましいこと。蜂の巣をつついたような騒ぎっぷり、そのパワーに圧倒されます。主人公ダニエル(マーク・レスター)は中産階級のお坊ちゃんですがなぜかその地域に暮らしています(母親は引っ越したがっている)。

 この映画がトンデモないと感じたところ、それは差別やヘイトを語る大人を公然と描写するいくつかのシーン。

 まず、学校では 「ユダヤ教の生徒は別室に行きなさい」 と先生が言います。教室の壁にはハーケンクロイツと 「ハイル〇ッ〇ラー」 の英文字が一瞬大写しになり、思わずギョッとしました。ダニエルの母親は貧しく子だくさんのカトリック教徒とローマ法王をこき下ろす。PC(ポリコレ)が定着している現代では許されない描写ではないでしょうか? 先生たちは中流家庭の子弟であるダニエルを明らかに贔屓しているし・・・。モヤモヤ。あと、子どもが除草剤で爆弾造ってる、っていうのも今のご時勢ではアウトでしょう。

 まぁそんなことはこの作品の本質とは関係ないのかもですが。

 主人公二人は思春期のみずみずしさを文字通り体現して文句なしに素晴らしい。そして彼ら以上に印象的だったのはトムを演じたジャック・ワイルド! 「ナニこの子、ハリスタそっくり!」 → 「クリストファー・ノーラン、絶対この映画好きやろ!!」 と思考が飛躍してしまいましたね。

 『ダンケルク』 のキャストオーディションでノーランはハリスタを 「知らなかった」 と発言しています。ハリスタを見た瞬間 「ジャック・ワイルドそっくり」 と思ったに違いない(妄想)。いやいや、『ラ・ラ・ランド』 が大好きで3回観たと公言している夢見るノーランですから、あり得る話でしょう。

 友情よりも恋をとるダニエルに一度は意地悪するトムですが、学校を抜け出して二人の結婚式を挙げてあげるなんて・・・。なんてエエやつなんや~(涙)。彼が持ってるマグが欠けているのが何とも切なくてねぇ。。
若き日のミック・ジャガーも一瞬登場します。50年近く前から子女の憧れだったなんてミックあなた、ヴァンパイアなの??

 そしてなんとこの映画、今年2019年6月7日からリバイバル上映されるそうなんです!(歓喜) 公式サイトには全国公開とありますよ。まだ大阪の劇場はアップされていないけど、観に行きたいな~。

 ( 『小さな恋のメロディ』 監督:ワリス・フセイン/1971・UK/
                             主演:マーク・レスター、トレイシー・ハイド、ジャック・ワイルド)

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2019-05-10 : DVD/WOWOW : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

私の好きな映画監督~20 best film directors, alive

              IMG_8418.jpg

お遊び。何となく頭に浮かんだ順です。1位はやっぱりあのお方、言霊ってすごいですね。

 1.クリストファー・ノーラン
 2.ミシェル・ゴンドリー
 3.ジョン・カーニー
 4.イ・チャンドン
 5.ケン・ローチ
 6.宮崎駿
 7.ファティ・アキン
 8.ポール・トーマス・アンダーソン
 9.エドガー・ライト
 10.リチャード・リンクレイター
 11.リチャード・カーティス
 12.ジャン=マルク・ヴァレ
 13.アルフォンソ・キュアロン
 14.王家衛
 15.ガス・ヴァン・サント
 16.ジョン・キャメロン・ミッチェル
 17.スティーヴン・ダルドリー
 18.トニー・ガトリフ
 19.ダニー・ボイル
 20.侯孝賢

 あの人(ガンちゃん)もあの人(QT)もあの人(クストリッツァ)もあの人(Wアンダーソン)もその他諸々いないですけど、20人って枠がないとキリがないですから。

 映画監督。この世で最高の職業のひとつですね、間違いなく。

 さぁ新しい時代も映画観るぞ~!

テーマ : 映画監督
ジャンル : 映画

2019-05-01 : 映画雑談 : コメント : 8 :
Pagetop

『THE TUNNEL/トンネル-国境に落ちた血』 完走

THE TUNNEL2

 15年以上ぶりに海外ドラマ完走しました。

 ジャック・ロウデンが出ていると聞きつけ、BS12で3月の土曜夜、2話ずつ全10話を鑑賞。2013年製作、字幕版です。

 実は前回観た海外ドラマにハマりすぎていろいろと大変なことになり(要は廃人になってしまった)、それ以来ドラマ自体を観られない身体になってしまっていたのですが・・・。推しって凄いですね(笑)。

 とは言うものの、ジャクロは毎回ちょこっとしか出ません。主人公が男女二人の警部(上の画像)で、男性主人公の長男がジャクロです。18歳、再婚した父と継母との間に妹たちもいるいわゆるステップファミリーの一員。自室に引きこもって昼夜問わずネット三昧の生活、当然親子関係は良好とは言えない感じ。

 犯罪系サスペンスなのでスリルと残虐描写もありつつ、惹きつけられるドラマでした。男性主人公は 「仕事もできるし女性にもモテる」 タイプで、途中あり得ない行動に出るのですがその辺りも最終話、結末への伏線だったりして感心しましたね。

 ジャクロに関しては、まぁ若くてつるんつるんで。このドラマが初見だったら気に留めることはなかったかな。でも、完走した今ではアダム(ジャクロの役名)がとっても愛おしいです。AR、君の為に私は泣くよ。

 海外ドラマといえば人気はやはり 『ゲーム・オブ・スローンズ』、いわゆるゲースロですよね? いつか観てみたいなぁ。

THE TUNNEL

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

2019-04-09 : TV : コメント : 0 :
Pagetop

ダンケルク空組 Collins&Farrier

IMG_8382.jpg

 私は 『ダンケルク』 を映画館で2回 「しか」 観ていないことがちょっとコンプレックスなのですが。

 先日、一瞬仕事に光明が差したので気分が上がり、帰宅後WOWOWで録画してあった版を観ました。ダンケルク空組こと、コリンズ&ファリアと久々の再会。

 まぁ~面白い! こんな面白い映画だったのだと改めて。結末がわかっているのにドキドキハラハラ、本当に楽しめましたわ。
 今はジャクロジャクロと騒いでいますが、終盤にかけてのトムハのかっこいいこと!! 全部ぜーんぶさらっていくよね。クリストファー・ノーラン、どんだけトムハ好きやねん、と(笑)。 ‘AND TOM HARDY’ にはやっぱり笑ってしまう。

 IMAXで観ていないことにも引け目を感じていたのですが、面白い映画って画面の大きさは関係なく、やっぱりテレビサイズで観ても面白いなぁ、と。もちろん、いつかはIMAXで観たいと思っていますけれども。。どこかのIMAX劇場でノーランの特集上映、せーへんかな?

 そして次は ↑↑ この二人が再共演する ‘FONZO’ですよ!! 楽しみ過ぎて過呼吸になりそう、今から。


 つらくても 推しがいるから 生きていける (字余り)

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

2019-03-24 : 映画雑談 : コメント : 2 :
Pagetop

祝☆ 『イングランド・イズ・マイン』 劇場公開決定!

eim.jpg

 ご無沙汰しております。

 諸事情により(てか仕事で病んでるのですが)更新が滞っております。

 しばらくジャクロに留守番してもらいます! 5月31日、あああ楽しみすぎるうぅぅ~♪

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

2019-03-19 : 映画雑談 : コメント : 0 :
Pagetop

I just wanted to take another look at you.“Jack Lowden”

IMG_7848.jpg

 お久しぶりです。職場のPCの待ち受けをジャクロにして以来、すっかりフォーリンラブ状態の私です。

 もうすぐアカデミー賞ですね。。彼が出ている 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 もノミネートされています。3月公開なのでね。。日本のみなさんにジャクロがばれてしまう。。。あああ。。。いやもう 『ダンケルク』 でばれてますが。あれは 「ダンケルクに出てたよね?」 「そう、トム・ハーディじゃないほう」 って本人が自虐ネタにしてますから(笑)。でも彼の “Afternoon.” にハートを撃ち抜かれた男子女子、私含め結構いますよね? いない? あら。

 今度は 「シアーシャ・ローナンの彼氏」 って言われるのかなぁ。今更だけどあんまり人気出るのもなぁ。。あ、テイラー・スイフトの今カレ、ジョー・アルウィンくんも出てますから。みなさんそちらに注目してください!

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

2019-02-17 : YOU GUYS ARE KILLING ME : コメント : 0 :
Pagetop

2018 真紅デミー賞発表♪

 2019年、1月も既に半ばを過ぎておりますが、これを出さないと今年が始まらない気がするので。

     MV5BNDk3NTEwNjc0MV5BMl5BanBnXkFtZTgwNzYxNTMwMzI@__V1_UX182_CR0,0,182,268_AL_   MV5BNjRhYzk2NDAtYzA1Mi00MmNmLWE1ZjQtMDBhZmUyMTdjZjBiXkEyXkFqcGdeQXVyNjk1Njg5NTA@__V1_UX182_CR0,0,182,268_AL_

 作品賞: 『君の名前で僕を呼んで』 『ゴッズ・オウン・カントリー』

 監督賞: フランシス・リー

 主演男優賞: ティモシー・シャラメ & ジョシュ・オコナー

 主演女優賞: ダイアン・クルーガー & サリー・ホーキンス

 新人賞: ティモシー・シャラメ & ジョシュ・オコナー

 作品賞を2作品にするのは初めてです。迷いましたが2018年は特例です。

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  

 XドランがインスタにGOCの感想をアップし、「LBGTQ映画のための部屋はひとつしかない、それが悲しい」 とコメントしていました。CMBYN に比べ、GOCは評価も話題になることも少ない、こんなにいい作品なのに・・・という文脈でした。それならこの私が 「今回だけは特別に」 2部屋用意しましょう!

 2018年は2作品もドハマりできる作品に出逢えて、本当に幸せな一年だったと思います。どちらも待ち切れなくて、海外版のブルーレイを買ってしまったんですよね。。GOCなんて、人生初の未見購入ですよ! そして何回観たことか。

 「辛口の批評は書くほうも読むほうも面白く、お金にもなる。しかしどんなに三流の料理でも、その批評よりは価値があるだろう」 (by ブラッド・バード 『Ratatouille』 邦題:レミーのおいしいレストラン より)

 時々思い出し、戒めにしている言葉です。今年も愛と敬意を持って、私なりに映画について語りたいと思います。どうぞよろしくお付き合いください。
                                                         真紅拝

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2019-01-20 : 年間ベスト : コメント : 6 :
Pagetop

謹賀新年 ~2019~

少し遅れましたがあけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_8060.jpg

平成もあと4ヶ月あまり。。穏やかな一年になりますように。
                                                      真紅拝

テーマ : 新年のご挨拶
ジャンル : ブログ

2019-01-03 : 徒然 :
Pagetop

2018 真紅のthinkingdays Best 10 of the movie

 今年一年、劇場鑑賞した新作映画130本からベスト10を選びました。毎年、上位は割とサクッと決まるのですが、下位は迷いますね。。10位が一番悩みます。

2018年映画ベスト10

① ゴッズ・オウン・カントリー

② 君の名前で僕を呼んで

③ ボヘミアン・ラプソディ

④ 女は二度決断する
⑤ スリー・ビルボード
⑥ 判決、ふたつの希望
⑦ 1987、ある闘いの真実
⑧ 恐怖の報酬 オリジナル完全版
⑨ ブリグズビー・ベア
⑩ ファントム・スレッド

※⑧の【短縮版】日本公開は40年前(1978年)ですが、【オリジナル完全版】は本邦初公開ということで新作に含めています

★ ★ ★★ ★★★ ★★★★★ ★★★★★★★★ ★★★★★★★★★★★★★

① 生涯ベストワン(暫定)。来年2月、全国劇場公開!
② 北イタリアの夏。世界一幸せな少年の、終わらない初恋。6回劇場鑑賞。
③ 正直、ここまでハマるとは思ってなかった。4回劇場鑑賞。でもまだまだ観たい。
④ ダイアン・クルーガーが最高。ファティ・アキンに外れなし!
⑤ 個人的にはオスカー作品賞。マーティン・マクドナー!フランシス・マクドーナンド!
⑥ 100%の善人も、100%の悪人もいない。全人類必見のレバノン映画。
⑦ 血を流し、涙が枯れ果てた頃ようやく手にした、民主主義という尊いもの。
⑧ 全編に漂う、死と血の匂いとバイオレンスの予兆。完璧だけど疲れ果てる映画。
⑨ ジェームズ、あんた激ヤバやで・・・。
⑩ DDルイス×PTA。信じてないけど引退記念。

 今年の新作映画劇場鑑賞は130本(前年比108.3%)。内訳は洋画102本(78.5%)、邦画28本(21.5%)。旧作は12本。自宅鑑賞は21本。新作(130)、旧作(12)、自宅(21)、全部で163本鑑賞しています。6回観た作品と4回観た作品がありますのでリピートは8回。映画館で150回鑑賞しました。

 ちなみにブルーレイで何回観たか数えてない作品もあります。10回以上は観ているハズ。それはもちろん年間マイベスト1作品 『ゴッズ・オウン・カントリー』 です(劇場公開される前に海外版ブルーレイを未見購入しました)。

 来年2月2日から劇場公開されますので、お近くで上映あれば是非ご覧になってください。この映画を愛する人々の熱意が配給を動かし、一般公開に至った稀有なる作品です。

 年内の更新はこれで最後になると思います。一年間お付き合いいただいた皆様に感謝申し上げます。
よいお年をお迎え下さい。
                                               真紅拝

IMG_7142.jpg

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2018-12-29 : 年間ベスト : コメント : 26 : トラックバック : 7
Pagetop

彼の名は “Jack Lowden”

IMG_8022.jpg

 今日、仕事納めだったのですが(全く納まってない)、魔がさして職場のPC、壁紙(背景)をジャック・ロウデンにしてしまいました・・・。きゃああ。。

 もう、、もう、、カッコよすぎ!!!

 「これ、誰?」 って聞かれたどうしよう? 「彼氏」 とか(殴らないでください)。

 しかし、、これで新年から仕事はかどるんだろーか? 無理(笑)。

テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

2018-12-28 : YOU GUYS ARE KILLING ME : コメント : 2 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

What's New?

真紅

Author:真紅
 Cor Cordium 
★劇場鑑賞した映画の感想はインスタにアップしています@ruby_red66

Archives

Search this site

Thank You!